ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

北海道 利尻 うに丸

1年振り5連連続の利尻うに丸。

今回は釧路から列車を乗り継ぎ、札幌丘珠空港から空路利尻へ。
c0227168_10553858.jpg
あいあわらず雄大な利尻富士が出迎えてくれる。
c0227168_10573008.jpg
1回目のライブの時PA機材トラブルで音が出なくなり、急遽偶然置いてあったギターを使わせてもらって生歌生音で演った。
その時のギターを主催の佐藤さんの家で見つけて5年振りの対面。
あの時はマジで焦ったな・・・、そこからつながった利尻うに丸。
c0227168_10574200.jpg
c0227168_10574781.jpg
ライブは、久しぶりの顔、初めての顔、遠方からの顔で満員御礼、熱く暑く(最北なのにw)盛り上がった。
まだ下北沢ライブを残すがノンケーズ祭も兼ねるので利尻が実質的にひとりツアーラスト、最後は花束までプレゼントされた。
来てくれたみんな、本当にありがとう。
c0227168_10575901.jpg
佐藤さんはじめライブ実行委員会のみんな、PA小杉さん、喜久子ママ、利尻町役場のみなさん、ようこさん&葵ちゃん&ももか&お父さん&お母さんに感謝。
最初は劇団四季にくっついて利尻に行ったことから始まった利尻との縁、こんなに続くとは。
これかもずっと大切にしたいこのつながり。
c0227168_10581711.jpg
翌日フェリー乗り場で久しぶりに町長さんと対面。
c0227168_10580548.jpg
今年もテープを用意していてくれて、見えなくなるまで手を降ってくれた・・・感激、重ね重ね感謝。
また次回がもう楽しみだ。

北海道 釧路 喫茶ラルゴ

1年振り5年連続のラルゴ。

c0227168_11403945.jpg
今年もたくさんの人が来てくれた。
アップテンポでは大盛り上がり、スローテンポではじっくり、いつもそんなラルゴのライブ。
元気な男子達の大声の声援があったりして、いつも以上に熱く盛り上がるライブになった。
まさかのトリプルアンコールまで、本当にありがとう。
ブルースデラックスもいい音を鳴らしてくれた。
c0227168_11383000.jpg
c0227168_11380266.jpg
今年で10周年のラルゴ、10年と言ってもそう簡単なことではなく、オーナーの豊川君のいろんなミュージシャンとのつながりと音楽に対する熱い心意気があってのゆえのことだ。
このあと15、20、30、50(百歳w)とよろしくお願いします。
c0227168_11383814.jpg
打ち上げのお母さんの手料理美味しかった、ときちゃんいつも看板ありがとう、ゴールデンウィーク休み無しのかわしまくんw、FM釧路田村さん(次回は伺います)に感謝。
c0227168_11385450.jpg
見に来てくれた男性の方に「ケイスケさんが来たら春がきたなと思う」と言われ、めちゃくちゃうれしかった。
これからも大事にしたいラルゴとのつながり。

ひとりツアー2016春もあとは利尻、そしてラストの下北沢を残すのみ。

北海道 芦別 ロックハウス・ディラン

1年振り4回目のディラン、2013年のミュージック・ハーベストを入れると5回目の芦別。

c0227168_07520529.jpg
札幌から高速バスふらの号に揺られ芦別へ。
あいにくの雨模様だったが、ライブが始まる頃には止んだ。
ライブは最初から大騒ぎw、ディランらしいノリで大盛り上がり。
それぞれがそれぞれの方法で音を楽しむ感じがいいな。
ライブが終わる頃にはまた雨が。
c0227168_10445877.jpg
音楽には別に決まりはない、ロックンロールでもソウルでもパンクでもなんだって全部一緒。
自分で責任を持って自分の方法で自由に楽しむ、それでいい。
来てくれたみんな、ありがとう!
遠方からも車やバスで来てくれて本当にありがたい。
c0227168_07500214.jpg
にこやかな顔とは違うパンクスピリッツ満載のオーナーの忠さんw、盛り上がってくれたマダム美香子さん、西田君、カヨさんに感謝。
年々強くなっていく芦別とのつながり、大事にしたい。
c0227168_07501713.jpg
毎回楽しみな忠さんのLPコレクション、ゲバラとの絶妙なレイアウトw
c0227168_07510243.jpg
なぜかいつも曇り空でなかなか見られないがいちど降ってくる空いっぱいの星を見てみたいな。
ひとりツアー2016春もあと2本に。