exeite music
アロウズ
アロウズ
アロウズ
the ARROWSの
最新インタビューはコチラ
[2007-12-13掲載]

NEWS
PROFILE
NEW RELEASE
『アロイ』
この作品を購入する
LINK
OFFICIAL WEB SITE
ARTIST DATA
カウントダウン
今日も取材でした

音楽と人、Player、vibe、hotexpress。詳細はMediaを待ってくださいな。

写真はhotexpressで、


ライターさん『・・・・なるほど、ではキャンディさんは、その辺はいかがですか?』

キャンディ『・・・・・・・・』

一同『・・・・・・・・・』



b0086328_183438.jpg




キャンディ『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0086328_184730.jpg



キャンディ『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

ライターさん『なるほど・・・・・。言葉にならないと・・・・』

と言ったかは定かではないですが、アップをお楽しみに


さて、

b0086328_1444592.gif



という企画ですが。

もの凄い沢山頂いてます。ありがとう。

他のアーティストさんのやつはZIPで話すとして

(生放送で20分だから、なかなか紹介できなくてごめんな〜)


the ARROWSの曲に対してきたものを、ここでも紹介して行きます。

以下メール内容

Aさん

Subject: 私のさよならミュージックはこれ!

the ARROWS「5階の部屋」 です!
the ARROWSは彼が大好きなバンドでした。
ライブについていったのがきっかけで大ファンに☆
ドライブのときはいつもアロウズ全開で、2人で
大きな声で歌いながら、クラップしながら、楽しく過ごしてました。
2人で話し合ってさよならをすることを決めた日の
帰りの車中、1人でこの曲を聴いてました。
今 涙が出た 涙が落ちたら 腹も減るんだな
ほら 喉も渇く 君がいなくても 身体は生きてる
・・・
君がいなくたって 俺には関係ない はず
「5階の部屋」の「5階」は「誤解」にかけてるんだよ〜。
なんて、歌詞について議論したなーとか。
あの人は、1人になってアロウズを聞いたら
私を思い出すんだろうか、とか。
いろいろめぐる頭の中。
死ぬほど辛いのに、カラダは生きてる。
呼吸しておなかがへる、「生きてる」、そんな当たり前のことが
こんなに悲しいんだな、って実感しました。
悲しすぎて泣けない私に寄り添ってくれたのがこの曲でした。
その日から、実は、アロウズ聞けてませんでした。
ライブも行けてません。
でもCDは全部買って、大切にしてます。
HPもブログもチェックしてます。
「さよならミュージック」を聞いて、彼への想いが
整理されたような気もしています。PV、泣きそうでした。
いつか笑顔でライブに行きたいなって思いながら
メッセージを書いてみました。
心から応援してます。
これからも、がんばってください!





音楽は俺にとって
『死ぬまで世界の脇役かもしれない』とふさぎ込んで諦めてた男を
主役にしてくれた存在です。
それは、ボーカリストとして活動できるようになったからではなく

皆と同じリスナーとしての坂井竜二に
『君の人生の主役は君だ』と言ってくれたという意味でね。

同じような想いを誰かに伝えたくて、俺は音楽をやってます。

Aさんが辛くてどうしようもなかった時に、少しでも寄り添ってられたのは
間違いなく俺の、そしてthe ARROWSの誇りです。ありがとう。俺も頑張りますわ。



明日からはオフィシャルで2ndアルバム

『GUIDANCE FOR LOVERS』の
14曲を14日間のカウントダウン方式で1曲づつ、ソングライターとして紹介してきます。
パンテーンより輝きます

お楽しみに。

あ、明日ZIPきいてなー。生放送だからYO!

沢山のメール待ってますよ。

P.S.
Aさん。ここはあえて元気よく高田総督風に言わせてください。

ライブに

コイヤーッッッッ!。

押忍!これからもよろしく。
by thearrows | 2007-11-21 01:43 | 坂井竜二(Vo)
<< EPICUREANから誇リズム M-ON!ユメレジ >>
ARTIST DATA
CATEGORY
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ExciteMusicブログ一覧