execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
TNLFアイスランド音楽特別イベント!アイスランド・エアウエイブス20周年&キャルタン・ホルム特別ライブ!

 今年2019年トーキョーノーザンライツフェスティバル
アイスランド音楽イベント『ATTENTION REYKJAVIK』開催!
Soudscape Iceland Live! 始動!!
 
2月16、17日東京、19日京都!!!

c0003620_01285105.jpg

 2019年2月のトーキョーノーザンライツフェスティバルでのアイスランド音楽プレゼンテーション、今年も濃密な内容でお届けします。今までトークと書いてきたけど、実際はトークじゃなくて、プレゼンなんですよね。今年からプレゼンテーションと変更しました。ギリギリですが(笑)。

c0003620_01293526.jpg

 端的に言えばアイスランド音楽シーンの疑似体験!まずはアイスランド・エアウエイブス2018年のダイジェストを動画でご覧いただき、シーンやアーティストの紹介、そして今年はアイスランド・エアウエイブス20周年を振り返ります。私はそのうちの16年分を体験していて、外国人唯一の生き字引(?)。
 それだけで結構どっしり、ずっしりとアイスランド音楽の世界に浸っていただけます。ちなみにこの音楽トークイベントは8年間ずっとソールド・アウト!その上に今年は第二部がSoundscape Iceland Liveのローンチ!第一弾アーティストは話題の作曲家、ギタリストのキャルタン・ホルム!


c0003620_01301737.jpg
キャルタン・ホルム
 10代の時、友達と組んだFor a Minor Reflection(たまたま全員イケメンだった!)でのギターがまず話題に。20代半ばでシガーロスのバック・メンバーとして世界ツアーを経験。その後、アイスランド芸術大学に通う。近年は音響を重視するプロジェクトに数多く参加し、彼が貢献した作品には故ヨハン・ヨハンソンの映画音楽『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』や『メアリー・マグダレン』などもあり、ヨンシー&アレックスのサウンド・リミナル・バスや、シガーロスが開発する3Dヴァーチャル体験機材Tornandi等にも関わる。また映画『春にして君を想う』で世界的に有名なフリドリクソン監督がアイスランド人画家を追ったドキュメンタリー『Horizon』の音楽を制作しエッダ賞にノミネート。
 現在の彼はポスト・パンク・バンドTofaでパワフルなギターを披露する傍ら、ソロではアンビエントやノイズの内省的な要素も取り入れ、多彩な音色で観客を独自の世界へ誘う。現在、内外の音楽メディアから注目される中、2019年春には初ソロ・アルバムをリリース予定。

 このキャルタンの演奏を、神楽音という最高の音響、そしてパーソナルな空間で体験するという贅沢!!日本へまた行きたい!というキャルタンの希望もあり実現するアイスランド音楽ファン垂涎の夢の企画。


 で、どういう演奏なの?というと、アンビエントから爆音に盛り上がるような、ノイズギターです。シガーロスの音響が好きであれば、気に入ること間違い無し!言葉では説明し難い感じなので、体感しにくるのが一番早い!

 例えば、彼はFor a Minor Reflectionのギタリストをやっていて、その時の動画がこれ。FaMRホント、いつ見てもかっこいい!


 現在はヨンシー&アレックスのプロジェクトでライブ演奏をすることがしばしば、そんな中ポスト・パンクのTofaにも力を入れていて、これはアッパー系で楽しい。

 気になったら是非ライブへ!そして一部の私のプレゼンもぜひ!このイベントを体験すれば、あなもアイスランド音楽通!!


トーキョーノーザンライツフェスティバル
ATTENTION REYKJAVÍK Vol.9+Soundscape Iceland Live!

2019年2月16日(土)
神楽坂「神楽音」
第1部 16:00-18:30 アイスランド音楽情報プレゼンテーション(小倉悠加)
第2部 19:00 - Soundscape Iceland presents キャルタン・ホルム ライブ!
チケット好評販売中! 前売 6,500 (1ドリンク600 別途)/当日 7,500 (1ドリンク600 別途)

2019年2月17日(日)
神楽坂「神楽音」
第1部 16:00-18:30 アイスランド音楽情報プレゼンテーション(小倉悠加)
第2部 19:00 - Soundscape Iceland presents キャルタン・ホルム ライブ!
第3部 20:30 - VIP-Party
チケット好評販売中! ワイン飲み放題! 前売 7,000 (ドリンク代1,000 別途)/当日8,000 (ドリンク代1,000 別途)

2019年2月19日(火)
京都Club Metr0 地図

開場  18:00
第1部 18:30-20:00 アイスランド音楽情報プレゼンテーション(小倉悠加)
第2部 20:30 - Soundscape Iceland presents キャルタン・ホルム ライブ!
チケット好評販売中! 前売 6,500 (ドリンク 500 別途)/当日 7,500 (ドリンク 500 別途)

 私はもうすぐ一時帰国します。是非お会いしましょう! ( 小倉悠加 / Yuka Ogura )


by ICELANDia | 2019-01-29 01:31 | Comments(0)
IcelandGuide.Net開設、写真ギャラリーやサウンドファイルもサクサク。どうぞよろしく!
IcelandGuide.net 開設のお知らせ。
c0003620_09535294.jpg


 ExciteのこのICELANDiaブログを書き始めたのが2004年のこと。15年も前になります。書いたブログの数は1300件以上。告知もあるとはいえ、ほとんどがオリジナル内容の投稿記事で、貴重な資料や楽しい読み物もたくさん。特に初期の頃は、私自身もアイスランドが珍しく、随分と熱のこもった文章だったと自分でも思います。しかし悲しいことに、記事数が多いせいで、どうしても過去に書いたものが埋もれる・・・。

 かなり以前から、過去の記事をみなさんに楽しく読んで頂くにはどうしたらいいか?と考えてきました。今回別口にサイトを開設することにより、キーワードやタグでの検索が容易になり、アイキャッチ写真で記事の内容を把握できたりと、見た目も操作性もよくなりました。またサウンドファイルを貼ったり、フォトギャラリーを作ったりという機能の追加も容易に。例えば、レイキャビクに霜が降りた際に撮ったトゲトゲ写真を集めたギャラリー「レイキャビクに初霜。街中でも感動、サクサク、真っ白、トゲトゲの世界」がこれ。

 このICELANDiaブログは大切に記事を書き続けますし、新しいサイトとミラーの関係にさせつつ、新サイトではここではできないことを試みます。ぜひこのブログ同様、IcelandGuide.Netもご訪問ください。お待ちしています!(小倉悠加 / Yuka Ogura)

by ICELANDia | 2019-01-17 09:55 | Comments(0)
TNLF アイスランド音楽プレゼン+ライブはシガーロスに最も近いギタリスト登場、2月東京+京都開催!!
2019年トーキョーノーザンライツフェスティバル
アイスランド音楽イベント『ATTENTION REYKJAVIK』開催!
Soudscape Iceland Live! 始動!!
2月16、17日東京、19日京都!!!


 TNLF初回からなので、今年で9年目。音楽トークは動画あり、写真ありの本格的プレゼンテーション。話すだけとは大違い。特に動画は毎年独自で組み立て、主に前年のアイスランド・エアウエイブスで撮ったものを編集。このイベントでしか得ることのできない貴重なアイスランドの音楽情報をビジュアルとサウンドで、たっぷりとお楽しみいただきます。毎年「思ったよりもずっと濃厚で充実していた」というご感想をいただき、回数を増やしても有り難いことに毎年ソールドアウトのTNLF名物の人気イベント!

トーキョーノーザンライツフェスティバル
ATTENTION REYKJAVÍK Vol.9+Soundscape Iceland Live!

2019年2月16日(土)
神楽坂「神楽音」
第1部 16:00-18:30 アイスランド音楽情報プレゼンテーション(小倉悠加)
第2部 19:00 - Soundscape Iceland presents キャルタン・ホルム ライブ!
チケット好評販売中! 前売 6,500 (1ドリンク600 別途)/当日 7,500 (1ドリンク600 別途)

2019年2月17日(日)
神楽坂「神楽音」
第1部 16:00-18:30 アイスランド音楽情報プレゼンテーション(小倉悠加)
第2部 19:00 - Soundscape Iceland presents キャルタン・ホルム ライブ!
第3部 20:30 - VIP-Party
チケット好評販売中! ワイン飲み放題! 前売 7,000 (ドリンク代1,000 別途)/当日8,000 (ドリンク代1,000 別途)

2019年2月19日(火)
京都Club Metr0 地図

開場  18:00
第1部 18:30-20:00 アイスランド音楽情報プレゼンテーション(小倉悠加)
第2部 20:30 - Soundscape Iceland presents キャルタン・ホルム ライブ!
チケット好評販売中! 前売 6,500 (ドリンク 500 別途)/当日 7,500 (ドリンク 500 別途)

今年はキャルタンと私のデコボココンビ(?)で華やかにお送りします!
c0003620_22365633.png
 アイスランド音楽は動画でのバーチャル体験では終わらず、実際にたっぷりじっくりとアイスランド発のシーンを垣間見て、体験してもらおうと、『Soundscape Iceland』のライブシリーズを開始。記念すべき第一回目としてキャルタン・ホルムを指名。キャルタンを知ったのは、For a Minor Reflectionのバンドの一員としてが最初で、かれこれ7-8年前のこと。その後、シガーロスのバックメンバーとして来日を果たし、パンクのTofaでも大活躍。近年はシガーロスとのコラボが大変に多く、積極的にサントラや環境音楽にも関わるようにしているようです。

c0003620_03281628.jpg

 じわじわと観客を引き込み、盛り上げるキャルタン・ホルム。ある意味、玄人好みの音の職人。全身で感じる音圧が心地よいライブ。
 写真では分からないけれど、彼は190センチの長身でかなりカッコイイ!

 音響、雰囲気ということで裏方的な仕事にまわることの多いキャルタン。それでも静かに注目を集め、2018年のアイスランド・エアウエイブスでは米ローリングストーンが「アイスランド・エアウエイブス2018見るべき10アーティスト」に選出し、レイキャヴィク・グレープヴァイン紙でも近年めきめきと頭角を現してきたと大プッシュの記事掲載
 青田買いが得意な(?)ICELANDiaの小倉としては見逃す訳にいかず、ここぞとばかり口説いて2月に来日ライブを実現。ローリングストーンも書いていましたが、まさに「シガーロス以外で最もシガーロスに近づける音響」。

 もちろん私もアイスランド・エアウエイブス時に彼のライブを見て、彼のギターであれば、耳の肥えた日本の音楽ファンでも絶対に気に入ってもらえると確信。今回の来日は彼の音楽を体感できるまたとないチャンス!会場は音響のよさと居心地のいい雰囲気で評判の神楽音。
 アンビエントからじわじわと盛り上げ、圧巻のノイズ・ギターに仕上げるスリリングな過程をぜひじっくりとご観賞ください!一部、二部とも濃厚、濃密な内容です!!
 アイスランドに拠点を移しているため、このイベントのために私も来日。みなさん、この機会にぜひお会いしましょう!( 小倉悠加 / Yuka Ogura )

by ICELANDia | 2019-01-14 04:15 | News | Comments(0)
一期一会!憧れのあの地を白夜と共に楽しむシガーロス『Heima』ツアーは7月に!!

 正に本当に、ホントに、本当にうれしい!!このツアーの実現が夢でなくなったと分かった時、思わず「キャ〜〜、うわぁゎゎ〜〜」と叫びながら机の周囲を小躍り!それだけこのツアーは私の中で長年の念願でした。一期一会のツアーです。この企画は一度のみです。

 シガーロスのドキュメンタリー映画『Heima』を見た時から、アイスランドへの憧れを募らせ、いつか絶対にアイスランドを一周したいと願い、思いがけない時に彼らが訪れ、演奏をした場所に到達できた時、私がどれだけ狂喜乱舞したことか。たぶん、シガーロスのファンであれば、一度でもアイスランドへ行ってみたい。そして出来ることなら、Heimaのロケ地を踏みしめたいと思ったことでしょう。アイスランドを20回以上往復し、レイキャビク在住になった今でさえ、私は未だに彼らが回った全部の地を制覇している訳ではありません。

山が連なる西フィヨルド

 が、去年、そんな長年憧れ続けていた場所へ行けました。それがサミュエル・ヨンソン屋外美術館。数年前まで、道路の整備が悪く、夏の数ヶ月しか通行が保証されていなかった場所にあります。もちろん定期バスも観光バスも一切なく、自分の足でどうにか到達しなければならない場所。それもレイキャビクからの日帰りは無理。

 レイキャビク在住になっても、さすがにそこへ行きたいとはパートナーに言い出せず、とにかくいつかは行くチャンスがあるようにと願っていると、西部フョルヅルへ行った際、レイキャビクへの帰り道を大幅に遠回りをして、寄ってくれたのでした。う、う、うれしかった!!

 そこはシガーロスがロケした時より、随分と綺麗になっていて、とても楽しく、そしてゆったりとした時間の流れを楽しんだものでした。

 長年心の中で暖めてきた企画で、夏のアイスランドのホテル予約が2年待ちと言われる中、奇跡的に地方のホテルも予約を入れることができた時、ホント、小躍りするしかなかった。去年、一昨年と、西フョルヅルでの宿探しに困り、結局知り合いつてで宿泊させてもらったことを思い出したりして。

 数名でもそうなので、まして団体ともなると選択が少なく、しらみつぶしに宿を探してくれた旅行代理店に感謝。

イベントで民族衣装に身を包む人々

 そんなスペシャルな場所を盛り込み、2019年7月、かつてシガーロスがそうしたように、万感の思いを込めて、このHeimaツアーを企画しました。それも白夜で美しい夏のアイスランドをたっぷりと楽しめる7月に実施予定
 ツアーの中に2泊3日のバス旅行が組み込まれているので、Heimaロケ地巡りにツアー代金以外の費用はかかりません。

 また、私(小倉悠加)が企画する物事なので、西フョルヅルにいる間に、それが食事会か特別ライブかはわかりませんが、とにかく地元ミュージシャンと交流できる場を設ける予定です。それもツアー内に組み込むので追加料金なし。

 短期間でロケ地全てを回ることは出来ないけれど、西フョルヅルの中心であるイサフョルヅルも訪問し、名滝のディニヤンディにも寄ります。ディニヤンディはどこの滝よりも私は大好きで、優雅で上品な上、とてもダイナミック。道中は、可能な限り牧歌的なカフェや、牧場のアイスクリーム屋等、私自身が個人で旅行する際のとっておきスポットもご案内する予定です。道中の景色は、驚くような地形や海岸線が続くことでしょう。何度見ても心躍る景色です。

 このHeimaツアーは7月9日(火)出発。フジロッカーに配慮したつもりです。だって夏フェスも行きたいですものね!旅の詳細は主催者である北欧トラベルのサイトのここでご覧ください。

 また、このツアーの参加申し込み締め切りは実施二ヶ月前の5月初旬になります。ぜひ早めに参加申し込みを。限定20名様です!


by ICELANDia | 2019-01-09 06:56 | News | Comments(0)
2019年、新たな企画目白押し!Soundscape Icelandライブシリーズ始動!
 2019年おめでとうございます!
 今年はすごーく簡単なご挨拶で失礼します。それでも、今年もどうぞうどうぞ、そしてぜひぜひよろしくお願いします。
c0003620_07390857.jpg
1月1日の自宅からの眺め

 毎年、たぶんここ10年ほどずっと続けてきたICELANDiaショップの福袋ですが、今年はありません。埋もれている素敵な音楽を、何とかいい形でお客様にご提供できるよう、そして中身を開けてがっかりしないよう、手間と時間をかけて福袋を作ってきましたが、今年は1月に日本に戻らないこともあり、断念しました、ごめんなさい。

 音楽プロダクトを取り巻く情況も激変し、音楽ソフト(CD)等が売れず、そういった環境は激変しましたが、それでもまだ、アイスランド音楽をご紹介するというキュレーターとしての役割は充分に余白が残っていると感じています。私がレイキャヴィクに拠点を移し、新たな生活環境や家族環境になったこともあり、正直なところ最近までほとんど身動きができず(特に精神的に)実は悶々としていた時期が長く続いていました。

 今年はそこから脱出し、新たに開始する予定で、既に片足を動かし始めている物事が幾つかあります。ひとつは恒例のトーキョーノーザンライツの音楽イベントを今年も行うことで、アイスランド音楽ライブ・シリーズの発進をします。題して「Soudscap Iceland」。その第一弾として招聘するのが、シガーロスとのコラボでその実力を実証しているキャルタン・ホルム。米ローリング・ストーンでもアイスランド・エアウエイブス時に大きく取りあげられ、彼のギター・ノイズは耳の肥えた観客に強い印象を残し、また、JFRD他のミュージシャンも彼をバックに起用。今後も益々シガーロスとの距離が縮まっていく予定で、だからこそ現在の彼の音をたっぷりと聴いていただきたく今回私とジョイントでのイベントを企画ーーーおっと、おっと、この話は後日別口に書きますね。

 それから、長年(10年間!)暖めていた旅行企画を遂に実現できることにもなりました。それはシガーロスのライブ・ドキュメンタリー『Heima』のロケ地を探訪するツアー。それも7月という最高に素晴らしい夏のアイスランドを体験できる時期に設定。これもまた後日。

 福袋はないとはいえ、ICELANDia ショップ自体は細々ですが機能しています。特にアイスランドの手編みセーターは素晴らしいので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

 それでは今年も引き続きどうぞよろしくお願いします!!!


by ICELANDia | 2019-01-03 07:15 | News | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド在住になり、ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム