カテゴリ:イギリス( 3 )
魅力満載の美しい島 ワイト島・イギリス
イギリスが誇る美しい島、ワイト島(Isle of Wight)は、イギリス南部に浮かぶ小さな島です。ワイト島の玄関口であるライトやフィッシュボーンの街は、ポーツマスからおよそ8マイル(約13キロ)に位置しており、ポーツマスから定期的に運航しているフェリーを使って行くことができます。

この島はヨットが盛んで、英国田舎風の町や漁村、変化に富んだ海岸線など、美しい景観が広がることでも知られています。その中でも私がおすすめする町をご紹介します。

「カルボーン」は、茅葺き屋根のコテージが連なる、英国田舎の雰囲気のある町です。ウィンクル通りを進むと、かわいらしい小さな家々が小川のそばに立ち並んでいます。カルボーン水車は、美術館や動物がいる牧草地近くの美しい場所に位置し、現在も水車を使って製粉が行われています。

美しい砂浜で名高いのは、「ベントナー」、「シャンクリン」、そして「サンダウン」の町です。とくにベントナーへ行かれる際は、ベントナー植物園へぜひ立ち寄ってみてください。

「カウズ」はヨットが盛んな町で、シーフードレストラン「Murrays」が有名です。歴史的な邸宅と庭園がある「オズボーンハウス」は、東カウズに位置します。かつてここはヴィクトリア女王の別荘でした。当時のまま残されているダイニングルームや寝室、敷地内のスイスコテージやティールームは必見です。

イギリスにいらした際は、ぜひ一度足を伸ばして、見どころ満載のワイト島を訪れてみてください。きっと気に入っていただけると思います。

○オズボーンハウス…ヴィクトリア女王の別邸。内部には贅を尽くした家具調度品のほか、当時の最先端をいく照明や下水設備が整っている。
アクセス:ニューポートからバスで18分。ライドからバスで18分
電話:01983-200022
開館時間:[3月21日-9月30日]10:00~18:00、[10月1日-3月20日]10:00~16:00 
休館日:12月24-26日、1月1日
料金:大人10.00ポンド 小人5.00ポンド 

●イギリスのCAおすすめ情報はこちらからもご覧いただけます。詳細はこちら>>

魅力満載の美しい島 ワイト島・イギリス_b0054054_1056118.jpg


Marlborough Aishling 乗務員    

by anacrew | 2008-05-28 10:00 | イギリス
ロンドンからの1DAYトリップ 美しい街ウィンザーへ
ロンドンから電車で40~50分、テムズ川ほとりにあるウィンザー城に行ってきました。
ロンドンからの1DAYトリップ 美しい街ウィンザーへ_b0054054_1857734.jpg

ウィンザー城は、11世紀にウィリアム征服王が砦として築き、16世紀以降は王室の迎賓館としての役割を果たしてきました。現エリザベス女王も週末はこの城で過ごすことが多く、滞在中には女王旗が掲げられているそうです。
ロンドンからの1DAYトリップ 美しい街ウィンザーへ_b0054054_18575710.jpg

城内には豪華な調度品が並ぶステート・アパートメンツという場所があり、中でもセント・ジョージ・ホールという広間は圧巻です。ほかにもゴシック様式で有名なセント・ジョージズ・チャペルや、精巧なミニチュアのドールハウスが見られるクイーン・メアリ人形館などがあります。テムズ川の対岸には、名門校イートン・カレッジもあり、燕尾服の学生の姿を見ることもできます。

春から秋にかけてはテムズ川のクルーズが運行しており、心地よい川風を感じながらウィンザー城などの景観を楽しむのもいいですね。

ロンドンに行かれる際にはぜひこの美しい街ウィンザーまで足を伸ばして、イギリスの歴史を感じてみるのはいかがでしょうか?

○ウィンザー城
アクセス/Windsor&Eton Central駅から徒歩7分、またはWindsor&Eton Riverside駅から徒歩10分
電話/020-7766-7304
開城時間/3~10月 9:45~17:15(最終入場16:00)、11~2月 9:45~16:15(最終入場15:00)
定休日/年中無休(ただし城内の各建物は事前に要確認)
入館料/料金:£14.20

ロンドンからの1DAYトリップ 美しい街ウィンザーへ_b0054054_18562686.jpg


佐々木CA    

by anacrew | 2008-02-13 10:00 | イギリス
赤くて丸い筒型のポスト
赤くて丸い筒型のポスト_b0054054_20184367.jpg

最近はあまり見ることがなくなった赤くて丸い筒型のポスト。
イギリスではどこに行ってもやっぱり赤くてこの形!
初めて見た時は「まるで日本のポストみたい!」とうれしくって親近感を覚えたものです。
島国で皇室があり、なんとなく国民性も似ているような日本とイギリス。
日本は大英帝国をお手本にするとき「車は左側通行」に加えて、
この赤くて丸いポストまで真似したのかもしれません。
マー君も思わずよじ登って・・・念入りに確認させていただきました!
やっぱり似ている!?

                                  野原CA
by anacrew | 2005-06-30 20:20 | イギリス



ANAのキャビンアテンダントが、世界中で見つけたお勧め情報をお届けします。
by anacrew
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
【ANALatteとは】
ANAのキャビンアテンダントが世界中を飛び回り実際に見てきた情報を、機内だけに留まらず皆様へお伝えしているサイトです。すぐに役立つ旅行術、美容健康法をぜひご覧下さい!
カテゴリ
HOME What's ANA Latte リンクとバナーについて プライバシーポリシー サイトマップ 最新情報RSS配信 航空券 - ANA