音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
【スポーツマンEBI】今キャラ
e0171532_127242.jpg

死球式事件の続報!

メンバーからの貴重な証言が得られた。

張本人のEBIくんは試合後のパーティールームで、沈痛な面持ちでこう語った。

「絶対にぶつけちゃいけないと思えば思うほど、ボールってそっちに行っちゃうもんなんですね。ごめんなさい」。



グラウンドではEBIくんと同じ背番号14を付けて勝利投手となった篠田選手が、ヒーロー・インタビューを受けている。これは偶然とは思えない。そう、EBIくんのピュアなスポーツマン精神をひしひしと感じる奇跡だった。



それと、訂正がひとつ。かわにっさんの背番号0823は、彼の地元・呉の市外局番だと本人から申告がありました。ごめんなさい、だぜ。


(写真は広島が逆転で勝ったスタジアムを感慨深げに見渡すかわにっさん)
by emm_unicorn | 2009-04-28 01:27 | ユニコーンの今から昔から
【面白カープグッズ】今キャラ平
e0171532_1243885.jpg

(写真は球団側から差し入れられたC型カープドーナツ。メンバーはすぐにパクパク、残り一個の図。この他、カープグッズはユニコーン並みの面白アイテム満載。売り場はいつも賑やか)
by emm_unicorn | 2009-04-28 01:24 | ユニコーンの今から昔から
【死球にやさしく】今キャラ平山
e0171532_14534374.jpg

速報!

ユニコーン始球式、無事?終了。

広島と阪神のシートノックが終った後、メンバー5人が一塁側ダッグアウト前でキャッチボールを開始。

日曜日で満員御礼の広島球場のボルテージはぐぐっと上昇。

様になっているのはOTとEBIぐらいで、後はかなり怪しいユニコーン軍団。かわにっさんがボールをトンネルすると、客席は大笑い。



だが、こんなのはまだ可愛かった。この後、まさかの事態が・・・。



ウグイス嬢にコールされて、ファースト阿部(背番号1173いいナミ)、セカンドてっしー(3623サムにーさん)、サードOT(082)、ショート川西(0823おやじさん)、そしてピッチャーはEBI(14カズシ)が守備位置に着く。対するバッターは、阪神の赤星。EBIはリラックスしているように見えたのだが・・・。



投げました。



EBIの手を離れたボールは、なんと赤星選手の背番号53に吸い込まれたのだった。



えー、デッドボールかよぉおお。



赤星選手、痛そう。前日、大敗した広島を勝たせる作戦なのか、相手選手を壊しにかかるとは、EBI、腹黒いぜ。



メンバー5人で赤星選手にあやまって、始球式は無事?終ったのだった、あははは。

(写真は始球式直前の円陣。おそらくこのとき、メンバーの誰かから死球作戦の指示がEBIに与えられたと思われる。試合は現在五回まで0対0。EBIの作戦は果たして成功するのか)
by emm_unicorn | 2009-04-26 14:53 | ユニコーンの今から昔から
【明日天気になあれ】今キャラ平
e0171532_16345413.jpg

東京はしとしと雨。

明日の広島がユニコーン日和になりますように。

かんじのよめないよいこたちももいのっててください

(写真は松江の楽屋でOTに弾かれるのを待つギター群。特に手前から2番目の12弦ギターで弾かれる予定の名曲は、涙モノ)
by emm_unicorn | 2009-04-25 16:34 | ユニコーンの今から昔から
【松江素浪人食】
e0171532_1624185.jpg

広島参戦直前記念サービスカットだよ。

(みんなで夜食を食べたお店で出された、女将心づくしのキスの天麩羅・蕗味噌添え)
by emm_unicorn | 2009-04-25 16:24 | ユニコーンの今から昔から
【緊急参戦始球式】今キャラ平山
e0171532_1950262.jpg

我らがユニコーンはニッポンの誇りであるとともに、当然ご当地広島の誇りでもある。今年新装なったカープのホーム“新広島球場”でユニコーンが一大セレモニーに出演するという。

見たいけどどーしよかなと迷っていたが、例のヅラの相棒が大の野球好きで、「ってことで、じゃ、行っきましょうや」ということに急遽なった。

あんまりわけがわからんが、「だな」、と返事してしまった今キャラ。
ってことで、今度の日曜日に広島行ってきます。けど、さすがに火曜日まではいられないので、ライブはお預け。音楽評論家としては「えーのんかい、それで」とは思うものの、そこは風紀委員の任務の範囲ってことで。



前代未聞のロックバンドによる始球式の衝撃のレポートを待て。



ちなみに先日の松江では、これまでツアー先で必ず出会っていた巨大エビをミッシング。果たして広島ではすごいヤツに出会えるのか。サブ企画“雄一の日本エビ紀行”もお楽しみに。

(写真は島根県民会館の廊下に貼り出されていた“注意事項”。なんで全部ひらがななの??)
by emm_unicorn | 2009-04-22 19:50 | ユニコーンの今から昔から
【風紀だんだん】今キャラ平山
e0171532_1583954.jpg

やって来ました、島根県松江市。

4月だっちゅーのに日差しカンカンで、5月末並みの暑さ。駅から半袖でぶらぶら歩いて行く途中、まずは名物“出雲そば”を割り子(木製の散っちゃな器)で3枚ツルっといただいて、島根県民会館に到着。前に来たのは30年近く前。オフコースを見に来て以来の松江だ。

お城の堀割にドンコ舟が浮かんでて、緑の柳がユラリ。きれいな町並みに感激するとともに、こんな町で風紀の乱れは許さんというユニ風紀委員魂に新たな気合を入れる。



メンバーより先に着いたので、お茶を一杯もらって待ってると、メンバーが到着。ちょっと日焼けしてて元気そうだ。昨日の移動日の休みを利用して、メンバー&スタッフ有志でゴルフに行ってきたらしい。


まずは阿部くんと“歴史的和解”を喜び合う。例の“義晴アリーナ”の日は楽屋に寄れなかったので、あれ以来の対面。改めて握手&抱擁。阿部くんは銀ちゃんが撮ってくれた当ブログ掲載のバンザイ写真が気に入ってるんだって。それを聞いて、いい奴だなあ、やっぱり。・・・が、油断は禁物、だぜ。

ライブまで時間潰しに松江城に登ったら、館内放送で「このお城は、出雲の領主、堀尾吉晴(よしはる)公の力作です」って言ってるぞ。あー、なんか今日はやっぱヨシハル・デーになるんだなと、会館を見下ろす天守閣でおだやかな感慨にふけったのだった。

だがだが、まさかあんなことになるなんて・・・。

ほぼ定刻通り、ライブがスタート。風紀委員は目を光らせる。メンバーが登場。
おっ、いつものツナギじゃ。噂に聞いた服装違反はないようだ。

ホッとして周りを見ると、小さなお子さんが結構いる。お母さんは、子供を抱えながら感動の棒立ち。じわっと涙をにじませている。後ろの男性ファンは懐かしいナンバーが終ると、「夢見てるみたいだ」とひとりつぶやいているし。

そんな感涙シーンは例によって、最初だけ。後はもう爆笑と歓声の渦だ。まるで“心のマッサージ”。これが今回のユニコーンの楽しさのツボだ。チラッと子供さん達を見ると、総立ちの大人に囲まれて戸惑っている様子。どちらかと言うと、周りの大人というより、初めて見るお母さんの大興奮ぶりにビックリしてるみたい。
それでもテレビゲームでお馴染みのキャラクターがステージ画面に現われると、お母さん以上に喜んでて、ほっとする風紀委員だった。

演奏はまたまたぐっと良くなっている。年齢なりの渋さの方向には行かず、年齢不詳のワイルド・プレイの連続。川西さんが途中ちょっと間違えたけど、気にしない気にしない。

そして事件はアンコールで起こった。ツアー開始以来、ギャグ冴えまくりの“阿部コーナー”で、ギャグが冴え過ぎて暴走。話が一歩、下ネタに入るやいなや、直線一気に大暴落。風紀委員のほっぺたは引きつったのだった。でもみんなゲラゲラ笑ってるし、女性オーディエンスからは阿部くんも真っ青な切り返しが飛んでくるし。

ま、いっか。年を取ったから、こんなこともあんなことも笑ってすませられるんだからな。

そこでハッと気づいた、今日は子供が多い、こんな話を幼児に聞かせてはならない。再び風紀魂に火が着いてあわてて見回すと、阿部くんのあまりの話の長さに子供たちは座席で寝てるではないか。ホッとした風紀委員ではあった。

ただし、松江の町には申し訳なし!
だんだん。

(写真は、阿部くん下ネタアリーナを見下ろす美しき松江城。本当にきれいなお城だっただぜ)
by emm_unicorn | 2009-04-20 01:58 | ユニコーンの今から昔から
【松江名物】
e0171532_1574968.jpg

(写真は三味割り子そば。大根おろしだけのヤツがいちばんうまかった)
by emm_unicorn | 2009-04-20 01:57 | ユニコーンの今から昔から
【メリハリ鳥クロニクル】
e0171532_1881576.jpg

今キャラ平山*

さてさて東京の桜も一段落。

満開の千鳥が淵を通り抜けて武道館で観たエレファントカシマシ、よかったなあ。バンド・ブーム育ちのバンドマンたちは、元気だぜ!

なんて感慨にふけっていたら、関西・九州各地のユニ・ファンからいろんな情報が届いてる。中でオッと思ったのは、“ころもがえ”報告。ツアーも雪の山形から始まって、桜前線が列島を北上してる間に、すでに初夏に入ろうとしている。
な・の・で、ユニ野郎どももさすがに“ツナギ”では暑くてゲロゲロ、冬服脱皮、夏服に変えてくれとお代官さまに直訴したらしい。

そこで、平山は決断!

ユニ風紀委員としては、服装チェックは怠れないのだ。

島根に参戦するぜ!

もし不適切な服装の場合は容赦なく“イナバの白ウサギ丸裸”にしてしまうぞ。

以上、風紀レポートを待て!!

(写真は、今や懐かしい横須賀シークレット・ギグのときにもらった、ツバかぶりシートの入場券。なんと不織布製)
by emm_unicorn | 2009-04-16 18:08 | ユニコーンの今から昔から
【夜桜同窓会】今キャラ平山
e0171532_20272973.jpg

夏の阪神タイガース並みの過酷なユニコーン“死のロード”は、一ヶ月近く東京戻りなしのスケジュール。バンドマン諸君やスタッフご一同はお元気かいな? 

そんな股旅野郎どもに思いを馳せつつ、今週は某世田谷公園に夜桜お花見宴会に行ってきた。

音楽関係の宴会だけに、例の“横アリ和解事件2”を目撃してた人も多くて、「ビジョンで見てましたよ」とニヤニヤ話しかけられっぱなし。改めて事件のハッピーさに感激感激。

ライトアップされた満開の桜の下、紅白の幕が張られて、トン汁、チーズリゾット、モツ煮込み、白身魚フライ、チラシ寿司などの食べ物屋台が並び、飲み物もワイン、ビール、焼酎、熱燗などはもちろんすべて無料。平山は差し入れの“三色オイナリさん”を持参して、入場。主催者のホットスタッフは老舗のイベンターだけに、セッティングは完璧&太っ腹。さすがの仕切りに、200人近い参加者はテンション上げ上げ、開始から一時間もたたないうちに全員ほろ酔い状態に突入したのだった。

平山はカメラマンの三浦憲治さんを見つけて、今回のユニコーン・ツアーの凄さをサカナにしてガブガブむしゃむしゃグビグビ。

懐かしい人にも、たくさん会った。中でも16年ぶりに会ったエンジニアさんは、ユニコーンのデビュー時のデモテープを録った人で、縁の深さと不思議さに、またまた乾杯乾杯。

さて次は何を呑もうかなと歩いていると、何やら楽しそうなテーブルを発見。ありゃ、そこにいるのはフライング・キッズの浜崎“浜ちゃん”貴司くんじゃあーりませんか。

早速、隣に座ると、その隣には真心ブラザーズのYO=KING。

浜ちゃんは現在、ソロデビュー10周年を記念して“gachi(ガチ)10番勝負”と銘打って、弾き語りガチンコ・ライブを代官山のライブハウス“晴れたら空に豆まいて”で展開中なのだ。

対戦相手は初回の真心・桜井秀俊くんを皮切りに、佐藤タイジ、仲井戸“CHABO”麗市、斉藤和義くんと来て、5月は古内東子さん、6月はザ・ブームの宮沢和史くんが予定されている。「平山さん、CHABOさんのを見に来ればよかったのに」と言いながら、どうやら浜ちゃんは“キング”をこのイベントに誘っている様子。
倉持キングはニコニコ話を聞いている。

と、さらにその隣にいたニットキャップをかぶった目のクリクリした宴会参加者が突然、口を開いたのだった。

「ひどーい、平山さん。ほんとに気が付かないの?」とニットキャップを脱いだ。

なにー、よっく顔を見たら、YUKI ちゃんじゃあーりませんか。

「あー、し、失礼しました。すんごい久しぶりー!。いつ以来、だろ・・・あ、倶知安以来だ」。そう、スパークス・ゴー・ゴーが故郷・倶知安で開いた痛快ロック・イベント「JUNK! JUNK! JUNK!∞2005」以来。このイベントにはOTも出てたし。だから3年半ぶりくらいの再会。平山のうっかりぶりに、みんなでガハハと大笑い。

その後もさんざん盛り上がった末、三浦カメラマンにみんなで記念撮影をしてもらって、「ユニコーンの武道館でまた会おうね!」と言って別れたのだった。

今キャラ平山はそのまま三浦さんや高橋幸宏さん達と“大人二次会” へ。あー、OTにもっとたくさんあの肝臓薬もらっとけばよかったと思っても、アトの祭りだったのだ。

(写真は平山ヘボカメラマン撮影の夜桜宴会遠景。三浦さん、あの写真、早くちょーだいね)
by emm_unicorn | 2009-04-08 20:27 | ユニコーンの今から昔から