execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!
 ICELANDiaの小倉は、日本に住んでいますが、今はアイスランドに来ています。本格的に仕事に突入する前に、時差に体を慣らしたかったこともあり、一足先にアイスランドに来ています。誰よりも一足先?というのは、7月末頃、お知らせできる予定です。

 さて、今は夜11時半。家の前の写真を撮りました。まだこんなに明るい!
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8302880.jpg

 夜の9時半に食事をした時はもっとこんなに明るかった。地元で買ったレトルトです。味はそれほど悪くなかった。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8314281.jpg


 本日(2009年6月27日)は郊外へ出ました。ちょっとしたアクシデントがあり、あまりいい話ではないので、その件は最後に書きますね。アイスランドへ個人で旅行へ行かれて、ツアーに乗る予定の人は知っておいても悪くないかもしれません。
 
 天気はとてもよくて素敵な一日だったので、まずは写真をお裾分けしましょう。まず最初に寄ったのが、ヒャルパルフォスという滝。ここは去年のソトコトの取材の時も寄りましたが、誌面には載らなかった場所でした。ルピナス(紫の花)が満開で、とてもシックでキレイ。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8331518.jpg


 そしてルピナスばかりではなく、他にも花がたくさんあって、どの花もとても可憐で思わず写真に撮りました。ちなみにルピナスはアイスランドの花ではなく、土壌を作る強い植物として、土壌改良のために海外から輸入されてきた花です。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8373786.jpg

アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8375655.jpg

アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8381718.jpg

アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8384217.jpg

アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_839726.jpg


 こんな場所をひたすら見ながら四駆でしか絶対に通りたくない悪路を進みます。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_841223.jpg

 川の中にもはいっていきます。なので、ここは基本的には夏の短い時期しかオープンしていないません。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8421143.jpg

 おぉ、すごくきれい!天気も最高!
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8433758.jpg

 こんな風に板張りの歩道があり、その先へ行くと
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8451520.jpg

 究極の露天風呂?ここは本当の温泉です。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_847252.jpg

 前に見える景色はこんな感じ
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_8482075.jpg


 とにかくキレイな場所でした。
アイスランドの究極天然露天風呂?!風光明媚、今日も晴天!_c0003620_994653.jpg

 
 結果的にはそれはいいんだけど、ツアー会社のピックアップが1時間も遅くて、やっと迎えに来たと思ったら「そのツアーのバスは40分前に既に出発した」とのたまう。キチンと迎えに行ったと主張するけど、それではなぜ7人も同じ状況の客がいるわけ?それに、その7人の誰もが交互にツアー会社の本部に電話をかけて、確認しているにも関わらずです。まぁアイスランドなので仕方がないとはいえ、そういう状況なのに「申し訳ない」の一言もなく、「出てしまったバスは止められない」だの(それが事実だとしても)、窓口の態度が悪い!

 それでも窓口で粘った人は何とかなったけれど、何とかするのであれば、最初から「何とかするよう努力いたします」と言えばいいのに、「あなたは今、ハッピーじゃないから話したくない」だの、「あなたと議論したくない」だのは言わないこと。客の心証を悪くするだけで、「終わりよければ」とはならない。これは感じが非常に悪いので、観光局及びツアー会社に後日報告します。
 アイスランドはこういう点をインターナショナル・スタンダードにする必要があり、そうじゃないと苦情対象になって、ツアー会社としても損になることでしょう。

 私はガンとして譲らなかったから何とかしてもらえた感じだけど、返金に応じた人や、理解できない言語のツアーに乗った人もいたみたいなので、不本意だったことでしょう。ツアー会社の名前は出さないけど。

 そんな訳で久々に一般のバス・ツアーに乗ったけれど、なんか感じがよくなく、やっぱり自分で回ったり、知り合いといっしょに行こうと思いました。
 日本の旅行代理店が手配するものは、日本の基準で厳しく物事を行うようにしているので(少なくともそのような努力は最大限にするので)大丈夫です。アイスランド的なゆるい物事には慣れているとはいえ、今日の出来事はさすがの私も納得できてない感じです。観光産業が大切なのであれば、苦情処理のクオリティを上げましょう。その前に、ちゃんとピックアップに来て、居るはずの客がいないと思うのであれば、できることを最大限にしましょうということ。私なんて、アイスランドの地元の携帯番号持ってるし、それを連絡先として明示してあるんだから、携帯に一報を入れればすぐに分かったことでしょう。(小倉悠加 / Yuka Ogura)


2008年アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家ジュエリー↓
 





  アイスランドの音楽がいっぱい!↓

by icelandia | 2009-06-28 09:12 | アイスランドってどんな国? | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ICELANDia1/tb/11837948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Toru at 2009-06-28 12:00 x
僕、レイキャビクから外に出た事無いので、一度こういうツアーにも乗ってみようかと思っていたのですが、そんなことが起きるとちょっと困りますねぇ。
粘り倒したYukaさん、Good Job!
Commented by icelandia at 2009-06-28 23:13
Toruさん、特殊なケースだとは思いますが、対応の仕方次第で印象が変わるので、それをアイスランドの旅行会社に学んでいただけるといなぁと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ノンビリの日曜日、博物館もビョ... 6月26日のアイスランドは絶好... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム