exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
星空へと続くよ
ホ二人旅
ホフディラン成人式

全てが楽しく過ぎて行きました

その間にも、ラジオ新番組が始まったり、初のレシピ本が出たり
ももクロから松木安太郎さんまで、今まで会ったことのなかった本当に沢山の人たちに会ったり
日本中で沢山のファンと過ごしたり

全てが楽しい日々

これからも旅は続きます
しぶやからほしぞらへ

さあ新曲でも作るか

☆☆☆☆☆☆☆
小宮山雄飛 初ソロライブ
ほしぞらとポップの音楽会
追加公演 チケット7月5日発売
http://hoff.jp/e/solo/
☆☆☆☆☆☆
f0146268_14380100.jpg

# by yuhiblog | 2016-07-04 14:44 | 軟式LIVE | Trackback
初のソロライブについて
このたび、初のソロライブをやることになりました。
ユウヒーズもBANK$も、実質的にはソロプロジェクトではあったけど(ユウヒーズは堀内順也とのユニットだけど)、小宮山雄飛という名前でソロ活動をするのはこれが本当に初めて。

ホフディランにしたって、制作の場では、実はお互いほとんどソロに近いような状態で作詞作曲からレコーディングまですることもあるのですが、それでもやっぱり個人の名前でやるのとは全然感覚が違います。

これってほんとに面白いことで、やる側もそうですが、見る側・聴く側も個人の名前なのかどうかでがらっと印象が変わるでしょ。
バンドマジックってほんとあるんですよ。

ただ、それと同じようにソロマジックというのもある気がするのです。

そのアーティストが、直接自分に語りかけてるような感じというか、より親密になれるような関係性がソロ(しかも本名の)活動にはある。

そう考えると、僕が今まで完全なソロ名義では活動してこなかったのは、逆の意味で、作品を作品として届けたかったというのがあったからだと思うのです。

一旦曲が出来上がって時点で、それはもう曲という一つの人格であり、小宮山雄飛のものではないと。
そして、その曲を皆さんに届けた時点で、養子に出すっていうのも変だけど、もう皆さんのものだと思うんですね。聴く人それぞれが、自分の解釈、自分の気持ちをそこに乗せてさらに育てていくもの。

だから小宮山雄飛という個人の名前よりは、バンクスであればユウヒーズであれ、抽象的といいますか、僕個人ではない中立的な立場の名義にする方が、曲がより自由になると思うのです。

でも、7月でデビュー20年を迎えるにあたって、ここらで小宮山雄飛が直接皆さんに語りかけてもいいのかなと。

ポップをみなさんと共有する方法として、グループ名を介さない、僕個人から皆さんになにかを届ける。
そしたら、僕自身も同じ受けてとして、星空の下の環境を共有できるんじゃないかなと。

そんな想いで、20周年にして初めてのソロライブを行うことにしました。

これでまた、僕自身も音楽との関わり方が増える気がしていてワクワクしてます。

星降る夜に逢いましょう!

**********
「ほしぞらとポップの音楽会」
出演 小宮山雄飛
コスモプラネタリウム渋谷
8月29日(月) 18時開場 18時30分開演
前売り当日 ともに 4800円
小宮山雄飛、初のソロライブ!
ホフディラン、ザ・ユウヒーズ、BANK$、様々な形で音楽活動を行ってきた
小宮山雄飛が、自身初となるソロ名義でのライブ開催決定!
場所は小宮山雄飛の地元・渋谷。
渋谷区文化総合センター大和田にある『コスモプラネタリウム渋谷』、プラネタリウムの星空と小宮山雄飛のポップの特別なコラボレーション公演です。
ホフディランの楽曲はもちろん、ソロ名義での新曲も演奏予定。
星降る中で奏でるポップソングの数々。
ファンならずとも注目の公演です!

http://hoff.jp/e/solo/
# by yuhiblog | 2016-06-23 23:26 | 軟式音楽 | Trackback
旨い!家カレー
僕のカレーレシピ本がついに出ました!

その名も
「旨い!家カレー」

インドカレーからカレーサンド、納豆キーマにカレースパまで、家で作れる簡単で美味しいレシピを惜しみなく詰め込みました。

さらにカレーにまつわるコラムや対談も掲載、読み物としても楽しめる作りになってます。

料理上手な人もそうでない人も、この夏はこの本を片手に、家族や恋人や友人に、旨い家カレーを作ってあげてください。(もちろん自分用にもね!)

最高の味を、僕が保証いたします。

f0146268_16173798.jpg



f0146268_16202163.png

# by yuhiblog | 2016-06-20 16:25 | 軟式グルメ | Trackback
行くぜ島根!
POP!

いよいよ明日、久しぶりのホフディラン島根公演ですが
島根はマネージャーの地元ということで、今回も地元の方々が色々と盛り上げる企画を作ってくれました。

20日発売の僕の初のカレーレシピ本からのカレーも食べれます!

とにかく楽しくなりそうなんで、みなさんぜひ!

f0146268_865975.jpg

# by yuhiblog | 2016-06-10 08:08 | 軟式LIVE | Trackback
ブログを書こう
POP!

久しぶりにブログを書いてみましょう。

最近ね、ツイッターとかインスタとか、色々あるからね、なんか改めてブログを書こうと思ったら、感覚的にどうやってたか忘れちゃってるんですよね。

さらに、おかげさまで連載とかレギュラーが実はけっこうやってまして。
<TV>
BSフジ 東京会議
<ラジオ>
TFM TOKYO ON GOING
<ポッドキャスト>
こむぞう
<WEB番組>
シコウヒンTV
<雑誌連載>
東京カレンダー
UOMO
FILT
ケトル
<WEB連載>
Yahoo!ライフマガジン
渋谷区ウォーカー
<トークイベント>
小宮山雄飛があの人と話す会

これに加えて、毎月単発でなんらかのラジオや雑誌企画なんかがあったり、もちろんホフのライブのMCでも色々話すしね、正直、言いたいことややりたいこと、もう全部出しちゃってるわけですww

それこそ、こむぞうなんて毎日喋ってるからね、考えてみれば40代の男3人がよくも毎日話せるよね、どんだけ仲良いんだって感じですよ。


ただ、これだけ連載や番組をやらせてもらいつつも、今できてないなと思うことがあって。
それは、ファンの人、リスナー、お客さん、、、、呼び方は色々ありますが、要は皆さんともっとコミニケーションを取れる場がないかなと。

今やらせてもらってるものって、どれも、どちらかというと、僕の方から一方的に発信するようなものなんですね。
「小宮山雄飛があの人と話す会」なんかは、距離的にはすごく近いとこでお客さんと一緒にいますが、でも基本的には僕らが出演者として話して、お客さんはそれを聞いているという関係ですよね。

僕はドリフで育ってますから(笑)、基本的にはそういう作ったものを見てもらうみたいのは好きなんですね。
アドリブやハプニング的なものよりも、しっかり作ったショーをしっかり発表するというか。
作品や番組、ライブに限らず、コラムなんかも基本的にはそういう姿勢です。

ただ、それと逆に昔のオールナイトやアクロスでやってたような、リスナーのハガキ(今ならメールでしょうが)にどんどん反応して、コミニケーションとりながら、最終的にどこに落ちるか分からない、みたいな作り方もすごく好きなんですね。
(変なリスナーとかが来れば来るほど、ツッコミがいがあって、むしろテンション上がります)

そういうのが今はあまりない。

そういえば、昔ホフディランで雑誌の連載で「キミのカオ」ってのやってて、読者から写真を送ってもらって、似顔絵を僕らが描くっていう。
普通音楽誌って、ファンがミュージシャンの似顔絵描いて送るんですが、逆にミュージシャンがファンの似顔絵を描くという、ほんとバカらしい企画ですが、ああいうのでも細かく読者とのやりとりがあったわけです。

今週末から本格的にホ二人旅が始まるので、個人的にはそんなコミニケーションの場になったらいいなあとも思ってます。


そして、こんだけ連載などやりつつも、まだまだやりたいことが沢山あるので、出版社の方、ラジオ局テレビ局の方、どうぞお気軽に声をかけてください!

日本をちょっとHAPPYにするような
楽しいことを一緒にやりましょう!

お仕事・企画などのお誘いはお気軽にこちらからどうぞ
https://gaw.sakura.ne.jp/form/
ファンの人もねー!


チャオ

f0146268_17185275.jpg

ニューヨークの高架下のような、実はディズニーシーにて。
# by yuhiblog | 2016-05-04 17:19 | ブログ | Trackback
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。