ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
 
[日本から本場アメリカへ]
世界で最も新しいメジャースポーツ。アメリカンフットボールを下地としてアメリカンスポーツの魅力を集大成した新感覚スポーツ、それがアリーナフットボールです。誕生してから僅か20年で全米を揺るがす人気スポーツに成長しました。

侍ウォリアーズはこの新しいスポーツで本場アメリカのプロチームに挑戦するために招集された日本選抜チームです。

本場に挑む心構えとして、このアメリカ生まれのスポーツに対する尊敬の念、その生まれ故郷で米国民の目の前で堂々としたフェアプレーを誓う品性、道理にまかせて決断し、いささかもためらうことをしない義の精神、武士道の精神をチームの心得とし、私たちはこのチームに思いを込めて“日本選抜侍ウォリアーズ”と命名しました。

選ばれし24名の選手は学生、社会人と日本のアメフト界で大活躍した猛者達。ひとたびフットボールを離れるとあらゆるビジネスシーンでも活躍している彼らが、スーツを脱ぎ捨てて本場にチャレンジする。それが侍ウォリアーズの面々の素顔。

昨年、侍伝説の第一章はaf2所属ルイビル・ファイアに惜敗。地元に強い印象を残したゲームも破れては歴史を変えることが出来ません。

本場を制す。

この誓いを胸に
2005年いよいよ侍伝説第二章が始まります。 舞台はカリフォルニア州サンディエゴ。

歴史を動かす為に
侍士達の挑戦は続きます。

詳細は以下のとおりです。
---------------------
ジャパンフィエスタ イン サンディエゴ2005
?アリーナフットボール国際親善試合?


[日時]
2005年3月26日(土)
PM4:00開場/PM7:00試合開始

[場所]
米国カリフォルニア州 サンディエゴ・スポーツアリーナ

[試合]
日本選抜侍ウォリアーズ vs サンディエゴ・リップタイド(af2西地区所属)

[イベント概要]
(第一部)
日本文化イベント(文化展示および実演)
(第二部)
アリーナフットボール国際親善試合

[イベントURL]
http://sandiegotown.com/fie
sta/index.html
coming soon
以前の記事
最新のコメント
886612 http:..
by dapoxetine at 04:14
44811 http:/..
by kamagra uk at 05:40
Very well wr..
by natavolest at 07:21
http://edwit..
by viagra wit at 06:22
yeezy boost ..
by Pirate Black Yeezy at 03:12
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【サンディエゴ発】侍ベアーズ観戦!②
★イニングの合間に繰り広げられるイベントの様子

c0014445_4322942.jpg


★最後まで熱戦が繰り広げられていた

c0014445_7543764.jpg


★甲子園球場での名物と言えば、7回表終了時点での風船の打ち上げ。この日は、日本の「野球観戦」を経験してもらう為に、風船が配られ、ファンに体験してもらっていた

c0014445_4302298.jpg


c0014445_4311082.jpg


当初は、大リーグのレベルではない野球に人が来るのかと心配されましたが、普段大リーグでは味わえない選手と観客の近さや家族全員で手頃価格で行ける楽しさは十分あったかと思います。アメリカの良さは、このようなリーグでも十分存在できる受け皿の広さであるかとも思います。
# by samurai-warriors | 2005-06-29 07:55 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
【サンディエゴ発】侍ベアーズ観戦!①
現在海の向こうで活躍する野球チーム「侍ベアーズ」の観戦レポート!


先週末に、サンディエゴに元巨人軍のクロマティ率いる「侍ベアーズ」が地元チームと対戦する為に来ました。試合そのものは負けてしまいましたが、勝敗では測りきれない価値がここには存在するかと思います。その価値とは、侍ウォリアーズ同様、既存の枠に囚われず、新たな仕組み造りに挑戦しているそのものが、新たな価値を生み出すかと思います。

侍ベアーズの特徴としましては、監督以外、メンバー全員が日本人で、本拠地を持たずに、シーズンを通して「ビジティング・チーム」として各地を走り回ります。あらゆるハンデが生じるかと思いますが、本場米国でプレー出来る喜び、意義そして挑戦がそれらを乗り切る要素に繋がっているかと思います。

★試合会場である、トニー・グインスタジアム

c0014445_4292479.jpg



★クロマティ監督
今回日本人チームを指揮する上での気持ちを聞いた際には。「野球・ベースボールは、それぞれ文化としての捉え方は違うが、競技そのものがもたらすものは一緒なので、それさえわかれば非常にやり易い。私も、巨人軍と言う日本を象徴するチームでプレー出来た経験は非常に良い経験に繋がっている。」

c0014445_4293361.jpg


★サンディエゴでのスタジアムに表示される「侍ベアーズ」のロゴ

c0014445_4294745.jpg


★この日はいくつか日本文化の模様し物があり、その一つである、新聞紙で作られた帽子をかぶるファン

c0014445_430051.jpg


★侍ベアーズのピッチャー

c0014445_4335696.jpg


★野球殿堂入りは間違いない、元大リーグスーパースターのリッキー・ヘンダーセン

c0014445_4311543.jpg

# by samurai-warriors | 2005-06-29 04:39 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
★TEAM YUKA★を応援します!
競技は違いますが、女子バスケットボール界においても、海外へ挑戦する団体がこの度結成されました。★TEAM YUKA★と言う団体で、まずは育成の仕組み作りからの出発で、アトランタ五輪で活躍した元全日本代表の中心選手らが子供達と一緒に今年の夏に本場米国キャンプへ参加するそうです。将来的には、世界で通用する人材を育成し、世界を舞台に活躍することを目指しております。

侍ウォリアーズとしては、このように世界を目指している★TEAM YUKA★を応援します!

公式ロゴ:

c0014445_17202723.jpg


合言葉:「イツモエガオデ」

帯同講師:原田裕花、参河紀久子、加藤貴子

尚、★TEAM YUKA★の詳細情報に関しては、下記の通りです:

【公式ブログ】
http://blog.so-net.ne.jp/TEAMYUKA/

【公式ホームページ】
http://kikoyuka.com/team_yuka/index.html
# by samurai-warriors | 2005-06-28 18:17 | おしらせ | Comments(2)
アリーナボウル 現地レポート<最終回>
【ハーフタイム】
★ハーフタイムショーには、ブライアン・アダムスが登場し、会場を盛り上げていた。

c0014445_346212.jpg


【後半】

★白熱したプレーが続く
パスが通るか!?・・・

c0014445_3482711.jpg


★観客に近いのは良いが、写真のように、上司(オーナー)が試合中こんな近く(ベンチの真上)にいる・・・
「しっかりやれっ!」と激が飛んでそう・・・

c0014445_3503999.jpg


★アリーナでは、点数が多く入るので、試合最後まで決まらないことが多々ある。この試合も、最後の3秒で同点。

c0014445_3522928.jpg


★息を飲む会場・・・

c0014445_3532761.jpg


★ラストキック
入るか!?

c0014445_3524317.jpg


★入った!ラッシュ勝利!
うわーっ、と選手が喜ぶ!

c0014445_3541026.jpg


★お祝いパーティー

c0014445_3545687.jpg


c0014445_44777.jpg


c0014445_442036.jpg

# by samurai-warriors | 2005-06-28 04:04 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
アリーナボウル レポート⑤
いよいよゲーム開始!

【前半】

★コロラド・ラッシュの攻撃!

c0014445_1461744.jpg


★野球同様、ボールがスタンドに入ると、それを持って帰れる!@
喜ぶ女性ファン!!!!

c0014445_1474163.jpg


★これぞ正に、臨場感溢れる究極エンターテインメントスポーツ!
見よ、この近さ!

c0014445_1491790.jpg


★作戦会議中・・・
会話が聞こえてしまいそう・・・

c0014445_1502052.jpg


c0014445_1504816.jpg

# by samurai-warriors | 2005-06-27 01:52 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
アリーナボウル レポート④
今年のアリーナボウルが出場チームの本拠地以外で初めて開催を記念して、様々なイベントが繰り広げられた。その中で、特に目立っていたのが、アリーナチームのチア混成チーム「Aaron’s Dream Team」:

c0014445_1235336.jpg


c0014445_1241025.jpg


c0014445_1242360.jpg


c0014445_1243842.jpg



(PHOTO BY J. MERIC)

Aaron's Dream Team Info:
http://www.arenafootball.com/ViewArticle.dbml?DB_OEM_ID=3500&ATCLID=130152&SPID=1563
# by samurai-warriors | 2005-06-27 01:27 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
アリーナボウル レポート③
【アリーナボウル当日の模様を連載:その1】

★試合会場であったトーマス&マックセンター(地元UNLV大学の本拠地である)


c0014445_8204950.jpg



★よくあるテールゲートであるが・・・
旗を見るとNFLのデンバー・ブロンコスファンを見かける。NFLとAFLの年間を通しての融合があらゆる局面で起きており、いよいよファンレベルでも見かけるようになったことは良いことである

c0014445_8233356.jpg


★試合前のリセプショにて、両チームオーナーとコミッショナー
左からホームデポの創立者、AFLコミッショナー、元NFL QBのジョン・エルウェー

c0014445_8292973.jpg



★豪華な試合入場シーン・・・
スポンサーがアーミー(陸軍)と言うこともあり、軍関係の演出があり、選手入場も兵隊と一緒にされていた

c0014445_8265921.jpg


★コイントス・・・
いよいよ試合開始!

c0014445_8272877.jpg

# by samurai-warriors | 2005-06-25 08:30 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(1436)
侍!
アメリカで、現在活動しているもう一つの「侍」チーム。
それは、ゴールデン・ベースボール・リーグに所属する野球チームの「侍ベアーズ」である。
監督が元巨人軍のクロマティで話題になっているが、その後の活動としてどうなのか、興味深いところである。本日よりサンディエゴ3連戦があり、その様子を追っていきたい。


c0014445_0185659.jpg


c0014445_0183668.jpg


c0014445_01995.jpg


※写真は、ロングビーチでの試合模様(BY ANDY)
# by samurai-warriors | 2005-06-25 00:22 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
アリーナボウル レポート②
今年のアリーナボウルは、史上初めてニュートラル開催地(本拠地では無い会場)で行われ、様々なイベントが組み込まれていた。そこで、晋三コーチからは、アウォードの模様が伝えられたが、その翌日には、スポンサーなどを集めた「パートナーズ・コンファレンス」が行われ、オーナー陣、スポンサー陣が一緒になり、競技の魅力を参加した企業関係者に伝えていた。

総合司会を務めた、NBC放送のコメンテーターで、元NFLのクォーターバック、パット・へーデン氏

c0014445_554286.jpg


※パット・へーデン氏の現役の写真です。

c0014445_662249.jpg




最初に挨拶を行った、コミッショナー ベーカー

c0014445_5551016.jpg


パネルディスカッション形式で2回に分けて行われ、両方とも豪華メンバーを揃えた
第一回は、NFLダラスカウボーイズの名物オーナーのジェリージョーンズやホームデポの創立者の方などが連ね、アリーナの魅力について語っていた。

c0014445_5571556.jpg


第二回は、話題のボンジョビや元NFLのジョン・エルウェーなどが登場した。
二人の「ジョン」は、共にオーナーを務めているのは、この競技に可能性を感じており、それだけ遣り甲斐があることであり、中途半端な気持ちではやっていないと強調していた。

c0014445_5581712.jpg


c0014445_5583895.jpg


※ジョンエルウェーの現役時代です。
c0014445_692384.jpg


共通してのメッセージとしては、来年、ようやく20周年を迎えるリーグとしては、まだまだ成長する余地があり、今後の展開が、国内だけでなく、海外への発展に繋がることを口にしていた。
# by samurai-warriors | 2005-06-24 06:01 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(1)
アリーナボウル レポート①
c0014445_1741497.jpg
ラスベガスより秦氏に引き続き、投函します。

試合は残り3秒でコロラドがフィールドゴールを決めて勝利するという劇的な展開。

私は木曜日から現地に入り、様々なイベントに参加。。
今回は次回のサムライに向けてのミーティングも行われ、かなり密度の濃い訪問となりました。

まずは、アリーナボウルイベント①としてアリーナフットボールアワードショーに参加。300名以上が参加。選手、リーグ関係者、オーナー連中、それらの家族など人がごった返していましたが、大変豪華なものでした。

c0014445_1653162.jpg


写真はGEORGIA FORCEのQB MATT NAGY。今年のGEORGIAの躍進は彼のおかげと言っても過言でないだろう。彼と私は2002年度シーズンNYドラゴンズでチームメイトだった。


c0014445_1658390.jpg

今回のイベントが開催されたのはHARD ROCK HOTEL。アリーナボウル用に様々なデコレーションがなされていました。


c0014445_16595226.jpg

アリーナフットボールの特別功労賞で受賞を受けたコロラドオーナー、ジョン・エルウェイとフィラデルフィアオーナー、ジョン・ボンジョビ

c0014445_1713320.jpg

2時間以上に渡るイベントは最後にコミッショナーが受賞者全員を壇上に上げて、労いのお言葉をかけて幕を閉じた。この後、ディナーパーティが開催された
# by shinzo_yamada | 2005-06-14 17:05 | Comments(2)







Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム