execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ヨンシー&ニコ・ミュリー、特別長編インタビュー(その2) :『GO』の制作秘話満載!
 前回に引き続きICELANDiaブログは、 ICELANDiaの母体であるアリヨス・エンタテイメント(社員私ひとり・・・)の創立7周年を記念し、初ソロ・アルバム『Go』を発表したヨンシーと、アルバムのアレンジを担当したニコ・ミュリーの特別長編インタビュー(その2)をお送りいたします。その1はこちら。

c0003620_15111155.jpg Grapevine
http://www.grapevine.is/home
Nico And Jónsi GO ALL IN! (記事の英語原文)
http://grapevine.is/Features/ReadArticle/Nico-And-Jonsi-GO-ALL-IN
Words by Haukur S. Magnússon
Photos by Lilja Birgisdóttir and Ingibjörg Birgisdóttir.
Translated into Japanese by Yuka Ogura

この記事はアイスランドの英語情報誌Grapevineに掲載されたもので、 ICELANDiaは許可を得て翻訳・掲載しています。英語記事の著作権はGrapevineに、日本語訳は小倉悠加にあります。

ツイッターで質問があったので、こちらにも記しておきますね。
・ニコ・ミュリーはゲイです。
・ニコのソロ・アルバムはこちら。
・ヨンシーがニコのアレンジに注目した作品、サム・アミドンのアルバム『All is Well』はこちら。

***

ニコとヨンシー『GO』の全てを語る
ーーそこにグレープヴァインも同席!
Nico And Jónsi GO ALL IN! ...and Grapevine got to sit in!

前回分(その1)はこちら
互いから学ぶ

ーーなるほど、そうやって知り合ったんだ。論理的に考えると次の質問は、仕事で時間を共有したわけだから、そこで互いに学んだことは?

ヨンシー(以下J):どんな意味で?一般的にってこと?人生で役に立ったとか、実質的なこととか?アレックス(ソマーズ。アメリカ人ビジュアル・アーティストであり、ヨンシーのボーイフレンド/コラボレーター)はいつも僕に「君は人生に長けてるよね」と言う。実質的な意味でなんだけど、僕は日々の細々したことに時間をとらない。彼はいつもノンビリとシャワーを浴びるけど、僕は5分でシャワーの外に出る。メール返信する時も、「イエス」か「ノー」で済ませる。合理的にってことさ。ニコも似たようなところがある。くだらないことは省く。
ニコ・ミュリー(以下N):僕が学んだのは、クラシック・ミュージシャン以外とやる時はいつもそうだけど、音符が読めない人との仕事だから、自分のアイデアの良き支持者になることだ。楽譜を送って、それが最高のひらめきかどうかを尋ねてまわることはできないから、自分のアイデアを理解してもらえるようなボキャブラリーを捻り出す必用がある。
J:すべては響き(サウンド)だからね。
N:そう、ドゥン・ディディ・ドゥン・ディディっていうサウンドを思い描いて、それを言葉で分かってもらう必用がある。結構いろいろと送ったり、送り返されたりをやった。それが一番大きな学びだ。自分の頭の中に少し入りこんで、 どんな風に音楽を見てるのかっていう。
J:ニコ・ミュラーですごく僕が驚いたのは・・・
N:モッレルだろが!
J:そりゃ最高のラスト・ネームだ。ニコラス・モッレル。ヘルガ・モッレルみたいで。とにかく、一番よかったのは、彼がクラシック音楽の世界出身であること。僕はいつもクラシック音楽人や音楽学校に対して疑念を持っていて、ものすご〜〜〜く退屈だと思っていた。ニコの一番好きなところは、とても自然だということ。それが一番の驚きだった。彼はラップトップとミディを持ってきて、アルバムのサウンドそのものだった。あれは楽しい時間だった。僕のアパートに二人でこもって、二晩で5曲のアレンジをした。
N:あれは面白かった!
J:その通り、それがそのままのアルバムのサウンドになってる。楽しい!
N:クラシック作曲家としては、作曲したものを常に用意している必用がないのがすごくよかった。作曲の依頼を受けると、いつもなら何日もかけて、しょうもないことを捏ねくり回して複雑怪奇にする。でも今回は、君のリアクションを見ながら、ずっと自由に流れることができた。
J:どんな音楽もそうあるべきだ。
N:確かにそうだけど、それでも、クラシック作曲家の僕としては、いろんなことを考える時間があることを大切にしている。もし誰かから作曲依頼を受けたら、一年かけてその曲についてを考えてみたい。クラシック人間の生活のスキームの中に、 それは来ては去っていく。 例えば、僕はオペラを2年間書いているし、これからまだ半年は書き続けると思う。
J:そんなのどうやるんだい?全然理解できないよ!ピアノとかチェロの曲・・・君はピアニストでもあってピアノが上手い。それでもチェロのパートを考える?どうやってアレンジってするの?ヴォーカル・ラインみたいに考える?
 僕は幼い頃から音楽を始めて、13歳でギターを演奏し始めた。そしてすぐに自分の歌を書くことにした。というのも、他の人が書いたものを覚えるのが苦手だったから。最初にやったのが、歌いながらギターを弾くことで、この二つの存在を調和させて、ギター演奏と自分の声を使ってメロディを生み出すこと・・・っていうのがどういう風に成り立つのかは分かってる。ベースラインがあって、メロディがある。それはいいんだ。でも僕が分からないのは、他のいろいろな楽器があり、それをどう全部調和させていく作業を、頭の中でどうやっているのかってこと。



何も考えないということ(そして互いを愛するということ)

N:自分の声にぴったりの曲を書くことに関しては、君は天才的だ。
J:苦もないし自然に出来あがる。オーケストラのアレンジを全部やるって、いったいどうやるの?たくさんありすぎない?度を超えてると思う。絵の具のパレットみたいな感じに見えたりして?
N:こんな風に考えるのが好きなんだ。「これをやる分数の間に、どんな感情に訴えられるか」と。例えば12分間のオーケストラがあるとする。その12分間の間に何が起こるだろう?旅行へ行ける?散歩ができる?物語を語ることができる?
J:それは僕と違うね。僕は全く何も考えないから。

ーーそれを見出しにしよう。「僕は全く何も考えない」

J: 自分の直感しか頼っちゃいけない。そして曲を書くだけ。それが悲しいか、楽しいか、アップテンポか、スローテンポかなんて、考えちゃいけない。ごめんよ。僕は君が出た学校環境とか、クラシック界出身ということに興味があるんだ。ジュリアード音楽院出身で、10年間もいろいろな形式とか、そういうのを学んできただろう。音楽って何だと考えている?自然発生的なもの?
N:音楽は我を忘れるプロセスだ。学校は、特定のことをどうやってやるかという技術を学ぶに過ぎない。
J:その通り!そういう風に考えるのが正しい。
N:学校で得ることは、考え方を学ぶのではなく、縫い方とか、弦の切り方とか、そういう実技だ。実質的で機械的。学ぶことができるし、実際に学んでいく。時には、いかに自分のアイデアに焦点を当てるかということを教える教師もいる。僕は何をしている時でも考える最大の問いは、僕がいまやっているこれは、沈黙に勝るのかということ。
J:僕がいつもクラシック作曲家やクラシック界の人と議論するのは、彼らのやっていることが、いかに型にはまりきって見えるかということ。彼らはよく学び、それを身につけたために、クラシックの作曲法という穴に陥る。でも君は違って見えるよね。すごく若いし、いろんな種類の音楽とやるのが好きだし。寛大というか、広いというか、幅があるというか・・・。
N:音楽はいかなる時も我を忘れるプロセスでなければならない。そういうものなんだ。
J:なぜいろんなジャンルでうまくやれるんだろう?普通は純粋にクラシックだけとか、純粋にアヴァンギャルドだけってなるだろう。
N:正しい心構えがあれば、何でも出来ると思う。旅行みたいなものさ。どうやったらアイスランドと、ニューヨークと、ロンドンとで、生活ができるのか。音楽ジャンルを国にたとえて考えれば、ジャンル超えは簡単になる。誰だって小便はするし、食事もとるし、メニューはあるし、「こんちわ」って言う習慣もある。ジャンルなんていうのは、存在しないと考えるようにしてる、本当に。僕にとっては、音楽全般のスペクトラムが、大きなシェンゲン協定地域だ。
J:それはいいね。僕も全くそれが真実だと思う。
N:ジャンルなんていうのは、例えば君の母親がインド人で父親がアイスランド人。家族はニューヨークに移住し、若き夫婦は何とかうまくやっていこうと、夕食も作れば、子供もいる、そこへ来る人はその家族がフュージョン(混合)だと言う。「インドとアイスランドが出逢うって感じの食事ですね」とか。でも、その家族にしてみれば、「いえ、子供達のためにこれを作るのが好きなだけ」と。
 例え事前に曲のことを考えたり計画したりしていても、僕にはこれが自然なプロセスで、それがどのジャンルか、またはどのジャンルではないのか、なんてことを結論づける前にやめてしまう。
J:それは重要だね。
N:公平のために言っておくけれど、全てのジャンルから得ることがあるのが楽しい。計画を練ることはポップ・ミュージックの醍醐味でもある。基本は自然発生かもしれないけど、その後にもいろいろな仕事が待っている。いわゆるポスト・プロダクションというやつだ。だからポップ・ミュージックでは、音楽が録音された後の何ヶ月間も、大勢の人がそういったことを考える。録音の上にまた録音を重ねることもあるしね。一方クラシック音楽では、音符をそのまま演奏する。
J:なるほど。
N:ニュー・アルバムのトラック・ダウンが終わった後のことも、トラッキング中と同様に重要なことだ。曲目の順番を変えたり、曲をカットしたり。クラシックの世界では、仕事は全部事前にやってしまう。
J:確かにそうだね。クラシックのミュージシャンが曲を書き、録音しようなどとは考えない。録音とは、単なるドキュメンテーションであり、楽譜に書かれている通りを録音し、それを出版する。僕らとは違うね。僕らはストリングス、ブラス、木管を別々に録り、間違えれば後から切り貼りしたり、やり直したり・・・。
c0003620_13332361.jpg

余白を残しておく

N:アイスランドを訪れて、ヴァルゲイルと仕事をすることが、僕の最大の興味だった。彼は「アルバムを作ったらどうだい?」と言ってくれて、僕も「それはいいアイデアだ」と。アルバムを制作は僕にとって革命的なことだった。そういった仕事方法を身体に覚え込ませること、前後のことを考えてやることがね。その前の僕は、文字通り奇妙な立場にあり、自分の音楽の記録といっても、1998年の演奏のライブ録音しかなかった。それも、誰かがカセット・テープで録音したものだった。ヴァルゲイルはそれをスタジオでやってみてはどうかと僕にアプローチしてきて、録音後に手を加えることができた。それは素晴らしいアイデアだと思った。
J:クラシック曲をレコーディングしたのはいつ?それを書きとめて、すべて完璧に音符にするわけ?ミュージシャンが演奏し、ヴァルゲイルが録音し、その後に君が全部あれこれ変更する、と?
N:そうだね、全部。
J:全部ってどういう意味?メタクタにするってこと?逆回しとか?パーツに変更を入れる?
N:そうだけど、それほど大げさなことじゃない。ヴァルゲイルと作ったアルバムの2枚とも、彼が好きにできるスペースを空けてもあった。ある曲には、音声とベースの間に大きな穴があり、そこを彼が担当して埋めて、楽しくやってもらえれば、ということ。事前に熟考しすぎた場合にはやらないような物事を組み合わせることもできる。徐々にだけど、そういった変化が作曲家に起こりつつある。ダニエル・ビャルナソンのアルバムはいい例だ。熟考し、完璧に音符化されている一方、ある意味ポスト・プロダクションの信条にも従っている。
J:それがニコの最高の長所かもしれないね。エゴに欠けているところが。彼の仕事で、エゴ丸出しな部分は全くない(笑)!エゴ・ミュラー!
N:おかしなものさ。「あの部分がカットされたら、悲しいよなぁ」なんて思ったこともあった。でもラッキーなことに、そういったところは一つもカットされなかった!

スティングとヨガと金銭について

J:彼はスタジオに来て、エンジニアの側に座り「そこのフルートの音量をもっと上げて!」なんて指示してた。僕は「最悪!ミックスの時はこいつが居なくなってますように」なんて思った。
N:僕はただ、提案したことを完璧な状態で君に手渡したかった。そうすれば、君がいじくり回したとしても悪くないだろう。僕がポップ音楽に対してゾっとすることは、録音の質がよくない音楽や、演奏自体がダメなものがあること。最悪なのはストリングスで、特にシンセのストリングスは最悪。
J:スティングがシンセ・ストリングスを使ってる。ありゃ一体なんなんだ?
N:まったくだ。彼なら金はあるだろう。
J:彼は金持ちだしヨガもやる。なのに本物の弦を使わない?奇妙だ。
N:ストリングスのサンプルというのは大きな問題だ。現在のポップ・アレンジメントの大半は、本物のストリングスではなくサンプラーで作られている。聴いていてつまんないし、響きが貧弱だし、ヴァイオリン奏者の多くが失業だ。何にせよ、僕は君に手渡すこと音楽が間違いなくトップ・クオリティであることを確認したかった。
J:マジに、デモはすごく音がよかった。
N:レコーディングもそうだった。このプロジェクト用に、高価な演奏家を雇うことに僕はアグレッシヴだったから(笑)!
J:分かってたぜ!(ニコをにらみつける)
N:それを僕から感じたか感じなかったかは分からないけど、僕と同じような姿勢を持ち、気持ちよく仕事ができる人とやることは大切だと思った。その方が仕事自体が楽しいプロセスになるから。
J:確かにすごくクールだった。ニコにはお気に入りの演奏家のグループがあり、彼が気に入っていて、仕事も申し分ない人達だ。ニコが彼らを呼び、ダンキン・ドーナッツとコーヒーで、レコーディングを膨らませた。ニコが彼らにキッチリとムチを打ったってこと。
N:信頼できる演奏家と仕事をすることは重要だ。
J:指揮者であれば尚更だ。人を一束にして指揮する必用がある。そういう演奏者はコントロールをされるのが好きだから、君がコントローラーだ。彼らをコントロールし、面白おかしく楽しくやりながら、彼らをうまく操縦しながら物事を納めていく。そういう君のクオリティは凄いと思う。
N:彼らを個人的に知っていれば助かる。ぶっきらぼうで最悪な言い方をしても、そのまま放置しておいて大丈夫だ。
J:知ってる。君はいつもきっちりとムチを握っていながら、全般を緩めることに成功してる。
N:指揮はヒドイもんだ。若い指揮者なんて最悪。君のアルバムではそれほどビビりはしなかったけど、映画音楽なんかを指揮する時は・・・。
J:どういうこと?
N:大丈夫さ、お嬢ちゃん、どぅあ〜いじょうぶ。やれるなら証明してみろ、みたいに、みんな厳めしい顔して僕を見る。イギリスは特にもがきにもがく。だってイギリスはイギリスだからね。
J:彼らは年老いた巨匠がいいわけだ?
N:そう、年老いた巨匠でなければ、才能を輝かして優位に立ってみぃ、みたいな。イギリス人はホントに最低。クレイジーだ。花火のように僕がそこに現れて、指先からレーザー光線を出して、「そこの彼女、床にひれ伏してチェロを弾きなさい!」みたいなのを彼らは望む。全く(笑)。だもんだから、口八丁になり、彼らを動かしていく。30歳を超えるのが楽しみだ。

ネガティブなレビューについて

ーーニコ、君のウエッブサイトでは、批判的なレビューしか読んだことがない。ほとんどが、君が若さに腹を立てているような感じだし・・・。

N:悪い批評しか載せてない。クラシック系のプレスでは問題点ばかりを書き立てられる。僕が何をしようと彼らは気に入らないんだ。でも、プレスなんて二次的なものだ。
J:僕も初期の頃に、自分の作品に対しては何も読むなっていうのを学んだ。ニコはきっとまだレビューを読んでいるんだね。僕は何も読まないし、自分のサイトも何も見ない。昔のシャボン玉の中で生きなくちゃならない。

ーー最後にレビューを読んだのは?

J:10年くらい前かな。NMEはシガーロスが大好きだったから。そのバンドをこき下ろして壊す前に褒め殺しをするから。最初にイギリスへ行った時、すごくバンドを気に入ってくれてた。その一年後に行った時のレビューは「シガーロスは全くつまらない。ステロイドを打たれたピンク・フロイドのようで、ものすごくつまらなくて長ったらしい・・・」。僕は「ふーむ」としか言えなかった。
N:僕は悪い評価から学ぶことが多い。時には自分自身に関して最悪のことを突かれるからね。
J:でも、僕が一切何も読まないのも、不公平かも。友だちからの批評は聞くし、ボーイフレンドのアレックスは手強い評論家で、何かどういけないのかってことを的確に言い当てる。たまたまその日の虫の居所が悪くて、何でもかんでも悪く書く赤の他人のレポーターなんかじゃなくて、自分の友だちからの言葉なら聞ける。そうだろう?
N:極端にひどいレビューは受けたことがないなぁ。意地悪なレビューやネットのコメントはあるけど、自分でも考えなかったことじゃないし。でもそれは、ゲイの単なる自己嫌悪かも。最悪な書かれ方をしたことでも想定内だったから、それはそれでいい。批判もどこか一貫性があるような気がする。(次回に続く)(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif


 c0003620_23365679.jpg



 ビョークとお揃い!サインポストが人気!!







  
アイスランドで大人気!プレゼントに最適!
c0003620_2575895.jpg

by icelandia | 2010-04-13 13:41 | Pops | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シバノ・ジョシア写真展(アイス... アイスランド経済崩壊レポート2... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム