カテゴリ:世界に鍋を広める活動( 24 )

ヒマラヤ鍋を食す

先日、日本鍋文化研究所の調査の一環で、「ヒマラヤ鍋」を食べに行きました。


「ネパールに鍋料理があるのですか?」
と伺ったところ、
「元々チベット民族が食べていた丸鶏の煮込み料理をアレンジして、鍋仕立てにしました」
とのこと。


スタッフの皆さんが現地の高山で採って来られるというハーブとスパイスを使ったスープは、辛味はなく爽やかで、ヒマラヤ岩塩をかけると、アクセントよく食べられます。
つまみ上げただけでホロホロっと崩れる丸鶏が、これもチベットの方で食べられるという平打ち麺によく絡んで、充実の美味しさでした。


d0339678_17084882.jpg

前菜のサブジやパパドゥ(じゃがいものクミン和え、豆の煎餅)、豆腐とほうれん草のパルンゴ(茹でた豆腐にスパイスの香りのほうれん草ソースがけ)、
スペアリブのチリソース
など、どれも味つけのアクセントが効いていて、ビールがすすみそうでした!(次は夜行きたいなあ)

d0339678_17074672.jpg

夏にも食べられそうだけど、冬の間しかないということなので、気になる方は、いまのうちにぜひ!

#ヒマラヤ # #恵比寿


今年の鍋のトレンドはズバリこれ!(2016年秋~2017年春)

こんにちは。

暑い暑いと思っていたら、突然鍋の恋しい季節になりました。

例年好評な鍋料理のトレンドを今年も2016年秋から2017年春の傾向として考えてみました。

4年前より日本鍋文化研究所で、日本の鍋を中心とした食文
化の普及活動をしています。

そこで、

料理研究家としてメーカーさんとお付き合いをする中での傾向、スーパーマーケットでの品ぞろえ、テレビ、SNSからの情報、今年はそれに加えてファッション情報なども参考にしつつ検討しました。

d0339678_15422489.jpg
(九州黒太鼓 トルネード肉鍋)


********************

今年(2016年秋~2017年春)の鍋料理のトレンド


昨年ご紹介した「がっつり肉系鍋」ですが、ただただ肉というよりは、インスタなどのSNSで共有できるような「ビジュアル系」の肉鍋がブームになりましたね。

今年も引き続きその傾向は続きますが、肉系だけではなく魚(白子や蟹みそ、ウニなどを含む)系の見た目豪勢な鍋、「うわー」という見た目の鍋も外食では人気が続くでしょう。

また、家庭における「鍋つゆ」のキーワードは、ズバリ「出汁」です。

東京オリンピックで和食が注目される中、「出汁」の「うま味(Umami)」は世界に通じる言葉になりました。

この出汁をポイントにしたバリエーション、「あご出汁」「エビ出汁」「ホタテ出汁」などの他、「濃厚出汁」「うまみ出汁」「追い出汁」などという出汁の味をイメージさせるキーワードを配した商品等が増えると思われます。

家庭でも、今まで水、もしくは昆布だけで作っていた「しゃぶしゃぶ」系の鍋料理に出汁が加わることで、食卓が豊かになり、さらにアレンジしやすくなるので、ここ数年続いていた「アレンジ(もしくはハイブリッド)鍋」が手軽に作れるようになるでしょう。


さあ、今年の冬も鍋、鍋、鍋で攻めましょう!!



**********************

三軒茶屋で「なべ道楽」が行われます

三軒茶屋の街でもっと遊ぼう!

ということで、マルシェやフリーマーケットを行っている太子堂商店街振興組合の「三軒茶屋まち道楽」。

http://machidoraku.jimdo.com/

そのイベントが、2月28日(日)は、「なべ道楽」になります。

商店街のお店が自慢の鍋を出し、店頭販売なども行われます。

昨年の様子(雨で残念)

d0339678_10094554.jpg
d0339678_10095476.jpg

こちらのサイトに、商店街のキャラクター「うちのタマ知りませんか?のタマ登場」と共に、「鍋料理研究家の安井レイコさんが来ます」って書かれてて「タマと一緒だー」と笑っちゃいました。

鍋のイベント、楽しみですー。



ニッポン全国鍋グランプリで、食べてきましたー!

先週、土曜日、日曜日(1/30、1/31)、埼玉県和光市で開催された、

ニッポン全国鍋グランプリ。

そこに、日本鍋文化研究所の事務局メンバーと一緒に行き、いっぱいの鍋料理を食べてきました!

d0339678_09370866.jpg


料理のレポートは、事務局から。



私も会場で、「安井レイコさんですよね?」と何度か声をかけられました。
さすが、鍋LOVER のみなさん、鍋の番組のチェックは怠りませんねー(←違う!)


年々賑わっていくこのイベント。

同じ「鍋」を愛する人間として、大変嬉しい次第です。

来年もがんばってくださーい。

【簡単レシピ】豚と白菜のミルフィーユ鍋(デコ鍋編)

d0339678_12351744.jpg



今日もテレビで紹介した鍋です。TVのコマーシャルなど
で見たことがある方は、多くいらっしゃると思います。

簡単ですが、本当においしいお鍋です。


1.洗った白菜に豚のバラ肉の薄切りを1枚ずつ挟み、
  5~6枚重ねたところで4~5センチの高さに切り
  (土鍋の高さ)、水で戻した昆布を敷いた土鍋に並
  べ、昆布の戻し汁を入れる

2.重ねた白菜の上に鰹節を振りかけるか、ダシと日本
  酒を少量注いで、フタをして弱火の中火にかける
    
3.白菜から水が出てきて、野菜と肉が煮えたらできあ
  がり

4.しょうゆとぽん酢で食べる


※白菜が焦げないように、火加減に気をつけてください
※上に大根おろしを飾って、「デコ鍋」にしても良いで
 しょう

                    
今日の出来上がり写真は、テレビ収録の際に作った、デコ鍋です。
しょこたんが、猫が好きということで、猫ちゃんを。
写真では見にくいけど、ヒゲは春雨でできています。

また、以前うちのスタッフさんが作ったデコ鍋。
http://jnews.nabelabo.jp/archives/318

大根おろしって、結構加工がしやすいので、子どもさんと作るのも良いかも。
またいつか、デコ鍋の作り方などアップしましょうね。

【産業交流展2014f】に出展いたします

今週は水曜日から「産業交流展2014」に「日本鍋文化研究所」として出展するので、その準備をがんばっております。

産業交流展は、中小企業のトレードショーで、鍋ラボは、東京都特別枠、「Cool Japan」のゾーンになります。

Webサイトからも申込みができますので、(よかったら、見に来てくださいね♪

http://www.sangyo-koryuten.jp/

今年の鍋のトレンドはズバリこれ!  (2014年秋~2015年春)

こんにちは。

ご存じのように、一昨年より

日本鍋文化研究所 

で、日本の鍋を中心とした食文化の普及活動をしています。

そこで、今年(2014年秋~2015年春)の鍋料理のトレンドを考えてみました。

料理研究家としてメーカーさんとお付き合いをする中での傾向、スーパーマーケットでの品ぞろえ、テレビ、SNSから検討しています。


********************

今年(2014年秋~2015年春)の鍋料理のトレンド


ここ数年続いてきた肉系鍋ですが、今年はあっさり系の海鮮鍋に移動すると思います。

個鍋(おひとり鍋)ブームの翌年ということから、それぞれの好みを反映しやすいように、澄んだ汁がベースとなり、そこに一品足して味の変化を楽しむようになります。

盛り盛りのパクチー、たっぷりのネギ、ハーブ、スパイスなど、薬味、香味の生かせる鍋で、思い思いに楽しむ冬になるでしょう。

**********************

d0339678_12352336.jpg

(写真は、タイ式しゃぶしゃぶ。本文とは直接関係はありません)

【食い倒れない旅日記】またまたNYに行ってきました!

こちらの記事にありますように、仕事で行ったのですが、やっぱり食べ物のことは書きたい・・・ということでNYの食べ歩記です。

d0339678_12353751.jpg


NYでの1日。
朝ごはんは、近くのカフェで買ったサラダとベーグル。

どっちも巨大なので、2日に分けて。

台所で明日から使う煮物を済ませてから、思いついてブロードウェイのミュージカルを観にいく。

横断歩道を歩いていたら、パトカーが警告灯をつけているのに、無視して走り去ろうとしている車を追いかけてきて、目の前で警官が銃を抜いてドライバーに

"Don't move!"

まじっ?て感じで、歩道上の私たちが一瞬フリーズする。

何かを調べていたらしく、しばらくして解放されてたけど、ドキドキしちゃった。近くにいた騎馬警官は、とってものんびりなのに。

驚きのブロードウェイの通りでした。

で、初ブロードウェイ劇場、「マンマ・ミーア」については、こちらに書いた通り。←クリック

Exciting NY !

【旬の簡単料理】たけのこご飯

昨日は、母の日でしたね。夜中の1時過ぎ、まさに今、
電気を消そうとした時に、次男と三男の部屋から、

「あっ!夕飯の時に渡すの忘れたじゃないか」

という声が聞こえて、にゅーっとカーネーションがドア
から見えました。

「遅くなってごめん。もう、母の日終わっちゃったから、
起きて自分で花瓶に入れて。じゃ、おやすみー」

そ、そうね。そのままにしておけないものね…眠いけど!


さあ、今日の一品です。

d0339678_12353788.jpg

     
=========================
 今日の一品   
       たけのこご飯
                        
=========================

この季節ならではのフレッシュなたけのこを使った、た
けのこご飯。ぜひ年に1度、楽しんでください。

     
1.水煮したたけのこは細かく切り、油抜きをした油揚
  げとちりめんじゃこと一緒に鍋に入れ、醤油・塩・
  少量の日本酒でさっと煮る
    
2.煮汁と水を合わせて、炊飯器に普通に洗った米と一
  緒にセットし、1.の具を加えて炊き上げる

3.スィッチが切れる寸前に、絹さやの細く切ったもの
  を入れ、スイッチが切れたらサックリ混ぜて出来上
  がり
    
              
味は、最後に水と合わせて米の1.2倍量にした時、す
まし汁より少し濃いくらいになるといいです。水加減を
するときに味見して、足りなかったら、そこで調節して
ください。
 
たけのこの香りを楽しむため、醤油は少なめにして、塩
できっちり味をつけてくださいね。

味付けのコツは、まずしょうゆを先に入れて色を決めて
から塩で味を決めることです。


※たけのこの水煮については、こちらに掲載しました。
→ http://tinyurl.com/r-recipe3

今年は、こんな組み合わせになっちゃいましたけど。

d0339678_12353761.jpg

(↑あ、こら、撮ってるそばから箸が・・・)



前回のメルマガで書きました、ニューヨーク出張につ
いては、こちらのブログに書きました。
→ http://yasui-reiko.kireiblog.excite.co.jp/201405/

さて、ニューヨークはこれで3度目ですが、今回初めてブロードウ
ェイを観に行くことができました!

英語の理解力が不安なので、日本で観たことのある、「マン
マ・ミーア」に決めて、ネットから予約。

聞きなれたアバの音楽と、本当にすばらしい舞台に感動!

特に、主役のジュディ・マクレーンを始めとする、お年上の
マダムたちの迫力歌声とダンスに、同じくお年上の私はとっ
てもとっても感激しました。

最後にはもちろん劇場全体でスタンディング・オベーション。
そして、歌に合わせて踊りまくりました。

…で、膝の上にあった携帯がどっかに吹っ飛んでしまって、
終演後にコソコソ探し回ったことは言うまでもありません。

さて、次はどこに出張かな~


【海外出張報告】ニューヨークに行ってきました!

ご無沙汰していました。

NPOの決算やら出張やら、何やらかにやら(ゆっくりご報告します)が重なり、更新が滞りましてすみません。

まずは、ニューヨークでのお仕事のこと。
(食べ歩きは、また後でね)

4月の1日、東芝テックさんの新しいkioskマシンに日本の鍋料理レシピを搭載?したので、実際にその鍋料理を海外の方に紹介するために、ニューヨークまで行ってきました。

d0339678_12353717.jpg


シャブシャブ、すき焼き、おでんの3種類を作って試食販売しましたが、おでんなどは、お店の冷凍庫から商品が無くなるほどの大好評。

海外向けのデモンストレーションには、ちょっとしたコツがありますね。

日本の食文化を広めるのに、色々役立つことが学べました。

では次回から、楽しい食い倒れないぞ、ツアーの様子をお楽しみください。