execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
制作者と流通者の顔が見える音楽 : 業界裏話?
 このブログではアイスランド関連なら何でも取りあげていますが、基本的にICELANDiaは音楽レーベルであるということをお忘れ無く(笑)。ヨーエル・パルソンの特集をする予定で、第一回を書いたきり、横道に逸れ続けています。ヨーエル、ごめんね・・・。

 前回のブログに少し関連しますが、なぜアイスランドなの?というところで、「制作者の顔が見える」ということがあります。なんだか有機栽培野菜みたいですが、まさにそんな感じです。
 
 私は大学を出てレコード会社に就職してからフリーランスになった後、日本国内のほとんどのメジャー・レコード会社とお付き合いをしてきました。そこで学んだ、いわゆる”洋楽の業界の掟”は、下手に直接アーティストに直接関わるな、ということ。誰かが来日して、担当者や通訳であれば仕事ですから問題はありませんが、時々微妙な立場で関わるアーティストが出てきます。
 アーティスト本人と知り合いで、「手伝ってくれない?」と何かを頼まれたとしても、正規のルート(つまりはレコード会社やプロモーター)を通さないと、異常に怒られます。怒られるというか、ほとんど脅しに近いこともあります(芸能界って・・・)。もっとも、私のこういった体験は一昔も二昔も前のことで、もうそのような時代ではないことを祈りますが。
 また、正規のルートからアプローチしたとしても、マネージャーと称する人が複数いて、誰に何を言えば何が通じるかわからない。アーティスト本人と会う前に壁が何重にも重なっているようで、まぁホントに。
 
 そんなことが重なった時期、単純な私は「音楽って、アーティストって、もっと自由なものじゃなかったの?」と思ったものでした。
 
 しかし慣れとは恐ろしく、そのような業界にどっぷりと浸かっていたため、アイスランド音楽に関わり始めた時は、素敵な音楽を見つけると、”マネージャはどこ?レコード会社はどこ?”とまずは捜したものです。どうしても調べがつかず、アーティスト本人へ「本来はそちらのレコード会社かマネージメントを通して御連絡すべきかと思いますので、担当者の連絡先を教えてください」と連絡を入れると、「アーティストである僕に直接言ってくれればいいよ」となります。
 「え?!」 
 アーティストに直接関わり、苦い経験を持つ私は戦々恐々。だって、アーティストに直接連絡を入れたことを後からレコード会社やマネージメントがそれを知ると、怒られるんだもん。余計な摩擦は避けたい。
 だから、ここからヘンテコな押し問答が始まります。「それでもレコード会社の担当教えて」「僕でいいよ」「じゃ、マネージャーは?」「だから直接何でも僕に言ってよ」・・・・
 
 インターネットのこの時代だからということではなく、アイスランドは風通しのいい所なんです。例えマネージャーがいたとしても、アーティストに直接話して怒り出す輩はいないし、中には「アーティストと話し合って結果だけ知らせて」というレコード会社もあります。日本や欧米諸国のメジャー・レーベルと正反対。
 
 でも、本来はそうあるべきだと思いませんか?
 
 音楽制作者と直接つながることができるので、とてもさわやかです。お互いの信頼で物事を進められるし、顔が見えるだけに、その性格を知るだけに、どうすればいいかを探り出すのも簡単です。直接連絡を取り合うことのデメリットが無いとは言わないし、各アーティストそれぞれに連絡を入れることは手間もかかりますが、風通しの悪い空気のよどんだところよりも、今の方が好きです。
 
 メジャーのやり方が悪いと言っているわけではなく、大々的に広告を打って、戦略的に商品として音楽を売るのもひとつの方法です。私が選んだアイスランドのアーティストは、必ず広く注目される音楽性の高さと個性を持っていると確固として信じるだけに、メジャーのような宣伝ができたら出来たらいいなぁとも思います。アーティストの顔と考えがしっかりと見えているところで、本人の意志に沿うかたちで、多くのみなさんにそのアーティストを知っていただくきかっけを作ることが出来れば、それが本当に一番ですから。
 
 音楽は音楽なので、その他のことは別にどうでもいい、という考えもあることでしょう。でも、音楽も制作者や、販売者の顔がしっかりと見えているものって、何となく楽しくありませんか? (小倉悠加)
 *どうぞICELANDiaの母体、アリヨス・エンタテイメントのサイトにもお立ち寄りください。c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
 
by icelandia | 2005-11-09 20:30 | アイスランドってどんな国? | Comments(1)
Commented by trip1969 at 2005-11-16 07:35 x
コメントありがとうございました。人少ないんですか。でも、自然はきれいそうなので、逆にいいなあと思いました。いつか行くときまで、まずはアイスランドの音楽を楽しもうと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 世界一エッチな15.6歳:初体... ロハス、音楽、マクロビ、心の糧... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
やっと!!
at 2019-08-30 16:41
愛機MacBookPro入院..
at 2019-07-26 04:19
アイスランドにデヴィッド・ボ..
at 2019-07-16 02:46
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム