execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
無意識の中に潜む男女差別:ジェンダー・ギャップのないアイスランド
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

昨日の世界競争力ランキングに引き続き、今回は世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数」の話です。

「ジェンダー・ギャップ指数」とは、つまり男女差別指数のことで、日本の順位は58カ国中第38位という低いもの(ハッキリ言ってアラブ諸国並み)。アイスランドは他の北欧諸国と同じように男女差別がとても低く、世界第3位。58カ国中第38位という日本の地位と共に、アイスランドの第三位というのは私の実感とさして相違のない指数でもあります。ちなみにアメリカは17位で、毎年1回はアメリカへ行く身なので、アイスランドと日本の中間というのは、まさに実感するところです。

私自身長年女性をやっているので、男女差別は生まれてからずっと良くも悪くも日本の社会の中のあちこちで感じてきたことで、日本が下位に位置するのは驚くことではありません。社会のルールでは表向きには男女平等を謡っても、実社会では、そして家庭内でも、男女差別は相変わらずのところが多々あります。そんな日本の社会に居ると男女差別が当たり前としてすり込まれるので、正直なところ私は北欧(アイスランド)で活動するようになり、初めて無意識に男女差別を当たり前と思っている自分に気づいて愕然としたことがあります。
 
例えば、こんな事がありました。アイスランドに出入りするようになって間もない頃、私はある人に勧められて、アイスランド外務省へ話をしに行きました。女性ひとりの小さなプロジェクトの話を、わざわざ外務省のような国の機関へ持っていくこと自体はばかられましたが、まぁそれは横に置いておくことにしましょう。
 
私は予定通り外務省へ行き、受付とセキュリティを通って、アイスランド外務省の日本担当に会いました。私の横には背広を着た紳士が座り、私の目の前にはスーツ姿の女性が座っています。日本の慣習がぬけない私は、それを半ばジョークのように言いながら名刺を取り出し、まずは男性に差し出したところ、その男性から、まずは女性に手渡すよう即されました。”そうそう、ここはヨーロッパ。レディ・ファーストだもんねぇ”。そして名刺交換を済ませ、男性の方を向いてお話し始めると、まずは口を開いたのが女性の係官でした。私は心の中で、”なるほど、エライ人は口を開かないのか”などと思っていたら、どうもその話しぶりから、私の印象とは違うのかもしれないということを感じ始めました。

そう、外務省の日本担当はこの女性であり、男性は秘書でした。秘書に向かって発言をする私を見て、もしかしたら男好きと思われたかもしれません。日本人の私にとって、男性が主役であり女性が秘書であることが無意識にすり込まれていたと知った時、正直なところ愕然としました。私の中に男女差別は無いと思っていたのに、見事に男女差別が当たり前のようにすり込まれていたことを知る結果となりました。

その後、文部科学省、運輸省、観光省等、数々の政府間公機関に顔を出しましたが、現在までその担当係官はことごとく女性が上司で男性が部下でした。観光省へ行った時も、受付の次に通されたのが男性職員のオフィスで、一通り話しをし終えた後に「それならもっと適任者がいる」ということで、その後女性職員のオフィスに通されました。内心”おっと、私の提案は格落ちになって、部下の女性に回されたかぁ”と思いましたが、それは全く逆で、観光省では女性でないと出世できないと言われているほど女性幹部が多く、私が最終的に会ったのは観光省のトップの女性でした。

外務省のアジア全域担当こそ年配の男性でしたが、とにかく、役職の位はアイスランドに限っていえば日本人の感覚でいくと間違う場合が多く、そんなこんなで懲りたというか、やっと事態が飲み込めた私は、関係省庁へ行くとまずは女性の方が位が上であろうことを想定して、話しを始めることにしています。・・・で、それ以来、その予測は外れたことがありません。

また、日本でこうして女性ひとりでこのような物事をしていると、奇異な目で見られたり、セクハラまがいの発言もあったりしますが、アイスランドでは、日本女性ひとりの会社だからといって、一度も不愉快な思いをしたことがありません。外人で、それも女性のプロジェクトだからということが理由で、官庁に門前払いにされたり、不愉快な発言をされたりしたことは、本当にビタ一度もないどころか、このような地道な活動を行う私に対して感謝を示されることも多く、だからこそ余計にアイスランドの人々のためにこの日本で努力しようと思えるのです。

そのような社会なので、アイスランドでは男性の家事も子育ても、あまりにも当たり前。私が知る限り、家事は奥さん任せという人は存在しませんし、子育ても男性も責任を負ってごく当然。当然すぎて、かなり社会的地位のある男性に向かって「あなたが子供を迎えに行くの?奥さんは?」などと質問しようものなら、アホちゃうか、という顔をされます。
音楽業界から一目置かれるあるCDショップのオーナーは2人の子持ち。奥さんと共働きです。「そりゃ店の閉店は午後6時だよ。でも保育園は6時に閉まるんだから、その前に子供を迎えに行って当然だろう。店のみんな理解してくれてるよ。妻は激務で残業が当たり前だから、時間の自由が効く僕がやって当たり前じゃないか。」保育園のお迎えをやっている親であれば、至極当然、納得のいく発言です。でも、このような認識の日本の男性がどのくらいいるでしょうか?それが当たり前でなければいけないと知りつつ、そう考えようとしつつも、日本女性で、子育て=女性、という図式が刷り込まれている私は、やはり彼の発言に驚きを覚えざるを得ませんでした。 

男女差別は社会が悪い、男性の考え方の改革をと言われますが、日本の女性は知らず知らずのうちに男女差別を当たり前だと無意識に受け入れているのかもしれません。ごく普通の主婦とはかけ離れているような活動をしている私でも、無意識に男女差別を容認していたようです。心から差別のない社会を望むのであれば、外を見て、自身を見つめ直し、まずは自分自身とその周囲から草の根で変化を起こしていかないといけないなぁと、アイスランドとのお付き合いをするようになり、つくづくと感じています。(小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
 
by icelandia | 2005-05-29 12:53 | アイスランドってどんな国? | Comments(9)
新聞にも書かれなかった理由:アイスランド世界競争力第4位
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

社員ひとりだけのレコード会社である私は大忙しで、CDアルバムの初リリース、来日アーティスト3組(スーパー・ジャズ・カルテット、クリスチャーナ、バングギャング)、その制作と宣伝、ライブの手配を全部ひとりでやる上、アイスランド大使館から万博用の発行物を手伝ってほしいと依頼され、アイスランドと聞くと何にでも飛びつかなくては気が済まない私としては、その全部が同じように重要であるため、このブログの更新が出来ていないことがすごーく気になっていました。

いろいろと書きたいと思っていたことがあるので、ちょこちょこと小出しにしますね。

というわけで、今日は国際競争力の話題です。ちょっと固い話もたまにはいいでしょう。

この国際競争力というのはスイスの国際経営開発所(IMD)というところが毎年発表しているもので、2005年に発表されたランキングではアイスランドの国際競争力は世界第4位!ヨーロッパだけを見れば第一位です。それはなぜか?というところまでは新聞にも載っていませんね。理由は以下のようになります。

 *アイスランドの法人税は18%で、経済協力開発機構(OECD)の加盟国中最も低い。
 *欧州経済地域(EEA)加盟国なので、EU市場と関税なしの取引が可能。
 *労働意欲の高い高学歴労働者が豊富。
 *大西洋の真ん中に位置するため、アメリカ大陸とヨーロッパを航路であれば数時間で行き来できる。
 *アイスランド(氷の島)は名前ほど寒くはなく、港も一年中凍結しない。
 *外貨の売買に関する制約がない。
 *事業主が外国人であることの制約が基本的にはない。
 *ヨーロッパで最も安く電力を供給(おまけに地熱発電なので環境にやさしい)。
 *工業用地が規模を問わず確保しやすい。
 
 アメリカとヨーロッパ両方を見据えてビジネス展開をする企業のみなさん、まずはアイスランドを足がかりにしてはいかがでしょう。 (小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
 
by icelandia | 2005-05-28 23:48 | アイスランドってどんな国? | Comments(4)
アイスランドの音楽業界事情
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

 さてさて、このブログの開設当時からずーっと一度は書きたいと思っていたことがありました。それはアイスランドの音楽ギョーカイについてです。私はアイスランドに長々と住んだことはないし、ましてそのギョーカイをそれほどよく知る訳ではありませんが、全くの部外者である日本人にしては、それでもまぁまぁ大枠は把握していると思われます。
 
 日本の音楽ファンに「アイスランド出身のアーティストは?」と尋ねれば、まず最初の答えはビョークであり、少しコアなファンになるとシガーロスとかカラシ、もっとコアコアになるとムームといったアーティスト名が出てくるかと思います。で、そういったアーティストはもちろん本国アイスランドでも有名ですが、私の印象では・・・・彼らは国際的に有名なので、それに伴い国内でも有名になった、というような雰囲気があり、アイスランド国内で大スターだったから、国際的に飛び出したのね、という感じではないんです。
 
 それじゃアイスランド国内では誰が有名なのか?ズバリ、アイドルです。十代の可愛い女性や、二十代のかっこいい男性の集まりとか、まぁそいった人たちです。音楽的に良いとか悪いとかではなく、日本で爆発的に人気があっても、国際的には売り出されたことがない歌手と同じですね。そして、そのようなアイドルや国内向けのみのアーティストは、あるレコード会社に全員が所属しています。そのレコード会社がアイスランドの音楽需要の70%を占めて、残りの30%のところだけが、アイスランド国内よりも、国際的な視野で活動をするアーティストを支援しています。
 なので、ICELANDiaが扱うアーティストはその30%の部分であり、アイスランド国内で爆発的人気!という人は実は・・・・いやいや、これが居るんですねぇ。
 
 国内の大半の音楽流通を扱うこの会社は、”世界的な視野”などという考えはおよそ持たないようで、我々のような外人が所属アーティストについての問い合わせをしても、数カ月後に「海外担当部署はありません」というつれない返事が返ってくるだけで、ある意味商売気がなく、信念を貫いているといえばそうなのですが、そのような訳でICELANDiaでは扱っていません。
 
 そんな会社とは対照的なのが残りの30%で、こちらはもう極小レーベルとも言えなくて、アーティスト個人がやっている場合も多いのですが、アイスランド国内も見据えつつ、狙っているのは国際的なマーケットです。それに、70%のアイドルの音楽はどこの国でもかなり似たり寄ったりですが、30%の音楽は自分を国際的なアーティストとして確立したいと願っている人ばかりなので、音楽的にも個性があり、単なるアイドル・ミュージックよりもずっと魅力的です。その代表として国際的に高い評価を得たのがビョークであり、シガーロスでありましょう。もっとごく最近ではICELANDiaで扱うことになったバング・ギャングもそういったアーティストの仲間です。
 
 それで、まぁ打ち明け話に近くなりますが、ICELANDiaが扱うアーティストは、どこかひとつのレコード会社やレーベルに所属し、その会社との交渉のみで済むようなものではなく、15組のアーティストがいれば、少なくとも13カ所と契約を交わさなければならない感じで、ほとんどがアーティストとの直接契約になります。・・・というのがどのような意味かといえば、とーっても面倒!なんです。だって、ひとつのレコード会社と契約してしまえば、その会社に所属しているアーティストが自動的に入ってくるということではなく、全部自分で探し当てて、個別にいろいろなことをお話し納得していただき、それでやっと契約できるからです。
 
 やってみて初めて分かったのは、なぜ今までどのレコード会社もアイスランドの音楽を取り上げることがなかったのか、ということです。だって国内大手の音楽会社は外国の市場に興味がないし、残りの30%はバラバラなので、まとめるのに異常なほどの労力と時間がかかるので、効率を重んじるのであれば、手を出さないのが得策です。うーん、私はなーんと効率が悪く難しいことに手を出してしまったのだろうと思うこともありますが、でも、アイスランドという同じ島国の人々に何らかの貢献が出来るのであれば、それが一番の心の栄養です。
 
 そんなわけで、アイスランド国内を除いて、世界中のどこへ行ってもこれだけ多くのアイスランド・アーティストと契約しているレーベルはICELANDia以外にありません!ExciteのDownload Storeにはまだあまりアップされていませんが、既に20枚ほどリリースできるアルバムがあります。その半数が非常に質の高いアイスランドのジャズで、その他がポップス、エレクトロニカ等になります。
 
 隠し持っている訳ではありませんが、まだ表に出していないアルバムやアーティストには、結構驚くようなものがあり(最も驚くのは日本人ではなくアイスランド人だとは思いますが)、例えばビョークよりも前に出現して、25年以上もアイスランドのポップス・グループの頂点に君臨し続けるスツーズメンというグループもそのひとつです。スツーズメンも前述の70%の部類に入るのですが、海外に目を向けない所属レコード会社の方針に嫌気がさし、このグループは自分達のヒット曲を独自で再録音して、海外に売り出せるような環境を整えました。で、ちょうどこのグループのメンバーと知り合いだった私に、「日本で出してくれない?」。
 ICELANDiaのように駆け出しで実態がまだ無いようなレコード会社よりも、本来であれば大手の会社が扱うべきアーティストのステータスです。このグループのメンバーは、ソロとしても北欧では既に有名で、アイスランドでは全員が名士で、芸術の様々な分野で歴史に残る活躍をしているメンバーばかりです。で、そんなグループに、フュージョン・グループ、メゾフォルテのメンバーが入っているというのも面白いことです。また、AORファンならよく知るアルバム『ジャック・マグネット』のヤコブ"フリーマン"マグヌソンもいて、ヤコブの最新アルバムも今年の秋にはリリースできると思います(音源は既に私の手元にあります)。
 それから、スツーズメンの女性ヴォーカルはラッガという個性的な女性で、既に何度か来日しツトム・ヤマシタと共演していいます。その共演は愛知万博でも見られる予定です。
 
 で、愛知万博といえば・・・・と、私の頭の中ではこういった話が延々と続きますが、万博の内容はまた後日にでもしますね。万博でも来日するクリスチャーナの歌をとりあえずはどうぞ!こちらから試聴、ダウンロードできます。 (小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
 
 
by icelandia | 2005-05-10 13:09 | アイスランドってどんな国? | Comments(1)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド在住になり、ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム