Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。

----------------------
(預かり)
ハーヴェストプロダクション
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町
3-32-2 
代表 0422-71-7731
FAX03-6763-1176
-----------------------
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
【【 結婚のご報告 】】
今日は、ご報告をさせて頂きます。

限られた身近な方、師匠や身内には先に報告をしておりましたが、
長年この芸の道でお仕事をさせて頂いている事もあり、
マネージャーともちゃんと話し合いをし・・・

今日きちんとご報告が出来ることを嬉しく思います。

以下、ちょっと長いですが、読んでやって下さい。

※式も、私の希望で双方の両親のみに限定させてもらい、本当にささやかに行いましたので…尚の事ここに記しておこうと思いました。。

━━━━━━━━━━━

私には数年前より、ソウルメイトの「エナ」と呼んでいる大切な男性がいます。
※ソウルメイトという表現を選んでいることに関しては、また日を改めて書きますね。

彼とは舞台で一緒になった仲間でしたが、
現在彼は、彼の胸に描くさらに大きな夢の為、俳優業をすっかり引退…会社員として励んでいます。

この度その彼と

昨年の11月22日の良い夫婦の日に、入籍。
※もともと、2人の記念日がその日だったのと、
『良い夫婦の日』が重なったので、すんなりと決まりました。

2012年2月11日
軽井沢の教会にて 家族だけで 静かに結婚式を挙げました。

d0224894_21162872.jpg

私は昔から、自身のウェディングに関して、披露宴はナシ、神前式のみでいいと思っていた位で(汗)

周囲の予想とはうらはらに・・・派手な願望が一切なく(笑)
ですが、両親の喜ぶ顔がみたいのは本心で、ささやかに行いました。

選んだ教会が遠く寒い場所でしたし、双方の両親のみで。。
d0224894_14462356.jpg
(写真は式当日と、昨年に前撮りしたものが混ざっております。)

付き合っている時から、お義母さんと電話をする機会があり、私の体調が悪いときはすぐにお見舞いの手紙や美味しいものを送ってくれ、可愛がってくれていました。

それを知っている私の母も含め、みんなで逢いたい気持ちが高まり、義母&母&私の女3人で日帰り女子会を計画(笑)
双方の父親や彼も一緒だとなかなか時間が合わせられず、3人ならなんとかなると思って。。

お互い、土地や環境、生き方は違えど、ちゃんと心が伝わる関係だと改めて知り、本当にあっという間に過ぎた大切な時間でした。

数日後には初めから定められていたかのような早さで結婚が現実化して行き。。。

さらにその2週間の内に新居を購入する、あり得ない事態になりました(笑)(^▽^;)

実家の目の前に、前から住みたいと狙っていた(?笑)物件があって、さらに彼も「ちぃのパパさんママさんの側がえぇなぁ」と言ってくれていたので、即決め。
d0224894_2159581.jpg

都心で、高層ではないもののミラクルに富士山が見え、自然光がサンサンと入り、反対側には新宿の高層ビル群、東京タワーもキラキラ。

そして、いつでも「パパー!」と父に手が振れる、近すぎず、すごく近い(笑)距離。

師匠の名倉先生も私の結婚のご報告をすると、
パートナーのことも喜んでくれましたが、何より「両親との距離がいい!安心だわ。。」と言って下さいました。。

マンション一括購入にはそれなりに、いや、結構ハワハワしましたが。。。(;´∀`)

家電含め家財道具一式を数日で買い揃え、
頭がグルグル・・・なりそうで、やはり楽しい嬉しいことですから常に心は元気でした。

彼は元々、役者の前にインテリア関係にも勤めていた為、新居の準備はまさに得意分野。
趣味もまったく一緒なので、選ぶのも早い早い(笑)

本人達も、私の両親も、もちろん関西の彼のご両親も、びっくりするペースで爆走する運命の波に「とにかく乗ってしまおう!皆で考えれば、きっといい方向に進むね!」と皆で手を取り合っていました(笑)

それぞれが初めて逢った時から他人とは思えないほどの距離感でした。

この猛スピードの御陰さまで?
実際にはまだほとんど逢っていないのに、自然体な6人。

結婚については、
本当に、何を急ぐ訳でも、なかったのに・・・
運命とは、面白いものです。
d0224894_21162933.jpg

といいつつも、
私は常に大事な決断の時に「こうなる」「そうなる」「大丈夫」と言っていて、思った通りになってゆく。。
私の両親だけでなく、彼も、もはや慣れっこなので(汗)
(付き合うだのなんだの頃も、彼が私の怖い位当たる直感を信じて始まりました(笑)女性って、きっと案外そういうものですよね…)

あちらのお母さん達は「ちぃちゃん、ここまでくると怖いわ〜 全部その通りになったね!でも嬉しい!ビックリだけど嬉しい!! 祈るわ!毎日、幸せを祈るよ!!!」とかなり驚きながら、1番嬉しいエールをくれました。。

それはさておき。

結婚するしないの前に、
私たちが一緒にいる事を知った周囲が喜んでくれ
何より双方の両親が心から嬉しそうにしてくれた事。

それが2人の1番の喜びでした。
d0224894_21162822.jpg
「千紘とエナくんが一緒だと、なんだか幸せな気分になれちゃうんだ」と言ってくれた、親友の温かい言葉が忘れられません。

忘れないでいたいと思っています。


2人で、私の両親に告げる際…
「彼女の生活を変えない事が最優先。そしてもっと自由に、毎日輝いて欲しい。それが自分の永遠の夢です。」と言った彼に、
私の両親は「エナ君はパパとママが守る!!」と思ったのだそうです(笑)

そんな彼が、彼自身で構築した場所、新しい希望に向っているのを私は知っているし、
彼のお仕事に関しては、ただ信じて、安心して見守り、応援して、お弁当を作るだけ。

ただただ、有り難い気持ちでいっぱいです。
d0224894_21163043.jpg
私の世界を大切にしてくれる彼は、
なんとも勤勉で、心配するほど働き者で、超がつくほど真面目。

私のヘンテコ世界をニコニコと受け止め、ちゃんと必要な距離を保ってくれています。

そして私のお世話をしてくれます(笑)

お掃除もお洗濯も…
何から何まで、自然にサササーとやってしまう。

私は、日々、お料理と、ちょこっとお片づけと、甘えん坊を担当しています(笑)
なので彼のお弁当だけは、どんなに早い朝でも作るようにしています。
d0224894_21163119.jpg

お仕事は当たり前、夢も拡がっているみたいで、やり甲斐があるそう。
で、趣味は「千紘」なんだそうです・・・(汗)

そう本気で言う彼には驚きを通り越して、ちょっと心配になってしまう私がいましたが、大真面目で、自然なことなのだと、彼が再三言うので、そうなのだろうと思います(涙)

私の両親は、そんな私をなんとも言えない顔でみていますが...(((´ω`;)
※そりゃそうだ…

お義父さんお義母さんは「本当に最高の組み合わせやーん♪息子の良さが活かされててあり難いわぁ〜」と言って下さるので、甘えすぎず、甘えていようと思います。。
d0224894_1516117.jpg
とはいえ、なんでも楽しそうにやっているのをみても疑って(笑)

何かこだわりはないのかな?無理してないかな?と思う程でしたが、
今は、「毎日幸せ」「スマートで快適な生活」「笑顔いっぱい」が、彼の1番のこだわりなんだ!!と納得しています。

最初だけ?今だけ?と思いがちですが、
これは結婚する前から一度も変わっていないので、やっぱりこのままなのかしらと(笑)

それなりに出来事は起きたし、一緒に沢山泣いたし、悲しい事も乗り越えました。

ですが、どんな時も基本が変わっていない彼を、信頼しています。


最近、ある話を聞いて、まさにそれだ!と思った事があります。

ニュージーランドの理想の夫婦像に
【キウイハズバンド】という言葉があるそうです。


国鳥キウイは、メスが卵を産み、オスが卵を温めて雛にかえすらしく。
妻に尽くし、家庭を大事にするニュージーランドの男性は、この国鳥キウイに習って「キウイハズバンド」と言われているんだとか。

旦那さんが家事をしているのを、奥さんはソファーでニコニコと眺めているのが1番素敵な関係だとありました。
本当によく働き、そして家族を支えるのだそうです。

…でも、奥さんが苦虫つぶしたような顔ばかりしていたんじゃ、ダメでしょうけど(笑)

d0224894_15353338.jpg

という訳で、友人には「エナ君は関西人じゃなくて、ニュージーランド人だったのね!」と言われます(笑)

ともあれ、結婚をして、何より嬉しかった事は

両親の有り難みが改めて身にしみた事。
息子(彼)が出来て、私の父がちょっとカッコ良くなった事(笑)
母も彼を可愛がりたくてちょっと忙しいこと(笑)

そして、甘えたい人が増えた
頼りたい人が増えた
守りたい人が増えた
嬉しい報告をしたい人が増えた
喜びを分かち合いたい人が増えた
悲しい事、切ない事を一緒に乗り越える人が増えた事。。

d0224894_21232665.jpg

お義父さんは3兄弟の長男、
お義母さんは4姉妹の末っ子なので、親戚もいっぱい!!
可愛い彼の姪っ子ちゃんや甥っ子ちゃん、お義兄さんのお嫁さん。。

彼の親戚に逢いに行った際も、関西の賑やかな皆さんの前で、延々と話す私を受け入れてくれました(笑)

厳格なお義父さんも、私の話を最後まで聞いてくれて。
「あんなに柔らかく、嬉しそうなおとんは、孫と犬の前以外、初めてやで」と彼が驚く程(笑)
お義母さんもそんなお義父さんを見れた事が1番嬉しかったと言っていました。。


実は、一人っ子の私の事を想い、
義両親が、次男である彼を婿に…と提案してくれて(そう、彼はお婿さんなのですー!!)

あまりにも思いがけなくて、ものすごく驚いた私と両親。

でも、落ち着いて考えると
こんなに有り難い事はなかったですし、
私は親戚が少ないし・・・
何より母が、「長男のパパの所にお嫁に来て…ママも今やっとご先祖様に恩返しが出来た気がする…」と言ったとき、
私の幸せが、母のお嫁さんとしての想いに役立てた事を本当に嬉しく思いました。
そういうものなのか…、と。
d0224894_13482286.jpg

入籍して3ヶ月。
感謝してもしきれない日々を毎日送る幸せ、
様々な学びを感じながら、
無事に結婚式を静かに迎えることが出来ました。

彼は
「おじいちゃんおばあちゃんになっても、ずっとずっと仲良く手をつないでいたい。」と言ってくれました。
d0224894_21232572.jpg
筋肉質のそこそこ長身、全部のパーツが大きい彼(笑)が

小さな身体の、偉そうな私の手をとって、

男泣きをしながら、そう言ってくれました。
←バラしちゃう私(笑)


大きくてたくましくて、しょうもない位に真面目で、可愛い彼を、
どこまでも尊敬しています。

沢山の現実、新しい出来事を誠実に受け止めて、
ずっとずっと仲良く、歩いて行きたい。


これからも、未熟な2人を見守って頂けますよう
精一杯、生きたいと思いますので、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

※ちなみに、私は今でも「エナ」、両親も「エナくん」と呼んでいます。
旧姓の苗字にちなんでおります。

そしてその彼の旧姓の響きが私は大好きで、彼から無くしたくなくて。。
結婚指輪にも、Eの頭文字を入れました。

あちらの義両親、義祖母も、その話を彼から聞き泣いて喜んでくれたそうですが。。
彼の旧姓をなくさずに、ずっとそう呼べる事を嬉しく思います。

ただ、エナの家族もエナなので(笑)あはは

お義母さんが「エナの母より」とお手紙をくれたので大丈夫みたい(笑)


という訳で、芸名だけではなく、本名も安間のまま!

今後とも、宜しくお願い申し上げます。。

相変わらずまとまりの無い、
長いご報告にお付き合い下さって、有り難うございました…

※ニュージーランド人かもしれない彼(笑)↓
d0224894_12553671.jpg




by chihiro_anma_ex | 2012-02-14 14:53
TOPへ
<< 神父さまと、白馬と、アナスタシア。 軽井沢から帰ってきました。  >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム