音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
【20周年おめでとさん】
e0171532_17112229.jpg

アルバム・デビューからきっかり20年目の7月21日、恵比寿リキッドルームに姿を現したSGGは、ロックのオーラ噴き出しまくり。
ステージ前面に張られたシースルーのカーテンに映し出されたTVノイズ越しに見る3人は、野太い存在感をグルーヴに換えてオーディエンスを身体の底からアオるアオる。

秋にリリース予定のニューアルバムに対する自信を、ヤックが珍しくキッパリ宣言して歌った「レッツゴー」で、みんな大盛り上がり。

いよいよ倶知安へ向けて、レッツゴー!!


このライブのレポートは『野性時代』でやるので、お楽しみに!
写真は三浦憲治サンだよ。

なお、ライブ後の楽屋で橘あつやオニイチャンに、ブラックボーダーズ対バンの際の失敗写真を褒めて(?)もらいました(笑)。

(写真は、終演後の楽屋でさらに自信満々のヤック)
by emm_unicorn | 2010-07-24 17:11
リキッド直前インタビュー
ご無沙汰!!

いよいよ7/21 リキッドルームが迫ってきたぜ!リハはすごく順調でカッコいいとの噂。期待しちゃうなあ。

今回はリキッド直前記念SGG「レッツゴー」スペシャル・インタビューだ!!

――この前、エッグマンのアコースティック・ライヴでやった「レッツゴー」って、楽しい曲だったね。

八熊▼ああ、あの新曲はアルバムの代表になる1曲って感じです。なぁんとなく書いた曲なんだよね。あんまり意図しない方がいいんだろうな。意図しちゃうとね、意外とダメね、みたいな(笑)。

わかりやすいキャッチーな曲でもあるし。

――『2EASY』を作った影響はあったのかな? 名曲ばっかりカバーすると、その秘密がわかるとか。

八熊▼いや、それはなかったなあ。けっこうこの歳で、曲作りの仕組み的には勉強はある程度しているので。それよりも、逆にバンド3人で演奏 してみての「ああ!」って気付くとこがいっぱいあって。今まで新曲をやっても、「その新曲を表現する」っていう意味での演奏力でしょ? カバーってやっぱり、「この世界を」というより、いじくり倒して、「あ、こうやったらこんなカッコ良さが」みたいな、そこで気付 くとこがいっぱいあった。そういうことって最近あんまりなかったから、『2EASY』はそこかなあ。よく『2EASY』のときにみんなに言われたのは、キッスなんかをあまり考えずにそのまんまやったはずなんだけど、「いやあー、これ、いちばんスパゴーっぽいですね」とか言われて。そういうもんなのねえ、みたいな(笑)。敢えて自分ららしさとかは考えずにやっても自分らなのね、みたいな。今更ながらに気付いた。

――ちなみに「レッツゴー」はどこで生まれたの?

八熊▼すげー、取り調べみたい(笑)。ああ! 思い出した思い出した! スカパーのミュージック・エア・チャンネルを朝方見てて、ロイ・オービソンの30分ぐらいのライブをやってた。で、ボーッと「ロイ・オービソンって何がいいんだろう」とかって見てて。30分見て聴いて、まとめたのがこの曲。あははは! いやあ、変な言い方だけど。だから俺はロイ・オービソンのつもりなんだけど。ロイ・オービソンが夏のロックンロールにならないかなあと思って書いたんじゃないかなあ。……でも、いまだにロイ・オービソンの何がいいかわからない。全然わからない(笑)。

――ロイ・オービソンをスパゴーがやると、「レッツゴー」になるんだ(笑)。

八熊▼そうそう。

たちばな▼初めて聞いた(笑)。メンバーとしてもロイ・オービソン的なものは感じないでやってますもんね。だからスパゴーになる。その話を聞いてからやってたら、俺もインプットされてるから、ちょっとその影響が出てしまうと思うんです。

橘▼なんとなくどこかに出てしまうという。

八熊▼いや、大丈夫、大丈夫(笑)。あれはもう、歌い方さえロイ・オービソンになんなかったら、そうならないと見た。

――エッグマンではお客さんに歌わせたり、ハンドクラップさせてた。あれは「おまえら予習してこいよ」的な、倶知安の予習?。

八熊▼うんうん。最近滅多にそういう客参加型の曲ってなかったので。まあ避けてたわけじゃないけど、敢えて無理矢理作る必要もないだろう、みたいな感じでずっとそういう曲を作っていなかったので。そろそろ20周年だし、参加してもらってもいいかなと。……うははは。

――で、こないだやってみて、やっぱ楽しかったの?

八熊▼うん、楽しかった。

――でもお客さんのリズムは、あんまりよくなかったりして(笑)。

八熊▼いや、それはアナタに思いました!

(一同笑い)

――倶知安で5000人の「レッツゴー」大合唱が起こったら、冬だったら雪崩とか起きるかもしれないし(笑)。

八熊▼んー。どうなんだろうねえー、その辺は……やってる人たちは気持ちいいんじゃないかなあ。単純でシンプルな歌なだけに。そんなに考えなくていい歌だし。

たちばな▼まあ、笑うよねえ。コミカルな笑いじゃなく、「有り難い」というか。何て言うんだろう、自然にほほえむというか……。

八熊▼イベント会場の上のジャンプ台が落ちそうだよ。ホント危ないらしいよね、ジャンプ台。

――サビサビだからねえ。

橘▼細かいことを言うと、ヤックについて先頭を切って歌うタイプと、追っかけで歌うタイプが分かれるんだろうな。

八熊▼まあ来年ぐらいだね、ちゃんと完成するのは。

橘▼そうですね。

八熊▼今年はみんなおっかなびっくりだろうから。

(一同笑い)

八熊▼なんとなく「合ってるのかな?」とか。

たちばな▼でも初めて聴いてもわかりやすい曲だから、曲が終わる頃には……。

――曲が終わる頃には(笑)。

たちばな▼慣れて、歌ってくれてるのかなっていうのはあるかもしれないです。

八熊▼ウチは全員楽器を持ってるのがガンだよね。リードしてあげられない。

――RCサクセションの「雨あがりの夜空に」みたいな位置づけの曲になるのかな。2万人の大合唱とか。

八熊▼それには、あと20年ぐらいかかるんじゃない?

(一同笑い)

たちばな▼あー、40周年だ(笑)。
by emm_unicorn | 2010-07-19 23:18