ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
デジタル仕事術第1回の概要
デジタル仕事術第1回の概要です。

第1回:10月12日


この講義の方法論・目標


1:米光一成です。
まぁまずお互いがどんなヤツなのか知っていたほうがやりやすいから、自分のプロフィールを説明して、

2:質問して手をあげてもらう。
どんな人が来ているかを知りたいから。ここではやくもネットで答えてもらうのもいい。

3:この講座の方法論は
「寺子屋から座へ」ということを句会を例に説明する。インタラクティブ。さらに「インテリ」のルール。
俳句という遊び
現場主義の知的生産法

4:で、インテリ
インテリをプレイしてみる。このゲームによって、ニ物衝撃・ニ物配合・モンタージュ効果といった発想の基礎のひとつを実感してもらう。
インテリについて

5:「正解問題」と「生きてる問題」の違い
問題は2種類あって、それに対するアプローチが違う。具体例として「ぷよぷよ」。千の方向、アメーバ。
これが東大の授業ですか。

6:目的地は未知
「自分がやりたいことを消費しない方法」を話そう。それがこの講義の目標でもある。
井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』“自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書く”

ゲーム制作の現場


7:ゲーム制作の現場
次回のゲストが麻野さんだから、ゲーム制作の現場での職種と流れをざっと説明。しかし、そういった説明からこぼれ落ちてしまうことのほうが大切だということ。その部分をこの講座ではやるということ。

8:プロデュースとディレクション
プロデュースとディレクションは、各職種それぞれの人が当事者意識を持つために持っていなければならない感覚。

9:発想法、アイデアを具現化していく方法1
恋するように
考えるのが好きになる
結果としての二物衝撃

短くない予告


10:麻野一哉
弟切草・ドラゴンクエスト
ゲームブック

11:WEB記事
エキサイトブックスの記事企画案を考える

プロジェクトと課題


12:ブログを作る
まぁ待て、ブログを借りる前にここを読め。

13:WEB記事企画案

14:ひるまでねてる

15:インテリ

16:あとはその場で。
[PR]
by gogoyone | 2004-10-12 14:42 | デジタル仕事術
<< 「デジタル仕事術第1回」反省会 エコノミック・アニマルと言葉と誤解 >>





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム