execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
公開メモ: アイスランド・エアウエイブス、国立劇場ハルパ考
 アイスランド出張中ICELANDiaの小倉です。

 なかなかブログが書けなくて失礼しています。今回は来年のイベントの取材を合間にやっているため、そんなに大した時間は取られていないはずなのに、結構厳しい時間割になっています。
 それから、音楽とは完全に無関係のところで、どうも勝手が違いすぎて参っていることが少々。この精神的ダメージが大きい。

 それで、今回のブログは読んで面白いか、面白くないかは別として、私自身のメモです。メモといっても感想をしっかりと残しておきたいので、書かせてくださいね。夜中の2-3時に書き殴っている感じなので、読みにくいところはひたすらご容赦ください。

 これはアイスランド・エアウエイブスの中での位置づけであって、ハルパが悪いと言っている訳では全くありません。だってビョークがやれる場所なんて、やっぱりどう考えてもここしかないし、ハルパが完成したのは有り難い。
 また私はこのフェスを2003年からずっと見てきているため、古い印象で固まりすぎているということもあるでしょう。

 国立劇場のハルパはとてもきれいです。その中に会場として使える場所(部屋)が数カ所あります。きれいです。きれいすぎます。また、他の会場からも離れているため、今までの開場との一体感というか、雰囲気を共有していない。

 アイスランド・エアウエイブスのいいところ、チャーミングなところは、あちこちの小さな会場で、いろいろな音楽をやっていることなんです。それも、みんなシーンと静かに聴き入るような会場はごく一部で、あとは割合ガチャガチャしていたり、「単なる場末のバーじゃん」という雰囲気のところも。でも、みんな同じようにガラスでピカピカの場所ではないところが、すごーく魅力的なんです。

 ハルパは素晴らしい。今日は交響楽団を聴きました。音響もいいし、あのような本格的なホールがレイキャヴィクになかったので、地元の音楽の発展のためにも、素晴らしいことだと思います。
 が、なにせエアウエイブスに合わない。。。昨日はたまたま、ビョーク姐さんがやったので、ビョークは完璧に会場ビチビチに人が入っていたため、その流れでビョークの後はあちこちに人が入ったけど、今日は交響楽団と普通のアーティストがやっていたので(交響楽団と、普通のアーティストがやっていた部屋は別ですが)、交響楽団は結構人が入っていたけど、交響楽団を聴く人が普通のアーティストを聴くオーディエンスとあまりオーバーラップはしておらず、他のアーティストがやっていた部屋は入って半分、それ以下の観客しか入っていなかった感じ。
 街中の普通のライブハウスでやれば、もっともっと人が入ったはずというバンドも多かった。

 また、これは実際にアーティストがステージ上で言った言葉ですが、「静かすぎてどうやって歌えばいいのか分からない」。そうなんです。日本のライブみたいにシーンとしているのです。今まであのような本格的ホールがなかったし、いつもちょっとザワザワした場所で演奏したことしかない子も多く、本格的な音響設備がある場所で、シーンとしているという状況が、全く慣れないというのは、実にうなずける話なのです。もちろん、そういう環境にも慣れるべきなのですが。

 だから、いつものように歌っていいのか、声の音量を上げると自分の声が響きすぎて何だか落ち着かない、といったことがあるようです。パスカル・ピノンを見た時、楽器を弾く手が震えてた子がいたし、特にアイスランドを出たことがないようなアーティストは、観客もアーティストも、あのような洗練された場所は場違いに感じるような気がします。

 あぁそれから、写真家のシバノさんも「小倉さん、ハルパは照明がきれいすぎて、写真がテレビの番組みたいになってしまいます」と嘆いてました。私のように、インスタント・カメラであれば、逆にいつもよりもきれいに写るのですが・・・。

 あぁ、ビョークは全く別格です。またクラシックやジャズなども問題ないことでしょう。ビョークのように完璧に作り込んだ洗練され、アーティスティックなライブは、例えばNASAのようなライブハウスは似合わない。むしろやはり、ハルパのような充実した施設でやるべきです。

 で、私は今日、交響楽団と、弦楽四重奏を聴き、交響楽団と弦楽の間の15分の休憩時間にパスカルピノンを2曲聴いたという離れ業ができたのはいいけれど、どうも「ぽく」無い。で、エアウエイブスというのは以前からポスト・クラシックはよく演奏されてたし、数年前は小編成のオーケストラの演奏もありました。でも、会場が同じみの場所だったせいもあるのか、全く違和感は無いどころか、フェスのいいアクセントになっていました。

 が、ハルパは何だか会場が洗練されすぎていて、どうも座りが悪い。居心地が悪い。静かすぎると思ったのはアーティストだけではなく私も同じで、どうも何だか「違うんだよなぁ」状態。で、大好きなのでそこでヘルギ・ヨンソンを見たけど、どうしてもアイスランド・エアウエイブスらしくなくて、物足りなくて、シンデレラタイム(夜中12時で切り上げ!)を破って街のライブハウスが集まる、いつものフェス会場周辺へ。

 で、その周辺に到着したとたん、目の前のライブ会場に若い子が並んでるのを見て、「あぁ、この雰囲気、これ、これ」とホっとしました。やっといつものアイスランド・エアウエイブスに戻れた!という安堵でいっぱい。そして、もうどこでもいいから、入れそうなところに入ったのが、グラムバールというバーで、もうガイガイワヤワヤうるさいわ、うるさいわ。スノッリ・ヘルガソンという土臭いシンガーソングライターのギグで、バーだから酒を飲んでる連中が多くて、話し声の方が大きいくらいで、たまりかねて観客から時々「シ〜!静かにぃ〜」という声が聞こえるほど。
 でも、このガヤガヤさがすごく心地よく、ハルパで緊張を強いられ続けたため、「私が慣れ親しみ、無意識のうちに求めていたのはこういう雰囲気だったのか」と、新鮮な驚き。
 
 このバーで数曲聴き、あまりにもうるさいので、どこでもいいからもう1箇所行ってみようかとNASAヘ。NASAに入り、「そうだ、今年は今回初めてNASAに来て、私がシンデレラタイムを厳守していたら、ここには来なかったかもしれないんだ」と、なんかすごく、不思議な気持ち。うーん、言葉にするのは難しいのですが、とにかく慣れ親しんだ会場なので、2日間もずっと足を運んでいなかったことが、やはり驚きなんですね。そういう意味で、一番大好きなIdnoの会場にまだ行っていないのも異常。
 
 あくまでも個人的なナニですが、ハルパは今後行かないと思います(ビョーク等の、洗練された会場に耐えられる・慣れているアーティストは除外)。というのも、フェスの雰囲気が無くてつまんない。贅沢だけど、なんというか、醍醐味とか、面白みとか、魅力的なところ、ライブハウスをはしごするという一番チャーミングなところが無いので、平たく言えば面白みに欠ける。

 もちろん、ハルパが会場に加わったことはすごくいいことだし、何度も言うけど、そこに見合う・似合うアーティストならいいんです。うーんでも、私が慣れないのかなぁ・・・。でも、アーティストも慣れてなかったよなぁ。ということは、アーティストも観客も、素敵な箱に入れられて、素敵すぎて、戸惑っているという状態。

 もちろん初めての試みなので、試行錯誤はしなければならず、来年はもっとハルパの使い方を主催者側も考えると思います。私もあれこれインプットしたいと思っているし。

 それで、NASAではアメリカのバンドがやっていて、手堅いロック・ポップ。上手に観客をのせていました。かなり満杯の会場だけど、横を行けば入り込めることは知っているので、すぐに前の方まで出て見ていました。
 グループの演奏を楽しむというよりも、会場の盛り上がりの雰囲気とか、まぁ時々酔っ払ってるお兄ちゃんが踊ってるとか、そういう感じがすごく居心地良くて楽しかった。

 それから、ハルパに行く前に、ごく短い時間ですが、オフベニューをいくつかハシゴして、それは相変わらず「このフェスは本当に素敵だよなぁ」ということに尽きる感じでした。

 次のビョークは日曜日かぁ。それ以外は、すごく魅力的なアーティスト名があっても、私はハルパには行かないことにしました。雰囲気が・・・違う。なんか・・・寒い(気温じゃないです)。私が持つアイスランド・エアウエイブスのイメージのせいも多分にあることかとも思います。でも、うーん、うーん、会場を笑顔に例えるとしたら、ハルパは美人の笑顔、街中のライブハウスは美人っていうのじゃないかもしれないけど、親しみが持てる可愛い子の笑顔って感じでしょうか。それぞれに特徴があり、個性があり、どちらが好きかというのは、個人の趣味なのでしょうね。

 そそ、ところで、初めてライヒの曲をライブで聴きました。私はスティーブ・ライヒ大好きです。演奏が始まり、すぐに『DIfferent Train』であることもわかりました。が、弦楽四重奏なので、他の部分は録音されたものを使っているのですね。電車のアナウンスの部分は仕方がありませんが。
 私には、どうも生音と、レコーディング音のギャップがすごく目立ちすぎるのと、レコーディングの部分から終始シャーノイズがあり、ミックス的にもどうしても生音が負けるようで、最後まで違和感があったのが残念。
 演奏そのものは非常によかったし、レコーディング音に押しつぶされないように、音響・ミックスをもう少し考えて欲しかったなぁ。生音が負けてたのがすごく残念でした。欲張りで申し訳ないです。

 ヴァルゲイルと交響楽団は文句なくよかったです。これは大正解だった。次のダニエル作の曲は、現代音楽バリバリで小難しいのは知っていたので、パスして夕ゴハン食べてました。で、その次が本当はライヒの演奏。

 すごく長いメモだな。ま、いいや。でも、ハルパとエアウエイブスの関係はとても大切だし、上手にあの会場を使ってほしいので、感じたことは書き留めておくべきと思ったのです。 小倉悠加/ Yuka Ogura in Iceland
 
by icelandia | 2011-10-14 12:26 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス史... アイスランドはビョークで盛り上... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム