音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
【感動の夕空】昔キャラ雄一
e0171532_215113.jpg

そんなこんなで7/26は移動の都合上、空路で帰るため、結局、福岡へゴー!!。
着いたら、雨は上がって少し日も差してる。それでも会場の海の中道周辺の道路状況は悪いようで、中止は仕方なし。残念。被害のあった地域の復旧を祈ります。ユニの夏勤労を楽しみにしていた人が多かったと思うので、できればリベンジできるといいなあ。


というところで、7/25セットストック・ダブルヘッダー第二回戦のレポ。

ユニコーンの前にイースト・ステージで演奏したTHE BOOMとの再会をバックステージで喜び合うメンバーたちの姿は、観ている昔キャラ雄一まで嬉しくなるほど。以前は夏のロック・イベント・サーキットをともに回ったバンド同士だけに、また同じステージでライヴできる歓びはひとしおだろう。それにしても、この日のTHE BOOMのラスト・ナンバー「島唄」のスケールの大きさは圧巻。特にリズム・セクションの確かさは、今年20周年を迎えたバンドのテンションの高さを示して有り余るものだった。

三浦さんが早速、たぶん18年ぶりとなる2バンド・ショットを撮影。後ろに森が広がる前に並んだ旧知の9人も、みんな嬉しそうだ。


出演直前、夏勤労制服を着用した5人は、ストレッチしたり、バーベキューを食べたり、それぞれ野外フェスを楽しんでいる。

おや? 三浦さんのコスチュームもメンバーとお揃いだあ。還暦ということで、背中に60の文字が入った真っ赤なツナギ。似合ってるじゃん。いつもユニコーンを“如意棒カメラ”で撮ってくれている三浦さんに感謝を込めて、スタッフがこの日のためにプレゼントしたもの。今日はこのかっこうで三浦さんはユニ初野外フェスの撮影に臨む。

さあ、準備OK。
蝉が鳴いてます。牛も鳴いてます。カラスが鳴きました。ユニコーンのご当地フェス登場だあ。

今日のトリを待っていたファンが歓声を上げる。


雄一の隣には、2人のお子さんを連れた勤労夫婦がいる。お母さんがひとりを抱っこして、お兄ちゃんは柵につかまっている。お父さんは後ろで3人を見守っている。「夏勤労、お疲れさまっす」と声を掛けたくなるハッピーな光景だ。

ユニがステージに姿を現わした。

夕焼にはならないものの、雨の心配はまったくない。雨上がりの夕空に雲が浮かんで、その前に5人。野外フェスでは、夕暮れのライヴがいちばん美しい。そんなビューチフルなシチュエーションで、今日はどんな歌が聴けるのだろう。


阿部くんのオルガンが響く。EBIくんは客席に背を向けて、大きくうねる壮大なオルガンを聴きながらベースを構えている。かわにっさんは叩き始めるタイミングを計って、身体を動かしながらリズムを取っている。てっしーは足を開いてステージを踏みしめるいつもの立ち姿。さっきひとり勤労を済ませたばかりのOTは、どんな気持ちでこのユニのステージに立っているのだろう。

ギターを弾きながら、ワンコーラス目をじっくり歌いこむOT。終わって「ヒロシマー!!」と鋭い雄たけびをOTが上げると、それまで聴き入っていた客席は我に返ったように両手を挙げて応える。OTのギター・ソロがすさまじい気迫だ。終わって歌につなぐかわにっさんのドラムのフィルがこれまた鋭い。てっしーのギターのアルペジオのスケールがアップしている。

続いて、オトコギ丸出しのあの懐かしナンバー。野外のビッグ・ステージにここまでやや手探りな面もあったが、この曲で夏ユニは完璧に仕上がった。

EBIくんをはじめ、リズムのドライヴ感が本当に気持ちいい。そんな5人を写そうと、赤い還暦カメラマンの如意棒カメラがにょっきりステージ背後に現われる。きっと三浦さんにしか撮れないいいショットが生まれているに違いない。

そんな感慨にふけっていると、一転してEBIくんがワンワン吠える。あははは、これだかユニ勤労は止められない。隣で見てるお兄ちゃんが、EBIくんの変なカウントを聴いて、お母さんの方を見て笑ってる。一方、抱っこされてる弟くんは、寝てる。EBIくんの声って、子供には催眠効果があるんかい(笑)。その証拠に次の曲で阿部くんが歌い出すと、弟くん、見事に目が覚めたのだった。あは。

「呼んでいただいてありがとうございます。ユニコーンです。こういうところはあまり慣れていないんで、こんなにたくさんいられるとどうしたらいいんでしょう。今日は絶対に豪雨だと思ってましたけど、奇跡のような・・・本当によかった、オールスター!! こんなダラダラしてると、今にも降り出しそうなので、やることやって爽やかに帰ろう。いかに俺たちがトリにふさわしいかビミョーか、ご覧ください」とOT。

アコギが雄大に鳴る、くるりの岸田くんも大好きな曲だ。さすがに作者のてっしーらしく、ラストのアルペジオがとってもきれい。


ここからが盛り上がりタイム。トリにふさわしいかビミョーかの分かれ道だ。合図はカウベル。さすがユニコーンって感じで、公園の斜面を埋めたオーディエンスがヴィヴィッドに反応する。弟くんをダンナが抱っこして、隣のお母さんはノリノリ。ナイス・アシスト!!


ラストは例の感動ナンバー。やっぱどんなところで聴いても、この曲はいいわい。

アンコールで最初に出てきたのは、てっしー。「メンバーを呼びまぁす」と、かわにっさん、EBIくん、阿部くん、OTを呼び込む。

「みなさん、本日はいかがだったでしょうか。瀬戸とセットストックは掛かってますが、ちょっと遠い(笑)。カープとかサンフレッチェとか、いろいろ顔を出しましょうね。雨が降らなくてよかったよ、わりと僕は晴れ男なんで。今日、弾き語りやったんですけど、最後の曲で蚊に3発食われました」とOT。

 最後の最後は、ユニコーンのアンサンブルの良さの極致。阿部くんとOTのギター・リフの絡みが切ない。会場全員が一緒に歌ってる。エンディングで5人は、かわにっさんの周りに集まって呼吸を測る。じゃじゃーん、パシーンと見事にフィニッシュが決まった。OTが「ありがとう、広島」とひと声。雨は一滴も降らなかった。

と、OTがステージ上で三浦さんを紹介する。「60才に昨日なったんで、真っ赤です(笑)」。5人は客席と反対に向いて集まる。オーディエンスをバックにしたショットを三浦さんに撮ってもらうためだ。「みんな、撮るぞ!」、三浦さんの大声はマイク無しでも会場中に聞こえる。これもすごい写真になりそう。それを合図に花火が上がる。またひとつ、大きな思い出が生まれたライヴだった。

広島への帰り道は、ワイパーをフルに動かしても前が見えないほどの豪雨。本当に奇跡的な一日だったんだなと実感。

小降りの広島で、三浦さんの還暦祝パーティーは深夜にスタート。みんなで乾杯したり、お好み焼きをパクパク食べたり。メンバー&スタッフ全員の心からの祝福に、三浦さんもニッコニコ。それでも写真を撮りまくってるのが三浦さんらしい。
さすがにシメのラーメンはみんなで止めて、三浦さんをホテルに送って、長くて楽しい一日が終わったのだった。
(ライヴ直後に地元メディアのヒーロー・インタビューを受けるユニコーン)
by emm_unicorn | 2009-07-28 02:15 | ユニコーンの今から昔から
【ちょっと太目メンバー?】
e0171532_25246.jpg

(写真は、真っ赤な還暦カメラマンの背中)
by emm_unicorn | 2009-07-28 02:05 | ユニコーンの今から昔から
【ひとり股旅新曲?】今キャラ
e0171532_1745845.jpg

7/25の午後、豪雨の中国地方勤労と聞いて、覚悟を決めて広島駅に降り立った。途中の神戸あたりで新幹線の窓を叩く大粒の雨に、あー、やっぱりダメかなと思いつつ、広島県に入ると、雨が上がる気配。広島駅では、パラパラ程度だ。

それでも空の色は、ぎりぎり。

カメラマンの三浦憲治さんと、レンタカーに乗り込む。そう、昨日が憲治さんの還暦の誕生日。現地でユニコーンが盛大にお祝いしてくれるとあって、取材クルー一同、気持ちは盛り上がってるのだが、やっぱり空模様はギリギリ。
会場のある庄原市に向かって走り出すと案の定、雲がどんどん厚くなってくる。
さらに進むと、あれ? 今度は空が明るくなってきたぞ。

国営備北丘陵公園に到着すると、明るい空の下でクレバが♪猫はニャー♪なんて歌ってるではないか。
さすがにピーカンってわけにはいかないが、雨はギリギリ回避できそう。

さっすがユニコーン。空前の豪雨を撃退か!

会場のでっかい公園は自然がいっぱいで、オーディエンスたちは楽しそうにのんびり過ごしている。
楽屋にはすでにOTが到着していて、アコギをチェックしている。そう、ユニの前にOTだけひとり勤労をやるのだ。
周りの仮設楽屋にはTHE BOOM、サカナクション、ロッカトレンチ、おとぎ話もいるし。

気分が盛り上がってきたところで、ユニの4人のご到着。
セイハローして、時計を見つつ、ひとり勤労の行なわれる “神楽殿ステージ”に向かう。

途中に古代製鉄“たたら”の展示があったり、小さな池にはガマの穂が生えてたり、このあたりは出雲文化の匂いがする。古い民家や水車が移築してあったりして、いい公園だなあ。

早くも入場制限のかかった会場に急ぐ。道に人があふれている。そりゃそうだよな、広島球場をたったひとりで満員にしたOTだもの。

なんとか通してもらって会場に着くと、小さな広場はすでに人人人でいっぱいだ。

舞台となる神楽殿は、立派な木造建築で、屋根の下に張り巡らされた注連縄は龍の姿をしている。たぶん“鉄の神様・やまたのおろち”がモチーフになっている装飾だ。久々の“ひとり股旅”を、こんなシチュエーションで見れるなんて、ラッキー&ハッピー。

夕方5時を少し過ぎたところで、おなじみのBGMが流れる。おお、これだこれだとウキウキしていると、頭に手拭い姿のOTが登場。神楽殿のある小さな谷に、大歓声が響く。入り切れないで道から見てる人たちも、両手を挙げてOTを歓迎だ。

椅子に座って、まずは横に置いたミニ冷蔵庫から缶ビールを取り出して、パキッと開けてチビリ。

蝉が鳴いてます。これは本物の蝉。アゲハ蝶も飛んでます。

3本並べたギターのうち、濃いブラウンの1本を手にすると、楽譜を開いてコードを確認するようにジャカジャカ鳴らす。

「だいぶ忘れてたんで・・・」とOT。

注目の一曲目が始まる。過ぎ去りしダーティー・サーティーのテーマソングをゆっくり歌い出す。会場から「おお」と小さな声が上がった。そう、今日の僕らは、大げさで自由なのだ。

歌い終わって、「ありがとうございます。今5分くらい経ったよね。ということは一曲5分として」と今度はバーボンのボトルを取って、氷の入ったグラスにドボドボ注いでグビリ、「この後もあるしなあ」とニッコリ。
OTも久々のひとり股旅が楽しそうだ。

次はかなり意外な曲。以前の股旅でもたまにしかやらなかったナンバーだ。そのせいか、ギターがちょっと頼りない。

「大丈夫かねえ」とOT。自分で突っ込んでどうする(笑)。「雨が降らない。わけがわかんないよね。今日の最後のほうは、たぶん大惨事。誰がやんのか知らないけど(笑)」。おとぼけMCに、みんなゲラゲラ。

次の曲のイントロが始まる。
ん? んん?? どっかで聴いたことあるイントロ。OTが歌い出したのは、なんとくるりの名曲ではないか。一緒に口ずさんでる人がけっこう多い。やっぱOTとくるりは共通してるところがあるのかな。もしかして、9月の京都音博の練習かいな(笑)。歌い終わって「新曲でした」とOT(笑)。「暑いっすね。冷蔵庫だけじゃなくて、扇風機も用意すればよかった」。

そして“ひとり股旅”はここからがすごかった。

ギターもしっかりしてきて、エンジン全開、声が出まくる。濃い緑をたたえた森に、OTの力強い声が朗々と響き渡る。いいな、いいな、大自然股旅は。

「いかん、いかん、時間がない。ダラダラし過ぎました」、時計を見ながらOTはさっきの自分のMCに突っ込むように♪雲行きがぁ♪と歌い始めて、「あ、これ、さっきやってないよね」と観客に確かめたから、会場はまたまた大爆笑。

「最後の曲です」とOTが言うと、会場から「えーっ?!」、すかさず「最後の一曲は『人生は上々だ』を30分やるか(笑)」。舞台監督から、あと2曲、大丈夫と指示が出る。「じゃ、あと2曲ね」とOT。

この2曲で、それこそジャマイカからインドネシアまで聴こえるくらいに声はさらにでかくなる。神楽殿ステージに集まったオーディエンスは、ひとり股旅を十分楽しんだのだった。

OTは深く一礼して、ビールとタバコを持って去った。

そろそろ日も傾いてきた。こうして“股旅ユニコーン・ダブルヘッダー”第一回戦が終了。

第二回戦、ユニコーン編の続報を待て!!

(写真は、ひとり股旅のスタートを待つ神楽殿ステージ)
by emm_unicorn | 2009-07-26 17:04 | ユニコーンの今から昔から
【グランドスラム達成】今キャラ
e0171532_1346395.jpg

あちゃー、今朝の電話で知らされたのは、博多ハイヤーグラウンド中止のニュース・・・。
昨日は奇跡的に天気に恵まれてすごいライヴを堪能し、ユニの地元打ち上げに参加。盛り上がったんだけど、奇跡も二日は続かなかった。

ライヴハウスAX、インドア横浜アリーナ、野外セットストックと、夏勤労のバリエーションを楽しんで、今日はキャンセル。
トホホなグランドスラム達成となっってしまった。

災害に会われた方々の無事を祈りつつ、まずは西日本シリーズ第一報。
昨日の勤労の模様はすぐにアップするので、しばし待っててください。
(写真は、奇跡のユニコーン日和のセットストック会場)
by emm_unicorn | 2009-07-26 13:46 | ユニコーンの今から昔から
【惜別長身ギタリスト】昔キャラ
e0171532_2192274.jpg

フジロックもいよいよ開幕! 夏フェスの季節到来だあ。

ナノムゲンでアジカンの後藤くんがユニコーン&スピッツの出演した最終日のオーディエンスの年齢層について「ちょっと上かな」って言ってたけど、だとしたらあの盛り上がりは何? ユニ・ファン?
ユニコーン出演時は当然だけど、最後のアジカンでもすごく盛り上がっていたので、あれからじっくり考えてたんだけどと、ユニ・ファンがおおいに暴れてたのかな? だったらうれしいなあ。
足ボロボロ&膝ガクガクになっても、フェスを楽しみきるユニ・ファンって、素敵だあ。

明後日の広島勤労に向けて仕事バリバリ片付けてたら、ミッシェルのアベフトシくんの訃報。 確か彼のプレイを初めて観たのは、HiHoでおなじみのTVKのライヴ番組で、THE MODSのオープニング・アクトとしてデビュー前のミッシェルをピックアップしたときだった。
最後に会ったのは、去年の末の吉川晃司くんの代々木第二体育館ライヴ。終わってから、本当に久しぶりに少しだけ話したな。っていうか、かっこよくて無口なギタリストだったんだ。
何かの縁かもしれないけど、ついこの前7/21はスタジオ・コーストでミッシェルのベーシスト上野くんが参加してるthe HIATUSのライヴを観てた。
早すぎるな、アベくん。
彼も広島出身。
黙祷・・・

そんな想いを抱いて、いざ、広島に参戦だあ!! (写真は、ユニ・マーク入りシンバルケース。色がかわいいぜ! もう今頃は広島に着いてるかも。トランポさん、お疲れさまっす)
by emm_unicorn | 2009-07-24 02:19 | ユニコーンの今から昔から
【叫べ、ドラゴン】昔キャラ雄一
e0171532_117486.jpg

蝉が鳴いてます。ユニコーンの登場です。

夏勤労のスタートは、7/19渋谷AXから。平山が今まで行った数々のライブハウスの中で、いちばん音が好きな場所でユニコーンが見れるなんて、最高の幸せ。

昔はパワーステーションとか、旧新宿ロフトとか好きな音のライブハウスがいくつかあったが、AXの飛びぬけた音の良さは、昔キャラ雄一も認めるところ。

ぎっしりパンパンのフロアの、ユニ勤労率はわからない。が、前に詰めているのはかなりタフな連中で、モッシュ&ダイヴのタイミングを今か今かと待っている。

イベントの首謀者ドラゴンアッシュが、ダンサブルなイマドキのライヴをかます。力、入ってます。

続いて出演した9mmは、とにかく「若い!」って印象。破壊的なパフォーマンスは、血を熱くさせる。メロディが昔の森田童子みたくて、昔キャラとしてはちょっと親しみやすかったりして。

で、いよいよユニコーンの出番だ。

よく見ていると、最前列がユニ・ファンに入れ替わっているようだ。

SEがまじで、蝉(笑)。夏です。

若手2バンドのライヴでもみくちゃになってもまだまだ元気を余らせてるオーディエンスが、蝉に負けない大歓声を上げる中、おそろの夏服で5人が登場。

久しぶりだし、オール・スタンディングだし、フロアは完全にあったまってるし、メンバーの顔つきから察する気合の入り方はハンパない。

阿部くんの指がオルガンに置かれると、イントロが流れ出す。

ああ、横須賀がフラッシュ・バックする。

またユニコーンに出会えた感動で、頭がグルグルする。

沖縄ツアー・ファイナルで一度ユニコーンとお別れしたから、不思議な気持ち。

この夏が終わると当分見れないんだなという切なさが、こんな不思議なタイミングであふれてくる。

ツアー本編のときには無かった感慨がよぎる。

OTの歌が始まると、一瞬にしてユニコーンの世界に引き込まれたのだった。

Zepp OSAKAでオール・スタンディング・ユニは経験しているが、やっぱAXのユニの音は格別だ。まるで目の前でかわにっさんが叩いてるみたい。それと、今日のEBIくんは絶好調。多少間違ってもカジュアルな笑いでやり過ごしながら、リズムのドライヴ感がすごい。♪大人の恋ならキャリアが必要、その名もEBIくん世界を一人占め♪ってな感じ。あっさり2曲でAXに火が着いた。

二階で見ているドラゴンアッシュのKjが、イントロが鳴るたびに「やっべーー!!」を連発。フロアもダイヴこそないものの、真ん中でモッシュが始まる。ユニ・ファンじゃない人も、火の出るようなユニコーンの演奏に我慢の限界を超えたようだ。

おそらく初めてユニを見る人も多いはずだが、圧倒的なおっさんバンドのパフォーマンスに、激しくリアクションしていて、それこそスリル満点。てっしーのライトハンド奏法のマネをして大笑いしているファンもいる。

いきなりMCを振られたEBIくん、「ユニコーンです。知ってますか?」といきなりカマす。
そこにOTがかぶせる、「こういうイベント出るのは初めてなんで、よろしくお願いします。今日は3バンドだから、比重が重いわけですよ。頑張りましょう」。ビールをグビリとやると、客席から「くれー!」と声がかかる。OTは「え? 君たちは未成年でしょ」と、軽く一蹴。

ツアーのときより当然時間が短いから、超スピードの“あの曲”をバテずに叩くかわにっさんが見れて、ラッキー!!

途中、阿部くんのエレピが故障するトラブルはあったものの、それがかえってメンバーの気合をさらに高めて、すごい夏の一発目ライヴになったのだった。

昔キャラは興奮収まらず、そのまま朝まで呑み上げて、ブログが遅くなってすいませんすいませんとぼやきながら、いざ横浜。

アリーナにまた蝉が鳴いてます。

外人バンドNADA SURFに続いて、日本の誇りユニコーンの登場です。

思い出の横浜アリーナは広々していて、昨日とはまったく違うシチュエーション。

が、しかし、ユニの貫禄はどこでも同じ。

のしのし出てきて、ぶちかます。

さすがに大会場だからか、メンバーお互いに顔を見合わせながら曲に入っていく。

夏フェス勤労は、与えられた演奏時間によって6パターンのセットリストが用意されているが、今日は40分バージョン。短いけど、これまたあっという間に、オーディエンスをつかんで、高みに持ち上げる。

「呼んでくれて、ありがとうございます。こんな大きなところに慣れてないんで、申し訳ないと思ってます。自分たちの使命をまっとうして去りたいと思ってます」とOT。大きな拍手が湧く。

ニューアルバムの曲も昔の曲も、平等に盛り上がる。一緒に歌う。もしかしてユニ・ファンが半分以上なのかなと思うほどの反応だ。

最後のアジカンでもほぼ同じ反応だったから、フェスの首謀者アジカンのファンって、本当に音楽が好きな人が集まってるんだなと、昔キャラは涙腺をゆるませたのだった。

昨日、故障した阿部くんのエレピも完治して、アリーナ全員をタイムマシンに乗せて、ユニコーンは去っていった。

やっぱすげーぜ、ユニコォーーーン!

(写真は、KK50の文字がまぶしい新夏服)
by emm_unicorn | 2009-07-21 01:17 | ユニコーンの今から昔から
【続・夏直前】今キャラ平山
e0171532_4342160.jpg

ユニ・ファンのみなさん、夏勤労を前にして気合十分ですなあ。
そう、そんなみなさんの現役時代から始まって、今のニッポンの夏フェス全盛があるのだ。 昔はJT○プレゼンツとかスポンサー付きのイベントばっかりだったけど、あれはみなさんの元気さに対するバブル企業からのラヴコールだったわけですな。
それと、ユニとくるりって、かなり重なるんだなと素直に感心。かくいう平山もその一人だしー。
どっちも自由に音楽やる姿勢が共通してるよね。もっと正確に言うと、「前と似た曲は絶対に作らない」という音楽家としての姿勢が共通してるのかも。実はこれってすごいことなんだよな。
だってユニもくるりも、本当に新作が楽しみなバンドじゃけん!

ってところで、またまたユニ・リハ、のぞいてきました。
壁に貼られてるのは、セットリストだな。今度こそ「パープルピープル」やってくれないかなあと、横目でチラ見。なになに・・
なにー!、こんな曲やってくれるのぉぉぉ! 夏勤労、はっきりいってキテマス。
ユニは期待にたがわず、ワンマンツアーとは、ちょっと違った顔を見せてくれそうです。
わっかりました。平山はまず、広島参戦、します。 さらなる続報を待っててくれ!

(写真は例の曲のイントロでOTに叩かれるのを待ってるカウベル&特製バット型スティック)
by emm_unicorn | 2009-07-16 04:34 | ユニコーンの今から昔から
【夏本番直前】今キャラ平山
e0171532_1322739.jpg

さてさて、そろそろ夏のフェス勤労が近づいてきたので、ユニコーンのスタジオを訪問。リハーサル初日を偵察してきた。

さすがに本チャン・ツアーのように大掛かりじゃなかったが、コンパクトな楽器セッティングを見てたらドキドキしてきた。
メンバー全員には会えなかったけど、ツアー・クルー含めてみんな気合が入ってたぞ! なんせ年長者にはきっついサマー・ワーキングなんで、体力もチェックせねば・・・って、参戦する方も十分対策立ててってくれぃ。

平山はまずは今週末の渋谷AX、ドラゴンアッシュ、9mmバレットとのガチンコと、思い出の横浜アリーナ(笑)でのナノムゲン・フェスでスピッツ、アジカンとのジョイントに勤労する予定。
広島にも行きたいし、その後はまた考えよっと。 みなさんは勤労予定、決まってるのかな? どこかでお会いしましょうぜ!!

(写真はレズリースピーカーの上で阿部くんを待つアニマル)
by emm_unicorn | 2009-07-14 01:32 | ユニコーンの今から昔から
【フェスへゴー!】今キャラ平山
e0171532_1282083.jpg

先週発売の女性セブンは、女性誌史上初の夏フェスグラビア特集!!
平山としては、いっぱつかましときました!
by emm_unicorn | 2009-07-14 01:28 | ユニコーンの今から昔から