execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
チベットは独立国:Declare YOUR recognition of Tibet's independence
 基本的に娯楽の枠を出て思想問題が伴う物事は書かないのですが、これに関してはビョークの事件に関係なく書かずにいられない。一個人で収拾し得る情報は限られ、日本国内を含めて世界中に散らばる過去現在大小の不条理の全てに気を配ることはできません。 単なる自己満足は分かっていても、何かのきっかけで目につき、心を寄せたことに対して、何かをしたいと思うのが、ごく普通の人間ではないでしょうか。

 私にとってのそれが、チベットであり東チモールです。ふっと思い出しては、あちこちにネットサーフして、時々情報を見ていました。それは、少しの間会っていない友人がどうしているかと、そんな風に思うような感じと似ているかもしれません。

 非暴力を貫くチベット僧の平和的デモ(ハンストだったそうです)を阻止しようとして、結果的に暴動騒ぎにしてしまった中国側の声明や発表はスルーします。ダライ・ラマは中国がチベットにしてきたことを「文化侵略」であると表現していますが、私は実質的にチベットつぶしであり、大量殺戮(ジェノサイド)だと解釈します。事実、侵略時には120万人という信じられない大量虐殺が行われ、それ以外にも人道的にあり得ないことばかり・・・。考えれば考えるほど悲しくなり、胸が痛みます。

 胸が痛いのは、チベット人に対してだけではありません。中国人民に対しても胸を痛めるところです。約20年前天安門事件があのようになる前に、市民は軍を止めようと、兵士たちと話し合い、一旦心ある兵が引き上げたことがありました。その後、大殺戮が行われたことは歴史が物語る通りです。兵士とて人の子。人間としての心があり、どのような大義名分を提示されようと、一個人に戻った時、それは悔いる行為以外のなにものでもないことでしょう。

 軍に命令を出す中国政府高官は、「汚い仕事」は何もしません。実際に人を殺戮するのは雇われの身の兵士であり、例えばベトナムやイラン・イラク戦争に従軍したアメリカの帰還兵を見ても、アジア諸国で市民を殺した日本兵にしても、それぞれに心の傷を負います。ある人は、その気持ちを吐露し同じ過ちを繰り返さないよう世界に訴え、ある人は毎日悶々と悪夢に魘されているのかもしれません。そういう意味で中国人民もまた、中国政府の犠牲者のように、私の目には映ります。

 どちらにしても、殺戮を伴う争いに、勝ち負けはありません。国家という大枠では物事が見えにくくなりますが、個人レベルでは「負け」と「負け」しかないことでしょう。この「負け」とは、人間としての良心に従えず、国家の不条理な命令に屈した「負け」です。そういう意味では、チベットは「勝ち」なのかもしれません。非暴力を貫き、自分たちのアイデンティティを決して失わないチベット人。しかし、それが支配者の怒りに触れ、情勢としての「負け」にチベットを追い込んでいることを考えると、やはり勝ち負けなど無いのですね。

 そんな不毛を続けるより、何とか平和的な解決を模索したい。

 私はここに、日本国民のひとりとして、チベットが独立国であることを認め、それを明示します。他の誰がそれを認めようと認めまいと、それは私の思想と表現の自由であり、何人に侵されるものではありません。

「みんなが平和を思えば世界は平和になる」と歌ったのはジョン・レノンでした。本当にそうですよね。世界のみんながチベットは独立国であると認めれば、政府も認めざるを得なくなるでしょう。

チベットは独立国:Declare YOUR recognition of Tibet\'s independence_c0003620_1657255.jpg チベットのみならず、周辺のウィグルなども含めて、不当な制圧を受けている人々に早く平和な日々が訪れますように。「Free Tibet」のバナーはネット上で拾いました。使用は自由だそうですので、みなさんもよろしければ貼ってください。(小倉悠加)

 I hereby recognize Tibet as an independent nation of sovereignty. Tibet can also stay as an autonomous community in China, if that is what Tibet wishes. I congratulate your independence.
     Yuka Ogura/ a Japanese citizen

by icelandia | 2008-03-18 15:08 | Comments(3)
Commented by guifu at 2008-03-18 15:53 x
TBありがとうございます。「知ること」「知らせること」から全てが始まると思います。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-03-18 18:09
私もこのブログの意見に賛成します。
多くの人にこのブログが読まれることを期待しています。
今日もスマイル
Commented by K at 2008-03-19 22:37 x
Yuka, you are a strong minded lady with gentle heart.
明日もスマイル
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2008年アイスランド音楽賞発... アイスランドと中国、アルミ工場... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム