The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
今週は、、、中学時代の話 今村 怜央
最近またずっと体調を少し崩したために、

今週は、簡単に昨日のことを。

(来週でジョンレノン編完結させますので、、、、)


昨日はライブ来てくれたみんな、

昨日出会った新しい友人たち、

同じステージで、拳をにぎり、汗をおとして」いった共演者たち、

本当に、良い夜だった。

たくさんのお客さんもいたが、

関係者もいたはずだが、

あまりにも、打ち上げ含めてだが、

歳や、

ベテラン、

若手、

上下関係などまるで関係なく、

さまざまな熱い情熱を感じれる素晴らしい日だった。




昨日にむけて、また新しい作品のリリースにむけて、

ライブの練習をしたり、身体をつくっていった。


そして、高校1年生の文化祭のカバーバンドライブ以来の初ボーカルオンリーのライブだった。




初めて、中学生のころ結成したバンドの話だが、

そのドラムの奴と、高校一年生の夏までやっていたんだけど、

おれは、ベースボーカルで、

いろいろなギターリストはやめていき、

スタジオや、ライブの

メンバー募集に会いにいったり、

新宿の町中に、

自分たちで、

メンバー募集チラシをはったりしてた。

結果的に、

ライブもやらずに解散してしまったんだけど、


なんとか15歳なりに、

オリジナルもないんだけど、


デビューの方法というか、

現状から脱出する方法を考えて、


変な大人見つけて、

だまされそうになったり、笑


まあわからないなりに、そのドラムとマックで作戦考えたりしてた。(ジョンズのメンバーと出会う前)


あるとき、メンバーがまたいなくなったとき、


ドラムが、ベースをいれようと、言ってきた。


れお「おれのベースだめかな?」


どらむ「いや、れおは、絶対ボーカルだけの方がいいよ。おまえだけの持ってる~、、、、(恥ずかしいからカットする)」



と言われたことがあった。

そんときは、

なんか、ちょっとベース下手なのかとへこんだり、カートコバーンが大好きになってしまい、

エレキギターを買って、

そのまま

高校のやつと、組んで、

自然解散みたいになっちまった。



ずっと、ギターを弾いてきたし、

ギターが好きだし、

ジョンズ以外、ほかにするバンドでもギターは手放せない関係だが、


ようやく、

ジョンズゲリラを結成して8年目で

ボーカルだけを出来るバンドに、

出会ったというか、

進化したというか、

運命的に求められた気がするというか。。。。



本当に、普通からしたら、すごい小さな話なのだが、

おれは、なんか嬉しかったし、普段体験できない緊張と、

新しい経験、

あたらしい景色が見えて、

やっと、25歳にして、またスタートに立った気がしました。(これからもたくさんの始まりが待ってるだろうが。)


まだまだライブは、未完成で、

満足は、はるか彼方にいるけど、


それでも昨日感じた、

目に見えないけど、

確かに、

変わって、

満たされていくもの、

数字や結果はすぐには、ついてこないが、

本当に大切なものをつかんだなら、

きっと、とても大きな力になっていくと思っている。

あとは、

やりつづけるだけだろ?




追伸

オサム、おまえの言ってた言葉、おれは忘れてなかったし、勝手に励みにしてたからな。

名古屋で風俗ばっかり行ってないで、東京帰ってきたらライブ遊びにきてな
by emm_tjg | 2012-02-28 00:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blog.excite.co.jp/theJohns/tb/17557022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]