ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
 
[日本から本場アメリカへ]
世界で最も新しいメジャースポーツ。アメリカンフットボールを下地としてアメリカンスポーツの魅力を集大成した新感覚スポーツ、それがアリーナフットボールです。誕生してから僅か20年で全米を揺るがす人気スポーツに成長しました。

侍ウォリアーズはこの新しいスポーツで本場アメリカのプロチームに挑戦するために招集された日本選抜チームです。

本場に挑む心構えとして、このアメリカ生まれのスポーツに対する尊敬の念、その生まれ故郷で米国民の目の前で堂々としたフェアプレーを誓う品性、道理にまかせて決断し、いささかもためらうことをしない義の精神、武士道の精神をチームの心得とし、私たちはこのチームに思いを込めて“日本選抜侍ウォリアーズ”と命名しました。

選ばれし24名の選手は学生、社会人と日本のアメフト界で大活躍した猛者達。ひとたびフットボールを離れるとあらゆるビジネスシーンでも活躍している彼らが、スーツを脱ぎ捨てて本場にチャレンジする。それが侍ウォリアーズの面々の素顔。

昨年、侍伝説の第一章はaf2所属ルイビル・ファイアに惜敗。地元に強い印象を残したゲームも破れては歴史を変えることが出来ません。

本場を制す。

この誓いを胸に
2005年いよいよ侍伝説第二章が始まります。 舞台はカリフォルニア州サンディエゴ。

歴史を動かす為に
侍士達の挑戦は続きます。

詳細は以下のとおりです。
---------------------
ジャパンフィエスタ イン サンディエゴ2005
?アリーナフットボール国際親善試合?


[日時]
2005年3月26日(土)
PM4:00開場/PM7:00試合開始

[場所]
米国カリフォルニア州 サンディエゴ・スポーツアリーナ

[試合]
日本選抜侍ウォリアーズ vs サンディエゴ・リップタイド(af2西地区所属)

[イベント概要]
(第一部)
日本文化イベント(文化展示および実演)
(第二部)
アリーナフットボール国際親善試合

[イベントURL]
http://sandiegotown.com/fie
sta/index.html
coming soon
以前の記事
最新のコメント
886612 http:..
by dapoxetine at 04:14
44811 http:/..
by kamagra uk at 05:40
Very well wr..
by natavolest at 07:21
http://edwit..
by viagra wit at 06:22
yeezy boost ..
by Pirate Black Yeezy at 03:12
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:山田 晋三( 29 )
NEXT Samurai
c0014445_17545357.jpgあまりにも久しぶりです。SWヘッドコーチ山田晋三です。あの試合から随分と月日が経ちました。いろんなことがありました。いいこと、悪いこ
と、様々なことがあり今に至っております。最近いろんな人から来年はどうなってるの?という質問を受けます。このままで終われない・・・とい
う思いは強く残っています。ただ、試合開催に向けてはいろんなハードルが残っています。正直言って、一度はもう開催はできないという決定の直
前まで来ました。

しかし・・・もう一度試合を観ました。もう一度TVでの特集を見ました。いろんな人から激励の言葉をもらいました。やはりこの試合の意義はあ
る。熱いものはある。三度目の正直に挑戦する価値はある!必ず。。と。

もう一度このブログで一番最初に自分が書いた言葉を読み返した。
“プロの世界、結果が全てです。日本人の記憶を抱いたアメリカ人はいずれは記録でしかこの試合を思い出さないことでしょう”

自分の言葉ではあるが、これが響いた。
先日シカゴのアリーナヘッドクォーターへ行った。サムライとやりたいと手を挙げているチームはもう既に何チームも出てきているとのこと。

細かい事情はいろいろあるが、プロチームとやる以上は組織もプランもプロでなければなりません。試合に勝つ前に戦略作りで勝たねばなりません。僕が尊敬するあるコーチが言っていた言葉を思い出します。
“情熱を持って試合に挑むことは誰でもできる。問題は、どれだけ情熱を持って「準備」に取り組めるかが勝者と敗者を分けるのだ”

もう少しお時間をください。

山田晋三
by shinzo_yamada | 2005-09-25 17:57 | 山田 晋三 | Comments(4)
Mr. Kamazuka
c0014445_933983.jpgということで月曜日、鎌塚氏とのMTGが大阪で実現し、MTG後、大阪らしくたこ焼き食べにいきました。今回のMTGはより具体的な内容となり、非常に満足な結果となりました。もう少し形になってきた時点で発表はできるかと思います。それにしても相変わらずテンション高かったです。↓

c0014445_9334810.jpg

by shinzo_yamada | 2005-05-17 09:34 | 山田 晋三 | Comments(2)
テンション
c0014445_17301340.jpg昨日はジャパンフィエスタでお世話になったアメリカ、ロサンゼルス在住の鎌塚氏との会合が実現!今回のイベントで選手+スタッフ全員が恐らく最も印象に残ったイベントの一つ アーノルド小学校 でのイベントを企画・プロデュースしたいただいた方です。現在、アメリカ ライトハウス社 という南カリフォルニアを中心とした日本人向け情報誌の発行や留学支援などをしている会社で働かれており、今回は仕事の関係で日本に一時帰国中です。

いやーそれにしても品川でお会いしたのですが、握手した瞬間の力強さそしてあの笑顔はアメリカで会ったときと変わらずでした。一瞬にしてテンション上がります。僕もああいうオーラを出したいなーとつくづく思いましたね~テンション上げ上げオーラって言うんですかね~

話した内容は今の段階ではここで紹介できませんが、いろんなポテンシャルに満ち溢れ、楽しみでなりません。

ということであまりの興奮のため、鎌塚氏との写真は取り忘れました。すいません 
m(_ _)m でも来週、月曜日大阪でまたお会いできるのでそのときには写真貼ります!
by shinzo_yamada | 2005-05-12 17:31 | 山田 晋三 | Comments(4)
ワクワク
c0014445_19332623.jpgGWも終わりに近づきましたね。この期間にいろんなことを考えました。というより考えさせられました。先日の試合の反省、来年度の計画、長期的視野にたった将来の自分のあり方。そんなことを考えながら久しぶりにニュースを中心にTVを比較的長く見ました。それと普段は時間がなくて見ないネットを少し探索したりしておりました。

そうするとふと思った。今年は2005年。10年前の1995年と比べて随分いろんなことが変わったなーと。10年前の今頃何を思っていたか?1995年5月、当時大学4年生、就職活動真っ只中だったように思います。地震があって、練習もできなかったが、何とかして日本一になろうと必死に戦っていた。そんな中の就職活動。何もわからず、考えず、始めは何の意志もなかったように思います。いろんな人の話を聞き、自分は何になりたいのか?を相当真剣に考えました。それでも具体的な答えは見つからず、日本一になるための取り組みとの狭間で悩んでいました。

そんな中、一つのキーワードが頭に浮かんだ!それは何か・・・・ "ワクワク!" おーこれかと思いましたね。自分がワクワクすることって何かな?と考えると結構、簡単に考えれるようになりました。その仕事はワクワク!するのかという基準ですよね。そういう観点で就職活動をしてみるといろんなことが見えてきました。まず始めに自分の中での What is ワクワク?ということを整理しました。僕の出した定義:感動、感激のあまり首の後ろが自然と痺れるような感覚が起りそうな予感。(何のこっちゃ?って感じですが、僕にはしっくりきました)そんなことを考えながら今まで最もワクワクしたことは?楽しかったことは?を全て書き出すと案外見えてくるもので、その基準で就職活動をすると、困難な状況でもワクワクがあるので頑張れる!というような志望動機になり説得力も増し(?)、就職できたのを覚えています。(自分の基準については長くなるので省略します)

結局就職したのは、某通信会社。10年前、通信の持っている可能性、インターネットの可能性、携帯電話の可能性に本当にワクワクしたのを覚えています。4年半後、僕はプロ選手になることを決意し、退社。理由は今しかできないことをやりたい、それとプロ選手になった時のワクワク度が通信で自分ができる可能性を越えたってことです。3年半のプロ生活、アリーナフットボールの関係者との出会い、そして今に至る。全ての決断がやはりワクワクでした

ということで10年前と今の僕は何も変わっていないという結論に達しました。このアリーナフットボールにはワクワクが一杯詰まっています。スポーツ自体のワクワク、アメリカのプロを倒すワクワク、エンターテインメントのワクワク。ビジネス面でのハードルなどいろいろ課題は山積みですが、皆様にワクワクを提供するために精一杯がんばるということだけはお約束します。

2005年5月6日 サムライウォリアーズヘッドコーチ
山田晋三
by shinzo_yamada | 2005-05-06 19:36 | 山田 晋三 | Comments(41)
ラスベガスからの招待状
c0014445_2215252.jpg
先日、ラスベガスからとある招待状が届きました。内容はアリーナフットボールの決勝戦"アリーナボウル"へ観に来ないかという誘いでした。行くかどうか迷っていましたが、これを見た瞬間、やっぱり観に行こうと決めました↓

2005ラスベガス編

やっぱりアリーナフットボールはヤバイ!
日本ではTV放映も実施します。詳しくはEX SPORTSホームページまで!
by samurai-warriors | 2005-05-01 22:05 | 山田 晋三 | Comments(1)
久しぶりに・・・
c0014445_6562857.jpg
やっと私も日本に戻って来ました。3月26日の試合に出発する前と比べたら随分と暖かくなっており、嬉しい限りです。先日の有馬選手の特集を見て一言・・・僕もある程度は彼の背景は知っており、彼のフットボールにかける情熱は感じていました。あの特集では、プレーのシーンは多少写っていましたが、有馬選手が試合に出場した瞬間、ゲームの流れが明らかに変わりました。身長が低いのでWRが見えないのでないかと懸念されましたが、彼はそれ以上に動き回り、相手をかく乱し、正確なパス、あの堂々たるプレーには会場にいた全員が感動したのではないでしょうか?彼の思いがプレーに結びつき、そのプレーがたくさんの方々に見ていただけたことを大変嬉しく思います。

あの有馬選手のストーリーは、彼だけでなく他のSAMURAIメンバーにもそれぞれのドラマが驚く程、本当にたくさんあります。ここで全てを紹介できないのは残念ですが、またそれぞれのBLOGで紹介できればと思います。ぜひまたご覧になってください。

現在、僕も冷静にあの試合のビデオを分析しております。様々な方々にヒアリングも実施しており、いろんな方々からコメントをいただきます。いいことももちろん悪いことも。それら全てを真摯に受け止め、次のステップにつなげていきたいと思います。

先日、サンディエゴのコーディネータ秦氏とも日本で会いました。サンディエゴではいろいろな人が本当に感動して、もう既に来年やらせて欲しいというオファーが多々来ているとのこと。。

何故、勝てなかったか?という問いに対しては今月末発売のタッチダウン誌にまとめて書かせていただいておりますので一度ご興味のある方はご覧になってください。

ヘッドコーチ 山田晋三
by samurai-warriors | 2005-04-27 06:57 | 山田 晋三 | Comments(1659)
FLASH BACK③
c0014445_1010473.jpgFLASH BACK②では日系コミュニティのお話しをしましたが、その他にもたくさんのイベントが実施されました。これらは全てサンディエゴリップタイドが手配してくれまして、本当に彼らは最初から最後まで手厚いサポートをしていただきました。本当にありがとうございました。今週から開幕ですが、ぜひとも頑張って欲しいですね。

サンディエゴチャージャーズ練習施設訪問前に、サムライのユニフォームの予備をくれないかとリップタイド関係者に言われ渡したら次の日にはチャージャーズのオーナーの名前が刻まれており、このユニフォーム交換にいたったのです。いやーそれにしても背番号1番はドラフト1位1順の人がもらうものなのにいいのかなと思いながらも今回の最高のお土産になりました。

記者会見とチーム主催のパーティと非常に盛大でした。オーナーのJOHN RUNYANは現役NFL選手。フィラデルフィアイーグルスの右のオフェンスタックルです。2004年度のスーパーボウルにもずっと出場しておりました。TVで見るとそんなに大きくなかったですが、目の前で見ると誰よりもでかいし、誰よりも強そうです。

彼に話しを聞くと彼はカリフォルニア出身でもサンディエゴ出身でもないということです。だけど自分が現役を退いたときにチームの経営などができるようにするためにこのチームのオーナーになったと。やはりアメリカ、発想が違います。

ただ、彼のようなオーナー連中はたくさんいます。昨年対戦したルイビルファイヤーのオーナーも元NFL選手。これはフットボールだけではありません。バスケットも野球もあり得ないぐらいプロチームがあります。プロというと日本ではたくさん選手が給料もらっているように思えますが、そうではなく本当に少ない給料で上のリーグを目指すために挑戦しているんですね。そういう若者の夢のためにお金を稼いだ人が投資してチームを持つ。ま、こういうことがアメリカがスポーツ強い理由の一つでもあるんでしょうね。ただ、あくまでビジネスですので儲かりそうになかったらすぐに手を引きます。これもアメリカらしいですね。

最後の写真はSD RIPTIDEのヘッドコーチとの写真です。オーナーとは撮ったと思ったのですが・・・どこだろう
c0014445_10134780.jpg

c0014445_1014424.jpg

c0014445_10142037.jpg

by samurai-warriors | 2005-04-09 10:17 | 山田 晋三 | Comments(1828)
FLASH BACK②
c0014445_1912824.jpg今回のサンディエゴ遠征で最も印象に残ったことが、日本人・日系人コミュニティの皆様との交流イベントでした。LAでのKEIRO RETIREMENT HOME(LAにある日系人向け老人ホーム)。SDでのKIKU GARDEN(SDにある日系人向け老人ホーム)。そして今回のゲームの共催者でもありますサンディエゴ・ティファナ日本協会主催の歓迎イベントでした。これら一連のイベントでは本当に老若男女、本当にたくさんの方々から激励をいただきました。

そんな中、ある方から言われたのは"アメリカの国技に挑戦する日本人。これを私達が応援しないわけにはいかない。思い切ってやってくれ!そして勝ってくれ!"この"思い切って!と勝ってくれ!"という言葉はたくさんの方から頂きました。この言葉には僕たちでは分かり得ないぐらいの何か深い思いが込められているように感じました。

それは単純にアメリカを倒してくれという思いもありますが、やはりそこにはそれだけでなく、アメリカという国へのリスペクトも込めて日本人としてアメリカに思い切って挑戦してくれ!というような願いが隠されているように感じ取れました。そこにいた日本人・日系人の方がが我々には計り知れないぐらい過去に大変な苦労や挑戦をしてきたことと察します。だからこそ思い切って!勝ってくれ!という言葉がとてつもなく伝わってきました。

これらのイベントのために準備してくださった皆様、本当にありがとうございました。サムライウォリアーズは一生、忘れることのできない素晴らしい経験をできたと思います。だからこそ、試合に負けてしまったのは本当に申しわけなく思っています。選手は思い切って勝負したと思いますが結果は結果です。ただやられたらやり返す!アメリカへの挑戦は続けます!

最後に、最近ニュースで、もう一つのSAMURAIがいることが判明!
SAMURAI BEARS


いやーがんばって欲しいですね。SAMURAIつながりとして・・・。全部AWAYで90試合!カリフォルニアとアリゾナのリーグ!いやー熱いですね。心より応援しています。
(PHOTO BY MAKOTO SATO)
c0014445_1912327.jpg

c0014445_1912502.jpg

by samurai-warriors | 2005-04-08 19:24 | 山田 晋三 | Comments(0)
FLASH BACK①
c0014445_1037697.jpgSDでの出来事を振り返りながら、いろいろ感じたことを書いていきたい。僕が試合直後に書いた"根本的なこと"というのが何か隠されているように思う。
まず、下の写真はARNOLD小学校でのイベント。小学校全員が集まってくれた。短い時間だったが凄い印象に残るイベントだった。
イベントに協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。

印象に残ったこと・・・

①歓迎ぶりが半端ではない
バスがついた瞬間、もう大変な騒ぎでした。日本人だからなのか、フットボールをやっているからなのか、理由はわかりません。もう時差ボケなんか言ってられません。小学生のテンションの高さには本当にびっくり。こっちが喋りだしてもヒューヒューと凄い声。

②とにかく積極的
質問ありますか?と司会の秦君が言った瞬間、あり得ないぐらいの子供たちが"はいはいはい!"と大声で叫んでます。こんなことは日本ではあり得ないな!と思いながらもすんごい勢い。1年生と思われる子が、凄い勢いで手をあげているので当てたら、手を挙げるのに夢中で質問を忘れてしまうという事態も・・・
・質問も面白い・・・
背番号#7あなたの好きな色は?とかあなたの名前を教えてとか・・日本では考えられないような質問が次々と・・※ちなみに#7の人は好きな色は聞かれてNo.1と答えてました。
・サイン攻め
言うまでもなく、選手たちはサイン攻めに。私は何人のサインもらったのよーと自慢しあっている。

③フットボールが大好き
最後にボールで簡単なキャッチボールをみんなでしました。選手一人につき、子供たちが10人くらいついてただ単にボールの投げあい。とにかくみんな必死に選手からボールを投げてもらおうと必死です。小学生でも、けっこうちゃんとボールを取ったり、投げたりできます。本当に楽しそうでした。



 ということでこのイベントでは短時間に盛りだくさんのことがわかったのですが、僕の結論から言うとアメリカの小学生は、凄い楽しむことを知っている!何をするにしても形とかいろいろあるのでしょうが、とにかく積極的に思い切ってやります。それもむちゃくちゃやるのでなくて創造的です。自分なりの主張を凄く感じます。
 僕も小学校の時にアメリカの小学校に行っていたのですが、その時は結構普通に思っていたことが、長い間、日本にいると凄い新鮮に思えてきますね。
 日本の小学生のことはよくわからないので決め付けで言いたくはないですが、何かが明らかに違う。こういう時期の差って大人になった時に大きな差になるような気がしますね。

※次回は日系コミュニティのイベントについてFBしたいと思います。

c0014445_1036861.jpg

c0014445_10404922.jpg

by samurai-warriors | 2005-04-06 10:48 | 山田 晋三 | Comments(22)
心からの御礼
c0014445_3394280.jpgアメリカのプロに挑戦+倒す!という意志で集まってくれた選手・コーチ・スタッフ・関係者・チアリーダーの皆様、そして秦氏をはじめとするサンディエゴでの現地スタッフの皆様、1月22日、23日からのトライアウトから始って、約2ヶ月間(もちろん準備期間も入れると4,5ヶ月)本当にお疲れ様でした。

皆様の熱い情熱にはサムライウォリアーズ一人一人が勇気づけられたことと思います。富士通グラウンドでお手伝いいただいた皆様、関東学院でお手伝いいただいた皆様、そして現地SDでは今までに味わったことのないような歓迎イベントをたくさんオーガナイズしていただけた皆様。その他にも数え切れない程の皆様からの声援があり、本当に感謝の気持ちで一杯です。

試合結果は、思い描いていたものとは程遠く、私自身非常に責任を感じていますが、この敗戦から何を学び、次にどうのように具体的に手を打っていくかということが今は重要だと認識しております。

またこれから選手・スタッフの皆様にはアンケートの実施でいろいろなヒアリングをしていきたいと思いますのでぜひご協力ください。

SAMURAI WARRIORS HEAD COACH
SHINZO YAMADA
by samurai-warriors | 2005-03-31 03:41 | 山田 晋三 | Comments(1788)







Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム