execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2011年アイスランド・エアウエイブス、オフもメインも会場はキャパギリギリの大盛況!
 さて、今年のアイスランド・エアウエイブス(アイスランド最大のポピュラー音楽祭)に関しては写真待ち状態なので、その前に既にいただいている写真を使って全般の感想を。

 今年は参加者がすごく多く、いつもはかなり余裕のオフ会場がどこも満杯。盛り上がり感が絶好調で雰囲気はいいけれど、満杯で入れない、見られない率が高く、割合スイスイとあれこれを見られた去年までが懐かしいといえば懐かしい。
c0003620_21223268.jpg
(びっしりと人が入ったオフ会場)

 参加者の増加は、たぶん前年(2010年)が非常によかったことが評判を呼んだのと、ビョークがエアウエイブスに出演する、アイスランドの観光状況が好調という、いくつかの要素が重なったかと思います。

 もちろん、盛り上がらないのもつまんないけど、今年の盛り上がりは絶好調すぎて、キャパとしてはギリギリ。これ以上フェス参加者が増えると、フラストレーションの方が大きくなりそう。でも、たぶん主催者側はそれを見越して、チケットの数を制限していたことでしょう。毎年そうですが、フェス一ヶ月前になるとチケは売り切れます。

 メイン会場はいつもの通りの盛り上がりで、アイスランドがバブリーな数年前に新顔として出てきたアーティストが中堅どころとして手堅く活躍できるようになり、メイン会場での演奏の当たり外れも少なくなった印象。
c0003620_21273719.jpg
(手堅い中堅どころの代表格Mammut)

 同時に、経済崩壊後もアイスランドの音楽業界は堅調とはいえ、以前のようにアルバムが連発して出て来ることはなく、その点、注目すべきめぼしい新人が減り気味であることは、隠せない事実でした。今年の注目は、Of Mosters and Menがぶっちぎりだったけど、アルバムの出来に関する評価はそこそこって感じかな。Snorri Helgasonは手堅いので、サウンド的に次回はもう少しひねりがあってもいいかも。Song for WendyがDisaのプロジェクトだと知っていたなら見に行ってたので、それを見逃したのが個人的にはとても残念。

 それでも、考えようによっては、演奏能力が疑問な新人バンドがゾロゾロと出てきていた時代よりも、そういうのは淘汰されて内容が濃くなったとも言えるかも。でも、見新人アーティストが少ないのは、ちょっと残念だったかな。私は知ってるバンドよりも新人の動向を見たかったから。

 それから、メイン会場に国立劇場であるハルパが加わり、フェスに広がりが出たことも確かではありますが、この会場の使い方を工夫しないと・・・という課題も。これはアイスランド滞在中のブログにも書きましたが、ライブハウスしか慣れていないアーティストが多く、演奏する側も観客も、どうも本格的ホールに慣れしておらず、両者とも借りてきた猫のようになってしまうギグが多かったような印象。
 「ハルパはあまりにもキレイすぎて、どうも馴染めない」と異口同音にこぼしていたしなぁ。
c0003620_2133127.jpg
(オープン後間もないハルパ国立劇場とピースタワーの光)

 一方、今まではIdnoしか行き場のなかったアーティストが(得にポスト・クラシカルやアンビエント、ジャズ寄りの音楽)、ハルパをしっかりと使いこなし、最高にいい雰囲気をかもしていたのも印象に残ったことでした。教会も会場として毎日使ってたし、この系列のアーティストにはいい会場環境が整ってきたと言えます。
c0003620_21335537.jpg
(教会でのKira Kiraの演奏)

 特にポピュラー・レーベルと交響楽団との共演は、ハルパのホールなくして現実できなかったことでしょうし、使い方にはまだ賛否両論や試行錯誤があるとはいえ、フェスにまた新たな次元が加わったことは、大変に歓迎すべきこと。
c0003620_21343428.jpg
(オーケストラ演奏が楽しめる大会場)

 ハルパの特異性に負けず劣らず断然話題だったのは、KEXの登場でした。KEXなんてコールサインみたいで、最初はラジオ局かと思っていたら、中心街から少し外れたところに登場したユースホステルのことでした。KEXは地元ではケックスと言ってた。
 ここのダイニングが広くて、雰囲気があって、とても素敵!何でもオーナーは数名のスポーツ選手で、好きなアンティークなどを集めて作った場所だとか。
c0003620_21352178.jpg
(KEXでのFor a Minor Reflection)

 オフ会場としてのラインアップは、異常なほど素晴らしく、毎日ここに通い詰めていれば、それだけでかなり堪能できたかも。
 私は時間がなくて、演奏時間には行けませんでしたが、ものすごい人混みなのと、1バンド3-4曲程度の持ち時間なので、演奏そのものよりも「すごく混んでた」という感想がまず先に出てきてしまう会場でもあった。

 フェス出演アーティストのラインアップは、本当にピンキリで、ティーンが演奏するピコピコから、交響楽団との共演や、ビョークまでと幅広く、アイスランドのベテラン・グループの再結成(HAM, Q4U)や、(ビョークがかつてバックヴォーカルを務めていたことでも知られる)メガスのような大御所も名前を連ねて、文字通り老若男女が楽しめるお品書き。オノ・ヨーコさんや、日本のMI-GUさんの活躍も、日本人としてはとてもうれしい出来事でした。
 そういう点でも、ポピュラー音楽の祭典であり、音楽の実験場であり、千差万別の楽しみ方ができるというフェスの醍醐味が、最も如実に出ていた年ではなかったかと思います。
c0003620_2136296.jpg
(エアウエイブス初の日本人アーティストとなったMI-GU)

 それにしても私、2003年から通い詰めてるなんて、自分でも改めて感心。それは私がアイスランド音楽やそのシーンが大好きであるということと同時に、このフェス自体が持つ、人を惹きつける力、熱、魅力でもありましょう。ーーだって本当に楽しいんだもん!!

 な〜んていう御託はどうでもよくて、早くその内容が知りたいですよね!写真は写真家次第なので、それを待っている間に、今年私が仕入れてきたアルバムをブログでご紹介させてくださいね。

今回のブログの写真は、クレジットが無いものはシバノ・ジョシアさん撮影。 @Keiko KuritaのクレジットがあるものはKeiko Kuritaさん撮影です。写真の著作権はそれぞれの写真家が所有しています。無断使用はお控えください。
(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  楽しい小物もいっぱい!アイスランド出張土産を放出中!↓


by icelandia | 2011-10-25 21:43 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヨンシー直筆サイン入り『Go』... ビョークの楽屋潜入も成功アイス... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム