execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

2005年 10月 07日 ( 1 )
音楽マニア向け(?)アイスランド音楽特集:その1
 2005年10月5日発売の『Figaro Japon』でのアイスランド音楽特集、ご覧になりましたか?アイスランド音楽ファン必見です!!

 この特集を記念して、ICELANDiaのブログでも何回かに分けて特集しようと思います。マニアックな部類ですが、「へぇ、アイスランドの音楽やアーティストって、そんな風なんだ」という感じが伝われば幸いです。
 
c0003620_17395132.jpg まずは2ページ見開きのSigur Ros。彼らはここ数年ですごく有名になり、最新アルバムの『Takk...』はリリースと同時にベストセラー。インタビューもあちこちで出ているので、まぁそこらへんはいいとして、ビョークもシガーロスもそうですが、アイスランドに帰れば隣の住人。メンバーをレイキャヴィーク市内の飲み屋で見かけることもしばしばあります(ビョークもそうだし)。『Takk...』のレコーディング中で、マスコミ完全シャットアウト時期でも、友人を介したら難なくインタビューできたし・・・。つまりは小さなコミュニティで、誰かに声をかければ、どこからともなく情報が入り、何かの手配が行える場所です。
 
 『Figaro Japon』の特集で、シガーロスの次ぎに出てくるのはムギちゃんです。ムーギーソンは思い出深いアーティストです。
 
c0003620_17285090.jpg 初めてムーギーソンに会ったのは2003年の夏。特に私自身が興味を持っていたわけではなく、デビュー間もない彼を12Tonarという音楽ショップのオーナーがとても買っていて、「ユウカ、一度会ってみないかい?」と勧められたからです。デビュー・アルバム『Lonely Mountain』を出した直後の彼はすごーくシャイで、写真を撮ろうとすると、顔がこわばってしまうほどの青年でした。
 音楽に対しての熱意はものすごく、私がインターネットのストリーミングでアイスランド音楽に特化したラジオ番組をやていることまで知っていて、びっくり。現在はやっていませんが、またそのようなことが出来る機会があれば是非!って感じですね。
 彼はイーサフィヨルズの出身で、確か去年まで両親の家を拠点にしていました。現在は住まいをレイキャヴィークに移し、ゼロ歳児の息子とガールフレンドといっしょ。確か2年前から地元で音楽祭を主催していて、そのサイトが素敵だったのでご紹介しようとしたら、消え去っていて残念・・・。会う度にオーラが大きくなり、今ではもう最初に会った時の木訥とした青年ではなく、ロック・スター然としています。

 個人的な思い出に終始しますが、彼のライブを初めて見たのは新宿のリキッド・ルームで、同郷のムームのサポートでした。機材の調子が悪かったこともあり、ちょっと奇異な感じでしたが、ま、いいでしょう。ライブの後、「どうだった?」と本人に聞かれたけれど、答えに困って「興味深い(interesting)」と言ってしまったら、「興味深いなんてのは聞きたくないな」って。ま、そうだよね。でも、お世辞にもgreatとか言えなかったんだよねぇ。

 でも、その1-2ヶ月後のAirwaves(アイスランドのロック・フェス)で見たムギちゃんのライブはすごくよかった。まず環境が全然違っていました。そこはPravdaという小さなクラブ。アイスランド国内では「ムギソンを育てよう」という雰囲気が濃厚で、始まる前からものすごく暖かなムード。レイキャヴィークから離れた、いわば片田舎で作った自主制作盤が認められて正式デビューとなり、Airwavesという晴れ舞台でのデビュー・ライブです。それまで彼を見守って盛り上げた来た関係者や友人で会場はいっぱい。そこには仲間のミュージシャンの観客も少なくなく、『Figaro』の特集ページにもあるムームのメンバーやヨハン・ヨハンソンも来ていました。
 機材の調子もよく、デビュー・アルバムから次々と曲を披露し、なかなか面白そうな話も交えてました。そういったトークの途中、何かの拍子で私を見かけた彼は、そこから話が突然英語に。ありがと〜〜。私を見かけたのか、私の周囲に誰か他にも知っている外人が居たのかはわからないけれど、やさしい心遣いに感謝。最後は「Poke a Pal」という曲を会場と大合唱して、とてもいい雰囲気でお開きに。間を置かず話題のマシュー・ハーバートのDJになったけど、みなムギソンに声をかけて会場を後にしました。私も、「東京よりもずーっとよかったよ!素晴らしい!」と声をかけたところ、はにかみながら微笑んでいました。
 その後、ムギちゃんとは、ロック・フェスのあちこちの会場で顔を合わせました。シガーロスのメンバーが入っていたAlbum Leafとか、現地で人気のハチャメチャなトラバントとか。

c0003620_17293887.jpg 2004年のAirwavesでのムギは、風格が出ていました。世界ツアーもこなし、アーティストとしても、人間としても外の世界をたっぷり知って大きくなったのか、オーラが断然違っていました。相変わらずフレンドリーだし、見かければハローはするけれど、あれからサウンドトラックを担当し、二枚目のソロ・アルバム『Mugimama Is This Monkey Music?』も出し、確固とした地位をアイスランドの中で築くことに成功して、意気揚々としていたのかもしれないし、またはAirwvesでもメインアクトとして一番大きなNASAという会場での出演だったので、緊張していたのかもしれません。
 彼は超話題のアーティストであり、ラップトップと生ギターでのワンマンバンドの調子も抜群。確かにアーティストとしての成長が見られるステージです。そこにゲスト・ヴォーカリストとしてガールフレンドやラッガ(愛知万博でも出場)が入り、最後はムギパパと呼ばれる名物の父親(イーサフィヨルズの名士)まで出てきて、会場は異様なまでの盛り上がり。
 
 少し厳しい見方をすれば、これはインターナショナルのレベルで通用するパフォーマンスであるからの盛り上がりではなく、あくまでもご当地での、新しく登場したユニークなアーティストで”盛り上がろう”という雰囲気の中の出来事です。この人気や盛り上がりが即座に国際的な市場で即座に通用するものではないけれど、結局シガーロスもムームも、そしてカラシも、このような地元の暖かな声援を受けての現在の彼らがあります。そういう点、アイスランドは音楽アーティストにとても暖かな環境です。でもここで忘れてはいけないのは、人口が30万人に満たない国だということ。音楽アーティストとして、国内だけの活動では生活ができません。非常に厳しいというか、最初から負け試合のようなものでもあります。だから、だから、だから余計に、物まねではない真に個性的なアーティストには、惜しみない拍手を送るのですね。ムギが氷音楽賞をほとんど総なめにしたのも、そんな励ましを込めてのことでしょう。・・・この年、ビョークは『メダラ』を出していますが、国際的に地位のあるアーティストよりも、地元でいかに顕著な活躍をして海外でも認められるようになったか、というようなことが氷音楽賞では問われます。
 
 この夏の来日も含めて、もう何度か日本を訪れているムギソンですから、ファンの数が増えているといいなぁと思っています。
 
c0003620_1730501.jpg という、なが〜〜いムギちゃん関係文とは対照的に、エミリアーナ・トリーニに関してはほとんど何も知りません。ヨハン・ヨハンソンが、元シュガーキューブスのメンバーで、バングギャングのドラムマーとして来日したシッギと組んだプロジェクト、Dipのアルバム『Hi Camp Meets Lo Fi』で、エミリアーナがヴォーカルを取っていたために、少し名前を聞いたくらいでしょうか。初ソロの『Love in the Time of Science』は良質なポップス・アルバムでした(ティアーズ・フォー・フィアーズのローランド・オーザバルがプロデュース)。
c0003620_17312328.jpg そこからガラリと方向性を変えた2枚目のソロ・アルバム『フィッシャーマンズ・ウーマン』を今年に入ってから出し、7月には久々にアイスランドでのツアーを行いました。そのツアーをきっかけにアイスランドでも人気が出ているようですが、基本的に現地の音楽シーンからは離れている人なので、アイスランド国内の関係者からこの人の名前が出ることはあまりありません。『ロード・オブ・ザ・リング:二つの塔』での歌唱にしても、ビョークが妊娠中だったので、北欧っぽいビョーク的な歌手はいないのか?というところでの歌手選択だったようで・・・。
 エミリアーナは素敵なシンガーですが、アイスランドの音楽に、(それが何であれ)何か特別なものを求める人には、ちょっと違うかもしれません。でも、だからこそごく普通に安心して聴ける人でもあります。
 アイスランド音楽特集はその2へ続きます。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
by icelandia | 2005-10-07 17:46 | アイスランド音楽名盤紹介 | Comments(7)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム