execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ムーム、アミーナに続くアイスランド大注目アルバムRokkurro『I annan heim』
 ☆注目☆
シガーロスやビョークのコラボレーターのスタジオ見学も出来るスペシャルなエアウエイブス・ツアーの説明会は9月11日(土)が最終! 詳しくは以下のリンク先をご覧ください
http://icelandia1.exblog.jp/15090716/
***

 芸術の秋に近づいてきたせいか、ICELANDia音楽ショップにクオリティの高いアルバムが入荷してきました!

 それぞれに個性があり、アイスランド的な浮遊感やオーガニック感があり、優秀な作品ばかりですが、そんな中、私が特に気に入っている何枚かを続けてご紹介させてください。

 まず最初は高校時代の友人で組んだロゥクロウのセカンド・アルバム。シガーロス、ムームに続く存在になる可能性を秘めた、浮遊感と美しさにあふれる傑作!今年のアイスランド・エアウエイブスで大注目を! 

c0003620_0394916.jpg


 これが、実に素晴らしい!丁寧に練って作り込んでありますが、全体のトーンを保ちつつ、細かな冒険を沢山取り入れた秀作。

 以下、販売サイトにも書きましたが、ここにも掲載しますね。

 高校時代に仲間が集まり、レイキャヴィクで結成された5人組のロゥクロウ。ロックの基本バンド編成にチェロやアコーディオン、ピアニカ等が加わった、アイスランドらしいオーガニックな香りのするグループです。

 彼らがデモ盤を経て正式デビューしたのが2007年。デビュー盤『Pod kolnar i kvold....』は、高校生バンドががんばってここまでやりました!という初々しさがあり、ニュアンス豊かな音楽性とヴォーカルの美しい歌声が際立っていました。

 そして出る、出すと言いつつ、ずーっと出てこなかった彼らの2枚目のアルバムがこれ。正直びっくり。確かにツアーを重ね、ライブを重ねて、成長しているということは聞いていたけれど、ここまで完成度を高めてくるとは!

 一曲目がアルバムのタイトル・チューン「I annan heim」で、え?シガーロス?と思わせるような浮遊感。そしてそこに美しいギターやいかにもライブ感のあるドラムス、ストリングスが加わり、美しい ヴォーカルが抑えめに控えめに登場。そしてこの「控えめ」というのがこのアルバムのキーワードであるかのように、アルバム全体のトーンとなっている。

 ジャケが暗いのでよく読めないけれど、プロデュースは誰が担当したんだろう?
 
 前作よりも一層アイスランド的な空気感にあふれていて、どの曲も本当に美しい。美しい声の控えめなヴォーカルと、クラシカルで幻想的な響きのバックは、初 期のシガーロスを思わせるし、「アイスランド的」というと、多くのアーティストがこういう音になってくるのは、決して誰かの真似をしているわけではなく、 アイスランドという自然環境がそうさせるのだろうと強く感じる。

 それでも、アルバム全体が単にキレイにまとめられたということではなく、5曲目のように、時に粗野な部分も見せてくれるし、それもいかにもアイスランドらしい音階を使い、粗野な部分とドリーミーな音を重ね合わせて、独特な世界感をかもす。

  前作ではヴォーカルの声がキレイすぎて、可愛すぎて、正直持て余す感がなきにしもあらずだったけれど、このアルバムではそれがほどよく抑えられ、たぶん本 人が大人の女性になってきたこともあり、若さに艶やかさが加わり、コーラスも含めて非常に魅力的になっている。特に6曲目では、その美しい声をいかに壊す かにも挑戦しているようで、安全圏にとどまらず、よい意味での挑戦もあちこちに見られる。

 この作品は近年のアイスランド音楽の中でも、出色の出来で、私が個人的に「こういうのがアイスランドらしい音楽!」というジャンルにぴったりとはまり、 それでいて、たぶんアイスランドというニッチな音楽好きだけにとどまらず、結構広く受けるんじゃないかという要素も多分に含んでいる。

このアルバムのリリースは現時点ではアイスランド国内のみで、海外で扱っているのはICELANDia音楽ショップのみとのこと。3面見開きのデジパックで、アイスランド国内流通版(12 Tonarレーベル)。-->> http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=23316207
(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif


注目!ツアー説明会最終9月11日(土)! c0003620_346181.jpg





 ビョークとお揃いサインポスト再入荷!!!

by icelandia | 2010-09-09 23:57 | Pops | Comments(4)
Commented by 天田晃司 at 2010-09-13 01:06 x
 今回ご紹介されたCDも欲しいなあ。
 余裕があったら買いたいです。
 前回のおすすめを今のところ聞いています。
 何か心地良いですよね。
 アイスランド音楽って。
 小倉さんはどんな風に聞いてますか?
 俺はパソコンのスピーカーから、環境音的に流す感じなのですが、何か再生機器も工夫されてます?
 まあ、良かったらお答え下さい。
 それでは~。
Commented by icelandia at 2010-09-13 23:22
天田さん、いつも有り難う御座います。本当は超音がいいスピーカーで密やかにBGM的に聞いたり、特に爆音で聞いたりするのが理想ですが、現実はそこそこのコンポでテキトーに聴いています。
CDを引っ張り出すのが面倒だと、iTunesからパソにつないだ小さなスピーカーから出すことが多いです。
つまんない答えでごめんなさ〜い。
Commented by 財津 奈保子 at 2010-09-14 14:54 x
すごく聞いてみたいです。ジャケットも美しいですね。ベン・フロストもずっと欲しいのでお給料日がきたら併せて買います!
これからも楽しみにちょくちょく拝見させてもらいます。お身体ご自愛下さい~。
Commented by icelandia at 2010-09-24 20:11
財津さん! コメントの掲載承認をしたのに、お返事を書き忘れていてごめんなさい><  Rokkuroは初回入荷分すぐに売れ切れてしまい、今取り寄せているところです。ベンは衝撃てきです!季節の変わり目なので、ぜひご自愛くださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 小倉悠加のICELANDiaT... シガーロスやビョークのコラボレ... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム