Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
大事な人がまた何倍も、大切な人に。全身全霊かけて、ご恩返しをしたい。
こんばんわ。
大事な人がまた何倍も、大切な人に。全身全霊かけて、ご恩返しをしたい。_d0224894_253975.jpg


今日は、夕方までやる事も多く、ちょっとバタバタしてましたが・・・

夜は、大変素敵な集まりがあり、ウキウキで行ってきました。
ただ、集まれる事はすっごく嬉しいのですが、反面、とっても切ない想い。

私の尊敬する恩師であり、教育関係で教えに行っている学校の顧問である伊藤先生が、学校を移動される事になり・・・送る会でした。
今でも部活に頻繁に顔をだしている、可愛い2期の生徒2人が考案し・・・本来は先生に内緒で150人が集まって、盛大なパーティーを開く予定でいたのです。(それでも生徒の一部だけど)

ですが、震災もあり、判断をした上、中止。

今日は、それに比べたらささやかになってしまったように思えますが、こんなに多くの代の違う生徒が集まれた事は奇跡的です。
(震災もあり、就職している子達は仕事になってしまったのと、現役と未成年の子はまたの機会にする事になり、100人以上参加出来ませんでした)
大事な人がまた何倍も、大切な人に。全身全霊かけて、ご恩返しをしたい。_d0224894_334578.jpg


私の母と同い年、ベテラン教師の先生です。
1期生から現在の8期(合併したばかりの学校です)を育ててきた、いわば、この高校を支える、敏腕先生でした。

また、愛情に溢れ、生徒の為に、1日中、綺麗なフォームで本気で走り回り、なんていうか、教員も言い換えれば公務員・・・あれほどたった1人の生徒の為に全速力で走る先生は、まさに『鏡』だなぁと、日々感じていました。

私の母校(いま教えている高校ではありません)でも、それはもう怖くて厳しい、体育教師。
「この先生に認められたい、もっと対話したい」と私は直感的に思いました。

幼い頃から仕事をしていた私が自分の強い意志で『ちゃんと学生をしたい』と希望して、芸能活動を控え、高校生をする事に集中した毎日の中で、とても印象深い、大切な先生でした。

私が2年生の時に、移動されてしまいましたが・・・
その後も連絡をとり、私の舞台にも2つ返事で観に来てくれた先生です。
どれだけ嬉しかった事か。

その先生に「ダンス部を頼みたい」と言われた時、細かい条件なんて関係なく、ご恩を返せるかもしれないという想い1つで、引き受けた訳です。

数千人もいる生徒の中の1人の私の為に、足を運んで下さったこと。それも何度も。
その感謝の気持ちを、私の出来る事で少しでも返せるならば、と思いました。

私にとって、生徒達との関係全ては、伊藤先生から頂いた愛情から成り立っているのです。

可愛くてしょうがない、尊い存在の生徒達への想いは変わらずとも、私のこの仕事は、伊藤先生ありきですから、先生が移動されるとあれば・・・と話していました。
ついにこのときが来たなぁと先生と話しながら、生徒達の事を最優先して考える時間を重ねているうちに、明確な言葉も交わさずとも、自然と私がこの現場に残る事になっていました。。。

それも自然な流れなのだろうと、先生と私は、この形を選びました。

初めてのギアチェンジを迎え、生徒達は
『伝統を守ることができるのだろうか』という不安にかられました。

ですが、生徒達は日々必死に生きていて、毎日、何かが違う。
何一つ同じ出来事はなく、ただ必死に諦めずに向き合った形、それが『伝統』なんです。
決して傾向や対策なんて作れるものではなく、あるのは、限りない希望と可能性
伝統というものの捉え方、そのものを一緒に考える機会を与えられたのだろうと。

舞台に対するプロ意識と、人としてのマナー、社会性。
それを、芸術を通してヒントを与え、学べる環境の手伝いをするのが私の役目です。

この場所のコアであった、伊藤先生がいなくなっちゃうけど、その魂を、一人一人の胸に構築して、立ち向かえば、さらなる発展と、可能性が見えるはず。

卒業生は、当たり前のように、その魂がずっと宿っているのです。
ただ、在学中にそれを認識するのは、簡単ではないでしょう。無条件に、無意識に宿っている愛情に向き合う事は・・・様々な葛藤もありますよね。

今日、卒業生に逢えた事で、私なりに、現役生に対して出来る事を沢山発見しました。

━━━━━━━━━━━
この機に、震災があった事も、大変、考えさせられました。
私達はきっと、自然と向き合い、人の本質を知り、苦境から立ち上がる日本、踏ん張りながら出来る事を考える日本から、多くの学びと、向き合うチャンスを与えられたのだと感じました。
━━━━━━━━━━━

生徒達は
『こんなに愛されている先生、きっといないよ!本当に凄い事だと思う!』と。

先生は、ここのところずっと涙が抑えられなかったそうですが、今日は
『嬉しすぎて、涙も出ない・・・歓喜あまりすぎだよ・・・』とおっしゃっていました。

こんな幸せな先生のもと、生徒達と過ごせた事は私の宝物です。
大事な人がまた何倍も、大切な人に。全身全霊かけて、ご恩返しをしたい。_d0224894_335094.jpg


生徒達とは、昔話でもりあがり(笑)
近況報告で感動し・・・

もうお酒が飲める年齢だけが集まったので、思いがけず数人で飲み直しも。

深い深い話を、心の底から嘘なく話す時間は・・・
伊藤先生からの贈物の1つ。

私も、興奮して寝付けないかも(笑)
もぅ、家に帰ってきたけど、また逢いたくなっちゃった。

彼女達と出逢えて、
私の周囲の大切な人と共有出来る喜びが、沢山増えました。
自分の事のように愛してくれるんです。

「子供達の踊る姿でこんなに感動するなんて、千紘、素敵な時間をありがとう。」
そう、親友に言われた時、私は涙が止まらなかった。
それを伊藤先生にお伝えしたら先生も泣いてらっしゃいました。

大事な人がまた何倍も、大切な人になりました。

ありがとう。
この出来事の全てのチャンスの源を下さった伊藤先生には、言葉にならない感謝が溢れます。
時間がかかれど、伊藤先生へのご恩、そして、生徒達への感謝を形にしていきたいと、心底思います。

『人生、全身全霊かけて、ご恩返しをする』そう、決めています。

やっぱり長くなっちゃう(汗)上手にまとめられませんね。
でもね、まだ沢山、素敵な話があるの。
だから、ちょこちょこ、書きますね。

千紘のTwitter(始めたばかり)
●オフィシャル応援&質問&チケ申込専用→anma-chihiro-hp@nifty.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITEhttp://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/

by chihiro_anma_ex | 2011-03-27 23:31
TOPへ
<< お気に入りレストラン紹介!西新... 『Heart of Mongo... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム