プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

<   1989年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1989 4/29 1st Single 「大迷惑」 発売

「WORLD TOUR 1989 服部」の日比谷野外音楽堂の日に初のシングル発売という、珍しくスムーズな流れを見せる。この日のライブの模様は「MOVIE 2」にも収録されている。
たしか、この日のステージは撮影した時の観客の頭で隠れる部分を考え、舞台全体を20センチ程度上げて行われた。
また、「MOVIE2」の武道館部分でも確認できるステージ横の巨大な動くサーチライトをこの日も使用したが、野外だけに航空関係の問題などを事前に確認した。
このライブの撮影はビデオテープではなく、フィルムを使っていた。撮影に使ったフィルムは最大20分程度しか録画できないので、事前に収録する曲を決め、時間を計算し、曲の途中でフィルム切れが無いように準備して行われたが、監督である板屋氏の実験的な撮影方法が多く、関係者が見てもイマイチ意味不明である。
後日、監督に聞いたところ、「サービス」は観客の縦ノリを表し、「おかしな二人」は左に消えた民生が右から出てくる事がやりたかったそうである(詳しくは作品を見てください)。まさに意味不明。よくこの撮影方法でOKが出た物である。21世紀になっても理解に苦しむのであった。

f0153822_14382071.jpg
[PR]
by unicorn-osuki | 1989-04-29 19:56 | RELEASE | Comments(8)
 
ブログトップ | ログイン

以前の記事

カテゴリ

全体
RELEASE
LIVE
TV・RADIO
EVENT
未分類

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。