The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2011.2.26
遅くなりましたが2/11のBlackRiotの写真をアップしました。Buffalo3のカメラマンでお馴染みのSweetBoy 二コによるもの。何度か撮影してもらった事もあり、以前通りざらついた質感とコントラスト美は健全。彼のサイトも覗けば分かる事だけど、その写真達がもつ奥底のメッセージやら主張を音楽達が呼び覚ます そんな感覚になれるページ。絶妙なバランス。うーむ好きだ。
この日は復活のグレアドも久々なベニ、主催者のバッファローといい馴染みな顔が揃うと純粋に最初っから打ち上げ最後まで楽しんでしまった。明日は18日の写真をアップします。

Ryoji

c0181418_9125946.jpg
c0181418_913668.jpg
c0181418_9144367.jpg
c0181418_9135043.jpg
c0181418_9131594.jpg

c0181418_9141063.jpgc0181418_9140100.jpg
c0181418_9142484.jpg
c0181418_9134076.jpg
c0181418_9143239.jpg
c0181418_9132561.jpgc0181418_915068.jpg
by emm_tjg | 2011-02-26 09:20 | Trackback | Comments(0)
champion
そう!!!最近はChampionの

服を良く集めているのです!!

ビースティーボーイズの初期

みたいで似非悪みたいなのが

良いなと思ってるんです~


アディダスも集めてるけどね♪

今度Def Jam買おうかしら☆

それにHIPHOP熱が冷めない!!

THE ROOTSのこのPV可愛いね



PUBLIC ENEMYも音楽と政治の

融合って感じでかっこいい♪

チャックDのフリースタイルラップが良い!!



maniちゃんのブログにも書かれて有りましたが、

JUSTICEのこのPV本当に最高!!!

あんなチャラチャラしたクラブミュージックではなく

暴力的なトラックを求めて頂きたいよね!!

VJと合わせて2代目Aphex Twin、

Chris Cunninghamを狙って貰いたい!!



これ本当に良いね
ドラム良いね
ちょっと驚いた...


by emm_tjg | 2011-02-08 19:09 | Trackback | Comments(0)
2011.2.3
c0181418_10552932.jpg

早くも2011年2月に入ってしまいましたが、新年最初の投稿ということで、改めましてあけましておめでとうございます。最近はひたすら地下にこもり新曲創りに励んでます。現状は1stアルバムより尖った曲が並んでいます。人間が太古の時代からリズムと共に踊りを覚えたように、原点回帰し体が自然に動くことを常に再確認しながら進行を進めています。メンバー間の勢いもかつて無いほどの団結力があり、今年の活動に対し完全武装している最中です。今後はこまめに投稿も増えると思いますのでチェックのほど宜しくお願いします。

Ryoji



c0181418_10555191.jpg
▶photo1/江ノ島での初日の出
▶photo2/ 1/28 O-NESTの楽屋にて
by emm_tjg | 2011-02-03 10:58 | Trackback | Comments(0)