<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ガイドブックには載っていない名店探しの旅 ソウル
アンニョンハセヨ! 今回は、ガイドブックにはあまり載っていない、絶品料理のお店をご紹介します。

心の故郷であるソウルを訪れるたびに、足繁く通うお店が江南地区にあります。リッツカールトンホテルを出て、2分ほど坂を下ってすぐ左手にあるガラス張りの食堂です。そこでは、アジュンマ(おばさん)がサムギョプサル(豚の三枚肉焼き)を食べ頃になるまで鉄板で焼いてくれます。とくに、豚本来のおいしさが引き立つ胡麻油ベースの塩ダレでいただくと、何枚でもおなかに入ってしまいます。お野菜と一緒に出てくるニンニクを焼いて食べることもお忘れなく。

締めには、やはりプデチゲです。その昔、軍隊で生まれたというこのチゲは、韓国餅、スパム、きのこや野菜、辛ラーメン入りの一見、不思議な鍋ですが、洋と韓の食材が絶妙なハーモニーを奏でています。辛さ控えめの料理で胃を休めたくなったときには、サムゲタンが最適です。

リッツカールトンの裏をしばらく下ると「鶏専門」という小さなお店があります。ここでいただくサムゲタンは、高麗人参、ニンニク、ナツメなど栄養豊富な食材ばかりを使っており、夏に向けてのスタミナやコラーゲン補給にも欠かせない逸品です。江南は中心から少し離れてはいますが、有名ホテルが立ち並ぶ地域ですので、宿泊される機会があればぜひお探しください。大通り沿いに立ち並ぶ屋台のホットク(韓国風パンケーキ)も試さない手はないですよ。

さあみなさん、カッチガヨ(一緒にいきましょう)!

●韓国のCAおすすめ情報はこちらからもご覧いただけます。詳細はこちら>>

ガイドブックには載っていない名店探しの旅 ソウル_b0054054_23243037.jpg


平CA    

by anacrew | 2008-06-25 10:00 | 韓国
上海のおいしい屋台街 - 呉江路
今回は、上海にある、私のお気に入りのお店を皆様にご紹介します。

まず始めは、伝統的な上海焼き餃子の店「盛記一品鍋貼」です。ジューシーな肉汁たっぷりの焼き餃子は、ちょっと焦げ目がついている柔らかい皮が特徴です。薄皮で包まれた一口サイズの餃子は、ひとつひとつ手で仕上げているそうです。パリパリッとした食感が後を引くおいしさ! 素材にもこだわりがあり、具はとびきり新鮮な豚挽肉しか使用しないそうです。食べるときは、お酢をかけ、お好みで唐辛子を加えると、いっそうおいしくなりますよ。焼き餃子は3.5元、えびワンタンは5元とお手ごろ価格なのもうれしいですね。

18時~20時の間は時間限定のえび焼き餃子もオーダー可能です。焼き餃子と一緒に食べるなら、えびワンタンがおすすめです。新鮮なえびがたっぷりで、ワンタンのスープには蝦皮(干し蝦)、海苔、ザーサイ、錦糸卵、葱、香菜など具がたくさん入っています。
上海のおいしい屋台街 - 呉江路_b0054054_23193256.jpg

このお店は休日はもちろん、平日でも18時を過ぎると店頭に長蛇の列ができるので、混雑する時間を避けて訪ねてみてください。

このお店から東側に2分ほど歩くと、もうひとつのおすすめである、おいしい台湾料理のお店「鼎味台湾料理」があります。ここで紹介したいのはデザートです。一品目は椰子紫米露(紫米入りココナッツミルク)15元。
上海のおいしい屋台街 - 呉江路_b0054054_23184781.jpg

ココナッツミルクが大好きな私のお気に入りです。紫米はタイからの輸入品を使用していて、甘さもちょうど良く、「凍(冷)」「熱」かお好みで選ぶことができます。ちょっと量が多く、二人で食べるのにちょうどいいくらいです。
もうひとつのおすすめは「白玉」10元。
上海のおいしい屋台街 - 呉江路_b0054054_23211887.jpg

ゼリーがたくさん入った爽やかな食感は、甘いもの好きな人にぜひ試していただきたいです。このお店はユニークで、お客様のコメントが壁にびっしり書いてあります。「おいしいですよ」「あけましておめでとうございます」「ずっと仲良くしてね」などなど……。
上海のおいしい屋台街 - 呉江路_b0054054_23204733.jpg

壁に文字を書く機会はなかなかありませんので、いらした際は感想を書いてみてはいかがでしょうか? 焼き餃子にえびワンタン、食後にデザートまで楽しむことができるこの屋台街は、きっと皆様にも満足していただけると思います。

○盛記一品鍋貼
住所:静安区呉江路111号
電話:021-6215-7373
アクセス:地下鉄2号線・石門一路駅からすぐ

○鼎味台湾料理
住所:静安区呉江路66号-3
電話:021-6218-2299

●中国のCAおすすめ情報はこちらからもご覧いただけます。詳細はこちら>>

上海のおいしい屋台街 - 呉江路_b0054054_23214682.jpg


Yao Fei乗務員    

by anacrew | 2008-06-18 10:00 | 中国
体感できるアート!高尾山トリックアート美術館
みなさん、トリックアートをご存知ですか? トリックアートとは、人間の錯覚を利用して描かれた絵(だまし絵)のことです。今回は、そんなアートが体感できる「高尾山トリックアート美術館」をご紹介します。

こちらの美術館では、古代エジプトをテーマにしたトリックアートが、8つの部屋に描かれています。一歩足を踏み入れると、そこはまさにエジプト! ツタンカーメンやピラミッド、スフィンクスにも出会えます。
体感できるアート!高尾山トリックアート美術館_b0054054_2392029.jpg

体感できるアート!高尾山トリックアート美術館_b0054054_2393456.jpg

そのほかにも不思議な絵や部屋が多く、訪れる人を飽きさせません。
そしてここでは絵に直接触れたり、写真を撮ったり、自分がアートの一部になったりと、普通の美術館ではできない体験ができます。また目の前には、フランス語で書かれた日本旅行ガイド「ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」において、観光地として三ツ星をとった高尾山が広がっています。

お友だちやご家族と一緒に、カメラ片手にアートと自然を楽しんでみてはいかがでしょうか。

○高尾山トリックアート美術館
住所:八王子市高尾町1786
電話:042-667-1081
アクセス:京王線高尾山口駅より徒歩1分
開館時間:(4~11月)10:00~19:00 (12月~3月)10:00~18:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日:毎週金曜日 ※但し祝日および春・夏・冬の各休み期間中は無休
入館料:大人1,300円 中高生1,000円 小学生700円 幼児(未就学児、4才以上)500円

●東京のCAおすすめ情報はこちらからもご覧いただけます。詳細はこちら>>

体感できるアート!高尾山トリックアート美術館_b0054054_2395031.jpg


浅見CA    

by anacrew | 2008-06-11 10:00 | 東京都
春の到来を告げる野菜「シュパーゲル」 ドイツ
今回ご紹介するのは、春のドイツ名物「シュパーゲル」です。シュパーゲルとは白いアスパラガスのことで、4月中旬頃から6月24日の聖ヨハネの祝日にかけて出荷され、街のレストランで季節のメニューとして登場します。もちろん、スーパーマーケットでも山盛りになって売られています。青空マーケットでおじさんが売っていたシュパーゲルは、新鮮でとてもおいしそうでした!
春の到来を告げる野菜「シュパーゲル」 ドイツ_b0054054_1846221.jpg

この時期になると、シュパーゲル専用の皮むき器が、キッチン用品店の目立つところに置かれるほど、シュパーゲルは、ドイツの人々にとって、とても貴重な野菜なんです。

シュパーゲルをゆでるときは、お湯に砂糖とバターを入れると良いそうですよ。オランデーズソース(卵黄とバターで作られたソース)をかけるか、シンプルにバターをかけて食べるかはお好みで。
春の到来を告げる野菜「シュパーゲル」 ドイツ_b0054054_18463774.jpg

残った皮と根元の切り落とした部分も、ゆで汁とともにスープにするとすべておいしくいただけます。

この時期にドイツに訪れた際は、ぜひキリッと冷やした白ワインとともに、シュパーゲルを堪能してください!

●ドイツのCAおすすめ情報はこちらからもご覧いただけます。詳細はこちら>>

春の到来を告げる野菜「シュパーゲル」 ドイツ_b0054054_18474755.jpg


黒木CA    

by anacrew | 2008-06-04 10:00 | ドイツ



ANAのキャビンアテンダントが、世界中で見つけたお勧め情報をお届けします。
by anacrew
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
【ANALatteとは】
ANAのキャビンアテンダントが世界中を飛び回り実際に見てきた情報を、機内だけに留まらず皆様へお伝えしているサイトです。すぐに役立つ旅行術、美容健康法をぜひご覧下さい!
カテゴリ
HOME What's ANA Latte リンクとバナーについて プライバシーポリシー サイトマップ 最新情報RSS配信 航空券 - ANA