exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
新曲!

POP!


映画の中へと雨あがりの夜空にがリリースされました(聴いてくれてる?)


映画の中へは、僕の中で本当に大切な作品で、それゆえに(僕の悪い癖で)なかなか完成にこぎつけず、松竹の映画館でさんざん流れていたにもかかわらず、これまでリリースされないでいました。

お待たせしてごめん!


本当に好きな楽曲になればなるほど、レコーディングに万全の体調でのぞみたいとか、もっとよくなるアレンジがあるんじゃないかとか、歌詞はこれでいいだろうか?とか、そういう欲が出てしまい、結果なかなか手をつけられなくなることがあるんですね。

勢いで録って、さくっと出すことができない。


みなさんにとっては大変残念なことというか、逆に安心して欲しいことというか、僕の中にそんな曲がまだまだあるんです。

僕の中では90%出来上がってるけど、まだ誰にも聴かせてない曲が何十曲もあるのです。


そういう曲をわりとさくっとやれるのがライブなので、ご存知の通りライブでは披露したけど作品になってない曲も、ホフとソロとバンクスなど含めると、それだけですでにアルバム1枚は充分作れるくらいストックはあるんですね。


今覚えてるだけで、ライブではやったけど出てない曲が


夜を越えて

珈琲

心はキミのそばにある

また逢う日まで

星空とポップの音楽会

キミは星

日が良い

乙女の涙

ゆらいだ~ずおんざすとーむ



う~ん、やっぱすごいあるねー(笑)

そしてこれらの曲、ほんと全部好きなんです。


ということで、そろそろそれらを出す時期だぞ!と。

その第一弾がこのシングルということです。


7月2日のライブを終えたら、7月3日からは新たな20年の始まりです!

めくるめく新曲たちで、皆さんとさらなるPOPな日々を送れればと思っている次第です。


ということで、ひとまずシングルとライブ、よろしくね!ってこと。








# by yuhiblog | 2017-06-26 11:52 | ブログ
母の日を前に
POP!

最近、とても幸せだなと思うことは、僕が子供の頃に父と母が僕に言っていたことが、ことごとく正しかったんだなと思えることです。

小学生・中学生の頃に親から言われたこと

当時は「はいはい・・・」なんてちゃんと聞いてなかったことが、今自分が当時の親と同じ年齢になって初めて、あれ全部正しかったな、と思えるのです。

それはつまり、自分というものに対しては
「あんとき、親の言うことをもっとちゃんと聞いてれば・・・」
という反省でしかないのですが
でも、その逆で「親の言うことなんか聞かなきゃよかった・・」なんて思うよりは、親が自分に言ってくれてたことが全部正しかったと思える方が100倍いいわけです。

学校も会社も変えることはできるし、友人や恋人も出会いや別れがあるでしょう。
でも親だけは変えられないのです。

その親を心から尊敬できるというのは、たぶん一番幸せなことなんじゃないかと。

今度の日曜は花を持って、両親に感謝に行きたいと思います。

f0146268_08303315.png

# by yuhiblog | 2017-05-12 08:39 | ブログ
ホフディラン×サニーデイ・サービス 最後の晩餐!
POP!

デビュー20年にして、ついにサニーデイと対バンします。

イベントなどあちこちで一緒になることも多い我々ですが、しっかりどちらかの主催ライブで共演というのは実は20年間一度もないんです。
唯一あるのは、デビュー前に立教大学のサニーデイ出身のサークルのイベントに誘われた時。
サニーデイ、ヒックスビル、ホフディラン、かせきさいだぁの4組。
そもそも、それが僕らが始めて出会った日なのですが(僕はできたてのユウヒビールのデモテープを「聴いてください」と渡した)、それもサニーデイ主催ではなくあくまでサークル主催だったので、本当に対バン形式での共演はこれが初!

そんなわけで僕らの中でも、いつか一番良いタイミングでやりたいと、宝物のようにおもちゃ箱の奥の奥にずっととっておいた組み合わせ。
たぶんその前にもイベントやプライベートでも会う機会があるだろうけど、やっぱり対バンは全然別物、今からワクワクしています。


さらに名実ともに今日本一のラーメン屋と言われる『蔦』の大西シェフが、僕と田中くんと一緒にカレーsobaを作ってくれるという、これもほんとにスペシャルな企画が実現。

20年の想いがしっかり詰まったライブ
ファンの皆さんも20年の色々な想い出を持ち込んで、でもお腹はすかせて遊びに来て下さい!

ということで、すでにお願いしたとおり、あなたの7月2日、そして2017年をホフディランにください。
悪いようにはいたしません。

f0146268_16283259.jpg
http://hoff.jp/e/h20/



# by yuhiblog | 2017-03-06 16:53 | 軟式LIVE
ついに出た!新 酒場入門
ついに出ました。
初の居酒屋紹介本『新 酒場入門』共著の黒木ユタカのイラストが最高な、まったく新しい酒場本です。
f0146268_21541289.jpg
から始まって、責任編集をつとめた
そして今回の

この3冊を僕の中ではライフスタイル3部作と位置付けてます。
それは、それぞれが単に
・カレーレシピ
・渋谷案内
・居酒屋紹介
の本ではなく
新しいライフスタイルの提案にしたかったのです。

料理なんてまったくやったことなかった人が、初めてカレーを作ってみて、なにか新しい生活の楽しさを感じてくれたり
渋谷という最先端の街の過去や未来、そしてそこに住む人や働く人たちの文字どおり生活=ライフを通じて、新しい生き方を発見したり
酒場という、これまた日々の生活の中にある、もう一つの世界に足を踏み入れることで、人生の幅が広がったり。

そういう、新たなライフスタイルを提案することが、3冊通じた一番の目的なのですね。

通常のレシピ本・観光案内本・お店紹介本には入ってない、コラムや対談などの読み物をあえて沢山入れてるのも、そういう理由です。
極論で言うなら、3冊全部買ってくれた人が、カレーを1皿も作らず、渋谷に興味もなく、居酒屋に1軒も行かなかったとしても、読んだことでなにか新たな生き方のヒントみたいなものを得てくれたら、それでいいんです。

音楽でもラジオでもテレビでも、そして書籍でも、僕のやれることは常にそういうこと。

ということで、今度は酒場です!

あなたにとって、この本が新しくて楽しいライフスタイルを見つけるきっかけになったら幸いです。

小宮山”酒場”雄飛

p.s.
そしてホフディランも、やるぜ7月2日!!

# by yuhiblog | 2017-02-28 22:00 | ブログ
明けましておめでとうございます
新年、明けましておめでとうございます。

いきなりですが、新年の挨拶としまして
<ファンのみなさんの2017年を小宮山雄飛に預けてください>


ひとまず、7月2日のスケジュールを、ホフにください!

# by yuhiblog | 2017-01-02 23:00 | ブログ
INFORMATION
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。