音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
【残業おつかれ!】今キャラ平山
e0171532_1563449.jpg

みなさん、活字に映像に勤労残業お疲れ様っす。

吾妻光良&ザ・スゥインギンバッパーズの名曲「年には勝てないぜ」のイントロの♪みんな、疲れてないかあ? 朝起きると足の親指が痛くないかあ?♪っていうコール&レスポンスをやりたくなっちゃうぜ。


そろそろ夏の参戦を決めなきゃいけない時期に来たので、まずは7/19のドラゴンアッシュとの対決、そしてスピッツと一戦交えるアジカンのフェス“ナノムゲン”7/20に立て続けに行こうと思っております。

みなさんの追加勤労の予定はいかがでしょうか?

今回の勤労で心身ともに蘇えった方々の健闘を祈ります。


というところで、昨日はZEPP TOKYOにくるりを見に行ったわけですが、素晴らしかった。

今日この日の演奏をしようという彼らの覚悟は、ユニと完全に通じていて、気持ちよかった。

秋の新規勤労として、OTが参戦するくるりの京都のイベントに行かなくちゃ。

余談ですが、終演後の楽屋はなんとユニ・ファン率がかなり高く、失礼ながらユニ話で盛り上げっていたのを、くるりの俊才ベーシスト佐藤くんがニコニコ聞いてたのが楽しかったです。

やはりユニとくるりは何か縁がありそう!!

(写真はZEPPに行く前の青山で、路地裏の駐車場の壁に張ってあった極彩色標語)
by emm_unicorn | 2009-06-23 15:06 | ユニコーンの今から昔から
【感動アゲイン】今キャラ平山
e0171532_71720.jpg

さあ、みなさん、ついにDVDリリースだあ!

一回目は明かりを消して見たいもんです!!

一度解散したからこその、あの感動をアゲインしてくらっさい!!
(写真はDVDを手に入れて喜ぶユニキャラのアップ)
by emm_unicorn | 2009-06-17 07:01 | ユニコーンの今から昔から
【別カド完成】今キャラ平山
e0171532_5323430.jpg

昨日6/15に布袋くんの”ギタリズムⅴ”ツアーを観に行ったら、別冊カドカワのスタッフが来ていて、「ユニコーン特集」の印刷が終わったと教えてくれたので、急いで送ってもらうことにした。
すごく楽しい本になってるって。楽しみ楽しみ。

布袋くんのライヴも、ギタリズムのヒストリーを網羅した内容ですごく良かった。
客席にはex.JUDY&MARYのTAKUYAくんや、exソフトバレーの森岡賢くんも来ていて、昔キャラ雄一としては久しぶりにセイハローできたのも嬉しかった。
そしてアンコールのバラードのギター・ソロの途中で、いきなりRCサクセションの「スローバラード」が始まったのにはビックリ。しかもギターのフレーズが清志郎さんの歌のクセを完全にコピーしているのには大感激。
歌うギターって、こういうことを言うんだろうな。
MCではそのことにまったく触れない布袋くんのオトコギにも感動。
いいもの、見せてもらいました。
(写真は、布袋グッズとして売られていた”ぞうさんギター”。さすが、いい音してたぜ)
by emm_unicorn | 2009-06-16 05:32 | ユニコーンの今から昔から
【脱力知らずの5人】昔キャラ
e0171532_3323044.jpg

注文限定生産の『Hi-Ho!』のオマケについてる“UNICORN Hi-Ho! tvk SESSIONS”も、かなりのレアアイテムだ。

80年代バンドブームの強力助っ人ライブ番組「LIVE TOMATO」は、地上波テレビ局が追っかけきれないスピードで拡大していたバンドシーンを、徹底的に応援してたUHF局(懐かしい響きじゃ)のtvkから発信されていた。
tvk=テレビ神奈川は小さなステーションだが、ロックへの愛情は筋金入り。なんてったって70年代からロック番組を放送してたってくらい。ザ・モッズも佐野元春くんも、ここを拠点としていた。ロック番組なんて誰も見向きもしないと言われていたけど、どっこい、音楽好きの誰からも愛され続けていたのだった。

当時のバンドブームを引っ張っていたのは主に雑誌とラジオで、テレビで頑張ってたのは「LIVE TOMATO」など、ほんのわずか。だからダビングを繰り返したエアチェック・ビデオを大事に見ていたユニ・ファンもかなりいたんじゃないかな。
昔キャラ雄一はこの番組の企画・キャスティングをやりつつ、インタビュアーも担当。きっついことばっか聞く“ヒール”として、バンドマンから恐れられていたもんだぜ!
一方でNHK FMの『サウンド・ストリート』のDJもやってたので、これはと思う新人バンドを独断と偏見でたくさん紹介していたのだった。(ちなみに『サウンド・ストリート』のオープニング・ジングルはスライダーズに作ってもらった。ゼイタクでしょ、えっへん)。

さてHi-Ho!のレア映像だが、特に最初のブロック、イベント「PATiPATi TOMATO」のユニのパフォーマンスが萌え萌えだ。
読んで字のごとく雑誌PATiPATiと「LIVE TOMATO」の共同イベントで、シチュエーションは中型野外スペースの読売ランド・イースト。 トリの“アップビート”の前という大抜擢の出演順に加えて、降り出した雨が強くなる一方というプレッシャーがかかる。だが、それを跳ね返していく5人の勇姿が見ものだ。

まだ加入したばかりの阿部くん、曲を追うごとに不敵なツラ構えになっていくOT。

川から海へ出て行く酒、じゃなかった鮭のような、一人前のバンドマンに変わっていくスリリングな瞬間が収められている。
ってか、オーディエンスが雨に打たれてへこたれていく様子を出演前の楽屋で知ったメンバーが、ガッチガチに緊張していくのを昔キャラ雄一は見てたから、よけいにビハインドの状況を突破していくユニに目を見張ったもんだ。


“脱力”なんて言葉をまだ知らない5人の姿を、「ふるえるもん宝」 の電池でも交換しながら見ておくれ。

PS 沖縄完全レポートはDVD発売に合わせて6/17にhttp://musicmall.excite.co.jp/でアップする予定。お楽しみに。
(写真は、ツアー関連大試験が終わってホッとするスタッフの面々)
by emm_unicorn | 2009-06-12 03:32 | ユニコーンの今から昔から
【あの頃僕も若かった】昔キャラ
e0171532_4161244.jpg

めでたくツアーが終了して夏のイベントが始まるまでの間、怒涛のリリース・ラッシュが始まる。

詳細はユニのオフィシャルHPに出てるとおりなのだが、まずビックリはもちろんLIVE DVD 『MOVIE 12 / UNICORN TOUR 2009 蘇える勤労』。なんたって4/01横浜アリーナが完全収録されている。っちゅーことは、例の“歴史的和解”の全貌も入ってるっちゅーことなのだ。(詳しくはこのブログの4月分参照)。

ってか、DVD見て何がなんだか訳が分からない友達がいたら、読ませてあげてくださいね。


こぼれネタ的には、実はこの日、一緒に横アリに行ったのは、アジアのNo.1歌姫○ISIAさんのマネージャー氏。彼は○ISIAさんのツアーを仕切るライブのスゴ腕なのだが、ユニコーンの大ファンでもあるので、だったらぜひ我らがユニコーンのライブを見てほしかったので一緒に行って隣で見ていたのだった。
それが突然の阿部くん呼び出しとともにカメラもやって来たので、彼の姿も大スクリーンに映ってしまい、その日見に来ていた音楽関係者から「なんでそこにいるの?」という笑いまじりの問い合わせが来たという。彼の姿もDVDにちらっと入っちゃってるから、“巻き込まれた和解の生き証人”だよね。

で、そのマネージャー氏が帰りに「最高のライブでしたね」と喜んでいたことを、ここに報告しときます。

しかもこのDVDの“実録特典”は「蘇える記憶~これが1992年2.28平山雄一帰宅事件の衝撃映像だ!」なのだ。

17年前の阿部「CSA」ワンマンショーの途中で呼び出された平山が、すでに帰ってしまった経緯がしっかり記録されている。この映像を探し出した銀ちゃんのリサーチ力には、脱帽!! “歴史的和解”の発端となった事件の真相がここで明らかにされる。でも、ほんとにこれが“実録特典”でいいのかなあ(笑)。すんません。


試しに、銀ちゃんに「ギャラは?」と聞くと、「だって平山さん、帰っちゃって写ってないんだから、ゼロでしょ」。確かに・・・。

けっこう笑えるので、見て笑ってやってください。



もちろんユニコーンのライブ映像もサウンドも最高の出来なので、必買です!



次回は“UNICORN Hi-Ho! tvk SESSIONS”の秘話でもいってみますかね。

(写真は沖縄ファイナル打ち上げ二次会で、“謎のもみあげマン”に変装して大受けだったPAチーフさん。たぶん彼が帰宅事件当日のPAエンジニアだったはず)
by emm_unicorn | 2009-06-08 04:16 | ユニコーンの今から昔から
【狂熱の打ち上げ】今キャラ平山
e0171532_1727112.jpg

狂熱のファイナルから3日。まだ冷静になれない平山である。

打ち上げはファイナル・ライブに負けず劣らず、最高の盛り上がり。メンバーひとりひとりのスタッフへの感謝の言葉と、それぞれの次のステップへの意欲を声と態度と酒で表してくれて、みんなジーンとなってしまった。乾杯!
ハイライトは、ツアー・テストの点数発表と表彰式。テスト問題は、外観写真から会場名を当てたり、「大迷惑」の演奏が止まってしまった場所は?などシャレの効いた難問珍問が山積み。いちばん知ってるはずのメンバーですら答えられない問題もあった。乾杯乾杯!
ちなみに歌詞の穴埋め問題もあったが、EBIくんは自分のリードボーカル曲の歌詞がわからず、全員唖然!よくこれでライブやれてたなと、改めてツアーが無事終了した奇跡を祝ったのだった。乾杯乾杯乾杯!

宴は当然、朝まで。平山は途中居眠りして怒られながら頑張ったけど、最後はギブアップ。朝日を浴びてホテルへ。
その後、メンバーもスタッフも心ゆくまで打ち上げを楽しんだと、翌日の空港で会ったメンバーが言ってた。
って、じゃあほんのさっきまで呑んでたんじゃん!すげー連中だあ。

この感動最高潮の沖縄ファイナルをこのブログを読んでるみんなに伝えたいという気持ちがふつふつ湧き上がってきたので、頑張ってみる!アンコールの秘密など当サイトで近々完全レポートするからお楽しみに。

それとライブDVDやTVKお宝映像についてのこぼれ話も紹介するぜ。
てか、両方とも平山に関係が深い映像なので、こぼれ話っていうより、ネタに近いかも。
まだまだユニコーンで楽しもうだぜ!
(写真は、ファイナル前日に爆弾男・阿部くんが爆発してしまったので袖が千切れてしまったブルースリー衣装の問題部分)
by emm_unicorn | 2009-06-03 17:27 | ユニコーンの今から昔から