execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フェロー諸島音楽コンピ(2) 農耕具を楽器にしたオルタナ、世界的な歌姫、デスメタルまで飛び出す!
 フェロー諸島音楽コンピ−ションの収録曲を大々的にご紹介しています。まだ、私もフェロー初心者なので、間違っていたり、調べきれないところもあるかもしれませんが、そこらへんはご愛敬でお許しを!

 このアルバムは17曲入りの上、ポップからフォークからジャズからクラシックまで、そして新人からヨーロッパでもピカ一のような人までテンコ盛りなので、あれこれ知っていただきたいこともあり、ちょっと丁寧にご紹介してます。で、前回の続きです。

特別企画音楽アルバム
『Music from the Faroe islands
 Folk - Rock - Jazz - Classical』

http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=90961431
c0003620_20341575.jpg


収録曲&アーティストご紹介(前回はここ
6.「Lipzig VII - Sing」from『Leipzig』by Orka
 音響系オルタナ・ロック・グループ。はっきり言ってかなり直球。大好き。特にこの曲は愁いを帯びたキャッチーさ加減が絶妙で、このコンピを聞く度にこの曲のところで小躍りしたくなる私です。
 Orkaはヨーロッパで人気のあるグループで、彼らの最新アルバム『Leipzig』のタイトルは、大戦前からあるドイツの映画館で大半がレコーディングされたことから名付けられたそう。グループはフェローの小さな牧場で、農耕具を使った楽器を用いた音楽を作り始めたのが、話題が話題を呼び、数々のヨーロッパの音楽フェスに参加するようになったという。ダークな北欧フォークとアンビエントなベース・ラインで個性的な音響を作り出している。
 以下は、去年彼らがフェロー諸島のG!フェスティバルに参加した際のライブ。病みつき!イチ押し!

7.「Restless Mind」from『Recreation』by Marius Ziska a
 個人的にイチ押しが続きます。というのも、私、ポロポロとギターで弾き語るシンガーソングライターが大好きで、古くはジャクソン・ブラウンあたりにそのルーツをさかのぼります。エリック・アンダーセンとかも。お年頃がよくわかる趣味です、はい。
 で、オルタナ・フォークのシンガーソングライターではTeiturがフェローでは一番有名かと思いますが、彼に続き、また、現在最も注目されているのがこのMarius Ziska。この曲だけでも悪くないとはいえ、アルバム全体を通して聞いた方が絶対にいいアーティスト。ちょっとモッサイ見た目も、親しみが持てる感じで私は好きです。


8. 「Remember me 」 from『Bridge』by Eivor
 押しも押されぬフェローの歌姫。アイスランドで言うならビョークのような存在の人。これだけで解説終わってもいいんだけど・・・。
 基本はフォーク歌手であるけれど、ジャズ、ポップス、クラシック等、幅広い音楽を扱う。13歳でフェローのナショナル・シンギング・コンテストで優勝。15歳で学校をやめ、音楽家として生きることを決意。その後、フェローのロックやジャズバンド等に参加し、音楽を学ぶため2003年からアイスランドに留学。私がアイスランドで彼女に会ったのも2003年だった。ファースト・アルバムは2000年にフェローでリリースされたが、彼女の人気を決定づけたのは、2003年アイスランドは12Tonarからリリースされた『Krakan』のアルバムだった。日本での来日ライブ経験もある。
 彼女、何を歌わせても上手過ぎて、ホント、非の打ち所がありません。素晴らしい。私の個人的な趣味では、前作のアルバム『Room』の方がポップ寄りで好きだけど、最新作の『Bridges』のハンパない透明感と雰囲気のある歌唱も勿論捨てがたい。
 Youtubeには、この前の曲のMariusとのデュエット等もあるし、たっくさん動画があるので、あれこれぜひご覧ください。


9. 「The Man who Knows Everything」from『Man』by Budam
 Budamはシンガー・ソングライタであり劇場俳優でもあることから、多彩な音楽性と、シアトリカルなステージで人気を博しているという。バック演奏を担当するのが多様なコードを駆使した演奏に強いピアニストであることから、即興性の強いライブも魅力らしい。

10. 「Evst」from『Evst』by Hamferd
 いえ、その、なに、もちろんフェロー諸島にだってメタル・バンドは居ますよね。だけど、いきなり低音のベース音とドス声が出てくると、正直言って驚く。ということで、こちらはメタル。この曲に関して言えば、たぶんデス・メタルという部類かと思います(私、メタルに詳しくないので外してたらごめん)。フェロー諸島のバンド・コンテストで優勝し、ドイツのレーベルからワールドワイドで作品がリリースされている。
(紹介は次回に続く
——-
ね!ね!総人口4万人といっても結構奥が深いですよね。このアルバムは17曲収録なので、アーティスト紹介はもう一回続きます。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



今年で10回目!11月に実施予定↓
c0003620_18573769.jpg
 


          アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
by ICELANDia | 2015-06-22 01:14 | フェロー諸島音楽・各種情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< フェロー諸島音楽コンピ(3) ... フェロー諸島音楽コンピ(1) ... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム