execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アイスランド関係番組(事後報告)渡辺香津美さん、葉加瀬太郎さん、有り難う御座います
 新年早々、アイスランド特集FM番組が流れてたなんて・・・。渡辺香津美さん、葉加瀬太郎さん、及び関係者の方々、アイスランド関係は事前に ICELANDiaへお知らせください!ぜひよろしくお願いします!!

 すいません、以下はすべて事後報告です(涙)。

 1月2日(金)テレビ朝日系の『世界の村で発見!こんなところに日本人』で、ホプンに住む若い日本人女性が紹介されました。11月下旬のロケ時に、ご本人からの情報で知っていましたが、なぜか私はこの放送が夜だと思いこんでいて、見逃した・・・・。デパ地下で食品福袋を漁ってる場合じゃなかった orz。
 ブログでお知らせしようと思いつつ、当初は情報を出せる時期ではなく、結局タイミングを逃してしまったのです(ひたすらゴメンなさい)。

 そして1月3日(土)J-Wave『ANA WORLD AIR CURRENT』に渡辺香津美さんが登場。ナビゲーターは葉加瀬太郎さん。それも音楽も会話も、中心はアイスランド!ものすごく聞きたかった!!

 お二人の会話の内容は、こちらである程度読むことができます。ぜひご覧ください。

 それで、以下はみなさまに発信するブログというよりも、本格的に独り言モードです。

 葉加瀬太郎さんは最近ライブを見に行きました。Exciteの公式ブログに「ツアー密着ブログ」があり、それを何かの拍子に読み始めるようになり、これが面白くて、結局ライブへ行きたくなって、いっちゃった(笑)。

 私のブログを読んでアイスランドへ行ったり、行きたくなったりする人が少なからずいらっしゃることは知っていますが、ブログがきっかけでライブへ行きたくなったのは初めてで、やっぱりブログって威力あるんだなぁと身をもって知った次第です。ブルース・ブラザース的バイオリン・ブラザースも見に行きたいです。

 それで、J-Waveのサイトのここにある会話を読めば本ブログも分かりやすくなると思いますが、ビヨルンが私に「カズミ・ワタナベと是非共演したい」と話してきたのが、もう5-6年前のこと。ギター・イスランシオのメンバーとして来日した時もそう言い続けていたし、日本の童謡が知りたいというので楽譜を送ったり、ということもありました。

 レイキャヴィク・ジャズ・フェスティバルで招待するから、本格的に「渡辺氏とやりたいので、連絡を入れてほしい」と言われたのが2008年初頭のこと。でもさぁ、アイスランド人ってアバウトなので、何もキチンと決まってないのに「共演したい」という気持ちだけが先走ることもあるから、すごく心配したんだよねぇ。そうはいってもバカ正直に、”アイスランド人は先走るだけのことも多いから、正式に決定するまでそんな役目をしたくない”とも言えないし・・・。

 案の定、渡辺さんに連絡を入れ、大筋でオッケーをいただき、諸条件に関してをお待ちいただくことに。が、この諸条件がなかなか決まらない。あぁもう、いつもそーなんだからぁ。「もう少しで決まる」は、すぐに1ヶ月くらい経ってしまう。結局3-4ヶ月お待たせしたでしょうか。
 日本人的な感覚では待たせすぎだけど、そーはいっても私にはどうすることもできないので、先方を突きながらとにかく待つしかない。メール返信がなければ当然電話もかけなきゃいけないし。

 この頃にはもう、アイスランドの経済状態は下降線で、フェスのスポンサーが降り始めたりして、たぶんレイキャヴィク側も見切り発車だったのではと思うけれど、渡辺さん側も航空券の手配があり、そう呑気に待ってもいられない。

 それに、どうも伝えられてくる日程があやふやでイヤだなぁとは感じつつ、やはりこちらには正確なところを判断する情報がないので、とにかく条件が決まったところでビヨルンと渡辺さん側をつなぎ、私は離れてあとは当人同士にやってもらうしかない。ということにしたら、やっぱり伝えられてきた日程が違っていたらしく・・・。渡辺さん側には多大なご迷惑をおかけすることに。

 アイスランド人、すごく暖かくて人はいいです。が、アバウト!こういうのが日本人としてはイチバン難しくて、アイスランド人は、人と人を繋ぐくらい簡単だと思ってるので(アイスランドは人口が少ないので、確かに簡単)、責任感が伴うことを友だち感覚で受けたくないけど、そうも言ってられない。

 とにかく、アイスランド人=結果オーライ人なので、結果オーライだったからいいけど、私はずっと気を揉んでいました。

 いろいろあったとはいえ、ジャズ・フェス出演後に渡辺さんからとても丁寧なお礼と感想メールをいただき、ビヨルンからも彼にしては饒舌なお礼メールが来て、とにかくみんなすごくハッピーだったようで、私もホ〜〜〜っと安心した次第です。

 そして今回、渡辺さんがFM出演するにあたり、こうしてレイキャヴィクの様子や、アイスランド人ミュージシャンのことを高く評価して語っていただき、嬉しい限りです。それも葉加瀬さんのナビゲーションで。

 このFM番組、私にはすごくいいお年玉でした!(って、聞けなかったけど・・・)。
***

 年賀状を送ってくださったみなさま、本当に有り難う御座います。心からお礼申し上げます。今年もどうぞよろしくお願いします。
 で・・・私は数年前から年賀状を全く出さなくなっています。今年はたぶん、メール年賀状さえも出しません。最大の理由は、メール年賀状を出す相手のアドレスをセレクトしていると、たぶん正月を過ぎてしまうだろうからです。・・・ありったけのアドレスに全部出せばオッケーというのは、安直すぎると思うのですが、何も出さないよりも安直路線でも走っておいた方がいいのか?というのを、今延々と迷っています。

 現在、部屋の模様替え中。荷物を入れる箱不足なので、それが整い次第、イッキに家具を移動するぞ!(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



 旬のアイスランドの音楽を↓







  
2009年はぜひアウルムにご注目ください↓
c0003620_2575895.jpg
 




There was this FM program broadcasted yesterday on Jan. 3, 2009. Geez I wish somebody informed me about this. I really wanted to listen to it. Kazumi Watanabe, a Japanese guitarist, who was invited to play at Reykjavik Jazz Festival in late August in 2008 was the guest of the program and he talked about how much he loved Iceland. Host of this program is Taro Hakase, of Celine Dion's "To Love You More" fame, and who also have an official Excite blog like ICELANDia does, and I went to see his show a few months ago. It sounds like a great combination of great musicians/artists on one program, and they talked about Iceland and they played some Icelandic music; namely Bjork, Sigur Ros and Mum, in addition to their own music. I am sorry I have missed it but I am really happy such program took place at the beginning of new year. Yuka.
by icelandia | 2009-01-04 17:01 | News | Comments(2)
アイスランド大晦日の花火:明けましておめでとうございます!
2009年、明けましてお目出度うございます!!

  関東地方は抜けるような青空ですね。きっと富士山もよく見えていたことでしょう。それだけで気持ちが明るくなります。

 元旦の本日、小倉@ ICELANDia が起きてすぐにチェックしたのがアイスランドの新聞サイトで、大晦日は例年の通り派手な花火大会になったようです。

 Frettabladid紙に掲載されていた新年の花火の写真がこれ。うわぁ、きれ〜〜。
c0003620_1615629.jpg

 アイスランドはまだ元旦の明け方なので、今年の花火はYouTubeにはアップされていないようですが、去年・一昨年のものは豊富にあるので、いったいどんな感じなのかをご覧いただきたく少し引っ張ってきました。アイスランドの大晦日の花火です。
 以下、間違っても街が戦火に陥っているのではなく、楽しく花火をぶっ放しているだけです。これは現場で見ると本当に豪快、壮快です(&下手に外出するのは危ないです。見て分かると思いますが)。


 これが今年の分。やはり少し大人しいようです。去年までは競うように花火を上げていたので、街で光らないスポットが無かったのですが、今年は花火が上がらない場所がありますね。


 それでもスゴイでしょう。街全体からボコボコ花火が上がるっていうのが。アイスランドにとって2009年は大変な年になりそうですが、賢いヴァイキングの末裔なので、きっと立ち直るきっかけを見つけて、安定した社会を作っていくことでしょう。そうなっていけるよう、少しでもお手伝いできればと願っています。
***

 新年ですが、あまりにも私の机の周辺と家の中が雑然としているので(物品と資料が多すぎ!)、今から部屋を模様替えします。模様替えといっても、狭い部屋なのでさほど大きなことはできませんが。使い倒したカーペットも替えたいし・・・・。

 まずは部屋をスッキリ、使い易くして、これからいろいろな意味で過ごしやすくしていきたいと思います。今年は私には珍しく、密かにいろいろな抱負を抱いています。そして意地でも実現してやろうと思っています。(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



 旬のアイスランドの音楽を↓







  
2009年はぜひアウルムにご注目ください↓
c0003620_2575895.jpg

by icelandia | 2009-01-01 16:05 | News | Comments(19)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム