PSAASIAプロツアー ☆ でおもったこと   

週末は 岐阜県の白鳥高原スキー場でPSAASIA のプロ戦が行われ、参戦してきました。

自分の中で「自分にとっては今までもこれからも大会が必要」 と考えて今まで来ました。

最近は少し 違ってきていたのだけれど、 久しぶりに大会に出て、やっぱり「好きだな~」と思いましたね。

今の私があるのは、 過去に 「大会が全て」とおもって転戦し続けてた過去があるから。

昔は(私がアマチュアで草大会にも出ていた頃) 今のスノーボード業界の動きと違う部分がありました。
もちろん同じ部分も沢山だけどね、少なくとも私が活動していたスノーボードクロスの業界は。

ずば抜けて上手い、 そんな部類の人間ではなかった私は、ノースポンサーの状態から、ライダーになる。 そういう過程に、「大会のリザルト」は欠かせない最重要なものだったことは間違いないです。

今はメディア露出はとてもだいじ。
影響力の「影響」の場面が大会の占める率は少し減ったかも?(国内のみの大会はね)
間違っているかもしれないけれど私が通ってきた世界は少なくともそうでした。

私は最初はプロを目指してたわけでも、ライダーを目指していたわけでもなく、ただ、自分は日々練習してきたことを試したい。というところから始まり、「勝ちたい」 ということで大会を転戦するようになりました。
周りの友達もそういう子たちが多かったしね。だからこそ地道にがんばれた。目の前に見えている目標をこなすことが日々の努力の糧になってた。

そこからショップライダー(メーカーがお世話になっているショップに提供する。それを使う存在はショップの店長さんなどが決めていいので、メーカーライダーとは立場が全然違います)から始まり、そうなると「上に行きたい」という感情が出てきて、
それを満たすには、 大会でいい成績を出す。それが絶対に必要不可欠!

そうして、 地区大会や草大会に参戦しまくって、とにかく多くのリザルトを持っていました。
優勝は少なかったけど、2~4位はしょっちゅうなってた。
そういう地道な感じで。

プロアマオープンの大会で連続表彰台に乗れるようになった頃には
憧れの 「チャーリートレーディング」で 「SUBTLE」をメーカー直でスポンサードされるようになってとってもうれしかったですね。

あのときはがむしゃらで、 紹介でもなく、 リザルトで入れたのがうれしかったし、
提出する活動報告の書き方もよくわからなくて、
手書きで、とっても長い文章を担当の方に書いた思い出があります。

いま考えるとはずかし~。



そんな無知だったわたし、とにかく私は大会が全て。逆に雑誌のお話がたま~に舞い込んできても
どうしていいか分からなくて他の人にしてもらったりしてた・・・。

それはそれで後でメーカーの人に怒られてたけど・・。
だって、メーカーがライダーに「物」を提供しているのは、 そのギアを使っているところをより多くの人に見てもらって、宣伝して。 
それによっていかに 売り上げが上がるか。  そこなんだから。

なのにメディア露出のチャンスを自ら断ってた私は駄目なライダーでした。でも、そのときの自分には分からなかった。見てたところが違ったから。


大会で大怪我をしても、いかに早く復活して大会に挑めるか。
それまでの間にたくさんバイトしてお金をためて。

そんなことしか考えてなかった。
友達と遊ぶ暇もなかった。

使用するボードも、「普段用」と「大会用」に分けていたし、

「大会用」の板は、 日の目を見るのは大会の日だけ。
でも、普段から 毎日とまではいかないけど、 2・3日に一回はワックスを塗りこみ、剥がしてってしていたし
とっても  とっても大事な用があっても
大会をキャンセルすることは絶対にしなかった。
大会より大事な用は無いっていう考えで。

その頃と今の私は、 少なくとも違う。

年齢も 環境も 仕事も、思いも。

だから、  大会に対する姿勢は 昔とは違ってる。

こんなこと、ブログであえて書くことではないのだろうけれど、 ほんとのことだし、私の中ではそれは決して「マイナス」じゃないから。

どう違うかって、  それは一言では言い尽くせないけれど。

それは、  「大会用」の板を作らなくなったり。

「大会」の日に 大事な仕事が入れば仕事をとったり。

怪我 をしたら 安静にしようとおもって 大会に出るか出ないか 悩んだり。


明らかに前と違う。
でも、それだけ私には大事な 仕事が出来たから。 

最近ね、大会に行くと 「あれ?まだ大会出るの!?」「珍しいね~、もう大会なんて出ないのかと思った」
「ワックスとかちゃんとしてるの?もって来た?」「遊びに来たの?」

そんなことを大会出場選手に言われたりする。

悪意はないとおもう。  冗談かもしれない。 でも、実際凄く落ち込みます。それはきっと、「大会が全て」じゃなくなった私にとって、 ここは私のフィールドじゃなくなってしまったの?という不安もあるのかもしれない。

私もそういわれると「久しぶりに出てみたくて来ちゃった!」という言い方しか出来なくて、そのせいもあるのかもしれないけどね。

去年は1月下旬に足を怪我して4戦中 1戦しか大会に出れなかった。

すごく悔しかった、

今年は3戦しかないんだけど1戦目はでれなくて、2戦目に参加してきたんだ。

その前の年は肘を真っ二つに骨折してたから大会は出れなかった、

だからかもしれない・・・?  でもその前から 全戦出ているときから言われたりもしてた。

それはきっと 「DITA WHITE」の仕事や、 他にも、 テレビや雑誌などのメディアを通したオシゴトもしだした頃からだから、 
「大会選手」としての活動をもうやめたんだと思われているんだなぁ・・・。と感じてました。


最近は スポンサードされる条件はメーカーごとに全然違うと思うし、 少なくとも昔みたいに大会重視
だけのメーカーは減ったと思う。 特に国内の大会だけでは。

でもね、  「大会1本」じゃなくても いいと思う!

もちろんそうじゃないライダーさん、たくさん居ます! 

今はそうじゃない人の方が多いと思う。
みんな、それぞれのフィールドで精一杯がんばってる。

山に篭るのをやめて平日はスノーボードと関係ないオシゴトをしながら週末の大会だけ出に来る人も居るし
山でスクールや、ガイドなどのお仕事をしながら大会に来る人も居る。

そういう人、たくさん居ます。

私も一緒。  苗場を拠点に活動しているけど毎日滑れてるわけじゃない。、仕事が入って、苗場の部屋には居るけど数日PCとにらめっこで滑れない日も多々ある。
私が年間を通してしている「仕事」はスノーボードにかかわる仕事だけだから苗場を拠点に動けるから活動しやすいですけどね。

いわゆる 自宅 が 仕事場 みたいになってる。
その自宅 が 冬は 苗場なだけで。

だから、大会に出る = 「優勝」が目標じゃなくてもいいと思う。
もちろん出来るならしたいけどね!(笑)  そういう意気込みじゃなくてもいいんじゃないか?ということ。
「遊び」のスノーボードしか考えなかった方が「遊び」から「大会にでる」ことも大事だと思います。
だからその気持ちで挑んでもいいと思います。


勝ちたい
刺激がほしい
今の自分を試したい
思い出の大会にまた再度挑戦したい

いろんな考えでいいと思う。

私は、 もう、100%大会のことだけを考えて活動することは無いと思うけど、
出場するときは、自分のペースで、 精一杯がんばります。
ワックスも真剣に何を塗るか考えて、 真剣に塗るし、剥がすし。

今回の大会は 普段から乗りなれてる板 146センチの ツインチップ 「ネクステージ」 で出場。

周りの人は 「ハンマーヘッド」や、すごい長い板、クロス用 の硬い、しっかりしたディレクショナルの板で出てるけど、
私は 自分でデザインしたこの板が慣れてて好きだし、 長くて乗りなれてない板より、大好きな乗りなれてる板が良かったから。

なのにやっぱり「え?こんな短い板で出るの? やる気あるの?」 「 大会なめてない? 」

そんな言葉を言ってくる選手が数名居た。


いやな思いをするのが私だけならいいけど、他の人にもそんなことを言われていやな思いをする人も居るかもしれないから

これは、私の考えだけれど


「人それぞれ。がんばるもがんばらないも、 どこが大事で、どこが大事じゃないかも、人それぞれなんだよ」

少なくとも、 遠い道のりを運転してきて、 2日間の大会に挑みにくるんだから、 やる気がないわけないんだよ。

それを心無い人にわかってもらいたいなぁと・・・   私のオフィシャルのこのブログ内でしかこんなこといえませんが。
このブログは「私の場所」だから。

今回の大会に限らず、私への対応に限らず 職場や友人に対する態度でもそういうのは良くないよね。
そういうこと平気で人前で言える人は他でも誰かを傷つけてる可能性が無いとはいえないとおもう。

私はそう思います。

昔の私は 、こんな文章かけなかった。 上記のことを誰かに言われても理解できないこともあったかも。
それは自分は考えが「違う」から。

だけど、 「ひとそれぞれ」って考えたら 理解できたと思う。

だから  そういう考え方で この文章を、 自分のオフィシャルブログのこの場で書いてみました。



今の     私。



理解してくれない人も沢山いるかもしれないけど、




理解してくれる人が居るからこそ、  私の仕事も、 活動も 成り立ってると、 日々感謝しております。



私は完璧じゃないし、 駄目なところ、たくさんあります。
だけど、 がんばって生きてます!(笑)


こうやって、文章を書ける「場」があって、 「見てくれている人」が居る。

それだけでも幸せだと思う。


昔  と  今。


考え方は成長している。変わってる。


でも変わらない、 というか、  毎年 更に大きくなってるのは


「スノーボードが大好き! やっててよかった!  宝物!」


これは毎年気持ち的に大きくなってます。 

始めた頃は ピンポン玉くらいのスノーボードが   今では、 東京ドームくらいかな!?


滑るだけのスノーボード以外にも たくさんの スノーボードを通しての「宝」を手に入れているから。



手首の調子も少しずつ良くなってきたので、やっと両手でPCのキーボードを打てるようになったし

久々になが~い文章を書いてしまいましたが。


私の 独り言。

読んでいただき、ありがとうございます☆

あ、勿論選手のほとんどは一緒に理解しあってる大事な友がほとんどです!
特に女子はむか~し昔の学生選手権から一緒にがんばってきた子たちがそのまま出場しているので
そんな心無いことを言ったりする人はほとんど居ないよ~。

一緒のヒートで戦ったり、悔しい思いをしたり、最後にゴールで握手したりする
「仲間」ですからね!

なので大会での雰囲気もいいし、 みんなに会えるのも大会の楽しみのひとつです。

そして、自分の今までのスノーボードを通して知ったこと、楽しさを伝えれる立場として活動していけたらいいなと思ってます。
形はどんどん変わっていくかもしれないけれど、 奥深い信念は変わらないですからね。



長くなったので次に 大会の写真を載せますね!

*遊び でもいい
その「遊び」の意味はもちろん、大会に出る限り真剣に大会に挑むことが前提ですよ。
分かりづらいかもしれませんが、スノーボードはよくも悪くも、一般の方からしたら「遊び」で、それが根本で、そこから上を目指す人がライダーだったりプロを目指している。
だからいい意味での「遊び」です。
「遊び」のスノーボードから、 「大会」に出る。その気持ちも大事だという意味です。
そして、上記で書いたのは「プロ戦」のことだけでなくて(プロ戦に出れる技術の人は限られてますからね)、人それぞれのレベルにあった大会のことです。
私の下手な文章で誤解を招いてしまったらすみません。

by akikohayashi | 2011-02-28 18:32 | SNOWBOARD&山! | Comments(14)

Commented by スー☆ at 2011-02-28 19:07 x
あっこちゃんの思い伝わりました!!
手首まだ完治してないのに、長文ありがとう^^
大会はあの板ででたんですね~^^
私ものりやすくて気に入ってるよ!!
誰になんていわれようが、自分自身のやりたいように楽しく大会にでてスノーボードするのがいいと思います!!
プロだからとか、アマだからとか関係なく・・・
結果どうこうより楽しんだもの勝ち!!
みんな理解してるし、認めているし、応援してるからね~~~♪
大会に出ない人も多い中、挑戦した気持ちに感動したヨ☆
これからも、love☆snowbording^^ love☆あっこちゃん^^
Commented by 諏訪大明神 at 2011-02-28 19:21 x
オレはあなたのファンです!
そのレース.オレも出場しました。初めてのプロ戦で・・・もちろん一回戦で終わりました・・でもいろんなプロライダーの滑りを見てスゲー刺激うけました!
いろんな個性.スタイルあっていいと思います!誰もが出場でき.夢をもてる環境をこれからプロの方々切り開いてもらいたいです!


林プロ.ウエアも決まってたし,かわいいでしたょ! 今度,一緒に写メ撮ってください

がんはってくださぃ
Commented by まり at 2011-02-28 20:47 x
ひとそれぞれ。

それでいいと思う。

がんばって!
Commented by gonz1616 at 2011-02-28 20:59
いいね。板なんてなんでも関係ないよ。
好きな板乗って思いっきり滑ったほうが楽しいよ。きっと。
後は自分も楽しんで他の人たちも楽しませれたら最高だね。
昔テリエがスラロームの大会でスイッチで勝っちゃったって聞いたことあるんだ。板とか滑りとか楽しみ方ってその人の独特のものだから、スノーボードは楽しい。
クロスでツインで勝っちゃってもいいんじゃないかな♪
Commented by carveman-showzy at 2011-02-28 21:55 x
最近、小倉商会がバートンを奪われた頃からタイムだ結果だと、スノーボードがつまらなくなって来ました。パーマーが会社を手放した辺りから板だけですでに結果が決まってるような。お金がなければ遠征出来ない。どんどんスノーボードが面白くなくなって来てます。そこへ登場したのがあっこちゃんだと思います。DITAを着たくてスノボをはじめる女の子やマニアな野郎にしか見向きもされなかったヨネックスに女の子が乗りはじめました。太田カンスケさんや、滝久美子さん。当時はかなり影響を受けた人も多かったです自分もその一人です。また最近は上田ゆきえさんが新しい道を開いて来ましたが、今度はあっこちゃんが新しい道を開拓していると思います。大会にもメディアにも出ないプロも少なくないですよね?そんな彼らは後輩に席を譲るべきだと思います。あっこちゃんにはもっと、スノーボードは楽しい物なんだよ!という、原点をもっと宣伝して欲しいと思います!、スノーボードを幅広く、心底楽しんでいる、現役プロはなかなかいないと思います。後にも先にも「林亜紀子」にしか出来ないスノーボードライフをこれからもエンジョイして、後続のスノーボーダーに伝えて下さい!応援してます!
Commented by ユウ at 2011-02-28 22:18 x
大会に出るだけが全てじゃないですよ。
人なんて日に日に変わってくものだし人に何て言われようと自分のスタイルを貫ければそれでいいと思います。

これからも林亜紀子スタイルを貫き通して頑張ってくださいね。
これから先も応援してます。
Commented by yoyo at 2011-03-01 00:07 x
流石!我らがカリスマAKIKOさんo(`▽´)o そんな考え、スタイル、に思いっきり賛同しちゃいます!!!勝負だけでは語り尽くせないのがスノーボードでしたね(^O^)滑りで生き様映すAKIKOさん、カッコいいっす。素敵っす。大会でAKIKOさんの滑り見てみたいです。そして感じたい。
Commented by yasu at 2011-03-01 00:09 x
十人十色、
他人の考え方が正しいのか?
他の人の行動を真似しなければならなのか。

自分は自分であって、他人ではない。
自分の行動は自分が責任を持って行っているのだから他の人にとやかく言われるモノでない。

自分にとって正しいと思っている道なのだから・・
今までのように!
Commented by デイモン・ヒル at 2011-03-01 00:22 x
人それぞれスタンスが違うのは仕方ないですよね。

でも、何度か大会に出ている亜紀子さんを観てますが、スタートの時にはしっかりアスリートの顔になってますよ!(^^ゞ

自分は『雪女子』を観てからのファンなので、ガツガツとリザルトを求めてた時期の亜紀子さんを知りません。

ですが、雪女子の中で『自分の知ってる楽しい事を人に教えて、その人も楽しいと思ってくれたら幸せだし…それは一人でも伝われば嬉しい』って言葉に感激?共感?してファンになりました。

これからも亜紀子さんのスタンスで頑張って下さい。
応援してます!
Commented by miki at 2011-03-01 10:44 x
こういう文章を公の、しかもネットに出すことはすごく勇気がいると思います。(すぐネットで叩かれる世の中ですから)
私はコメントでちょっと気持ちを出すだけでも何度も読み返しておかしな文章じゃないか緊張してしまいます。
たぶん、文章や行動のとらえ方も人それぞれで共感する人もいれば、そう思わない人もいると思う。
でも正直な作ってない自分の気持ちを出して、自分が間違っていないと思う行動、人に迷惑をかけていない行為をしてれば問題ないと思います。
これからも更なる活躍を期待して応援しています☆
(まじめな文章でスミマセン)
Commented by acm at 2011-03-01 11:16 x
わたしには、プロの定義、プロとはなんぞや、といった事はほぼ無知ではありますが、
プロになりたい理由・プロでい続ける意味は、本当に人それぞれで、
誰の理由が正しくて、誰の意味が間違っているなんて事は絶対にないと思います。
ただ、現状、その程度の活動なのに、プロでい続ける意味ってあるのかな?と疑問に思う方もいたりはしますよね。
逆に、すごい知名度・人気・実力があるのに、プロじゃなかったのか!って方もいたり・・・。

プロになったからには、自分の好きな事・やりたい事だけをやっていけるわけでもなく、
やりたくない事でもやらなくてはいけなかったり、と、プレッシャーとストレスが尋常ではないでしょうね・・・
完璧な人間なんていないんだし、自分の意見だけが正しいなんて事はないんだから、
絶対、人の事を否定しちゃいけない!!!って思います!
悪意があったのかなかったのかわかりませんが、デリカシーのない発言をする方々が、
このブログの、亜紀子ちゃんの考えを読でくれたらいいですね☆
公の場だと言いづらいでしょうが、時々、こうやって吐き出しちゃって下さいね!
Commented by BLUE at 2011-03-01 15:06 x
スノーボードへの想いは人それぞれ、またスノーボードをやる人の環境や人格もいろいろ。

傷付くことがあるかもだけど「大会」は誰もが本気。だからいろんな考えや、信念から自分の想いが言葉に出ちゃう事もあります。

私はスノーボードが大好きです!年中スノーボードの事を考えてます!

私は亜紀子さんのように、スノーボードの楽しさや、その世界をより多くの人に伝えようとする方を本当に大切にしたいです。

これからも応援してます!自分のスタイルを堂々と貫いて下さいo(^-^)o
Commented by 珠ちゃん at 2011-03-02 00:36 x
うーん。。。
こういった亜紀子ちゃんの想い、大会の場で相手の方に伝える事できないですもんね。
世間的にはまだスノーボードはメジャーなスポーツではないからプロの定義もはっきりとしていない部分もあるだろうしメーカー側がライダーに求める要素もばらばらでしょうけど、亜紀子ちゃんはこれまでの事を評価されているからこそ新しい分野でのお仕事も任されているわけだし。
本当に好きでなかったら責任持って果たせない事だし、大会に出るのだって遊びで出ているなんて私達は思いませんよ(^^)。
今の亜紀子ちゃんの活動があるから滑り以外の部分でもスノーボードを楽しめている部分も大きいです。
これからも応援していますね★

Commented by MAC at 2011-03-02 00:39 x
スノーボードクロスを大会に出ることを真剣に考えてくれる人が
ここにいること、すごくうれしいです。

こんな亜紀子さんの思いをブログに書いてくれて、
ありがとうございます。

また大会で亜紀子さんの姿が見れることを楽しみにしています。


林 亜紀子

1978年9月1日アメリカ サンフランシスコ生まれ。PSA公認プロスノーボーダー。スノーボードのプロ戦を転戦するほか、雑誌 / DVDの撮影などをこなしながら、レディーススノーボードウエアー「Dita White」のプロデュース&デザイナーとしても活躍。 >> more

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

最新のコメント

川に落ちちゃった人いたね..
by miki at 14:04
今度はepiceにgra..
by miki at 14:02
また色々な情報の発信を楽..
by miki at 16:34
更新ストップはなぜ
by G's at 03:55
おかえりー
by ねこ at 23:10
(●´U`●)
by ねこ at 23:57

ファン



ブログジャンル


画像一覧


おことわり

コメントおよびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメントおよびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。