エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
ÿþ
by ArthurKalk at 07:32
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
第546話/モザンビーク+カレー
2006年 09月 30日
モザンビークカレー(¥930)ってのを食べた。
場所は四谷のピーナッツ・バター,エレフアントというお店。
で、
モザンビークってどこ?
モザンビークにカレーはあるの?
モザンビークってどういう意味?
モザンビークについて何も知らないボクであった。
(水野)

c0033210_3574218.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-30 23:55 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(6)
第545話/ツッコミ+カレー
2006年 09月 29日
東銀座の伍郎蔵というカレー専門店でこんな貼り紙を見つけた。
「ビーフカレーはじめました」
「夏野菜カレーはじめました」とか「牡蠣のカレーはじめました」とかではない。
堂々と「ビーフカレーはじめました」なのである。
このお店はOPENしてもう2年くらいは経つはずだ。
「いままでなかったのかよ!」
とツッコミたくなる、非常に愛くるしい貼り紙である。
このお店のことをちょっとだけ、好きになった。
(水野)

c0033210_17282244.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-29 17:28 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)
第544話/カレー観+カレー
2006年 09月 28日
TOKYO ROUXの飯田橋ラムラ店は、
お店の雰囲気やカレーのメニュー、味などをリニューアルした。
レジの脇には、開発担当者のリニューアルに込めた想いを綴った1枚の紙が、
そっと置かれている。
こういうの、大好きです。
カレー店にとって大切なことは、
ずっと変わらない味のカレーを提供し続けることよりも、
ずっと変わらず美味しいカレーを提供し続けることの方だと思っている。
そして、そのためにカレーの味はずっと変わり続けていかなければならないのだ、とも思う。
……なぁんて、たまには真面目に自分のカレー観を語ってみたりする。
(水野)

c0033210_0471764.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-28 00:47 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第543話/ファイヤーキング+カレー
2006年 09月 27日
代々木上原のファイヤーキングカフェで、ルンダンカレー(¥1050)なるものを食べる。
ルンダンってインドネシア料理にある。
そういえば、ここはナシゴレンとかもあった気がするので、
インドネシア料理には力を入れてるのかも知れない。
で、お店にはファイヤーキングがずらっと並ぶ(笑)。
このミスマッチがいいというべきか、意外とマッチしているのがいいというべきか。
いずれにしても、このお店にルンダンカレーがあるよりも、
ファイヤーキングカレーってメニューがあった方が断然興味が沸く。
どんなカレーなんだろう、と色々イメージが膨らみそうだ。
たとえばファイヤーキングカラーに合う淡い感じの色の美しいカレー。
ぜひ、メニュー化、検討してください。
(水野)

c0033210_14493548.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-27 14:49 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)
第542話/天下一品リターンズ+カレー
2006年 09月 26日
というわけで、リベンジしてきました。
今度は注文時にちゃんと「こってりで」と。
キッチリとリベンジを果たすために、トッピングも全く同じものをお願いし、
自分のケータイを取り出して、データフォルダから
「あっさり」のときに撮った写真をチェック。
器の位置と中身のレイアウトまでしっかり見比べて、撮影。
目には目を、歯には歯を、の精神であります。
そして、やっぱりこってりは食べ切れなかったわけであります。
(水野)

c0033210_331591.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-26 03:03 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第541話/天下一品+カレー
2006年 09月 25日
天下一品のラーメン、もう10年くらいご無沙汰しているな~、
とか思いつつ渋谷店の前を通り過ぎようとしたら、
メニューに肉味噌カレー醤定食というものを見つけて入店。
煮卵、のりをトッピングして食べた(¥1060)。
ところが、テーブルに運ばれたスープを見て「あれれ?」。
ここのカレーってこんなに澄んだ色のスープだったっけ?
で、注文時のやり取りを思い出す。
「こってり、あっさりどちらにいたしますか?」
「はい!? あ、あ~、あっさりで……」
「かしこまりました」
あっさり。
言ったな確かにこの口で。
そうか、あっさりってのは、スープ自体が別物なんだ。
てことは、ボクが知ってるスープはこってりのことなんだ。
失敗した。
天下一品の名物と言ったら白濁濃厚スープ、でなければならん!
(ま、ボクには濃すぎて一人前食べられないんだけど)
テンション低いままカレーラーメンを食べる。
こりゃ、リベンジしなきゃいけませんな。
(水野)

c0033210_2542123.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-25 23:47 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(0)
第540話/ナマステ+カレー
2006年 09月 24日
有事ノン誘いがあって、日本最大級のインド・フェスティバル、
ナマステ・インディア2006にちょこっと遊びに行ってきた。
フードコートを物色すると南インド料理のメニューを発見。
このあたり、ちょっと前だったらめぐり合わない料理だっただろうなぁ。
カルカッタというお店のマサラドーサ、ヴァダセットにアプラムをつけて注文。
ダンスなどが行われるステージに行って食べる。
とはいえ、ステージの客席にはテーブルがないから食べにくい。
ということで、横に長いステージの一番左端にカレーを置いて食べた。
ステージ上では色んな催し物が行われていて、
お客さんたちがそっちに注目しているなか、
ボクは同じステージの端っこをテーブルにしてカレーを食べる。
なんともスペシャルなランチだった。
(水野)

c0033210_4362692.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-24 04:36 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第539話/渡り蟹+カレー
2006年 09月 23日
渡り蟹のブラックカレー(東銀座「アルコ・イリス」にて)というもんを食べた。
渡り蟹のカレーはたいていうまい。
渡り蟹が煮込みの工程でいい仕事をしてくれるからだ。ただし、
渡り蟹は長めに煮込んだ場合、ダシがカレーソースの方に出てしまうから
渡り蟹自体にはほとんど味は残らない場合が多い。にも関わらず、味のなくなった
渡り蟹だって、お皿に盛り付けられているだけでありがたい感じがしてしまう。でもその
渡り蟹は食べにくいのが問題だ。だからありがたいはずなのに脇によけてしまう。
渡り蟹はカレーの中にあっては微妙な立場の食材なのだ。
渡り蟹がぽつんと残されたお皿を置いて席を立つのは後ろめたい感じだが、仕方がない。
渡り蟹に申し訳ない。そんな気持ちがちょっとあったので、
渡り蟹という言葉をこの記事でフィーチャーしておきました。
渡り蟹よ、いつも美味しいダシを、ありがとう。
(水野)

c0033210_2112442.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-23 21:12 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(0)
第538話/おまわりさん+カレー
2006年 09月 22日
今日、久しぶりにあるカレー店の店主からケータイメールがあった。
「ご無沙汰してます。
水野さん、今日は来られないのですか?
こちらはカレーを用意するだけでよいのですよね?
今回水野さんがらみということで、取材を引き受けたのですから
来てほしかったなぁ~」
はて……、なんのことだろう?
お店の店主さんとは前から仲良くさせていただいていて、
しばらく会えずにさびしい気分だっただけに嬉しいメールなわけだけど、
内容はなんのことか、さっぱりわからない。
どっかでオススメしたかな。
なんかそんな企画とかあったかな。
最近ボクが受けた取材を何件か思い起こしてみても、さっぱり心当たりがない。
そのお店は普段はあまりメディアに露出しない方針を取っているから、
ボクが関係していると聞いて信頼して取材を受けることにしてくれたのだろう。
しかし、ボクは関係していない(笑)。
結局、しばらくメールのやり取りをして、
やはり関係のないことは判明したんだけれど、
なんかボクがお店の店主に申し訳ないことをしたような気分になってしまった。
たまにあるんだよね、こういうの。
「水野さんが絡んでるって聞いたけど、あの話、どうなんですか?」
みたいな確認がカレー屋さんから入ったり、
身に覚えのない案件で
「この度は、お世話になります」
みたいなことを唐突に言われたり……。
ボクはね~、絶対に許しませんよ~、こういうことは!!!
おまわりさんに言いつけちゃいますよ~!
ということで、前振りが長くなりましたが、おまわりさんといえば西葛西(笑)。
西葛西駅で降りて、「インド料理でも食べるか」と駅前の交番に駆け込んだ。
「この辺にインド料理店が密集してるって聞いたんですけど、どこですか?」
と、表参道駅に続いてまたしてもおとぼけ質問を投げかける。
すると、
「密集してるってのは知らないけれど、この道まっすぐ行った右にありますよ」
と1軒のお店を教えてくれた。
おまわりさんが教えてくれたインド料理店。
なんか、これだけのことで、食べる前からワクワクしてくる。
なかなかないでしょ、交番推薦のカレーを食べる機会って。
ま、結局のところ、そのお店は過去にも訪問したことのある、
カルカッタという西葛西の有名店だったわけだけれど、
なんか、この見知らぬ誰かに教えてもらうカレーって、いいな、と思った。
ポークパラク(¥1080)を食べながら、
次はどこで誰に教えてもらおうかな、と考える。
ある日突然、街中で見知らぬ男に声をかけられて
「この辺でおいしいカレー屋さん、ありませんか?」
と聞かれたら、それは多分、ボクです。
優しくどこか適当なお店を推薦してあげてください。
よろしくお願いします。
(水野)

c0033210_139158.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-22 01:39 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第537話/駅員さん+カレー
2006年 09月 21日
表参道エチカのベトナミーズシクロでベトナム風チキンスープカレー(¥1200)を食べる。
東京メトロの改札口を出たところで、駅員さんに
「エチカってどこですか?」
とかなりおとぼけた質問をしてみた。
そしたら、驚きの回答が。
即座にカタログを取り出した彼は流れるように説明を始めたのだ。
「この先を進んだ右側が**ゾーン、手前を左に回った先が**ゾーンで……」
といった具合。
超丁寧な説明!
いやぁ、感心しました。
こんなことがあった後のカレーは美味いに決まってるわけで。
しかし、エチカって、色々と可能性を感じる空間ですな~。
(水野)

c0033210_1135061.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-09-21 23:13 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.