execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

<   2015年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
お誕生日会をありがとう ♡
 突然ここでプライヴェートなお披露目になります。なんだか今朝、無性に書きたい気持ちになったので。

 1ヶ月ほど前のことですが、アイスランド・エアウエイブス・ツアー参加者のお客さまが中心に、ちょうど来日していたオレーナと私の誕生日会が催されました。オレーナは数年前、ツアーの打ち上げライブをレイキャヴィクでやってくれたアーティスト。Olenaというソロ・アーティストでもあり、Asonatのメンバーでもあります。

c0003620_23321069.jpg たまたま彼女の誕生日が6月初旬。そして私の誕生日が5月下旬だったため、それじゃいっしょにやる?と。

 ボランティアで幹事をしてくださった方がいて、普通はどこかのレストランか飲み屋を予約して、それで集まって、となりますよね。ところが、フタを開けてびっくりで、レンタルルームを借り、みなさんそれぞれ役割分担して、料理、お菓子、飾り付け、バックに流すPV等、とにかくぜ〜〜〜んぶ手作り!

 お料理もお菓子(ケーキ)もプロの味。室内の飾り付けも華やかで、真ん中にはアイスランド国旗がデーンとあり、流されていたPVは、日本でのオレーナのパフォーマンス。あれもこれも手作りのパーティに彼女も感激していたし、私の単細胞な「アイスランド音楽大好き!アイスランドも大好き!」という物事が積もり積もって、こうした催しにつながったのかと思うと、ものすごく感慨深かったーーーというか、いつの間にこんなになっちゃったんだろうと、半ば不思議でした

 この活動を始めた当初は、私自身もどこへ向かっていくのか分からなく(正直今でもわかんないし)、それでもコツコツと長く続けてきたためか、こんな催しをしていただく立場になるとは、本当にうれしかったし驚きでした。

 だってだって、私がやってきたことは、好きな音楽のことを「好きだぁ〜!」と言ってるだけで、なーんも難しいことはしていないし・・・。そんな私のために(いや、私はオレーナのついでか?(笑))何となく申し訳無い気持ちになったことも事実ですが、でも、みんなが集まって楽しく時間を過ごすことができたので、とにかくよかったのかな、とも。
c0003620_23293373.jpg

 あくまでもプライヴェートのことだったので、ブログに書く予定は当初なかったけれど、でも、やっぱり、一言でもブログに残しておきたいと、フと今朝思ったのでした。特に中核になって物事を進めてくださった方、また、お料理やら、プレゼントやら、飾り付けやらで、事前に考え、時間を使い、心を込めてあれもこれもやってくださった方々。それから忙しいにも関わらず、とにかく駆けつけてくださった方々。みんな、本当に有り難う。心にジンと染みました。

 8月にアイスランドに寄ってから帰国します。その時には、間違いなくオレーナと飲みに出るので、誕生日会の話をお酒のつまみに、楽しく思い出させてもらいますね。何重にも楽しく、素敵な思い出を本当に有り難う。引き続き私も、アイスランドの魅力をみなさんにお伝えできるよう心がけますね!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



8月1日ツアー説明会&音楽ドキュメント上映会↓
c0003620_18573769.jpg
 


         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
by ICELANDia | 2015-07-07 23:34 | Comments(0)
フェロー諸島音楽の真打ち!立役者Kristian Blak率いる名グループYggdrasil
 もうすぐ私がアイスランドの義兄弟であるフェロー諸島の音楽フェスへ行くため、フェローの注目アーティストをご紹介しています。

 当初から、とりあえず広範囲を網羅したコンピレーションと、多くの音楽ファンに馴染んでもらいはすく、また入手しやすい3アーティストをご紹介しようと思っていて、まず最初が歌姫のアイヴォール、前回のByrta、そして真打ちがYggdrasilです。一応言及しておけば、私はTeiturというシンガーソングライターも大好きですが、近年は作品をフェローのレーベルから発表していないため、今回は選外としました。Teitur、ごめん。

 さて、Yggdrasilはどこから始めていいやら・・・。まず、音楽に関係なくYggdrasil(ユグドラシル)をご存知でしょうか。こちらがwikiへのリンク。ユグドラシルとは、北欧神話における世界図の中心の木のことです。

 フェロー諸島におけるYggdrasilは平たく言えばジャズ・グループですが、音楽性は本当に幅広い。フェロー諸島の音楽を本格的に扱うにあたり、40-50枚ほどアルバムを聴いた時に最も芸術と独創性が高いと感じたのがYggdrasilでした。ホント、聴いていて楽しい。

Kristian Blak & Yggdrasil 『Travelling』(期間限定送料無料)
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=90428271
c0003620_2533826.jpg

 フェロー諸島唯一の音楽レーベルであるTutlの創始者がKristian Blak(クリスティアン・ブラック)で、Yggdrasilも彼を中心に作られたグループ。作曲とアレンジ、そしてピアノとヴォーカルも彼自身が担当。才能というか、才気を感じる人です。

 で、以下はショップの商品説明をまるっとコピーしますね。
——-
 実はこのアルバムを私は気に入りまくっている。日本の子守歌にも通じる懐かしさや親しみを感じるメロディ、フォーク・ソングのトラッド感、あまり聞いたことがないような神秘的なエスニック感。そして美しバイオリンやピアノが、どことなくクラシカルでアンビエント。そうかと思うとモダン・ジャズ調になったり、ギターのディストーションがロックだったり、前衛チックになったり・・・。ハーモニーの付け方もなにげにアイスランドのトラッドとも似ていて(つまりは北欧風味)、聞けば聞くほどバラエティ豊かな表現や細かな音の作りに引き込まれ、あちこちに楽しい驚きが沢山埋め込まれていて、それを発見するのが面白くて仕方がなくなってしまった。
 
 シンプルで、モダンで、懐かしさを親しみを感じるメロディとハーモニー満載で、本当に美しいアルバム。これがフェロー諸島の典型的音楽ではないけれど(ビョークやシガーロスもアイスランドの典型的な音楽とは言えないのと同様に)、これほどクリエイティビティに溢れた素晴らしいアーティストが存在するということを体験できるということだけでも、本当に価値のある一枚。ものすごくお勧めします。
———-

 そういうことです。このアルバムに記載されている解説も、商品説明のところに訳しておきましたので、興味ある方はお目通しください。

 ICELANDiaのショップでは、現在もう一枚Yggdrasilのアルバムを扱っていて、それはこちら↓

『Yggdrasil』 Kristian Blak & Yggdrasil Eivor参加
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=90731066
c0003620_2532897.jpg

 こちらはまだティーンだったアイヴォールの若々しいヴォーカルが聴ける曲があって楽しい。ジャズと民族音楽をミックスしたような音楽で、歌唱が入っていないインストゥルメンタルは、ピアノやサックスを中心としたジャズ色の強い演奏。
  
 オリジナル作品もあれば、フェローのトラッド、聖歌やグリーンランドなどの、周辺地域の音楽をアレンジしたものも多く、いわゆるエスニックという感覚ともまた違った不思議な、民族感、色彩感を呈しているとてもよくできた、美しく素晴らしいアルバムです。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



次回ツアー説明会&ワークショップ8月1日↓
c0003620_18573769.jpg
 


          アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
by ICELANDia | 2015-07-04 02:55 | フェロー諸島音楽・各種情報 | Comments(0)
アイスランドで組まれたフェロー期待のエレクトロ・ポップの新星Byrta
 前回のアイヴォールのご紹介はお読みいただけましたか?まだの方はぜひ動画だけでも。圧巻です!

 今回はフェロー諸島出身アーティストによるアイスランドで組まれたデュオです。このブログはICELANDiaというくらいで、アイスランドばっかのはずが、なぜ突然フェロー?と思われる方もいるかもですね。その事にも関係します。

 アイスランドとフェロー諸島は、義兄弟のような関係で、地理的に飛行機で1時間程度しか離れていないのと、アイスランドは1944年までデンマーク領だったのです。フェローとグリーンランドは現在もデンマーク領の自治区。フェローもアイスランドのように独立したいのか等も興味あるところなので、それは現地の方々に質問する予定。

 私が大好きなアイスランドのバンドの一つがBloodgroupというエレクトロポップのグループで、中心人物はフェロー出身のJanus Rasumssen。ちなみに彼とオーラヴル・アルナルズKiasmosというエレクトロ・サウンド・プロジェクトをやってます。ポスト・クラシックのオーラヴルからは離れた音楽ではあるけれど、オーラヴルはメタル・バンドのドラマーやってた人ですからねぇ。そしてこのKiasmosも、ものすごくセンスがよくてきもちのいいエレクトロ音楽をやっていて、特に「Looped」という曲は気持ちがよすぎて、この曲を文字通り2時間ずっとループし続けたものがYoutubeにアップされたりして、結構話題になってます。ヨーロッパでは巨大フェスでも話題で、日本でももっと注目されるべきグループです。

Byrta 『 Byrta 』(期間限定送料無料)
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=84541075
c0003620_315191.jpg

 アイスランドの音楽シーンに溶け込んでいるヤヌスが同郷出身の女性シンガーGudrid Hansdottirとアイスランドで立ち上げたのがByrta(ビルタ)というプロジェクト。Bloodgroupよりもポップ性が強く、フェロー語で歌っているのが特徴です。で、私はBloodgroupに負けず劣らずByrtaが大好きで、このアルバムは聴けば聴くほど私好み。去年のアイスランド・エアウエイブスでもしっかりとライブを楽しませてもらいました。

 このByrtaのアルバムは以前からICELANDiaのショップ扱っていたものの、昨今の円安も(悪い意味で)手伝い、フェローのレーベルのアルバムをアイスランドの配給会社から仕入れると恐ろしく高いため、直接フェローのレーベルから仕入れることができないかを打診すると、それがあれやこれやの話につながり、タナ“タで今回フェロー諸島の夏フェスに参加することになりました。
 
 なので今回私がフェローへ行けるのもByrtaのおかげ。そしてそのG!という夏フェスにはKiasmosも出演。やっぱりご縁なんだろうなぁ。

 そしてこれが、先週発表されたByrtaの最新シングルのPV。最後のところで、シガーロスのグロソリの丘がチラリと見えてます。この曲もポップなノリと、エキゾチックなメロディとフェロー語の独特の響きが魅力。

 エレクトロポップ好きとか、フェローのメロディの雰囲気を何となく知りたい音楽ファンには最適かと思います。アイヴォールは歌姫だけど、ちょっとエスニックすぎるかもと思う方にも、Byrtaはスンナリ馴染めるサウンドです。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



8月1日に上映会とツアー説明会!↓
c0003620_18573769.jpg
 


          アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
by ICELANDia | 2015-07-03 17:30 | フェロー諸島音楽・各種情報 | Comments(0)
フェロー諸島の歌姫アイヴォール。透明感抜群の歌声と、圧倒的な迫力のスロート・シンギング!
 フェロー諸島というのはデンマーク領の自治区であり、18の島からなる地域です。総人口5万人弱。うっひゃー、アイスランドの32万人という人口が多く感じる・・・。

 特に辺境音楽を追っているつもりはなく、たまたま成り行きでこうなっているだけですが、フェローに関しても本当に知られざる素晴らしいミュージシャンが多いと感じます。

 既に日本での来日公演を行ったこともあるので、ご存知の方もいると思いますが、フェローの歌姫といえばこの人、アイヴォール・パルスドッティル。

 12歳の時に歌唱コンテストで優勝し、間もなくソロ・デビュー。16歳で学校をやめてアーティストとして歩むことを決意し、フェロー諸島音楽の立役者であるKristian Blak率いるYggdrasilのメンバーとして経験を積んだ後にアイスランドへ音楽留学。で、私がアイスランドへ行き始めた2003年頃に彼女が留学していたため、まだ19歳だったアイヴォールと話したことがありました。その時はまだ、マスコミ慣れしておらず、どう受け答えをしていいやらわからなかった様子。・・・アウスゲイルと最初に会った時も同じ。

 そんな彼女に目をつけたのが、レイキャヴィクは12Tonarのオーナーで、ショップ展開をしていた彼らが、独自のレーベルを開始するにあたり、彼女しかいないと思い制作したのが名盤『Krakan』。このアルバムでジャズ・シンガーとしてアイスランドで大成功し、アイスランド人しか受賞出来ないと言われていたアイスランド音楽賞で数々の栄誉に輝きました。

 その後の活躍はめざましく、各国のフォーク・フェスティバルをはじめ、来日ライブもこなし、デンマークの王室に招かれて歌うことも。歌手デビューして20年のベテランなのに、まだ30代前半の若さ。これから!みたいな年齢です。

Eivor 『 Bridges 』(期間限定送料無料)
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=88277577
c0003620_23453587.jpg

 そして彼女の最新アルバムが2015年春リリースの『Bridge』。前作『Room』が彼女のキャリアの中で最もポップ寄りでサウンド・クリエーションも今風にしてあり、私は個人的に大好きでした。今回の『Bridge』は今風のサウンドを少し抑え気味にして、ごくシンプルなバックの歌唱を多くし、つまりはデビュー当初のフォークに立ち返ったような感じでもあり、ポップ色とトラッドのバランスがとれていて、とても聴きやすく親しみやすいアルバムになっています。

 そのアルバムの中で私が好きなのがこの曲。ごーく個人的な趣味で恐縮ですが、私は口当たりが軽くてポップなものが好きなのです。この動画でのアイヴォールもとっても素敵。

 そしてこちら↓は、上の動画とは毛色が異なり、いかにもヴァイキングの娘!という感じので、スロート・シンギングもやるんですね。力強さと、荒々しささえ感じさせる圧巻のアイヴォール。2百万ビューに到達しそうな勢いも納得です。

 ね、ものすごく魅力的なアーティストでしょう。彼女はジャズもこなします。その動画はまた別の機会にでも(というか、youtubeでぜひ彼女の動画をいろいろとご覧ください)それから、彼女は作詩作曲もするので、シンガーソングライターです。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



次回ツアー説明会&ワークショップ8月1日↓
c0003620_18573769.jpg
 


          アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
by ICELANDia | 2015-07-02 23:49 | フェロー諸島音楽・各種情報 | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム