execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
世界一おいしい温泉卵、理想の共生コミュ・ソルヘイマル:ソトコト、アイスランド取材裏話:取材6日目
 最近のICELANDiaは雑誌『ソトコト』7月号のアイスランド大特集裏話をお裾分け中。今回は取材6日目です。

 クヴェラゲルディで宿泊した宿の食事はオーガニックかつフェアトレード製品というふれこみ。食器も地元の作家のもので、室内の内装も素敵。
c0003620_1862212.jpg

 宿を出て観光局へ。これから行く先々の地図をいただき、クヴェラゲルディ街中にある、温熱地帯を案内していただく。温泉がボコボコ沸いているところが、街のド真ん中にあるのです。
c0003620_1872062.jpg

 風が強くて撮影がたいへん。
c0003620_1875040.jpg

 卵のゆで加減に精通している観光局のディーサさん。
c0003620_1894927.jpg

 温泉卵の試食です!
c0003620_18102165.jpg

 う、う、白身がトロトロでちょっとしょっぱくて臭みゼロ。たまらん〜。
c0003620_1810361.jpg

 ウッ、ウッ、なにこの黄味!ひたすらクリーミーで濃厚。
c0003620_18104910.jpg

 あ〜〜、もう一個食べたい〜〜!!
c0003620_1811547.jpg

 堪能しました!おいしかったぁ!これは私が今まで食べた中で、劇的に最高においしい卵でした。間違いありません。ゆで加減もよかったし、卵自体が美味しいこともあったようです。これ、ぜひもう一度食べたい!

 この後に向かったのが温室で、きゅうりやトマト、花の苗など、結構盛りだくさんに作っています。ここの温室の持ち主のビヨルンさん。詳しくは本誌でどうぞ。
c0003620_1814203.jpg

 私たちがいただいたきゅうり。
c0003620_18145451.jpg

 バラもありました。
c0003620_18152618.jpg

 温室取材が終わると本日もスーパーへ。またまた酒のつまみを買い出しです。今回は魚の乾物。日本人でよかったわぁ。こういうのがおいしくて。
c0003620_18155695.jpg

 写真にはありませんが、この後、給油ついでに国営の酒店に寄り(酒は国営の店でしか購入できません)、再度ブレニヴィンを購入。が、たぶんこれは飲む機会がなかった覚えが。

 サンドイッチも購入して、食べながら次の目的地へ。途中、またまた馬に出逢う。人なつっこいのです。強風でたてがみが乱れておりますが、かわいい〜。
c0003620_18164231.jpg

 普通の川と、氷河からの水が流れてくる川の合流地点で、二つの川の水の色が微妙に違うのですが、この写真だとわかんないかも。釣りに最適だそうです。
c0003620_18171079.jpg

 自然センターのようなところでレイキャヴィクからの子供達のバス遠足に出逢う。外人と話すのが面白いのか、こうしてみんなが寄ってきました。
c0003620_18174845.jpg

 ひとりひとりを撮影させてもらう。
c0003620_18181162.jpg

 例によって記念ショットです。
c0003620_18183529.jpg

 こんな感じのところを走っていきます。この周辺はレイキャヴィクから近いためサマーハウスが多くここらへんのサマーハウスは先日の地震で被害にあったそうです。被害は内部だけで建物自体はどこも壊れなかったということですが。
c0003620_1819996.jpg

 ここはゴールデン・サークルのツアーで立ち寄る火口湖。ツアーガイドはビョークが船を浮かべてライブをやったことを必ず話します。
c0003620_18193778.jpg

 本日の目的地、ソルヘイマルの入口。入り口は風が強かったけれど、ソルヘイマルのコミュニティは谷のくぼみのようなところにあるので、風は穏やかでした。ちなみにここは震源地に近い割には、被害はなかったそうです。
c0003620_182053.jpg

 これは風が吹くと音楽が奏でられるという「楽器」。遠くから見ると、巨大な干魚っぽい風情。
c0003620_18203593.jpg

 建物がいくつかあり、内部は暖かくて本当に居心地が良い。取材班がこの手芸工房で写真撮影をしようとしても、「加わりたくなーい」とだだをこねる女性。結局、彼女はこの椅子に座ったままでした。
c0003620_18211710.jpg

 ソルヘイマルというのは、障害者と健常者が共に働く共生コミュニティです。詳しくは本誌の原稿を。こちらは木工作業所。
c0003620_18223074.jpg

 キャンドル工房。
c0003620_18231173.jpg

 販売所やカフェも見たかったけれど、既に営業時間を過ぎていたので、次は木工を監督していて、音楽アーティストでもあるラウルスの自宅へ。木工所から徒歩3分しか離れてませんでした。
c0003620_1824659.jpg

 ソルヘイマルのサステイナブルなエコハウス。今日は外観だけ。明日責任者からご説明いただけるそうです。
c0003620_18245638.jpg

 レンタカーを返却しにセルフォスまで戻る。どこをどう見てもハーツのサインがないと思ったら、トヨタのショールームに返却するとは・・・。そこで見たものが面白かったので写真を撮りました。演歌?
c0003620_18252750.jpg

 レンタカーを返すとソルヘイマルまで戻る手段がなくなるため、ラウルスにお願いして彼も車で来てもらう。ということで、ラウルスを含む4名で夕食。私が頼んだのは何の魚だったかぁ・・・。おいしかったですよ。こんな風にパセリを散らすのがアイスランドのカフェ食の決まり事みたい。
c0003620_18262845.jpg

 ここでの会話でへぇと思ったのは、途中で見た馬たちがとてもフレンドリーだったことをラウルスに話すと
 「人が恋しいんだよ。その気持ち、僕はよくわかるよ。こんな田舎にいると、寂しいから」と、馬の気持ちが分かるとしみじみ。
 そうか、人混みばかりしか出逢わない首都圏に暮らしていると、とにかく人と会わない所へ行きたくて仕方ないけれど、確かにこんなに静かで人口密度が薄くなると、そういう気持ちも分からないではない。
 「え?日本人の取材班と食事ができるなんて、僕の人生で最高にエキサイティングな出来事だよ。つまんないなんてとんでもない。すごくうれしいよ」とも。


 ということを話しながらいただいたのが、デザートでした。日本で付いてくるクリームは、ほとんど食べないことが多いけれど、アイスランドのフレッシュ・クリームはおいしいなぁ。大好きです。
c0003620_18265548.jpg

 ソルヘイマルへの帰り道、え?!という場所を発見。この写真を見て思わず叫んじゃうあなた、シガーロスのファンですね。そうです。この話はまた明日。
c0003620_18273217.jpg

 ソルヘイマルにはコミュニティ内に宿があり、観光シーズンでもないのでゲストハウスは取材班で貸し切り。共有の広いダイニングキッチンがあり、また、誰もいないので、私はスイート・ルームをいただきました。せっかく広いお部屋をいただいても、使い道がない・・・。リビングからの風景です。
c0003620_182827.jpg

 夜の散歩に出てみました。明るく見えている場所は、温室です。
c0003620_18283538.jpg

 ソルヘイマルも温熱地帯で、温水は敷地内にわき出るもので賄っています。ここらへんからの温水を使っています。
c0003620_1831185.jpg

 温室の中にはの温水パイプが通っていて、近づくとこんなに明るくてキレイ。
c0003620_18294571.jpg

 夜中近くてもこんな感じ。また今日も深夜まで歩き回ってしまいました。
c0003620_18315079.jpg

 毎朝、8-9時頃に朝食ミーティングがあり、そこから一日をスタートして深夜までびっしり取材をこなします。大変だけど、でも、全部興味深いことばかりだし、滅多にない機会なので、あれもこれもと欲張りに動きます。 (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



 More about Sotokoto trip in Iceland;Hveragerdi and Solheimar. We had a guided tour of geothermal area right in the middle of Hvergerdi. Disa cooked us the very best boiled eggs I've ever had in my life! I can not wait to have that boiled eggs again. I mean it is just a boiled egg but it was sooo good, you really think it has got to be the world's best boiled egg! We had dinner at Selfoss. On the way back to Solheimar having Laurs as a driver, I had to have them stop at Gamla Borg. I am becoming a huge Sigur Ros fan and I had to stop there for an obvious reason. Yuka.
音楽で楽しみ、心に潤いを与えませんか?↓
c0003620_1544764.jpg




2011年もアイスランド・エアウエイブス・ツアー!↓
c0003620_355719.jpg



  
溶岩ジュエリーはロハス・デザイン大賞最終ノミネート作品!
          こちらで購入できます↓


by icelandia | 2008-06-23 18:40 | Comments(4)
Commented by Toru at 2008-06-24 09:06 x
思いっきり事務連絡です(笑
今年の11/4,5,6,7と、すみだトリフォニーホールにてアイスランド交響楽団がペトリ・サカリ指揮で来日講演を行います。全日19:00開演で、シベリウス交響曲を3日やったあと、最終日は「アイスランド音楽の夕べ」となっています! 最終日だけでも行きたいところ。一回券はS7000円から。問い合わせ先03-5608-1212。ところでこの情報はすみだトリフォニーホールのサイトにはまだ更新されていませんが、この業界はチラシのほうが速報性が高いのです(苦笑)。
Commented by icelandia at 2008-07-01 02:30
Toruさん、業務連絡を有り難う御座います。春頃からそんな話はポツポツと聞こえていましたね。それから、10月のハーデ首相来日っていつか具体的にご存知ですか?まぁ、シガーロスの東京公演さえ見られればいいけど(笑)。
Commented by yui at 2008-07-03 01:09 x
こんばんは。はじめまして。名古屋に住む大学生です。
私は今年の夏休みにソルヘイマルへボランティア活動をしに行く予定で、アイスランドやソルヘイマルの情報を探していたところここにたどり着きました。写真も拝見し、ますます行きたくなりとても待ち遠しくなりました。ソトコトで特集されているようなので是非読んでみたいと思います。
Commented by icelandia at 2008-07-03 01:20
yuiさん、植林のボランティアでしょうか。アイスランドの夏は気候もいいし暑くないので、きっと気持ちよく楽しく有意義に過ごせることでしょう。いいなぁ、出来ることなら私もソルヘイマルで何かお手伝いしたいです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ソトコト的ゴールデンサークル?... クヴェラゲルディ周辺の地熱地帯... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド在住になり、ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム