▼Ba.cho/石島直和
▼Vo.Gt/清水葉子
▼Vo.Dr/郡島陽子
▼Gt/大月義隆
(写真左から)

--------------------------
・2005.12.07
1st mini Album 『七色の記憶』リリース
・2006.12.06
2nd mini Album 『月アカリサイレース』リリース
・2007.11.21
3nd mini Album 『クローバー』リリース
・2008.04.19
SUM41 JAPAN TOUR 2008@Zepp Nagoyaのオープニングアクトをつとめる
・2008.05.01
限定Single『孤独へのシグナル』リリース(indiesmusic.com限定)
・2008.06.18
1st Full Album『夢幻シンドローム』リリース
・2011.02.16
2nd Full Album『トランキライザー』リリース


昨夜は
me-al artのワンマンライブを見てきました。
葉子です。

me-al artと出会って12年くらい経つのかな?
出会った頃はまだボーカルが里子ちゃんじゃなかった。
初めて柏ALIVEでミールのライブを見たとき、その世界観に引き込まれて、終わったあと勇気を出して話しかけに行ったんだ。
その時にうちのデモCD(七色の記憶/時風の鼓動の2曲入り)を渡したらとても気に入ってくれて、一緒にライブやろうってなった。

それからすぐボーカルが変わって里ちゃんが入ってきた。その時里ちゃんはまだ18歳とかだった気がする。
バンドのボーカルが変わるってびっくりな事だけど、里ちゃんは全てを超越するものすごい物を持っていた。圧倒的な存在感と素晴らしい歌声。

それから数えきれないくらい一緒にライブしたな。

昨日の最後のMCで里ちゃんが
「やめる気はさらさらない」
って言ってたし、またステージに戻ってきてくれる事を心待ちにしてます。
とりあえず、一旦おつかれさま。
b0145688_13311595.jpg


さて今日は福島でライブです。
今やっと着いたとこ。初めましてのMOROHAとご挨拶も交わしたし、今日も楽しみです。

昨夜の感動を胸にガツンとやるぞー!
# by emm_unlimits | 2015-12-06 13:08 | Comments(0)
夢幻の宴アンプラグド~三浦海岸~新宿LeNY
どうも大月です


ライブ後にブログを書く習慣がせっかくついたので続くまで書いていこうかなと。

8/1熊谷モルタルレコード2F
夢幻の宴~アンプラグド~vol.2
FEELING STONES TOUR EXTRA
w/菊地信也(OVER ARM THROW),高橋智恵(FOUR GET ME A NOTS)

ツアーのアフターパーティー的なかんじで、いつも来てくれている皆さんとライブハウスとはまた違った雰囲気で緩く飲みながらアコギちょろっと鳴らすくらいのイベントやりたいなーと思って。
なのでゲストも気心の知れた人を呼びたかったから、キクとチエが快諾してくれて嬉しかったです。
チケットも有難いことにSOLDOUTしまして。ライブでも言ってたけど、親戚の集まり感が楽しかったのではと。笑
しかし暑かったねー。もしまたここでやるとしたら夏は避けようと心に誓いました。

キクを乗せて車で向かったんだけどさ、保土ヶ谷バイパスで三車線の真ん中を普通に走ってたら一台先のトラックがいきなり煙り上げてスピンして。目の前の乗用車もうちも急ブレーキ&ハンドル切ってなんとか接触もせずに回避。マジで死ぬかと思った。
したら次は関越道で事故渋滞にハマり2時間くらいオーバーしたかな。結局4時間かかった。4時間運転すれば名古屋か仙台まで行けるよ。
炎天下の中外で待ってくれている皆さんに郡島さんから振る舞いアイスもあったり、7/24チケット半券持参で特典付けたり、なんか感謝祭みたいで楽しいなって勝手に思ってました。
普段特典とかつけるのあまり好きじゃないんです、僕。タダでモノを配るっていうのが、すぐに物事を長期的に考えてしまう僕にとっては難しいことで。前にもどっかで触れたと思うんだけどアンコールについての見解とも少し似ているんだよね。でもなんかそうゆうのいいかなって。エクストラだからこそ出来ることしないと意味ないしなって。
歳を取ってくると、物事を提示することよりも物事を受け入れることのほうが難しくなってくるんだよね。そこを越えたいって思っています。それが活動に表れていたらいいんだけど。

肝心のライブは、、暑過ぎてマジで気を失うかと思いました。目の前に座ってたおっさん(失礼)がずっと扇いでくれてた。おっさんありがとう。
やっぱりアコはアコで楽しいね。もっと定期的にやれたらいいなーと毎回思うんだけど、中々バンドと並行するのがむずいよな。


8/5神奈川県三浦海岸 夏小屋Sound Annex
HOMIESx[NOiD]2015
w/SPLASH,Northern19,BUZZ THE BEARS,BACK LIFT,ENTH,SKALL HEADZ

こちらもまたいつもとは変わった一日でして。
HOMIESというイベントやってるあっきーと[NOiD]というイベントやってるユーマの企画。
まさに海の家をグレードアップさせたような感じのライブハウスでした。
なかなかこんなロケーションでライブが出来るなんてこともないし、わりと若いバンドやお客さん達と一緒になることも少なくなってきたので、こうゆう機会を作ってくれたあっきーゆーまクリマンに感謝しています。
ビキニギャルがダイブでポロリあるかなと思ってたんだけどなかったな猛爆
正直海や夏とかあまり得意ではない自分も楽しく過ごせたのは周りの皆さんのおかげだと思っています。笑

あとは、ちょっと思うこともあったんだけど、それはきっとここを見てくれている人やうちのライブ中にUNLIMITS目当てでもないのに海に行かずに観てくれていた人達には言うことではないと思ったのでもう少し自分の中で暖めておきます。

この日さ電車で行ったんだけど。横浜駅から京急に乗り換えてドアの横に立ってたのね。そしたらおそらく二十歳前後くらいの女のコ2人組がすぐ隣に来たの。で、ふと見たらビーサンにバンドTシャツ着てなんやらかんやらのバンドのラバーバンドいっぱいくっつけてて、まあこれから三浦海岸行きますオーラ全開だったんですよ。
ロックスターの端くれとしてはさ(ここでは大月がロックスターなのか否かという議論は置いておいて。ステージに立つ人間としてってことね)、電車で会場に向かう姿なんて見られたくないわけよ猛爆
まあでもおれそんなんじゃないし、普通が売りみたいなとこあるし(普通は売りにならない)、ってドアにもたれかかっていつものようにツムツムやってたんですね。したら、彼女らの会話が聞こえてしまうじゃないですか。まあ僕も気まずいし、彼女らも僕に気付いたら会話もし辛くなるだろうしなーなんて思って場所変えようかなーとか自分が動いたら負けだよなーとかしょーもないこと考えてたんだけど、恐らく90%以上僕の存在に気が付いてないわけですよ。その日の出演者のこととかガンガンに話しているんですよ。(UNLIMITSの名前は一切出てきませんでした猛爆)
で、多分こうゆうコらはうちの出番中は観ずに海とか行くんだろうなーなんてなんとなく思ってたんです(本番中フロアを目視した限りでは彼女らは会場内で発見出来ませんでした)。会場の外では何度か見かけました。
別に興味の無いバンドでも新しい出会いがあるかもしれないし少しでも観ようぜ!なんてことを言いたいわけではない。もっと俺たち頑張ろう!なんて糧になるような話にしたいわけでもない(もちろんそんなコ達にも届くように頑張っていこうとは常日頃思っています)。
なんかもっと複雑な話になるんだよ。どちらかというと最近の僕らは敢えてそうゆう環境に自ら身を投じている部分もある。そりゃ知った仲間と知った客で知ったライブハウスでやってたほうがその日は楽しいに決まってる。けどそれだけじゃって気持ちもある。けど絶対的に「ホーム」ってものも大事だし必要なのも分かってる。それがバンドだと僕は思うから。

きっと両方に良いとこ悪いとこあって。肝心なのはそれを理解しているかってこととその上で自らの意志で選択出来ているのかってこと。

って、暖めておくとか言っといて結局言いまくってる。笑

これはその彼女らがどうとかそうゆう話じゃなくて、そんなコらを見て色々自分の中で考えが出てきましたよって話ですので、あしからず。

とりあえず来年も開催していただきたいし遊びに行きたい。

8/6新宿ReNY
L.S.N PRODUCE EVENT LIVE PARTY
w/The LEGENDARY SIX NINE / アーバンギャルド / ゆるめるモ! / Maison book girl / 西村ひよこちゃん / サウイフモノ [OA]

こちらもラインナップだけ見ると中々荒波にダイビングのような一日。
The LEGENDARY SIX NINEてのが、ナイトメアのドラムのルカさんのソロバンドみたいなかんじで、その企画、です。
で、以前からUNLIMITSを気に入っていただいていたようで、vol.1もお誘いいただいて今回もって。ありがとうございます。
初めてV系の方に友達が出来ました(V系と総称するのは失礼なんでしょうかね、どうなんでしょう)。なんか嬉しかった。ルカさんもナイトメアではそれはそれは素晴らしいキャリアをお持ちなのに、僕らなんかにも凄く優しくて丁寧で1バンドマン同士として接してくれて。ギターの斎藤君とはvol.1以来に会ってギターの話で盛り上がったりなんかして。
あと西村ひよこ(呼び捨て)(生きるジャンルレス)が僕と同い年で、わりとエアジャム世代な方で話してて面白かった。ハスキンかけてたからなんで8.6じゃねんだよってダメだししたけど。
あとゆるめるモ!を初めて見させてもらったんだけど、僕は紫のコ推しです猛爆


てなかんじの刺激のある面白い3本でした。こんな環境を用意してくれた皆さんに感謝しております。


8月残りのライブは
9日に滋賀の野外でEAT THE ROCK
15日に新宿ロフトでミールアートのイベント
22,23日に八食サマーフリーライブ

どれも楽しみだ。

大月
# by emm_unlimits | 2015-08-08 12:00 | Comments(0)
FEELING STONES TOUR東名阪完結編
お疲れさまです大月です


先々週は4久々連チャンでライブ。16日松本17日福井とKENBANDのレコ発で、続いて大阪名古屋ワンマン。
そして先週24日に代官山UNITにて"FEELING STONES TOUR"ツアーファイナルワンマンで締めてきました。

FSTセットリスト解説ブログも本日完結編です。



7/18大阪シャングリラ
アメジストツアーファイナルぶりのシャングリラ。
ステージ高いし雰囲気良いしなんかUNLIMITSに合っているなーって勝手に思っていて、節目節目ではここを使わせてもらっています。初めてやったのはトランキライザーのファイナルだったかな。多分大阪初ワンマン。
パンゲアやファンダンゴも好きだけど、こうゆうカチッとしたとこもいいよね。


何がカチッとなんでしょうか


1.帰り道
2.ループ
3.君のうた
4.月光
5.カナリアの夢
6.約束
7.さよならバタフライ
8.アネモネの夢
9.うそつき
10.月アカリサイレース

リクエストコーナー
11.19時の空白
12.夜唄

13.Action&Action
14.孤独へのシグナル
15.クローバー
16.フランジア
17.七月の風
18.粉雪のメロディー
19.ハロー
20.リリー
21.ひこうき雲

8.アネモネの夢
(from 4th full"アメジスト"2014.4.16RELEASE)
http://tower.jp/item/3451893?recommend=8
UNLIMITS史上初の郡島さん作曲です。
最初に持ってきたデモのイメージと仕上がりは全然違うけど、新しい風吹いた的な?
冒頭のアルペジオの絡みをライブではたまにループのエフェクト使ってやってるんだけど、ビシッと決まると気持ちいい。気持ちいい。

12.夜唄
(from 2nd mini"月アカリサイレース"2006.12.06RELEASE)
http://tower.jp/item/2158539
知る人ぞ知る、ベース石島君がリードボーカルを取るUNLIMITS初期の曲。
ワンマンだったり夢幻の宴だったりでたまーに、年に1,2回やるかやらないかくらいの頻度でライブでも登場しますね。
なんとなく新宿ACBや十三ファンダンゴを思い出す曲だなー。雰囲気かな。

13.Action&Action
(from "TRIBUTE TO THE GET UP KIDS/VA"2009.3.25RELEASE)
http://tower.jp/item/2158539
こちらはもっと知る人ぞ知る、THE GET UP KIDSのカバーですね。
清水さんが好きだということでVA参加のお話いただいたんですが、これのレコーディング直前にワタクシ2週間入院していまして、、退院後も要安静なかんじでして、、退院直後にアレンジして録ってってかんじだったので正直生きるのに必死でこの頃の事はよく憶えておりません(猛爆)
ちなみに現在廃盤です(再猛爆)


7/19名古屋アポロベイス
こちらもUNILIMITS毎回使わせてもらってます。名前変わってアポロベイスになりましたね。
清水さん本番中ずっとアポロシアターって言ってたけど特に誰も突っ込み入れませんでしたね。それも優しさ。
昔は名古屋は自分達のイベントでお客さんパンパンに入っててもアウェイかってくらい中々距離感を掴みきれない日が多い印象だったけど、最近は凄く良い雰囲気かなーと。通ってる甲斐があります。
名古屋は日帰りですけどね

1.帰り道
2.偽りの世界
3.君のうた
4.シャットアウト
5.茜唄
6.約束
7.さよならバタフライ
8.月光
9.暗闇ノイローゼ
10.月アカリサイレース

リクエストコーナー
11.夜唄
12.19時の空白
13.夢冬の彩月

14.時風の鼓動
15.君に読む物語
16.Action&Action
17.フランジア
18.アメジスト
19.クローバー
20.カスケード
21.リリー
22.ひこうき雲

3.君のうた
(from 4th full"アメジスト"2014.4.16RELEASE)
http://tower.jp/item/3451893?recommend=8
アメジストの中では一番好きかもなー。ギターソロが。笑
「ザッツUNLIMITS」な曲が欲しいしライブでやりたいよねってことで出来た曲。
ギターソロの冒頭のフレーズあるじゃん?あれ、後半でスケール変わってまた出てくるじゃん?
これ、よくある手法っちゃ手法なんだけど、私から師匠是永氏への愛と感謝を込めたオマージュなんです。
わかるかなーわっかんねーかなー

14.時風の鼓動
(from 1st mini"七色の記憶"2005.12.7RELEASE)
http://tower.jp/item/1830490
こちらも相当久しぶりに登場したのでは。憶えてる限りではライブでは1,2回くらいしかやったことない気がする。
スーッと入ってくる曲でも、意外と進行やアレンジがしっかり練られていて演奏してみると複雑だったりするんですよね。そんな曲。
こちらもワタクシはレコーディングには参加していません。ちなみに「トキカゼのコドウ」と読みます。
鼓動…あの人元気にやってるかな


7/24代官山UNIT
久々の代官山UNITでした。多分蒼のツアーファイナル以来かな?違うかな?
あの頃は何故か苦手意識があったんだけど、久々にライブして全然そんなことありませんでしたすいませんでした。
日中ゲリラ豪雨で電車止まってたみたいですね。それのせいでライブに来れなかったって方いらっしゃるんでしょうか。もしいらっしゃいましたら物販で話しかけてくれればなんか差し上げます。モノ欲しさにウソついてきたら詰めます。
ライブ前にコンビニとか行くじゃないですか。で、その日来てくれるであろう雰囲気出てるお客さんとすれ違ったりするじゃないですか。お声がけいただいたりするじゃないですか。で、自分愛想悪いじゃないですか。ホントすいません。


1.帰り道
2.エターナル
3.君のうた
4.孤独へのシグナル
5.ハルカカナタ
6.うそつき
7.約束
8.夜風ドライブ
9.フランジア
10.アメジスト
11.クローバー

リクエストコーナー
12.追憶の未来
13.願い

14.Action&Action
15.月アカリサイレース
16.リグレット
17.エバーグリーン
18.ハロー
19.リリー
20.ひこうき雲

6.うそつき
(from 4th full"アメジスト"2014.4.16RELEASE)
http://tower.jp/item/3451893?recommend=8
この曲、1サビ終わる迄ギターがセンター定位で1本のみなんですよ。で、2番から展開していって。
最後のサビ、ライブだと音が薄くなるからエフェクター使わずもう一個1オクターブ下の音も弾いてるんです。全部で3音。わかる?
例えばEmだと、5弦7フレットと3弦9フレットと1弦12フレットを弾いてるの。凄いストレッチ。

凄いストレッチってなんかいやらしい響きですね。

13.願い
(from 1st mini"七色の記憶"2005.12.7RELEASE)
http://tower.jp/item/1830490
こちらもリクエスト多数いただいたようで。ありがとうございます。
引き当てられてよかったですね~。
これもライブでは何度かしかやったことないですね。(現メンバーでってことね)
そういえば「リクエストコーナー」とはなんぞやって方もいると思うんですが。うちの郡島さんが、その日にリクエストいただいた曲のカードを4,5枚くらい作ってきて、それをその場で皆さんに引いてもらって(もしくはこちらが引いて)、で、出た曲をやるっていうなんとも面白いようなふざけたようなコーナーでして。
5曲分のカードあるじゃん?どれになるか分からないから全部練習するじゃん?で、当日は2曲しかやらないし、その場になるまでどの曲になるかもわからないじゃん?場の流れとか会場の空気感とか準備とかあるじゃん?PAも照明も色々あるじゃん?
これふざけてるわりにけっこうレベル高いと思うんだよなー。その辺の若手じゃ出来ねーと思うよ☆(猛爆)

17.エバーグリーン
(from 3rd full"NeON"2012.8.29RELEASE)
http://tower.jp/item/3124843?recommend=15
こちらも相当久々でした。
評価はさておき、それぞれにそれぞれの思い入れがある曲なんだと思います。音楽ってのはきっとそれでよくて、好きも嫌いも自由だし、もし何か思い入れを持ってくれているならばそれはきっとその曲がその人の人生に寄り添っていたりほんの少し華を添えていたり糧になっていたりするのかなーって。
その瞬間てさ、その人の中ではその人が主人公でその曲が主題歌なわけじゃん?
ミュージシャンとしてこんなに有難いことはないです。
最後の解説くらいいいこと言って締めてみました。
あ、あと最後に。数少ないワタクシ大月作曲です。ええそうです、おれだってこんなに優しい曲が書けるんです(猛爆)


なんか曲のエピソードってよりもギターの解説多めになっちゃいましたね。ま、いっか。
ギターアレンジやソロって、その人の性格出るよなーって思う。A型アレンジ。笑


てなかんじでおかげさまで無事にツアーを終えました。
今回も沢山の方にお世話になりました。
来てくれている皆さん、対バンの皆さん、各地イベンターライブハウスの皆さん、ISOさんジュンさんはじめピザオブデスの皆さん、PAの小島さんとユズルと園田と澤田(小島さんとユズルは今回0本でしたが)、照明のまさよと亀井ちゃん、楽器のミツル、カメラマンのはんちゃんと川上君、デザイナーのミズキと岸君。隼人君とSIXPACKSTORE。
上げていったらキリがないくらいです。


さて、去年から続いたアメジスト~アメジストDVDの流れもここで一段落しました。
次は何しよっかなーってずっと考えてます。既に動いていることもあるしまだ僕の頭の中だけのこともあるし。
きっとまた新譜も出すだろうしツアーもやるだろうしイベントもやるだろうしいつかは大きな事もしたいなって思いもあるし、今はまだ具体的なことは言えないというか決まってもいないけど、これからも頑張って皆さんの気を引いてこっち見てもらえるように色々とやっていきますんで、宜しくです。

あ、8/1のFSTエクストラはエクストラでありアフターパーティーだと思っているので緩くやりますので来られる方は酒でも飲みながら緩く来てください。笑

では。
# by emm_unlimits | 2015-07-29 20:00 | Comments(2)
みんなで一つのチーム
大阪、名古屋のワンマンが終了しました。長野、福井でKen Yokoyamaのツアーに同行させてもらい実に刺激的で有意義な2日間を過ごし(嬉ション)、翌日は大阪シャングリラ、翌日は名古屋APOLLO BASEでワンマン。内容も疲れも濃厚すぎて今はカスカスの灰のようです。
来てくれた方々、ありがとう。
みんなのいい顔いっぱいみれて幸せだ。
あの空間はたからもの。

そして、この4連チャン(いい響き)で改めて実感した事があります。
当たり前なんだけど、ライブはバンドの人達だけでは出来ない。って事。
「この日にここでライブがしたーい」ってなったら、誰かが作ってくれたライブハウスや施設があって(野外の時は作ったり)、そこで働いてくれてる人たちがいて、ライブの日一日の運営を考えてくれるひとがいて、それを実行してくれる人がいて、搬入や搬出を手伝ってくれる人がいて、楽器のセッティングを手伝ってくれる人が居て、PA(音響)さんがいてくれて、照明さんが居てくれて、色々サポートしてくれるローディーさんがいてくれて、流れてくるマグロ(ダイバー)をキャッチしてくれる人がいて、転んだ人を助けてくれる人がいて、ドリンクを作ってくれる人が居て、コップを洗ってくれる人がいて、ホールを掃除してくれる人がいて、トイレを掃除してくれる人がいて、来れなかったけど想ってくれてる人がいて、色々気にかけてくれるレコード会社の人たちがいてくれて、家で待っていてくれる人がいて、足を運んでくれるお客さんがいてくれて、バンドの仲間がいてくれて、もっともっと、沢山の人に見えない所で支えられてる。
こんなに沢山の人達の世話にならなきゃ、バンドなんてメンバーだけじゃ、
なーーーんにも出来ないんだからね!
そーなんだからね!!
この際だからハッキリ言うけど、

心より、感謝申し上げます。
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
ペコ ペコ ペコ ペコ

"FEELING STORNS TOUR"も残す所
東京ファイナルのみとなりました。
お世話になっている皆様に感謝しつつ、攻めの姿勢でぶっ込みたいと思っておりますので、皆様是非に。

UNLIMITS pre.
"FEELING STORNS TOUR"
東京ファイナル
2015年07月24日(金)
@ 代官山 UNIT
start: 19:30 (仕事の後にも来れるよ!)
東京都渋谷区 恵比寿西1−34−17
ZaHOUSE (住所まで載せといたよ!)

平成27年 7月吉日
生傷の絶えない郡島より
b0145688_2341087.jpg

# by emm_unlimits | 2015-07-19 23:37 | Comments(0)
FEELING STONES TOUR金沢編

大月です


もう今日で6月も終わりですね。2015年も折り返しですよ、早過ぎやしませんかね。

こうやってあっという間に一年が過ぎていって三年五年十年と過ぎていっていつか死んでいくんですよ。(いきなり)

そう考えたらさ、若い頃に抱いていた「いつか」って、実はとっくに過ぎてしまっているかもしくはその「いつか」って、「今」なんじゃないかなって思うんですよ。

よく若い頃は「いつかは◯◯になってやる」とか「いつかは◯◯のように」とかあるじゃないですか。その「いつか」って結局いつなんですかね?って思うんですよ。

それって今なんじゃないかと思うようになったんですよね。お前が若い頃に抱いていた「いつか」ってのはもうとっくに到来していて、無意識のうちに達成していることもあるだろうし、達成出来ないまま今を迎えている部分もあるだろうし。それを今でも「いつか」って言っているのはただ答えを先延ばしにしているだけなんじゃないかなって。今を受け入れられてないだけなんじゃないかなって。

その全てを理解した上で先を見据えられているのかそうでないのかは、大きな差があるなーって。

そしてここから先はそれが絶対に必要だよなーって。

いつまでも向上心を持ち続けることは必要で、それとはまた別のお話ね。


最近そんなことをよく思います。先述の「覚悟と諦め」論ともリンクしていることですよね。




では"FEELING STONES TOUR"金沢編へ。



6/27金沢vanvanV4

1.フランジア

2.偽りの世界

3.君のうた

4.茜唄

5.ハルカカナタ

6.暗闇ノイローゼ

7.約束

8.さよならバタフライ

9.蜃気楼

10.アメジスト

11.クローバー

12.夢冬の彩月

13.国境線のワルツ

14.ハロー

15.リリー

16.七色の記憶


去年9月のアメジストツアーでdustboxと来た以来の金沢。

すごく好きな街。

今色々と話題の(笑)FOUR GET ME A NOTSにゲストとして来てもらいました。

フォゲミとも付き合い長くなってきたなー。僕が初めて出会った頃はちえちゃんまだ10代だった猛爆

早くここvanvanV4でもワンマンが出来るようにならないとなあと。



5.ハルカカナタ

(from 1st single"ハルカカナタ[通常盤]"2011.9.7RELEASE)

http://tower.jp/item/2904005

トランキライザーのレコーディングで既に録り終えていたんですよね、確か。当初はアルバム収録の一曲の予定だったはず。

で、出来が良かったので取っておこうみたいになってトランキライザーには収録されず、後にアニメ「BLEACH」の主題歌として初のシングルリリースとなりました。

山中湖スタジオでプリプロしてたらNO EARのDrアメテツが遊びに来て最近買ったプリアンプ試したいって言い出してこの曲録ったな。アレンジもすんなり出来上がった気がする。

よく「アニメに寄せた曲だ」とか言われる事もあるけどそもそも寄せずに作って後追いでタイアップ決まったのに、主題歌ってなってシングルリリースになるとそうなるんですかね、イメージって怖いねーって思うしそもそも寄せて作る事自体の何がいけないんでしょうか。


6.暗闇ノイローゼ

(from 2nd full"トランキライザー"2011.2.16RELEASE)

http://tower.jp/item/2825901?recommend=15

すげー久々にやりました。

RECでは間奏で初めてスティールギターを弾きました。ライブでは当初はスライドバー使ったりしていたんだけど、最近は使っていません。笑

もっとシンプルにライブでもやれなきゃいけないってのと難しいってのとめんどくさry


12.夢冬の彩月

(from 2nd mini"月アカリサイレース"2006.12.06RELEASE)

http://tower.jp/item/2158539

これまた何年ぶりにやったんだろうか想像もつかないくらい久々にやりました。

ギターのアルペジオが印象的な曲。この曲も自分が加入する前からあった数少ない曲ですね。

リアレンジして今のUNLIMITSが作り直したらそれはそれで良くなるだろうなーって思うし、旧譜ってそれを「しない」ことの良さもあるよなーって。


13.国境線のワルツ

(from 3rd full"NeON"2012.8.29RELEASE)

http://tower.jp/item/3124843?recommend=15

RECでは冒頭と間奏のアコースティックギターの部分は12弦ギターを使用しています。

ライブではエレキなので、クリーンにLINE6のM13のエフェクトで1オクターブ上の音も少し出して薄くショートディレイかけて雰囲気近づけて演奏しています。

最近はサラッと出来るようになったけどわりとスキル高いんだぞこの曲。猛爆



なんかvanvanV4で昔の曲沢山やってたら当時の事色々と思い出したな~

まだお客さんなんかも全くと言っていいほど入らなかったことや、OATの1stフルアルバムのツアーで連れて来てもらったこととか。ここの店長が僕と同い年でさ、良い時も悪い時も見続けてくれているし、お互い歳取ったなあって。笑


早くワンマンやらなきゃですね。金沢また行きます。



で、翌日は神戸でアルカラ主催の神戸ライブハウスサーキット「ネコフェス」でした。

我々はスタークラブでトップバッターやらせていただいたのですが、入場規制もあったようで多くの方に来ていただけて嬉しかったです。ありがとうございました。

アルカラの皆さんとはゆっくり出来なかったのでまたライブハウスで一緒にやりたいなー。

10年以上前から知っていますが、何も変わっていないとこが尊敬します。



てなかんじでFEELING STONES TOURも残すは東名阪ワンマンのみ!

と、アフターパーティー的に夢幻の宴アンプラグドもやります!


"FEELING STONES TOUR"

7/18(土)梅田 Shangri-La

7/19(日)名古屋 APOLLO BASE

7/24(金)代官山 UNIT


8/1(土)熊谷モルタルレコード2F

夢幻の宴~アンプラグド~vol.2

FEELING STONES TOUR EXTRA

ゲスト有り

7/24UNIT公演半券持参で特典有り


このツアーのワンマンでしか味わえないような夜になると思います。

と、恐らく年内最後のワンマンになるかと思いますので皆様是非遊びに来てください。

イベントの30分ステージとワンマンてこんなに違うんだなって、その辺のただ曲ダラダラやったり台本通りのワンマンとは違うんだぞってのをお見せ出来るんじゃないかなと。


では。


大月


# by emm_unlimits | 2015-06-30 20:02 | Comments(0)