execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

2010年 04月 13日 ( 1 )
ヨンシー&ニコ・ミュリー、特別長編インタビュー(その2) :『GO』の制作秘話満載!
 前回に引き続きICELANDiaブログは、 ICELANDiaの母体であるアリヨス・エンタテイメント(社員私ひとり・・・)の創立7周年を記念し、初ソロ・アルバム『Go』を発表したヨンシーと、アルバムのアレンジを担当したニコ・ミュリーの特別長編インタビュー(その2)をお送りいたします。その1はこちら。

c0003620_15111155.jpg Grapevine
http://www.grapevine.is/home
Nico And Jónsi GO ALL IN! (記事の英語原文)
http://grapevine.is/Features/ReadArticle/Nico-And-Jonsi-GO-ALL-IN
Words by Haukur S. Magnússon
Photos by Lilja Birgisdóttir and Ingibjörg Birgisdóttir.
Translated into Japanese by Yuka Ogura

この記事はアイスランドの英語情報誌Grapevineに掲載されたもので、 ICELANDiaは許可を得て翻訳・掲載しています。英語記事の著作権はGrapevineに、日本語訳は小倉悠加にあります。

ツイッターで質問があったので、こちらにも記しておきますね。
・ニコ・ミュリーはゲイです。
・ニコのソロ・アルバムはこちら。
・ヨンシーがニコのアレンジに注目した作品、サム・アミドンのアルバム『All is Well』はこちら。

***

ニコとヨンシー『GO』の全てを語る
ーーそこにグレープヴァインも同席!
Nico And Jónsi GO ALL IN! ...and Grapevine got to sit in!

前回分(その1)はこちら
互いから学ぶ

ーーなるほど、そうやって知り合ったんだ。論理的に考えると次の質問は、仕事で時間を共有したわけだから、そこで互いに学んだことは?

ヨンシー(以下J):どんな意味で?一般的にってこと?人生で役に立ったとか、実質的なこととか?アレックス(ソマーズ。アメリカ人ビジュアル・アーティストであり、ヨンシーのボーイフレンド/コラボレーター)はいつも僕に「君は人生に長けてるよね」と言う。実質的な意味でなんだけど、僕は日々の細々したことに時間をとらない。彼はいつもノンビリとシャワーを浴びるけど、僕は5分でシャワーの外に出る。メール返信する時も、「イエス」か「ノー」で済ませる。合理的にってことさ。ニコも似たようなところがある。くだらないことは省く。
ニコ・ミュリー(以下N):僕が学んだのは、クラシック・ミュージシャン以外とやる時はいつもそうだけど、音符が読めない人との仕事だから、自分のアイデアの良き支持者になることだ。楽譜を送って、それが最高のひらめきかどうかを尋ねてまわることはできないから、自分のアイデアを理解してもらえるようなボキャブラリーを捻り出す必用がある。
J:すべては響き(サウンド)だからね。
N:そう、ドゥン・ディディ・ドゥン・ディディっていうサウンドを思い描いて、それを言葉で分かってもらう必用がある。結構いろいろと送ったり、送り返されたりをやった。それが一番大きな学びだ。自分の頭の中に少し入りこんで、 どんな風に音楽を見てるのかっていう。
J:ニコ・ミュラーですごく僕が驚いたのは・・・
N:モッレルだろが!
J:そりゃ最高のラスト・ネームだ。ニコラス・モッレル。ヘルガ・モッレルみたいで。とにかく、一番よかったのは、彼がクラシック音楽の世界出身であること。僕はいつもクラシック音楽人や音楽学校に対して疑念を持っていて、ものすご〜〜〜く退屈だと思っていた。ニコの一番好きなところは、とても自然だということ。それが一番の驚きだった。彼はラップトップとミディを持ってきて、アルバムのサウンドそのものだった。あれは楽しい時間だった。僕のアパートに二人でこもって、二晩で5曲のアレンジをした。
N:あれは面白かった!
J:その通り、それがそのままのアルバムのサウンドになってる。楽しい!
N:クラシック作曲家としては、作曲したものを常に用意している必用がないのがすごくよかった。作曲の依頼を受けると、いつもなら何日もかけて、しょうもないことを捏ねくり回して複雑怪奇にする。でも今回は、君のリアクションを見ながら、ずっと自由に流れることができた。
J:どんな音楽もそうあるべきだ。
N:確かにそうだけど、それでも、クラシック作曲家の僕としては、いろんなことを考える時間があることを大切にしている。もし誰かから作曲依頼を受けたら、一年かけてその曲についてを考えてみたい。クラシック人間の生活のスキームの中に、 それは来ては去っていく。 例えば、僕はオペラを2年間書いているし、これからまだ半年は書き続けると思う。
J:そんなのどうやるんだい?全然理解できないよ!ピアノとかチェロの曲・・・君はピアニストでもあってピアノが上手い。それでもチェロのパートを考える?どうやってアレンジってするの?ヴォーカル・ラインみたいに考える?
 僕は幼い頃から音楽を始めて、13歳でギターを演奏し始めた。そしてすぐに自分の歌を書くことにした。というのも、他の人が書いたものを覚えるのが苦手だったから。最初にやったのが、歌いながらギターを弾くことで、この二つの存在を調和させて、ギター演奏と自分の声を使ってメロディを生み出すこと・・・っていうのがどういう風に成り立つのかは分かってる。ベースラインがあって、メロディがある。それはいいんだ。でも僕が分からないのは、他のいろいろな楽器があり、それをどう全部調和させていく作業を、頭の中でどうやっているのかってこと。

このインタビューの続きを読む
by icelandia | 2010-04-13 13:41 | Pops | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム