S-Project レポート

blog.excite.co.jp/S-Project
ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 30日

斜めの建築

「S-Project」の設計案を最初に目にしたとき、まず驚いたのはスラブに水平ではない部分があることだった。動線の一部が一定の斜度のスロープになっている建物というのは、ル・コルビュジエのサヴォア邸やライトのグッゲンハイム美術館のような例を思い出せば、経験的に理解できる範囲内だ。しかしスラブの一部が不定形の斜面になっている内部空間となると、体感的にはなかなかイメージしにくい。おそらくそれはもはやスロープというよりは、起伏を伴った地形のようなものとして体感されるはずだ。そうした建築のなかに身を置くとは、いったいどのような経験なのだろう。

斜めの建築_c0231905_923127.jpg
©Office of Ryue Nishizawa

こうした疑問に対してひとつの回答を与えてくれたのが、SANAAの手掛けたロレックス・ラーニングセンターだった。これはローザンヌのスイス連邦工科大学ローザンヌ校の敷地内にある学生会館、図書館、食堂などを兼ねた施設だ。竣工から間もない2010年の秋に現地を訪れてみると、そこには想像していたよりもはるかに素晴らしい空間があった。斜いた床のあちらこちらで、座ったり、寝転んだりしながら、それぞれの時間を過ごす学生たち。一般的には斜面は登るものか降りるものとしてイメージされるが、ここではむしろ「滞留する場」として使われているのが新鮮だった。

斜めの建築_c0231905_924563.jpg
Photo by T.Fujiwara

フランスの建築家クロード・パランが書いた「斜めにのびる建築」は、 斜面の持つ建築的な可能性を論じた先駆的な論文(発表は1970年)だ。ポール・ヴィリリオの盟友でもあるパランは斜面に硬直したモダニズムからの開放の可能性を見いだした。斜面は人の身体感覚を覚醒し、空間に対する認識を変容させる。そして斜面の活用という建築的形態の冒険は、資本主義的な均質空間(=モダニズム)の専制に対するアンチテーゼとして位置づけられた。

パランの時代には技術的ユートピアの域に留まっていた斜めの建築は、 その後のテクノロジーの急速な進歩によって実現可能なものとなった。しかし皮肉なことに、現代の斜めの建築はグロバリゼーションの時代を迎えた新しい資本主義を象徴するものになっている。今の時代において、斜面を内包した空間の典型はショッピングモールなのだ。確かにそこでのスロープは人々の身体と意識に覚醒を促す。「立ち止まってはいけません。前に進みなさい。そしてもっと消費しなさい」と。こうした斜面の持つ性格を露悪的に誇張してみせたのがコールハースだとも言えるが、SANAAのローザンヌはそれとはまったく別の可能性を感じさせてくれる。移動のための斜面が効率性と消費のメタファーだとすれば、滞留する斜面はそれらには還元できない体験の質を生み出しているのだ。それが新しい文化の孵化器として機能したとき、私たちの「S-Project」は成功したと言えるのかもしれない。(鈴木布美子)

by S_Project | 2012-03-30 09:38 | プロジェクトについて | Comments(0)
2012年 03月 19日

講演会のお知らせ

西沢立衛さんの講演会が4月28日に神戸で開催されます。一般の方も聴講できます。

兵庫県建築士会 神戸支部 青年部会主催 特別講演会
西沢立衛 特別講演会「近作について」

日時:2012年4月28日(土) 15:00-17:00
会場:兵庫県立美術館ミュージアムホール
定員:150名(申込不要・当日受付 入場開始14:45)
参加料:入場無料※当日は13:00より先着順で整理券を発行します。整理券がなくなり次第、入場を締切ります。

詳細はこちらで。
http://www.kobe-kenchikushikai.com/seinen/event/index.html

by S_Project | 2012-03-19 20:13 | インフォメーション | Comments(0)
2012年 03月 12日

構造設計家・佐々木睦朗さんとの共同作業(その2)

構造に関して西沢事務所は設計当初、鉄板の耐震壁の可能性も考えていた。しかし佐々木さん(佐々木睦朗構造計画事務所)との最初の打ち合わせで、ランダムに配置されたRC壁とRCのフラットスラブという構成が決まり、可能なかぎり薄くしたスラブを最小限の構造体で支えるために鉄骨柱をあわせて用いることになった。

西沢事務所と佐々木事務所によるスタディでは、まず最初に模型と図面で全体のイメージを共有し、RC壁や鉄骨柱の位置や大きさを協議していった。例えばRCの耐震壁については佐々木事務所からX方向、Y方向にそれぞれ、どのくらいの大きさの壁が何枚必要、といった指示があり、その条件を西沢事務所がプランにおとし込む。そしてそれを両者で細かく調整をしていく、というのが基本的な流れだ。

その調整だが、意匠サイドがクライアントや設備設計との打ち合わせなどを踏まえてプランを変更すると、その都度、構造サイドによる調整が必要となる。またプランだけではどうしても解決できないところは、構造サイドに他の方法を考えてもらう。このように両者がキャッチボールのように話し合いを重ねながら、着地点を探していくわけだ。そして形態がある程度まで決まると、今度は3次元CADによるモデルをもとにした詳細な構造解析が行われ、その結果が再び意匠設計にフィードバックされる。

全体的に寸法がとてもシビアな建物のため、こうした調整には煩雑な検討作業が避けて通れない。柱の位置ひとつをとってみても、構造上必要とされる位置が、デザイン上でも問題がないとは限らないのだ。なかでも大変だったのは1階のギャラリー。最大約8メートルのスパンの空間だが、ここを柱を落とさないための梁と構造壁の検討には多くの時間が費やされた。

最終的には詳細な構造解析を何度も行ってもらいつつ、構造と意匠、設備を調整して、全体を統合していく。軽やかに見える建物のイメージを支えているのは、地道で実践的な作業の繰り返しなのだ。(鈴木布美子+松井元靖/西沢立衛建築設計事務所)

構造設計家・佐々木睦朗さんとの共同作業(その2)_c0231905_9421324.jpg
ギャラリーに柱をおとさないための梁と周辺の構造壁を検討中の模型写真。この段階では、2階に梁を出した場合を検討している。©Office of Ryue Nishizawa

by S_Project | 2012-03-12 10:00 | プロジェクトについて | Comments(0)
2012年 03月 06日

建築構造家・佐々木睦朗さんとの共同作業

建物を構造的に成立させるためには構造エンジニアの協力が不可欠だ。「S-PROJECT」では佐々木睦朗さんに構造設計をお願いした。西沢さんと私たちが合意したスタディ模型は、構造的にはまだ成り立っていないものだ。次のフェーズでは、この模型を出発点に、佐々木さんと西沢事務所が、構造スタディを繰り返すことになった。

佐々木さんは西沢さんやSANAAとこれまでも数多くの仕事を共にしてきている。そのため西沢さんがやりたいことを理解したうえで、構造的な提案を行っている。特に「S-PROJECT」では「豊島美術館」のようにひとつの原理的な構造によって建物全体や空間のイメージが決まるのではなく、構造計画によって具体的なデザインにどれだけの自由度が与えられるかに力点が置かれている。

「S-PROJECT」の構造は、鉄筋コンクリートの壁と鉄骨柱の混構造だ。もともとスラブと細い柱を基本要素として発想された建物なので、地震力に耐える壁は構造計算を踏まえた必要最小限の量になっている。当初の建物のイメージにはない「壁」をどの程度まで西沢さんが許容するのか。佐々木事務所は長年の経験をもとに壁の大きさや場所を決めていったという。(鈴木布美子)

建築構造家・佐々木睦朗さんとの共同作業_c0231905_9511989.jpg
西沢事務所が佐々木さんとの最初の打合せ前に送った模型写真。建物の透明なイメージが強調されているが、構造的にはまったく成り立っていない。©Office of Ryue Nishizawa

建築構造家・佐々木睦朗さんとの共同作業_c0231905_9514581.jpg
佐々木事務所との1回目の打合せの際に用意した模型。西沢事務所のほうで平面計画をもとに壁をランダムにいれている。©Office of Ryue Nishizawa

建築構造家・佐々木睦朗さんとの共同作業_c0231905_952479.jpg
佐々木さんとの打合せ後すぐに、打合せ内容を反映させてつくった模型。全体のバランスを考慮して壁が配置され、上下階で連続したものになっている。©Office of Ryue Nishizawa

by S_Project | 2012-03-06 11:27 | プロジェクトについて | Comments(0)