アナログフィッシュ佐々木健太郎ブログ


佐々木 健太郎 (left)
(ササキ ケンタロウ)
・・・vocals, bass

斉藤 州一郎 (right)
(サイトウ シュウイチロウ)
・・・drums, chorus

下岡 晃 (center)
(シモオカ アキラ)
・・・vocals, guitar


<佐々木健太郎 ライブ情報>

RELEASE INFORMATION
アナログフィッシュ
ベストとライヴの2枚組!
【 ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.-ANALOGFISH:THE BEST&HIBIYA YAON LIVE.- 】

2012年3月7日 発売
¥3,000(税込)
PECF-1039/40

<収録楽曲>
[DISC1]
1. 荒野
2. Light Bright
3. 確率の夜、可能性の朝(Feat.前野健太)
4. 曖昧なハートビート
5. 最後のfuture
6.PARADOX
7. ガールフレンド
8. アンセム
9. Living in the City
10. ナイトライダー2
11. Hello
12. のどかないなかのしずかなもぐら
13. バタフライ
14. Na Na Na
15. Hybrid

[DISC2]
1. TEXAS
2. SAVANNA
3. LOW
4. ロックンロール
5. TOWN
6. UNKNOWN
7. NO WAY
8. 平行
9. 戦争がおきた
10. 風の中さ
11. PHASE
12. Fine


TSUNMA829
TSUNMA829_c0160112_7203888.jpg

おはようございます。

昨日はレコーディング最終日でした。


今回はエンジニアさんの時間の組み立て方で作業がはかどり、最終日だというのに22時には撤収。
というかんじだった。


エンジニアさんが曲作りのリハーサルスタジオの段階から頻繁に来てくれて、その段階から色々アドバイスをもらって曲の構成を詰めてきた。
イメージをメンバーとエンジニアさんとで共有できて、それをそれぞれ家に持ち帰ってまたアレンジ、アイデアを練り直してスタジオに行きまたエンジニアさんとメンバーとで曲を練る。その繰り返しだったので、レコーディングに入って迷う事が比較的無かった気がする。

今思い返すとあのリハーサルスタジオから既にレコーディングは始まってたんだな、と。


こんなやり方のエンジニアさんは初めてで、その合理的かつ効率のいいやり方が凄く目から鱗だったし『ああ。今まで考えもしなかったけど、本来こうあるべきだよなー。』と、今まで無自覚だった自分は、また鱗がボロボロと落ちた。そして、自分の中で小さく革命が起きた。ガシャン。


肝心の作品の方は、んんもう凄く良いです。新しい風が吹きまくってます。春一番の竜巻のようです。ハリケーンミキサーです。


早く聴いてほしくてたまらないし、僕らはもう次のレコーディングに向けて再び準備を始める。早くまたレコーディングしたくてたまらない。ウズウズしてる。


次のレコーディングは春に。良い曲描くぞ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2月26日毎年恒例京都磔磔ワンマン。まだ少しチケットあります。アナログフィッシュワンマンは野音ワンマンをまではこれが最後。是非、見にきて下さい。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


2011年10月10日(月祝)


日比谷野外大音楽堂


アナログフィッシュワンマンライブ


『TOKYO SAVANNA』


開場17:00
開演18:00


『砂かぶりシート』
¥5000※完売御礼


『ハーモニーシート』¥4000


『サラウンドシート』¥2000


チケットはライブ会場でも発売中!
by emm_analog | 2011-02-21 07:20 | Comments(1)
Commented by コロスケ at 2011-02-21 14:22 x
バンドサウンドを作り上げるのは、バンドメンバーだけじゃないんですね。

共同の作業であり、創作でもある。
絵を描いたりするのとは全然異なる組み上がり方が、非常に興味深いです。


そして、早くハリケーンに巻き込まれたい!