exeite music
アロウズ
アロウズ
アロウズ
the ARROWSの
最新インタビューはコチラ
[2007-12-13掲載]

NEWS
PROFILE
NEW RELEASE
『アロイ』
この作品を購入する
LINK
OFFICIAL WEB SITE
ARTIST DATA
<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ただいまー。
ただいまー。日帰り大阪出張から帰りました。いくら大阪は近いといえど、ライブやって打ち上げまで参加すると帰り道は長く感じます。昨日は心斎橋クアトロでライブでした。
朝から俺は元気で、車内では一人でウキウキしてました。トイレ休憩で寄ったSAにロッテリアがあって、めちゃくちゃ久しぶりだなぁって入ってみました。ロッテリアといえばテリヤキバーガー。子供のころ通っていた歯医者の近くにあって、いつもテリヤキバーガーだったな。ちょうど「ロッテリアのハンバーガーにはミミズが使ってある。」という噂が流行った頃につぶれてしまって妙にリアルに思ったな。あの噂、流行ったなぁ。俺はあんまし信じてなかったけど。だっておいしかったもん。まぁとにかく大人になって初めてのテリヤキバーガーはとにかく食べにくかった。汁が多いんだよなぁ。みなさんあれはデートでは選んではいけません。特に女性。男性はむしろ「あらあらそんなに口につけちゃって・・・。」と一部のマザー本能を刺激することになるかもかもかも。まいっか。そして元気モリモリのために「運転しますよー。」なんてしゃしゃり出てみたんですが、食べたら急に眠くなり、30分でリタイア。だったら最初から寝とけっつーの。

ワンマン以来の大阪ライブ。来てくれた方、どうもありがとうございます。クアトロってどこもクアトロの匂いがします。なんか安心するの。大阪でもクアトロいっぱいのお客さんで埋めたいなぁ、と思いました。

ほんでBEACHES。すんごいグルーブね。楽しかった。すごい新人が出てきたものです。

打ち上げ楽しかった。BEACHESの昔話。ヒサシ THE KIDの昔話。アロウズの昔話。バンドの昔話っておもしろい。10代の頃の話とかおもしろい。

KIDいわく、「ライブの反省なんてしたことなかった。自分が一番楽しんでいた。」

俺、ライブが楽しめるようになったのなんて最近だもんなぁ。

あーそいえば新幹線でお会いしたおばあちゃま、昨日来るはずだったのに東京の友達の体調が悪くなってしまったみたいで「お会いするのを楽しみにしてましたが、ごめんなさいね。」と電話があった。おばあちゃんが元気ならいつでも会えるからね。

おやすみ。

b0086328_420522.jpg
「おしゃれ番長」ことアロウズマネージャー。お疲れの模様。

30分しか運転できなくてすいません。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-30 04:30
夏い。
やー暑くなってきましたね。しかし俺はまだまだ扇風機でいきます。暑くても扇風機・・・、な自分に浸ります。そしてある日、あっさりクーラーに切り替える訳です。

昨日はライブ用リハーサルでした。いえーい。大阪のみなさん、元気で来てくださいね。

夜9時までリハーサルで、それから俺は実家に行きました。実家といっても名古屋の外れの市営住宅なんですがね。弟の部屋の窓用のクーラーですかね、あれを取り付けてくれと頼まれたのです。だけど俺もやったことないから電話で「俺もお前もおんなじだ。」とわけのわからん「負(ふ)」なことを言ってやりまして、とにかく嫌々行ってトライしたわけです。しかしどうやらアルミに穴を開けるドリルが必要なみたいで、また後日にまわしました。
母親が遅くまで仕事だったのに関わらず晩御飯を作ってくれました。俺が大好きな五目ごはん。べつに五目ごはんが好きなのではなく、母親とお祖母ちゃんが作る五目ごはんが好きです。お母さん、もうヘトヘトだった。「あーサラダがないか。」いらんいらん。明日食べる。なにも手伝わしてくれんのよね。ご飯の用意が出来てもなかなか部屋から出てこない弟に腹が立った、と同時に自分もそうだったなバカヤロー。みなさんもね、お母さんが作ってくれたらすぐにいただきますしましょうね。
3杯おかわりして弟の残した唐揚げとかも全部食べてやったね。全部のお皿をツルツルにしてやった。めちゃくちゃおいしかった。

帰り道で湯川潮音さんの最近出たミニアルバムをはじめて聴いた。一曲目で泣きそうになったね。
なんかすごく好きな音になった。こういうのルーツはなんだろなって久しぶりに調べてみたくなった。2,3年前の天然水だったかお茶だったかのCMでシルヴィ・ヴァンタンの「あなたのとりこ」が流れて、なんて涼しいんだろってこんな感じだったような気がする。こういうときって本人の中では当たり前になっているから音楽ライターさんのコメントが案外参考になったりする。

あーまただらだら書いちゃったわ。もうやだ。おやすみ。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-29 02:43
トラベリング トラベリング ヤッホー!ヤッホー!
今日は朝から旅に出掛けました。 9時に起きて、支度をして、自転車に乗って、地下鉄に乗って、2回乗換えて、バスに乗って、降りるとこ間違えて、しばらく歩いて・・・。天気も良く元気でした。
辿り着いたのは運転免許の試験場。免許の再発行にきました。

「再発行ですねー。3200円お願いします。」と、おばちゃん。 (えええー!! 警察に電話で聞いた時 そんなこと言わなかったじゃん!!)。なんだか1万円札を持ち歩くのが怖くて俺の所持金は・・・ 3150円。50円足りない。周りを見渡して優しそうな人におねだりしようかと考えたけど、どうやら写真代も必要みたいで「あの~写真も撮りたいなぁ・・・みたいな。」なんていくらなんでも言えん。 お家に戻ることに。バスに揺られ、電車に揺られ、自転車こいでウチ着いたら昼前。 ゆっくり寝れたじゃん。
水を一口飲んで、(そうだ。今度は移動時間を充実したものにしよう!)とひらめき、文庫本をカバンに入れて再出発。
電車に乗って(よーし読むぞー。)と読み始めたのはいいが、いきなり2駅乗り過ごし、乗換え失敗。 あー疲れた。腹減った。 と駅の売店で天むすとお茶を買うと、(そうだ。これは旅なんだ。) ということにした。

でもね、2周目のバスの運転手さんが、少しゴツめのティアドロップ型のサングラスをしてて、バスに乗る時に(あ、ハードゲイだ・・・。)と思ったらもう笑えて仕方がなかった。それくらいかな、よかったことって。でも免許ちゃんともらえてよかったー。


昨日もOxala net TVおもしろかったな。いつもお酒が羨ましい。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-28 01:11
リンダ リンダ
梅雨らしくしてますね。雨は嫌いですがこの時期に降らないと水不足だの農作物の不作などになりますからね。「良い天気」というのは必ずしも「晴れ」を指すものではない。農家の人にとっては雨が「良い天気」であったりします。と小学校の時、先生が言ってました。それでもやっぱり普通は晴れの意味で使うでしょう、と当時の俺は思いました。これは減らず口なんだろかね。
先日新幹線でお会いしたおばあちゃまに電話をした。遠くの人とお互いの場所の天気の話をするのはすごく好きだ。

「リンダ リンダ リンダ」という映画を観た。竜二が先日友達にDVDを借りて観て、「良かった。思い出すぜ。」と言ってたから又貸ししてもらった。
ん~俺こういうの弱いぜ。青春バンドストーリー。高校生の時は「青春デンデケデケデケ」という小説で号泣したのに始まり、2,3年前の映画「スウィングガールズ」では映画館で一人でウルウル泣き、名古屋が誇る初心者ジャズファンクバンド「MMB」の初ライブを観た時も目頭が熱くなった。んでこの「リンダ~」なんてラジカセから流れるブルーハーツの「リンダリンダ」を主人公の女の子達が楽しそうに歌う最初のシーンで感激した。俺、高校生の時ブルーハ-ツ大好きだったもん。劇中でBase Ball Bearのベースの関根さんが見てたバンドスコア、俺持ってたもん。まだ実家にあるだろな。しかも湯川潮音さん歌ってるし、映画の音楽はジェームス・イハさんだし、なんだか自分が好きなのが繋がってて驚きですわ。DVD特典でイハさんのレコーディング風景があってそれで「はっ!」と思い出したのは、そいやー今朝イハさん夢にでてきたなーって。でもただの太った外人で(あれ?)って思ったけど俺は一生懸命に英語を話そうとしてたな。でもやっぱあれ別人だわ。なーんだ。でもイハさんの曲聴いて俺のテンションは上がった。あと久しぶりのブルーハーツも燃えた。この映画観て良かった。

さて起きたら運転免許の試験場にいかなきゃな。めんどくさい。


b0086328_1365983.jpg
キャンディーの部屋でくつろいでいたら、棚に落書きを発見。
坂井キャンディー昌英。ま、まさか・・・いじめ?

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-27 01:45
立ち直りました。
やー恥ずかしい。これだから酔っ払いはいやーね。ただのドジじゃんねー。こんなにいろんな人がここ見てるんなら俺ももう少し世のため人のためになることを叫びなさいっつーの。でもみんな財布を落とすのって経験してるもんね。以前お金がないときに「あーあ、どっかに財布とか落ちてねーかなー。」とか呟いたバチが当たりました。

んで昨日はですね、お昼に起きて、一応もう一回探しに出掛けまして、見つからず不貞寝。銀行のカードもないし日曜日だから完全に無一文で一日過ごさなくてはならんわけで、冷蔵庫には納豆と らっきょう しかない・・・。まぁなんとかなるか、と思って気持ちも落ち着いた頃に一緒に財布を探してくれた友達・・・いや、先輩だな、から電話がありまして「ご飯ごちそうしようか。」とお話がありまして、甘え下手な母親に似たのか反射的に「いや、大丈夫です。ありがとうございます。」と言ってみたものの、実際お腹がとても空いていたから「すいません、やっぱり甘えていいですか?」となりました。そんで喫茶店でピラフをたらふく食べました。んんん~俺も早くしっかりして、困ってるキッズにピラフをごちそうできるようになろう、と心に誓いました。とりあえず先着1名から。

お財布に何が入っていたかなぁって考えてみたら、そうそう、学生の頃、竜二が京都に行った時にお土産にくれた鈴虫寺のお守りがあったな。たしかメンバーみんなに買ってきてくれて、俺は竜二の車の助手席で鈴虫寺の方角に向かって(僕らのバンドが成功しますように・・・。)みたいなお願いをしたっけな。そのお守りがメジャーデビューしたこの時期に俺の手元を離れるなんて、まるで(もういいでしょ?勘弁してよ。)と言ってお寺に帰って行ったみたいだなぁ。そうはいきません。また京都行って買ってこよ。

アロウズは最近、新しい曲を何曲か仕上げましょうと手をつけてまして昨日は俺がギターを入れてみましょうみたいな事を一人でやってたんだけど、なんか自分らの曲でね、俺はドキドキニヤニヤしてしまったな。なんて幸せ者なんでしょうね。最近俺は音楽に、楽しさと心地よさを求めている。暗くて悲しい曲を好んで聴いた時期もあったけれど今はいらない。いらなくってもそういう気持ちって勝手にやってくるもん。

昨日ね、自転車乗って信号を待っていたら、とても太った男の人が汗をいっぱいかいて自転車で俺の前を通り過ぎていってね、片手には携帯用の小型のテレビを持って見ながら運転してて、(なんだアイツ・・・・。)みたいに思ったんだけど、次の瞬間“ガシャ-ン!!”って聞こえて、横見たら2~30メートル先で停車中のタクシーに突っ込んでて、自転車倒れてカラカラ~って回ってて男の人は飛んでった小型テレビを慌てて拾いに行ってて、タクシーの運転手は男の人の心配なんてまるでしないで車にキズが付いてやしないかと迷惑そうに見ていて、それがもう本当におかしくって笑えたなぁ。ほら言わんこっちゃない・・・ってマンガみたいだった。誰かに話したかったけど誰にも会わなかったからここのネタにします。


昨日すごく酔っ払ってたんだけど、携帯電話をみたらこんな写真が撮ってありました。あやふやな記憶。
b0086328_3433216.jpg
財布紛失直後、無人の交番にて。

「ただいま留守です。ここに電話して。」みたいな札に呆れてかぶってやりました。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-26 03:50
立ち直れません。
いやだわもう。財布を失くしまして、最近節約生活をがんばってきたのに29000円も無くなりました。節約なんてしなけりゃよかった。
免許証も再発行めんどくさい。
あーへこむわ。寝よ。
by thearrows | 2006-06-25 04:13
マスター、ライ麦ウイスキーちょうだい。
いつの間にか梅雨入りしてたんですね。知らなかった。でもあんまり雨降ってないよなぁ。

昨日は朝起きてすぐに映画「誰も知らない」を観た。これは寝起きで観るものじゃないね、やるせなくて、途中で観るのやめようかと思った。でも良かった。なんだか知らないけど、子供にもどったような感覚を何度か味わった。子供の時間の体感速度みたいなのとか。観て良かったと思ったけれど、もう一度観ようとは思わない。胸が苦しくなるから。ところでこの主人公の男の子、ちょうど12歳くらいの頃の俺の弟によく似ていてね、話し方とか笑顔とか。びっくりしたな。あとこれ、映画の途中で変声期なのか、声変わるよね。気のせいかな。

それからは昼、夜とまぁいろいろやりまして、夜、「ライ麦畑をさがして」って言う映画を観たんだけどこれがまぁ、こんなにつまらん映画って他にあるのかしらってくらいつまらなくて、時間を返せって腹が立った。俺は「ライ麦畑でつかまえて」という本が昔から大好きで、だからこの映画はあまり観たくなくて、でもまぁかたいこと言わず観てみるかって借りたんだけど、この映画作った人は相当のバカなんだろうな、と冷静に思う。相当のバカじゃないとあの小説からこの映画はできない。ちなみに小説の映画化ではないんですけどね。あ、もしこの映画、好きな人いたらごめんなさい。俺はもう止まりません。
そいえば白水Uブックスの野崎さん訳の「ライ麦~」のカバーのピカソの絵が消えていた。なんでだろう。俺、好きなのに。

そして今、「誰も知らない」のHP見たらね、メッセージのところに谷川俊太郎さんの詩がのってて、映画とは少しずれてるのかなと思ったけれど、それ自体がなんか良かった。「詩」ってすごいなって鳥肌が立ったな。響くタイミングがきたらとても響くものね。


b0086328_28460.jpg

体が成長しすぎてシャツのボタンが吹っ飛んでしまって、縫うキャンディー。

不器用さにイライラします。山内君のキャップが上に乗ってる。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-24 02:24
アンニュイ last night♪
アイヤー!筋肉痛イタイタ。夏フェスまでに見せれるカラダにしなくちゃ!なんつて。アロウズにタンクトップ一丁がいてもおもしろいよねぇ。いや、一丁っつってもちゃんと下はズボン履くに・・・。

昨日はなんだか一日中アンニュイな気分だったな。俺はよく天気に左右される。雨で沈んでいる時は一日中人には迷惑かけないでおこうっていうので精一杯だったりする。毎回雨で沈むわけではないんですがね。なんですかね、本当に絶望的な気分になる時があるのよ。(部屋が明るすぎる・・・。)と電気を消してしまったり。わーこうやって書いてみると、怖い人みたいね。よーし、もう大丈夫。ギター楽しいなーっと。

みんなどうしてるかなーってアロウズマンションに行ってみたら、キャンディーの部屋からギターを弾く音が・・・。いやぁキャンディーにギターはナシでしょう。たとえば竜二や山内くんが自分の部屋でベースを弾く姿だったらなんとなく想像できるんだけど、おキャンのギターなんてギャグだもんね。熊がオモチャで遊んでるみたいなもんだよ。

さて今日はもう終わりにしよう。おやすみ。

あ、そうだ、「ロックンロールダンシングガール」すなわちRRDGのプロモーションビデオすなわちPV観た人いるかなぁ。どや? はい、おやすみ。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-23 02:38
Keep on IKEMEN
いやー久しぶりに腕立て伏せなんてやってみたら腕がプルプル震えちゃってキーボードが打ちにくいわ。これ続けたらタイピング早くなるのか。いや、まずアルファベットの場所を覚えないとだめか。

昨日はねー、インタビュー2本のために東京へ日帰り出張でした。竜二とおキャンは東京にいるから山内くんと二人で新幹線で移動。場所はポニーキャニオンでね、そのビルの通路とかで写真撮影なんてやったんだけど、1階がなにやら騒がしい。なんだろーって覗いたら、なんとグラビアアイドルだぜ水着姿の女性が2人、マイクを持ってしゃべっていた。DVDでも出すんでしょうね。生の水着姿の女の子なんて高校の水泳の授業以来だ。しかも俺、目が悪いから見えなかったし。
そんでメンバー4人並んでアイドルを見ているところを撮影して、いやぁ2次元の世界しか知らなかったなぁ・・・なんて話したりして、俺と山内の仕事は終了。竜二とキャンディーはOxala net TVへ。今回は2連チャンなんだよね。この場所でお知らせすれば良かった。竜キャンごめんよ。

そしてまだ明るいうちに、特に寄る場所もないねーって帰ることになりました。その帰りの新幹線でのこと。

山内くんは喫煙車両に行くっつんで別々の席に座ったんだけど、座ってから結構混んで来て、俺の隣に、んーと、お婆さんと呼ぶには若々しい女性が「隣、空いてますか?」と来て、「空いてますよ。」と答えて、彼女は座ったのね。俺はイヤホンで音楽を小さい音で聴いていて、そしたら彼女は小さな袋を通路に落としたんだけど、気付かないから俺が通路まで手をのばして取ったのね。だって「落ちましたよ。」って言うのもどうかと思うじゃん。そしたらなんだか恥ずかしそうに「ありがとうございます。」って言って。それからしばらくそれぞれの時間が経ってね、突然「うふふっ。」なんて聞こえてきて、見ると歌舞伎の写真を見て笑ってるの。まいっかーって思ってたら、「よかったらこれ、食べませんか?」と劇場で買ったお菓子を出してきまして、ビックリしたけどせっかくだから「いただきます。」といただいたのです。それからですね、名古屋までの1時間半くらい、ノンストップでお話をしました。途中アイスクリームも買ってもらいました。73歳で大阪に一人で暮らしていて、歌舞伎が大好きで朝4時に起きて東京まで観に来たんだって。好きな役者さんの名前は忘れてしまったんだけど、本当に楽しそうに話してた。もーたくさん話してくれた。歌舞伎の話やら、夜間の大学で受けている歴史の講義の話や、その教授が教室で披露してくれたバイオリンの演奏の話や、亡くなった旦那さんの話や、同じく亡くなってしまったモデルをやっていた娘さんの話。カフェを営む独身の息子の話や、ハワイに20回行った話しや、視力を失った自分の右目の話や・・・。70過ぎておじさんにナンパされた話は本当におもしろくて本気で笑った。俺もいろいろ話した。今の仕事の話や、名古屋の話や、家族の話。「あなたイケメンだからきっとモテるでしょう?」には参ったな。あの歳で「イケメン」という言葉が出るなんて不自然すぎた。
名古屋に着く頃には電話番号を交換してた。アロウズのライブ観に来るって。本当かなぁ。
しかし初対面であんなに人と話したの初めてだなぁ。おもしろいな、出会いって。

えー「40過ぎたら自分の顔。」だそうです。男は40歳までは親の顔で、それからやっと自分の顔になると。卑しいことやっとると卑しい顔になると。だそうです。イケ面でいられるでしょうか。


いかんいかん。忘れてました。今度のアルバムに収録される「ロックンロールダンシングガール」と言う曲のPVが完成。かなりおもしろいのでリクエストじゃんじゃんしてちょうだい。
これ頼みます。

(シュンジ)
by thearrows | 2006-06-22 02:11
一人サボタージュ
おはようございまーす。と言いながら夜中に書き書きです。エキサイトさんがメンテナンス工事で忙しいみたいで。寝る前に文章を書いて朝更新ですわ。みなさんこのブログを何時くらいに覗かれてるんですかね。ちょっと興味があります。

さて昨日はOxala net TVだったわけですが!俺は名古屋で湯川潮音さんのライブを観に行ってました。俺、好きなんですよ、潮音さん。最初はジェームス・イハが曲提供とプロデュースをやってるっつんで気になりまして、はたまたインタビューでは「(私はジョニ・ミッチェルよ)と思ったら完全にジョニ・ミッチェルになりきっているんです。」とか気に入って気になりまして、そしてアルバム聴いたらだんだんだんだん気になって仕方なくなってました。声が好き。曲も好き。歌詞も好きだな。今年の冬に出たアルバムはかなり聴きました。
んで昨日のライブなんですが、すごく良かった。俺は半分くらいしか知ってる曲はなかったんだけど、全部の曲をしっかり味わうことができた。全部歌詞も音もはっきり聴こえて親切な音楽だったな。とにかく心地良かった。話もおもしろかったし。あと写真で見るのと全然違って本当に少女みたいでびっくりした。とても可愛らしいんですが、俺も「超好み・・・。」とはなかなか言いにくい歳になってきました。
昨日は昼に起きてすぐにガットギターを弾いたんだけど、ケースから出すの一週間ぶりかな、久しぶりで、開けたら相変わらずすごくいい匂いがしてね、ローズウッドの匂いだと思うんだけど、この匂いも長い時間が経てばなくなってしまうのかなんて寂しく思ってしまって、潮音さんがガットギターを弾いた時にウチの自分のギターをケースにしまうのを忘れたなぁ、匂いがとんでしまうのか、なんて心配を始めてしまった。まったく・・・。ほんの一瞬なんだけどね。

いつかお会いすることができたら、イハさんはどんな人だったのかとか聞いてみたいなぁ。

おーし、いってきまーす。
by thearrows | 2006-06-21 09:39
ARTIST DATA
CATEGORY
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ExciteMusicブログ一覧