execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ビョーク日本ツアー・セットリスト&雑記
 いつも ICELANDiaブログをお読みいただき有り難う御座います。以下は、個人的な雑記なので、セットリスト(演目)のみ見たい方は、少しスクロールしてください。下の方にあります。For Volta Japan tour setlists, scroll down this blog a bit, you will find it. Don't go too far.

 念願の初ビョーク・ライブに行ってきました!セットリストは異なっても2-3曲だろうと思って武道館1日分しか行かなかったら、7曲も変わっていて、後から泡吹きました。無理しても2日間行くべきだった・・・・orz
 武道館のポピュラー系コンサートに通ってン十年以上になるけれど、こんなにセットリストを変えたアーティストは初めて。たぶん、ビョーク自身が飽きないようにということなのでしょう。うーん、ビョーク・・・(意味不明)

 彼女のパフォーマンスはDVDやyoutubeでかなり見ていたけれど、やっぱり生ですよねぇ、ライブ。それに、今回のツアーはすごく「かわいい」!。ティーン・アイドルでもないのに、みんなに「かわいい」と思わせてしまうところがスゴイ。彼女はありきたりなセクシーや美形路線は念頭に全くないのでしょう。「自分をいかに表現するか」ということだけで。
 それが我々には「かわいい」と目に映るところがすごく得かも。オリエンタルな顔つきなので、日本人は特に親近感を感じるのかもしれません。

 そのライブの写真を掲載したいところですが、日本公演の写真は私も撮れないし持っていないので、主催者であるSmashのブログをご覧ください。
 ビョークのステージ写真はここにあります。

 ちなみに私はシガーロス結成10周年記念パーティの時にレイキャヴィクでビョークと遭遇していますが、ライブを生で見たのは今回が初めて。ファンとしては後発組です。

ビョークとアイスランドと雑感
 
 南国の島々の土着系の音と雰囲気を巧みに取り入れた最新アルバム『Volta』のツアーではあったけれど、演奏曲目を見ると『Volta』&グレイテスト・ヒッツであり、実際はみんなが大好きな『Homogenic』の曲が一番多かった。楽しく歌い飛びはね踊って、ファン・サービスというよりも、本当にうれしそうに歌っていたのが、私もうれしかった。

 なんでも、「アーティストとして初めてレスペクトされていることを感じたのが日本に来た時」だそうで。そういう日本のファンに対してのビョークからのレスペクトでもあったことでしょう。

 個人的にはビョークにアヴァン・ギャルドな音を聴かせてほしいので、彼女が踊っても踊らなくてもどちらでもよく、逆にもっと踊らないでストイックな感じにしていた方が、アーティスト然とするのではと思うほど。お客さんの喜ばせようというサービス精神と、彼女自身が音楽ファンだから、やっぱりポップっぽいノリの曲は楽しくてのっちゃうところがいい。私もずっと踊っていたクチだし。楽しかったです。自然体という言葉に尽きるのかもしれません。
 大げさなギミックは無用とはいえ、炎ボワァッとか、蜘蛛の巣シャラ〜とか、紙吹雪ヒラヒラもお祭り騒ぎで面白かったし、そんな華やかな雰囲気を素直に楽しみました。

 衣装に関しては、ビョークなのでビョークです(笑)。趣味がいいとかそういう次元の人ではないので、全般的な雰囲気が「かわいい」ということでよろしいのでは(でも、歌っている時はひたすらカリスマ)。バックのブラス隊の女子も含めて、バンダナを巻いているかのようで実は全部メイクというのも面白かった。バックの10本の管楽器はオール・アイスランディック女子のワンダーブラス(Wonderbrassって二重三重に掛詞?)で、やっぱり可愛く美形が多かった。

 大量の生楽器と、最先端の電子楽器が違和感なく融合していたことは、音楽雑誌等で詳しく書かれることでしょう(TENORI-ON欲しい!)。あまりにも巨大になってしまった国際的な超一流アーティストだけれど、ビョークはいつでもどこでもアイスランドなんだなぁと思わせるところがここかしこに。武道館の一日目はVokuroがアイスランド語曲、私が見た二日目はAnchor Songの二番がアイスランド語。

 そしてこの日はマーク・ベルの誕生日で、ビョークが歌う「ハッピーバースデー」のアイスランド語ヴァージョンが聞けた。超レア!そうか、私が初めてアイスランド語のこの曲を聞いたのは、それこそビョークに初めて遭遇した時のことで、シガーロスの”10歳”のお誕生会のことでした。なんだか奇遇。

 「みんなでハッピーバースデーを歌いましょう。私はアイスランド語で歌うから、みなさんは日本語で」と言われても、この曲の日本語ヴァージョンってあったっけ?

 印象に残ったのは何だろうか・・・。あの曲もこの曲も、それぞれ素晴らしかったけれど、個人的な思い入れの強い『Vespertine』からの「Unison」は感激だったし、「Cover Me」で芝居がかったビョークを見られたのもうれしかった。「Hyperballad」でいきなりLFOになったのは驚いたけど超かっこいいし、そこから「Pluto」のつなぎは圧巻・・・というのは誰もが感じたことでしょう。

 アンコールはアイスランディック女子のブラス隊に囲まれての「Anchor Song」をしっとりと歌い、その後はコソボ独立を言及しての「Declare Independence」。この内容は、かつてのアイスランドにも当てはまることで、 ビョークの父親が生まれた年がアイスランドが独立した年でもあり、 他人事ではないのでしょう。なので、行く先々で、独立を応援するいろいろな国の名前を言及しているそうです。日本にいると”植民地”と言われてもピンとこないけれど、日本のようにどこの植民地にもなっていない国の方が世界では稀な存在。
 独立を勝ち取った後、アイスランド国民として何をアイデンティティに生きればいいかを初めて迷ったのがビョークの世代だということを、何かのインタビューで語っていましたっけ。

 武道館初日2月19日は、その2日前に独立を宣言したコソボ独立を祝って、何度も「コソボ!」を連発したけれど、22日は最初にコソボの名前を一度叫んだだけ。なんでも、19日の東京での「コソボ!」連発が即座にセルビアの耳に入ったようで、その夜ビョーク側にセルビアから連絡が入り、セルビアでのコンサートがキャンセルになったことが告げられたとか。主催者側の説明によれば、社会が不安定であるため、コンサートの観客の安全が保証できない、と。

 それから、毎曲ごとに「アリガト」と言ってたのが、これも可愛かった。それも、普通に「アリガト」と言ったり、ささやくような早口での「アリガト」だったり、一度はごく日本語っぽく「ありがとう」というのも。
 ノドの調子がイマイチなのか、いつもそうするのか、ハチミツ(?)を舐めていたり、保温カップで必ず何かを一曲毎に飲んでいましたね。風邪や酷使してノドを痛めているというのではありませんように。最初の数曲は、武道館のミックスのせいか、どことなく声がイマイチだったような・・・。3-4曲目あたりから、ガンガン声は出ていました。

 今までは娘イラドラが幼かったためあまりツアーに出ず、この9月から彼女は小学校にあがるため、また少しの間長期ツアーに出るのは難しいだろう、と。その合間を縫ってのVoltaツアーであり、久々のツアーなので非常に楽しんでいるということも。

 初の生ビョークは、あまりにも期待が大きく、セットリストを見て号泣した割には、本番はかなりアッケラカンと見たかもしれません。武道館に向かう前は、ドキドキソワソワで、好きな男性と初めてのデートに出かける前のような心境。マジにそんな感じでした。少々ジワリときたのは「All is Full of Love」から「Unison」のあたりで、「Hyperballad」はノルか泣くのどちらかにしようと前者に徹底。かなり現地爆発したので、気持ちよく楽しんで、なんだか後はスッキリしました。翌日は足腰が痛くなるかと思ったら、そのようなこともなく、なんだか私・・・・元気。
***

Bjork『Volta』日本ツアー 、セットリスト
Bjork [Volta] Japan tour setlist


2008年2月19日(火)日本武道館
 Feb. 19,2008 @ Nippon Budokan
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. Aurora
05. All Is Full Of Love
06. Pagan Poetry
07. Unravel
08. Vertebrae By Vertebrae
09. Jóga
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. I Miss You
13. Five Years
14. Vökuró
15. Wanderlust
16. Hyperballad
17. Pluto

encore
18. Oceania
19. Declare Independence

2008年2月22日(金)日本武道館
 Feb. 22,2008 @ Nippon Budokan
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. All Is Full Of Love
05. Unison
06. Immature
07. Vertebrae By Vertebrae
08. Jóga
09. Hope
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. Bachelorette
13. Who Is It
14. Cover Me
15. Wanderlust
16. Hyperballad
17. Pluto

encore
18. Anchor Song
19. Declare Independence

2008年2月25日(月)大阪城ホール
 Feb. 25,2008 @ Osaka Castle Hall
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. Pagan Poetry
05. Immature
06. Undo
07. All Is Full Of Love
08. Pleasure Is All Mine
09. Hidden Place
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. I Miss You
13. Who Is It
14. Vökuró
15. Wanderlust
16. Hyperbalald
17. Pluto

encore
18.Oceania
19.Declare Independence
***

アイスランド語のハッピー・バースデー・ソング
Happy birthday song in Icelandic
 「Happy birthday to you」と同じメロディ
Hun a afmaeli i dag
Hun a afmaeli i dag
Hun a afmaeli hun, 名前
Hun a afmaeli i dag



ICELANDia独占?アイスランド人だけが知るビョーク
c0003620_23452611.jpg『Hvit eg borg og baer』
 アイスランドのクリスマス・ソング集。ビョルク・グズムンズドッティル参加。ン?ビョークのことです。このアルバムしか収録されていない曲が一曲。子供を食べてしまう怖いグリーラおばさんの歌で、これが芝居がかった歌が上手なビョークにぴったり! ICELANDia音楽ショップで御購入できます。


c0003620_23461951.jpg『GREINILEGUR PULS』
 ビョークが敬愛するMegasの2枚組ライブ盤。ビョークがバック・ヴォーカルを務めるメガスのアルバムは他にもありますが、このライブ盤が一番ビョークのヴォーカルが顕著。デュエット曲のような感じのものもあります。 ICELANDia音楽ショップで御購入できます。在庫少

***

 It was really great to see you perform in Japan, Bjork. It was awesome! Thanks for bringing your tour and I hope your whole group enjoyed being here as much as we enjoyed your performance. (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  ビョークの故郷アイスランドの音楽を↓







  
 ビョークが愛する自然をシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

by icelandia | 2008-02-25 23:49 | Pops | Comments(11)
Commented by ナナエ at 2008-02-26 09:15 x
私も22日のみ行きました。
そんなにSETリストが違うなんて!
19日も譲らず行けばよかった!
でも、1日でも行くことができてよかったです。
Commented by icelandia at 2008-02-27 00:05
みなさんこのセットリストの激変で泣いたみたいですね。大阪では「Undo」をやり、これは今回のツアーでは初めてだそうで。『Vespertine』命の私としては、これも聴けなくて悔しい・・・。でも私も一日でも行けたので満足です!
Commented by Doc.K at 2008-02-27 08:10 x
一途な思いとあったかい人間味が伝わってくるこのブログは、いつも新鮮。生き方としては理想だな。。。。。。 ウゥッフ[笑]・・ でもほんと!! 
Commented by icelandia at 2008-02-27 12:42
いつもコメントを有り難う御座います。若い頃からこんな風に浮き草みたいなので、理想なのか単なるわがままなのか、自分でも良くわかていないんです。本当のところは。貫けばわがままも哲学になるのか?!どちらにしても自活できるようにならないと本物じゃないですよね。支えてくれている家族に感謝です。
Commented by m at 2008-02-27 23:33 x
はじめまして。毎日やる曲が違って、非常に有意義な一週間でした。22日に小倉さんらしき方をみかけたのですが、やはりいらしたのですね。勇気を出して声をかけたらよかった・・
22はCOVER MEとアイスランド語ハッピーバースデイが聞けて嬉しかったです!歌詞もこちらでわかって感激です。
Commented by Tailnose wood at 2008-02-28 01:24 x
初ビョークライブでした。今まで行く機会を逃してて、どうしても2回は体験したかったので、19日と25日行きました!
いやぁ。もう大満足。お腹いっぱいです。Medullaが一番好きなのでPleasure Is All Mineが聴けてかなりうれしかったです。
テノリオン…、オレも欲しい!日本で発売され次第買いたいと思ってます。
かなり高めのおもちゃですね。あれは。
話はちょい変わりますがIceland Airwavesツアーとかのページ更新されてますね!お疲れさまです!
今年は是非、いや…、どうしても参加したいと思っております!!
音楽好きにとってこういうツアーが企画される事はとても素晴らしい事ですね。
本当にココではアイスランドについて色々学ばしてもらったり、楽しませてもらったりしています。
小倉さん、ありがとう!
Commented by schneewittchen at 2008-02-29 22:05 x
ほんとそうですよね! このブログがなかったら、一般リスナーがこれほどアイスランドに親しみを持たなかったかも知れないと思います。小倉さんありがとう。
さきほどもCD聴いてたら、子供に「すっかりアイスランドにはまったな」って言われました(笑)
Commented by icelandia at 2008-03-01 02:33
mさん:アイスランド語は話せませんが、せめてハッピバースデーの歌は覚えたいと思い、そのためにブログに載せました。喜んでいただけてうれしいです。次回はいっしょに歌うぞ!
Tilnose woodさん:あちこちをチェックしてくださり有り難う御座います。今年はAirwavesが10周年で、マジ盛り上がりそうです。Tenori-onは4月に東京でのお披露目があるそうです。行きたい!
schneewittchenさん:みなさんから「ありがとう」と言われて、涙腺がゆるんでしまいました。うれしいです。これからも(希望的には良い意味で)独断と偏見でこのブログを続けていきますので、中だるみ等々あるかもしれませんが、長い目でお付き合いくださいね。よろしくお願いします。
Commented by ミズタマリ at 2008-03-01 21:18 x
小倉さん、こんばんは! わたしは19日のみ行きました。久々の来日とはいえ7曲もセットリストを変えるとは!!22日も取ればよかった…。
初の生ビョークはあまりにもスゴすぎて、暫く他のアーチストは聴けませんでした。アイスランドの地で見てみたーーい!
Commented by icelandia at 2008-03-02 15:41
私もぜひいつかはアイスランドでビョークを聞きたいです!ライブがもし決定するようなことがあれば、絶対にツアーを組んで、みんなでいっしょに楽しみに行きましょう!
Commented by m at 2008-03-03 22:39 x
こちらこそ是非よろしくお願いします!いくつかみたいけどやっぱり地元で見たい・・長年の夢です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 久留米の新進ヘアーサロンでアイ... ビョークとアイスランドの国内ち... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム