朝から泣いた

たろも がご飯を食べまして

キッチンのご飯場所に入ってきたのは

10日ぶり



病院の廊下で

たろもを託しながら看護師さんに報告したら

その途端


「ええ~~ よかった~~~~」


「心配してたんですよ~

食べなかったらどうしようって」


「たろも、がんばったね~~」




びっくりするほど大きな声で

そう言って

泣いちゃった!


私も泣いちゃった…



サバサバしてクールに見える女性ですが

動物病院の看護師という立場だけでなく

本気で気にかけて

心配してくださっていたことを

初めて知りました。



朝から夕方まで数時間かけて

抗生剤とビタミンの点滴をするのですが

たろもを置いて病院を出るのは

後ろ髪、グイグイで・・・



でも、

こんな温かいプロの方が見守ってくれるなら

安心です。

ほんとうにありがたいことです。






d0339674_12154953.jpg





高栄養の病院食を

注射器で口に入れていますが

自分で噛んで飲みこむことが 

元気と気力のために大切。


ここから受ける刺激が

復調のきっかけとなるのです066.gif


人間と同じですね!!







d0339674_12154968.jpg



うるさいくらいにご飯待ちする姿 

早く見たい…


たろも~ がんばれ~~


親ばか話でほんとにスミマセン!




   
Youtube で動画配信しています 40歳からのきれいの心得




<< 赤いプレス発表会 私の頭痛薬 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie