execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
その2:2020年のアイスランド音楽フェス・オフ・ベニューはYoutubeで!
 アイスランド・エアウエイブスのオフ会場(的)なライブ、前回は若いアーティストをご紹介。今回のは少しベテランです。
 
 アイスランド唯一のソウル系グループのMoses Hightower(モーゼズ・ハイタワー)。有料ストリーミングのオブ・モンスターズ・アンド・メンを見た人は気づいたでしょうか。サポートメンバーとして入っていたキーボードは、このモーゼズのキーボドでありヴォーカリスト。そしてモーゼズにサポートとしてシンセ等を演奏しているのは、ビョークとも演奏をしていたベルグル。アイスランドの音楽シーンは狭いので、よく見ると結構メンバーが重なってますよ〜。
 

 エレクトロ・ポップの先頭を走っていたSykur(シークル)もいまやベテラン。ドラムスを叩いているHalldór Eldjárnはオ-ラヴル・アルナルズが自動演奏ピアノを開発するのを手伝った彼ですね。

 そして今回の私の掘り出し物はこのグループ、BSÍ。ドラムスを叩きながらの歌唱が時にパンキッシュ、時にメランコリックで、思わずもっと聞きたい!

 オフ会場なので二曲限定。次回のアイスランド・エアウエイブスで絶対チャックのアーティストも掘り出せたし、オフ会場っぽい雰囲気も感じることができたので、私は満足でした!(小倉悠加 / Yuka Ogura)

アイスランドの日々の生活は小倉悠加のTwitterをフォロー↓
その2:2020年のアイスランド音楽フェス・オフ・ベニューはYoutubeで!_c0003620_02572257.jpg








アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介↓
その2:2020年のアイスランド音楽フェス・オフ・ベニューはYoutubeで!_c0003620_06410063.jpg

by ICELANDia | 2020-11-19 03:57 | News | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ICELANDia1/tb/31783592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 絶景だらけをお裾分け:アイスラ... その1:2020年のアイスラン... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム