KIRISAME DIARY 椿屋四重奏 KIRISAME DIARY 椿屋四重奏
椿屋四重奏 椿屋四重奏 PROFILE INFORMATION OFFICIAL SITE ARTIST DATA
RELEASE INFORMATION

NEW!!
Single
『マテリアル』
2010年11月24日発売

『マテリアル』

【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-30242/3
¥1,300(税込)
WARNER MUSIC JAPAN

この作品を購入する

【通常盤】(CD)
WPCL-10883
¥1,000(税込)
WARNER MUSIC JAPAN

この作品を購入する

Album
『孤独のカンパネラを鳴らせ』
NOW ON SALE

『孤独のカンパネラを鳴らせ』

WPCL-10843
¥2,800(税込)
WARNER MUSIC JAPAN

この作品を購入する
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
excite music連載ブログ

◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇レミオロメン
◇RYTHEM
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇椿屋四重奏
◇ウルフルケイスケ
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ



おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

ツアー中盤戦終了。そしてマテリアル発売
BRIGHTEST DARKNESSツアーもついに終盤戦へと差し掛かって参りまして、
残すは大阪、九州、四国、北海道、
そしてファイナル中野を残すのみとなりました。
予告していた通りに各地同じ様なライブはひとつもない、
その場所のその時間のその空間でしか生まれない何かを
分かち合えるようなとても有意義なツアーになっております。
みんな本当にありがとう!

そして日付変わりましたが・・
本日、椿屋四重奏渾身の一作、マテリアルが発売となりました!
縁起かついで俺も一枚買いました(笑)
これは多くの人に届くべき作品だと思ってます。
そしてこの曲が聴く人のひとつのマテリアルになってくれれば幸いです。
何卒よろしくお願いします。



そんな中世界は日々激しく動いています。
今日の北朝鮮の韓国への砲撃。
これをただの人ごとだと思ってはいけません。
もしかしたら戦後日本も同じ境遇にいたかも知れない。
常に我々は中国、ロシアをはじめとする共産主義と
アメリカの自由主義の狭間で
右往左往しながら奇跡的に今の平和を享受しているだけに過ぎない。
それが何によるものなのかも皆知らない。
日本は今戦後最も危険な状況に置かれています。
メディアは真実なんか知らせない。
民主党も国民を騙し続ける。

俺はあくまでミュージシャンなので身の程をわきまえて
この括りの発言はあまりしたくないんだけど
近頃の日本の在り方は一国民としてとにかく納得がいかない。
(椿屋結成した時から常にそうだけど)
俺は音楽のいちジャンルとしてのロックに執着は捨てたけれど、
もし「ロック」という看板を背負うのならば、
それを表現として選ぶ者あれば、
その反骨の精神を表現にわずかでも宿すのならば、
いまアーティストが何かしらの声をあげなくてどうする?

もし今の現実を知らぬふりして
ただ商売だからと、
逃げ道だからと、
ディストーションで自虐と冷笑を
携帯メールの超近距離のコミュニケーションを
軽々しい抽象で誤摩化すか?

それこそ名ばかりのロックミュージックだと思う。
もちろん政治を詞に乗せて歌う事ではない。
ただ表現者は常に時代と対峙する宿命にある。
その事をどれだけのアーティストと自称するひとたちが解っているのか。
我々は時代の瓦礫を拾いそれを一輪の花へと昇華する道化だ。

なんてまあ息巻いてしまいましたが 
変わらず俺は自分の出来る限り、自分の実力の範疇で
良質の作品を作っていきたいと思います。
愛に対して問うならば愛を歌い、
生に対して問うならば生を歌い、
たまにふざけたり笑かしたり。
真理を問うならばそこへ踏み込んだり。
まあ大した人間ではないのでたかがしれてますが・・

聴く人に何かしらのサインを送らねばと思いこの仕事を続けてます。
どれだけ伝わるかは解らないけど。
誰にも伝わらなきゃその時は辞めるしかない。

俺ごとき無名の歌手がこんなこと言ったって意味も無いかも知れないけど
ここであらためて自分のスタンスをぶーぶー言ってみました。
発売日だからもっとめでたい話しろよーって感じだよねー

というわけでマテリアルが沢山の人に届きますように・・
ここからツアー写真館です。

e0045775_191265.jpg
e0045775_19020.jpg
e0045775_185185.jpg
e0045775_18385.jpg
e0045775_182074.jpg
e0045775_175829.jpg
e0045775_1122586.jpg
e0045775_174250.jpg
e0045775_17231.jpg
e0045775_17974.jpg
e0045775_165560.jpg
e0045775_15614.jpg
e0045775_144650.jpg
e0045775_163277.jpg
e0045775_16955.jpg
e0045775_153513.jpg

# by tsubakiyablog | 2010-11-25 01:14
BRIGHTEST DARKNESS TOUR 前半戦終了
あっという間の前半戦10本終了。
何処に行っても皆が歓迎してくれて椿屋は幸せもんです。ありがとう。
ここから先の21本も皆が笑顔で家路につけるような、
そんなライブをやっていきたいと思います。
こどカンがとても温かい人間的なぬくもりのある作品なので
今回のテーマがあるとしたら「人肌」かしら(笑)
椿屋十年の人生と、共に生きるみんなの人生と
なんか混じり合って包まれるような空間にしたいなと思ってます。
演歌みてえでいいな。
新体制の椿屋、めちゃくちゃいい感じです。
手島もすでに馴染んでる。

まーしかし流石にハードな日程で疲れたな・・
ゲホゲホ。
大食いもバカ飲みもほとんどしてません。
ストイックツアー。

それでは、前半のオフショット写真館です。

e0045775_0182580.jpg
e0045775_016228.jpg
e0045775_0181326.jpg
e0045775_0175465.jpg
e0045775_0174197.jpg
e0045775_0172954.jpg
e0045775_0171339.jpg
e0045775_0164931.jpg
e0045775_0225346.jpg
e0045775_022967.jpg
e0045775_0215485.jpg
e0045775_0214218.jpg
e0045775_0212647.jpg
e0045775_021952.jpg
e0045775_0205568.jpg
e0045775_020324.jpg
e0045775_0201981.jpg
e0045775_020212.jpg

e0045775_0193779.jpg
e0045775_0191621.jpg
e0045775_0311232.jpg

# by tsubakiyablog | 2010-10-24 00:27