エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
ÿþ
by ArthurKalk at 07:32
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


カテゴリ:東京タンドール番長( 9 )
東京タンドール番長/建築+塗装+カレー
2008年 12月 04日
「IA」という専門誌の左官と塗装特集号に我が家のタンドールが登場した!
全く縁がないはずのインド料理界と建築業界がタンドールで結ばれたのだ!
これは、タンドールの美しいグラデーションペイントを担当してくれた、
なかむらしゅうへい君(※写真)の功績である。
う~ん、感慨深い。
いい人といい仕事をすると、評価してくれる人はいるんですなぁ。
嬉しいです。
そうそう、それで思い出した。
この自宅タンドールがきっかけとなって、
実は東京タンドール番長という新プロジェクトをスタートさせている。
なんとなく、左のカテゴリー欄にいくつかのタンドール番長カテゴリーが存在するので、
気がついている人もいたかもしれない。
東京タンドール番長プロジェクトが何なのかも含めて、
このブログ上で、そろそろ記事の更新をしていきたいと思っている。
ひとまず、フライング気味にペイント主任の中村君、初登場である。
(水野)

c0033210_22558.jpg
c0033210_2251644.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2008-12-04 02:25 | 東京タンドール番長 | Comments(4)
Tokyo Tandoor Bancho/カリ~番長 ビリヤニ主任!
2008年 06月 04日
久しぶりのタンドーリ・ダン・ビリヤニ!
シャヒダワットでは、ビリヤニをタンドールで作っている。
ということは、釜に壺を入れるのだ。
自宅タンドールに夢中なボクにとって、これはたまらないプロセスだ。
注文したものの、興奮のあまり、待ち切れなくなったボクは、
「釜の中って何度くらいですか?」
とか
「壺ってどんなふうに置いてるんですか?」
とか質問攻め。
すると、とっても優しいシェフのヘムさんが、
やかましいボクをキッチンに招いてくれた。
自分の注文したビリヤニを自分の手で取り出させてくれるという。
おお!
これぞ至福の一瞬!
底の炭火を眺めつつ、手を突っ込みながら、
ふむふむ、こりゃ400度はありそうだな、と、
じぶん家のタンドールのときの感触と比較してみたりもする。
なるほど、こうやって出し入れしてんのか~。
すると、今度は、この取り出したビリヤニ用の壺がほしくなってきた。
「これ、どこで手に入るんですか?」
よせばいいのにまた立ち入った質問。
と、どうやら、特別にオーダーして輸入しているものらしい。
なるほど、さすがに日本じゃ手に入らんか……。
と落胆する間もなく、
「一個ならどうぞ、持っていきませんか?」
とどこからともなく神の声。
え~マジっすか~!
ホントに~!?
い~んすか~!
(どこまで図々しいんだ、オレ)
「じゃ、売ってください」
ということで、なんとなんと、S・M・Lと各サイズ1個ずつ譲っていただいた。
やべえ、我が家のタンドールでビリヤニが作れることになってしまった。
信じられん……。
もう、こうなったら図々しいついでに!
とボクは、優しいシェフのヘムさんを、
東京カリ~番長のビリヤニ主任に任命することにしてしまった。
(勝手に、ボクの心の中だけで……)
沼袋たんどーるの塚本タンドール主任に引き続き、
東京カリ~番長2人目の名誉主任の誕生である。
ビリヤニ主任、また、食べに行った時に、教えてください。
壺は宝にします。
(水野)

c0033210_2340764.jpg
c0033210_23402242.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2008-06-04 00:03 | 東京タンドール番長 | Comments(5)
富士酢+タンドリーチキン
2008年 05月 09日
京都「富士酢」第5代見習いの飯尾さんから
色んな酢が届いた!
カレーは酸味でうまくなるんですよ、つけあわせのピクルスにもいいし。
なぁんて話をしていたら、早速送ってくれたのだ。
酢といえば、先日の初タンドールのときに
タンドリーチキンに酢を使うか使わないか、
なんて話も出てたな。
よし、やってみよう、富士酢でタンドリーチキン。
(水野)

c0033210_1513431.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2008-05-09 15:13 | 東京タンドール番長 | Comments(6)
東京カリ~番長・タンドール主任
2008年 05月 08日
この感動は、筆舌に尽くしがたい。
自宅タンドールで、初めてタンドリーチキンとナンを焼いた。
うまい!
やっぱりオーブンで焼くのとは違う!
「オーブンとタンドールが違うってのは、説明のしようがないんですよ、
やっぱり自分で体験してみないと」と藤井さん。
確かにその通りだ。
でもそれよりも説明のしようがないのは、ボク自身の感動だ。
都合がつかず出席できなかった船橋「サールナート」の小松崎さんも、
電話でお祝いの言葉をくれた。
「本当にやるんだろうなとは思ってたけれど、ついにここまできちゃいましたねぇ」と。
どうやらボクはとんでもない“オモチャ”を手に入れてしまったみたいだ。
嬉しさのあまり、ボクはたんどーる人の塚本さんを
勝手に「東京カリ~番長・タンドール主任」に任命してしまったのだ。
(いったいナニサマなんだ!?オレ……)
ともあれ、ナンやタンドリーチキンのレシピを研究し始めることにしよう。
(水野)

c0033210_11172026.jpg
c0033210_11172924.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2008-05-08 00:03 | 東京タンドール番長 | Comments(5)
自宅タンドール・炭入れの儀
2008年 05月 07日
ついに自宅タンドールに炭入れをするときがやってきた。
今回、ボクが一番こだわった点だ。
インド料理店では、ガスをひいてタンドールの熱源にしているお店が多い。
でも、やっぱり、焼かれた肉から脂が落ちて、
ジュッと炭から煙があがり、その香りが肉を包み込むあの魅力は、
炭火のタンドールならではだ。
先輩たんどーる人の塚本さんに朝から来てもらい、
夕方からの初タンドールパーティに向けて、炭入れ。
長時間、釜を温めないと、ナンは焼けないのだ。
ドキドキした。
まっさらなタンドールにまっくろな炭が入り、
ジワジワと釜の内側が温まってくる。
それを感じた瞬間、なぜだか急に、自分のタンドールへの愛着心が強まった。
これから末永くよろしくね、と。
夕方から、続々とゲストが現れた。
といっても、今回は、初回ということで、
大先輩たちに様子見にきてもらうことになっていた。
タンドールの設計と製造をやってくれた内藤さん。
いまはなき伝説のインド料理店「天竺屋」の故・丸山さんと一緒に
数々のタンドールを作ってきた人だ。
それから、埼玉「さらじゅ」の小森さん、高幡不動「アンジュナ」の藤井さん。
おなじみ「アジャンタ」出身のインド料理シェフたちである。
そして、東京カリ~番長・貿易主任のMr.ノグチ。
夕暮れどき、会はこじんまりとスタートした。
(水野)

c0033210_112936.jpg
c0033210_1122018.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2008-05-07 23:59 | 東京タンドール番長 | Comments(3)
たんどーる人
2008年 05月 07日
「これで、水野君も“たんどーる人”の仲間入り!」
というメールをいただいた。
送り主は、沼袋「たんどーる」の塚本さん。
自宅タンドール設置について、いろいろとアドバイスをいただいた師匠!(笑)である。
たんどーる人かぁ。
そうか、世の中には、たんどーる人という人種がいたんだ。
ボクは知らなかったぞ、この事実。
たんどーる人、たんどーる人。
タンドールをこよなく愛するたんどーる人。
いつでも好きなときにナンやタンドリーチキンが焼けるたんどーる人。
いい響きだなぁ……(感激)。
よし、これからは、立派なたんどーる人をめざそう!
で、自宅タンドール完成を記念して、
新米たんどーる人のボクは、先輩たんどーる人の塚本さんから、
素敵なプレゼントをいただいた。
HOTと炎がメラメラしている謎の物体は、
ナンを釜の内側にペタッと貼るときの道具。
その奥に写っている先が二股にわかれた物体は、
シーク(棒)からチキンやカバブをはずすときに便利な道具。
ともに塚本オリジナルである。
さらにさらに、塚本さんの奥さんからは
これまた焼き立てのナン型の大皿(たんどーるのロゴ入り!)。
ありがとうございます、大切に使わせていただきます。
(水野)

c0033210_10503925.jpg
c0033210_10505069.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2008-05-07 23:55 | 東京タンドール番長 | Comments(0)
ドラム缶タンドール完成!
2008年 05月 05日
c0033210_11354737.jpg

c0033210_11354786.jpg

[PR]
by tokyocurry | 2008-05-05 11:35 | 東京タンドール番長 | Comments(4)
ドラム缶もやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!
2008年 05月 04日
c0033210_10271053.jpg

[PR]
by tokyocurry | 2008-05-04 10:27 | 東京タンドール番長 | Comments(2)
タンドールがやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!
2008年 05月 03日
c0033210_11492594.jpg

[PR]
by tokyocurry | 2008-05-03 11:49 | 東京タンドール番長 | Comments(13)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.