execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アイスランドが誇るギター・イスランシオ
 アイスランドを代表し国際的に活躍をするジャズ・グループとして、最も華々しい活躍を続けているのがギター・イスランシオです。アイスランド国内では出したアルバムはすべてベストセラーでゴールド・ディスクを獲得。
 メンバーはベテラン・ギタリスト3名で、彼らはいずれもソロとして、作曲家としても超一流。各人ともにプロジェクトを持つ超売れっ子で、個人的な友人だった3人が集まりわいわいとやっているうちに誕生したのがこのギター・イスランシオであるとか。
 結成は1998年、アイスランドや北欧に伝わる民謡を現代的な味付けよみがえらせ、アイスランド国内はもとより、諸外国からも高い評価を受けて各種音楽祭には欠かせない存在になっています。

ギター・イスランシオの視聴&ダウンロードはこちら
 
 バイオは以下の通りです。
 ---------
 アイスランドが誇るギター・イスランシオ_c0003620_18241214.jpg
 ビヨルン・ソルオッドソン(ギター): 長年に渡りアイスランドのジャズ・シーンの前線に立ってきたギタリスト。1982年にカリフォルニアはハリウッドのギター・インスティチュート・オブ・テクノロジーを卒業後、若い頃はアイスランド・ジャズ界の伝説であり、ビョークの叔父さんとしても知られるピアニストの故グズムンドゥル・インゴルフソンと共に活動した。その後ビヨルンはラジオ、テレビ、舞台とありとあらゆる場面でアイスランド国内の音楽界と関わり、そうするうちに彼の名が近隣諸国に伝わり始めた。
 90年代に入るとヨーロッパをはじめ北米でも演奏し、彼が録音に参加した曲も数限りない。ビヨルンがこれまでに演奏を共にしたりレコーディングに加わってきたアーティストは、ベーシストのニルス・ヘンニング, オルステッド・ペデルセン,ヴァイオリンの天才、ナイジェル・ケネディ、ギタリストのフィリップ・キャサリン、ダグ・レイニー、ジェイコブ・フィッシャー等、ヨーロッパのジャズ・アーティストが中心。日本にも並々ならぬ興味を持ち、機会があればぜひ日本のアーティストと共演したいと語っている。ビョルンのギター・テクニックは北欧でも最高峰と言われ、その独特な味わいが北欧をはじめヨーロッパ諸国で広く活躍する由縁である。

グンナル・ソルザルソン(ギター): 過去40年間のアイスランドで最も人気の高い作曲家。彼が音楽界に登場したのはアイスランドのビートルズと言われるグループ、ヒョマールの一員としてのことであり、一時期はプログレ系のトゥルブロットに在籍していたことも。
当初はポピュラーな曲を書いていた彼は次第に徐クラシック音楽に魅力を覚えるようになり、クラシックの作曲家としても活躍。アイスランド交響楽団も彼の作品を演奏している。現在までに500曲以上の作品がレコーディングされているグンナルは、記録破りの作曲家でもある。天才肌の音楽家であり、映画音楽やミュージカルも手がけ、多種多様のレコーディングやプロジェクトの音楽監督も難なくこなしてきた。2002年1月、これまでに彼がアイスランド音楽に残した多大な功績が認められ、Icelandic Order of the Falcon(ファルコン勲章:アイスランドの勲章)を授与される名誉も受けている。

ヨーン・ラプンソン(ダブル・ベース):  1990年にスゥエーデンからアイスランドに戻って以来、アイスランドの音楽シーンで活発に活動し、クラシック、ジャズ、ダンス・バンド、シアターと様々な場面でその腕前を発揮し、数多くのレコーディングに参加してきた。

--------
 というわけで、このグループは文字通り国家が認める勲章もののクオリティ。
 
 楽しげで何となく日本に伝わる音楽にも通じるような親しみのわくメロディラインを持つギター・イスランシオの楽曲、ぜひ試聴してくださいね。
 
 本日のお勧めは「Dýravísur」。「動物の歌」という意味で、アイスランドの子供達に歌われている童謡が、見事なギター・サウンドで奏でられています。曲名はアイスランドの特殊文字が使われているので、文字化けする場合はfontの設定を変更してみてください。

「Dýravísur」はこちらで試聴できます(小倉悠加)
アイスランドが誇るギター・イスランシオ_c0003620_22263649.jpgアイスランドが誇るギター・イスランシオ_c0003620_13213440.gif
by ICELANDia | 2004-12-14 18:14 | Jazz | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ICELANDia1/tb/78450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 寺田直子 at 2004-12-25 13:15 x
小倉サマ

不思議に魅力的ですねー。
ジャズというよりもフォーク的。日本人のDNAに潜む郷愁にシンクロする気がします。

これを彼の地で聴いたら、ステキでしょうね。
旅の思い出を喚起させるのって、実は写真や言葉ではなく、音や匂いだったりするものです。アイスランドを訪れた人は、この音楽を聴いて、透明感のある空気、真っ青な空、温かな人々の顔を思い出すのでしょう。

羨ましい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランドと日本の共通点:温... ICELANDia レーベル誕生! >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム