Excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
マイク・ミルズ監督×川勝正幸さんトークショー
d0074582_9325036.jpg
6月27日(火)、渋谷タワーレコードにて、マイク・ミルズ監督と川勝正幸さんによるトークショーが行われました。マイクと直接話せる貴重な機会ということで、会場は立ち見もでるほど大盛況!マイク自身もそういった観客とのコミュニケーションが嬉しい様子で、マイク・ミルズ自身が観客の中に分け入って質問者にマイクを差し出すほど。トークショー内容も、非常に充実したものとなりました。


d0074582_9332495.jpg
■この映画はどんな映画でしょうか?
「この映画は、いまだに親指をしゃぶりが辞められない17歳の男の子のお話です。いつも自分を部外者のように感じていたり、母がいつか家族から離れてしまうのではないかと感じていたり、そういう不安は全て親指しゃぶりを辞めれば解決するのではないかと思っています。キアヌ・リーヴスがちょっとおかしな歯医者の役で登場します。さらに、バンビも出てくるし、キスもあります…。公開前なので、これくらいにしておきましょう(笑)。
この映画は、クレイジーだったり派手であったりというわけではありません。とてもシンプルに、人々の心情・内面を見つめていく映画です。


d0074582_934366.jpg
■映画の着想は?
まずは、ウォルター・ケルンの原作が大好きでした。嘘がなく正直で、嬉しさと悲しさが混在しているのです。原作を読んで、“まさに自分はジャスティン(主人公)だ”と思えて、だからこの映画はある意味自伝的でもあります。

■家族の描き方について
この映画は特に現実にあり得ない事が起きるわけでもないし、ものすごい悪役が出て来たりする訳でもない。この映画は、大人になっても色々と不安や問題を抱える両親と、背伸びをして大人になろうとしている17歳の少年の、とてもリアリスティックなストーリーなんです。

■音楽、エリオット・スミスとポリフォニック・スプリーに関して
エリオット・スミスは、音楽を通して内面をさらけ出すことのできる勇気のある人。僕にとってのヒーローでした。この映画に関わる音楽の全てをお願いして彼が承諾してくれた時は、本当に嬉しかった。映画化するための資金集めで断られ続けている苦しい時期も、「エリオットが音楽を引き受けてくれているんだ」ということが心のサポートにもなりました。だから、彼が亡くなった時は本当に落ち込んだ。
そんな時、ポリフォニック・スプリーのライブに行って、彼らの音楽から高揚感、幸福感を感じた。そして、これこそ、映画を見てくれる人に感じてほしいものだと思って、新たに彼らへ音楽をお願いすることを決めたんです。


■豪華なキャスティングについて
僕は嘘をつくのが上手いから(笑)。
俳優には、当たり前のような型にはまった演技をしてほしくないと思っていました。そんな時、ティルダ・スウィントンが映画の脚本を気に入って出演をOKしてくれたんだ。彼女は俳優から慕われている人で、「彼女が出るなら」とキアヌも出演してくれることになったんです。しかも、本来ならばとっても高いギャラのところをユニオンで決められている一番低いギャラで引き受けてくれた。キアヌは本当に気さくな人で、例えば、撮影が終わると現場にいた300人くらいのファン全てにサインしていたよ!

d0074582_935658.jpg
■音楽とエネルギーについて
パンクロックやスケボーを通して、“力”をもらっていることは確かです。既存のものを破壊して自由になること。グラフィックを描く時も、「マイク。もっと自由になれ!!」って言い聞かせているんだ。



d0074582_936729.jpg■日本・東京に関して
東京は凄いところだよ。色んなものが集中している。グラフィックだって、アメリカや他の国のデザインが東京に集まっている。グラフィック天国だよ(笑)。
1週間もいると、「もっとやらなくちゃ。頑張らなくちゃ」って刺激されるんだ。

東洋的なことにも興味がある。実際、寺院に行ったり、本を読んで勉強したりして少しかじったからね。瞑想もするしね。

この映画にある、“大切なのは答えのない人生を生きる力”も確かにそういった思想には影響されているよ。答えがないから“悪い”とか“間違っている”という事ではないんだと言いたかったんだ。大切なのは、“わからない”という事を認め合うことなんじゃないかな。だからこの映画は答えのない映画なんだ。


# by thumb-sucker | 2006-07-10 23:25 | REPORT | Comments(2)
Apple Store銀座にてトークショー!!
6/26(月)、Apple Store銀座にて、
マイク・ミルズ監督&ホンマタカシさんのトークショー決定!!
ぜひ、お越しください♪

詳細はこちら≫
# by thumb-sucker | 2006-06-21 12:42 | Event | Comments(6)
TOWER RECORDS トークショーIN STORE!
マイク・ミルズ監督×川勝正幸さん
6月27日(火) 19:30~
@TOWER RECORDS 渋谷店 7F
TEL:03-3496-3661
*入場無料*


『サムサッカー』の監督であるマイク・ミルズ来日を記念して、川勝正幸さんとトークショーを開催します!

トークショーにお越し頂いた方の中で、TOWER RECORDS渋谷店・7Fで販売している「マイク・ミルズ」関連商品をお買い上げの方、先着50名様に、“マイク・ミルズ直筆/オリジナルステッカー”をプレゼント!!

マイク・ミルズ監督について≫
ソフィア・コッポラやジェフ・マクフェトリッジという映像クリエイターらと共に、「ディレクターズ・ビューロー」を創設し、「X-girl」「Supreme」「マーク・ジェイコブズ」「ビースティ・ボーイズ」などのデザインワーク、NIKEやGAPなどのCM界で名を馳せている。キム・ゴードン、ホンマタカシ、マーク・ボズイックといったクリエイターたちが呼応し、それが大きな潮流となってカルチャーシーンを作り上げている 。

川勝正幸さんについて≫
映画や音楽などポップ・カルチャーの仕事を中心に活動するエディター&ライター。映画のパンフレットの編集も手がけ、音楽では野宮真貴「レディ・ミス・ワープ」のプロデュース他がある。主な著書にコラム集「ポップ中毒者の手記」シリーズなどがある。2000年と2001年、東京大学教養学部の前期課程で通称「ポップ・ゼミ」の講師を務め、その講義録を近々に出版の予定
# by thumb-sucker | 2006-06-20 10:51 | Event | Comments(0)
特別鑑賞券 絶賛発売中!
d0074582_15521673.jpg特別鑑賞券
¥1,500(税込)

劇場窓口にてお買い求めの方に限り、
マイク・ミルズ監督の直筆ステッカープレゼント!
(先着限定)
# by thumb-sucker | 2006-06-13 15:52 | News | Comments(0)


Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム