execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ジャングルへようこそ!カクテルバー
 アイスランドでは2020年のコロナ禍の夏、18歳以上の住民全員にひとりあたり5000iskをアプリ経由でギフトカードとして配った。旅行時に使えるよう、地方経済に少しでも刺激をということで政府がそのようなものを打ち出した。2021年も同じことを行い、その使用期限が9月末日だった。

 9月末になり、はてこのギフト券をどう使うかに迷った。使える場所は限られ、首都圏では我々が納得できるような使い方ができる場所がごく限られていた。で、本当は手作りチョコを買いたかったけれど、チョコを展示していたガラスが割れたとかで、商品が一切ない状態だった。仕方がないので選んだのが・・・・カクテルバー!
ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_02341870.jpg


 我が家はここ2年ほど、カクテルに凝っている。外飲みが激しく高いアイスランドにおいて、選択できるのは家飲みしかない。夏に野草のハーブをウォッカに漬け込んだことがきっかけで、カクテルにはまったのだ。その参考にというのでJUNGLEというバーに出向くことにした。以前はLOFGIDと名乗っていた場所だった。

 アイスランドは小国だし、首都といってもレイキャビクの街もごく小さい。首都という言葉を聞くと、東京、ニューヨーク、パリ、ロンドン等しか思い浮かばないと、とんでもない勘違いとなる。
ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_02341958.jpg



 どの国にも老舗はあろうと思う。歴史の浅いアイスランドでも、「以前からずっとあるし、このままずっと存続してほしい」という店はある。飲食店の場合は両極端の傾向があり、昔からある店はその方がいいし、中途半端で流行らなかった店は数年で名前を変えることが多い。いや、流行っていたとしても、小さな街なので人々がそこに飽きてしまうのか、オーナーが同じでも店舗名を変更することがしばしばある。そうだ、日本にもありますね。閉店セールといっても、店をまったく閉めてしまう訳ではなく、内装や外装に少しだけ手をいれて、再度開店するやつ。あれと同じか。
ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_02341927.jpg

 ギフト券を使う場所を調べていた時、「ジャングルなんて聞いたことないぞ」と思ったが、場所を見れば「Loftidと同じ」。Loftidはいろいろな電球を吊るしているのが特徴で、今度はテーマをジャングルにしたようだった。そしてもちろん、ガンズ・アンド・ローゼズの「Welcome to the Jungle」を意識してのことと思う。

 行ってみるとちょうどハッピーアワーになったところで、2時間ほどカクテルが半額だという。やった〜!カクテル一杯2500isk程度するため、5000iskで二杯だと思っていたのが、4杯も味見ができる。倍美味しい!5000iskは現在4500円程度。

 で、ひとつひとうどのカクテルだったのか、説明したく思い、メニューを見たけれど、どれがどれか覚えてない(ごめん)。なので、写真をずらずら出しただけで失礼。
ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_02341980.jpg

  店のサイトを見ながら、どの写真がどのカクテルなのかな〜と考えるのも悪くないかと思う。

 

 という訳で、ずっとアルコール類で酒税を払い続けてきた我々は、このギフトカードでやっと少し取り戻すことができた。2杯が限度だろうと思っていると、思いがけなくハッピーアワーにあたり、一人4杯を飲み、精算で支払ったのは500円程度で済んだ。いやぁ、実に楽しかった。こーゆーのもたまには必要だよね、ということしきり。政府の計らいに、感謝した瞬間だった。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_00494737.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_06134016.png  
Twitter 


ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
ジャングルへようこそ!カクテルバー_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-11-03 02:13 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット
 アイスランドの夏は遅くやってくる。正確に言えば、日本の夏のような暑い夏は存在しない。それでも、なんとなく夏っぽい雰囲気もあるし、植物が唯一育つ時期でもある(それでも温室が必要)。

 そんな訳で今年も7月末からファーマーズ・マーケットが催された。9月半ばまで毎週末(土日)行われていた。アイスランド的にはとてもいろいろなものがあり楽しかった。
夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_01025505.jpg
芋ばかり見えているけれど、奥の方には貴重な葉物もあった。夢中で選んでいたので写真がない。

夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_01025561.jpg
コロナの都合もあり、一列に並んでの買い物。見えてはいないが、結構な長蛇の列だった。

夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_01025521.jpg
これは移民が売っていたハーブ液やオイル等。良質のものがアイスランド的には若干安い気がした。

夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_01025587.jpg
この場にはおやつや軽食も売っていた。これは中東のヴァクラバ。おいしかったし量もあってとてもよかった。

夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_01025530.jpg
この丸いのが一個500円もするけれど、ローフードで美味しいのでオッケー。

 この場には普段街でまったく見ないものが多く、出店数は少ないけれど、全部が物珍しい。日本にいた時には考えられなかったような、物資の・・・少なさ!特に生活に困っている訳ではなく、日本のように選択が豊富ではないというだけのこと。日本ではなんと無駄なものを増やしていたことかと、選択種の少ない生活に慣れた自分のリアクションに驚いたりする。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_00494737.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_06134016.png  
Twitter 


夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
夏名物、アイスランドにもあるファーマーズマーケット_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-10-28 01:00 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
女性議員が過半数に迫るアイスランド議会
 アイスランドでは史上二番目に投票率が低かったとはいえ80%もある。かつては90%越えが当たり前だったので、アイスランド国民にしてみれば投票率が低い!ということになる。日本では今月末に選挙があるが、投票率の方はどうなるやら。
女性議員が過半数に迫るアイスランド議会_c0003620_01365760.jpg
国会の写真がなかったので、ハトグリムス教会で・・・いいよね?!
 そして日本の女性議員の少なさも気になる。アイスランドではこの記事にあるように、女性議員が過半数に迫っている。日本でも見習える部分があるのではないか。そんな思いを込めての記事だ。


 今月末の日曜日、ぜひみなさん、投票へ行きましょう!小倉悠加 / Yuka Ogura)

女性議員が過半数に迫るアイスランド議会_c0003620_00494737.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

女性議員が過半数に迫るアイスランド議会_c0003620_06134016.png  
Twitter 


女性議員が過半数に迫るアイスランド議会_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
女性議員が過半数に迫るアイスランド議会_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-10-21 00:02 | News | Trackback | Comments(0)
アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水
 アイスランドの聖地と言われ、ジュール・ヴェルヌの小説『地底旅行』の地底世界の入り口になっているスナイフェル山があるスナイフェルネス(半島)。ここに天然の炭酸水(ソーダ水)が湧き出る場所があります。二箇所ほど私は見つけていて、一箇所は無料(かなり見つけにくい)、もう一箇所は有料ですがすぐにわかる場所にあります。

 この蛇口は農家の敷地内にあり、誰でもいつでも利用可能。周囲の土が赤いのは、赤土ではなく、炭酸水に含まれる鉄分で赤く染められたもの。
アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水_c0003620_00143958.jpg

 
アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水_c0003620_00143944.jpg

 成分表の立て看板があり、見たところやはりとても鉄分が多い。通常の飲料水の鉄分と比べると1000倍!カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムも全部多いため、ミネラル分が豊かというか、最初に飲んだ時はちょっと驚いた。塩鉄くさい?!そんな感じでした(笑)。普通の飲料水として飲もうとは思えないけれど、カクテルとして割ると案外おいしく、一時期はまったものでした。今は、ここを通れば「汲んでいく?」という感じ。
 1754年に発見され、現在のように地下にパイプを埋めて水を汲むようになったのは1904年だったそう。1972年に調査がなされた結果、心臓や腎臓、糖尿病にいいし、もちろん鉄分は血液にもいいということに。健康のため朝コップに一杯飲むのを習慣にしてる人も居るとか。ここにYoutubeの動画を貼り付けたかったけれど、動画そのものをはりつけられないので、それは以下をクリックしてみてください。

 
 おいしい!というものではないけれど、一度は飲んでみたくなるかと思う。スナイフェルスネス半島をレンタカーでまわる人はぜひどうぞ。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水_c0003620_00494737.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水_c0003620_06134016.png  
Twitter 


アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
アイスランドの聖地に湧き出す天然炭酸水_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-10-07 05:47 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug
 海沿いにある温水プール。アイスランドには各地に海に面したプールや温泉がある。半ば地元住民だけが知る場所もあれば、公共プールとして人気のある場所も。ここは後者。
 クロスネスロイグ(Krossneslaug)は数年前からあちこちを修繕しはじめ、まだまだ工事は続行中。夏の間であればいつもオープンしているということではないので、事前に調べていくことが必要。だけど、海に面していて、本当に気持ちがいい。
たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_02233660.jpg
 
たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_02233612.jpg
 一回のお値段は1000isk(アイスランドクローナ)。現在の交換レートだと900円程度。10回の回数券だと3割引でお得。
たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_02233647.jpg


 外から見ると、工事続行中なのがありありと分かるけど、数年前に来た時よりも更衣室がきれいになっていたし、歩道も整備されつつあり、着々と使いやすくなってきてた。西フィヨルドへ足を伸ばせる方はぜひ。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_00494737.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_06134016.png  
Twitter 


たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
たまに行くなら海岸沿いのプールがいいKrossneslaug_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-10-02 02:03 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム