エキサイトアニメ
CALENDER
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

     
24時間テレビチャリティーライブ  
名古屋中京テレビのイベントステージでした。
e0146373_17575790.jpg

今回は、ISSYOさんのアコギと一緒に弾き語り。
久々ピアノ弾きながら叫んだので、きもちよかったー!!当日お会いしたみんなありがとう!!
2ステージ目は岡崎庁舎前に用意されたステージで、こちらはピアノの用意が間に合わないということでISSY0さんのギターだけだったんだけど、一曲目のミステイクを歌っているときに風が吹いて、ISSYOさんの譜面がとんでしまい、演奏が途中で止まる。というハプニング付でした♪
その他いろいろトラブルが多くて、せっかく見に来てくれた方々にはちょっと申し訳なく、翌日も出演したかったのだけれどスケジュールの都合でどうしても帰らなきゃならず、ちょっと心残りの多い一日だった。
また必ず挑戦するので、そのときまでまっててね!!
# by tentenpine | 2016-08-27 17:57 | Trackback
愛媛アニソンカンツォーネ  
こちらも
愛媛のリベカ音楽教室が主催するカラオケ大会だった!!
http://ribeca.info/
リベカ先生は、ヨーロッパで学ばれたクラシックの歌唱技術を日本に持ち帰り、愛媛で200人以上の生徒さんを抱えている、すごい人です。プロフィールみただけですごい!!あー、そんなすごい先生が愛媛にいたのなら、自分が愛媛にいたときに習いたかったわー。

今回の来場者のみんなと♪
e0146373_17425226.jpg

愛媛はねー、なんつーか、僕らが子供頃からなのだけど、一般の方々の歌の技術が高いんです。まー自分の感想は、演歌一族ということもあり、自分がそこに触れていたからという理由もなきにしもあらずだけど、それにしても今回の大会、第一回目にしてはめちゃめちゃみんな上手すぎて、審査をするのに困りました(^^;
先日の神戸もだけれど、こうやってここに集ってくる人たちからいつの日か、あたらしい歌手が生まれる日がくるのが、楽しみだね!

さてさて今回も、ミニライブでみんなと盛り上がり、たのしいひととき♪
e0146373_1743687.jpg

イベント後は、愛媛でいつもおせわになっているライオンママとそしてNoBさんと瀬戸内の海産物をいただいた♪これには話の続きがあるんだけど詳しくはまもなく掲載されるアニカンコラムの方で(^^。
e0146373_17434854.jpg

# by tentenpine | 2016-08-17 17:42 | Trackback
アニソンカラオケバトル  
神戸アニメストリートでアニソンカラオケバトルの審査員♪
e0146373_17353626.jpg

こんな感じでステージで歌う挑戦者の歌を聴くのです♪
かしこまりすぎだよなー、自分(^^;
どっちかっていうと自分は客席側として楽しみたいところなんだけど、審査員であるだけに真剣にきかなきゃだし、逆に緊張するし、しかし、一発勝負のステージで真剣にパフォーマンスをしているみんなの姿を見ると、やはり感激します。

こういった場所に来ると、何年か後に「あのときの大会で会った~」みたいなこともあるのでやっぱりそこに居合わせることができるのは、本当にうれしいです。
e0146373_17353278.jpg
みんなこれからもがんばってねー!そして審査終了後は、僕とNoBさんもミニライブ♪
見に来てくれた方、ありがとう!!
# by tentenpine | 2016-08-14 17:34 | Trackback
ジャンプビクトリーカーニバル大阪  
e0146373_1643132.jpg

ドラゴンボールヒーローズもついに6年目に突入!
仲間も増えて、新しい筐体の稼働が待ち遠しいところ。今年もそのお披露目でジャンプビクトリーカーニバルに出演させていただきました!初回は大阪インテックス。毎回たくさんのお客さんが会場でヒーローズの大会を見に来ているから、ぼくらも応援しに歌いに!!
e0146373_16434526.jpg

というわけで、YOFFY、五條さん、そしてドラゴンボールヒーローズチーム♪
e0146373_16435869.jpg

アニメがついにスーパーな展開になっているので、ヒーローズもスーパーな展開になっている!早く遊んでみたい!

それからフュージョンズも出店していた!こちらはDSゲームでうちやえゆかさんと一緒にうたっているよ!
e0146373_16444765.jpg


今回もバンダイさんからプラモをお預かりしたので、時間でき次第、クオリティ高いやつつくって自慢するので!
e0146373_16454051.jpg
来週は東京ビッグサイトで!!
# by tentenpine | 2016-07-30 16:42 | Trackback
須佐湾花火大会  
みなさんこんにちは、7月28日に、きただにひろしさんの故郷、山口県萩市須佐というところに、佐咲紗花と行ってきました。
e0146373_16343240.jpg

毎年この日、須佐の花火大会が開催されており、遠くからもたくさんの方が楽しみにきている。そんな大きなお祭りにきただにさんが毎年出演され、お祭を盛り上げているのですが、今回体調の関係で出演を見合わせることになり、ピンチヒッターとして谷本が出演することになった。
自分も前日の夜に急遽話が入ってきたので、詳細を把握しきれていなかったんだけど、今回の花火大会は特に町ぐるみで、きただにさんを迎えるお祭りだったらしく、お祭りのメインステージでのアニソンライブだけでなく、300メートルは続いている海辺の花火会場の真ん中に、ナント花火とシンクロした特別なステージが容易されていて、そこでウィーアーを歌うという、それはもうホントに凄すぎるステージでした。
e0146373_16335634.jpg

歌が花火とシンクロすることだけでも驚きですが、ブワーっと出るスモーク、レーザービーム、ぶわーっと燃える炎、サイリウムが飛び散るキャノンと、すべてがウィーアーと同期していて、格闘技の会場か、JAMProjectのライブでしか見たことない特効がもりだくさん。
自分にこの代役がつとまるのかどうか、終始疑問を投げかけていましたが、一緒に出演した佐咲さやかと一緒ということもあり、すっごい助けてもらって無事に歌いきることができたよv
佐咲紗花はステージも平時もいつも堂々としていてカッコイイね!

e0146373_1634277.jpg

須佐は日本海側に位置しケンサキイカが産物として有名だけど、知る人ぞ知るこの名産を求めてくる旅行者もいる。ちなみに僕の地元、呉からは車で3時間くらい。東京から行くなら、羽田から萩空港へ行き、そこから車で40分くらいのところです。景観も行政によって守られていて、とっても緑豊かな場所なので、ぜひみんな遊びにいってね!

とくにこの7月28日の須佐湾花火大会は全国的にも有名で、花火と観覧所の距離が近いので
音のボリュームや臨場感、花火の大きさがダイレクトに伝わり本当にすごいです。

やっぱり自分は、潮風と西日本特有のこのじめっとしたうだるような暑さがすきだなー。ここで食べる刺身はまた格別です。
e0146373_16334227.jpg


そして地元の方から話を聞くまで知らなかったんだけど、きただにさんは山口県と須佐のふるさと大使、そして萩市の観光大使ということで、地元の産業振興と、そして3年前にあった須佐の水害の復興にも大変ご尽力されているとのこと。花火も格別におおきくて目立つものを寄進されていた。人知れずこういったことができるように自分もがんばらなきゃ。
ちなみにきただにさんとは、最近ご一緒することが少ないのですが、デビューしたての頃はトランスフォーマースパーリンクで、きただにさんがOP、谷本がEDだった時があり、スポットの収録やイベントなどいろいろご一緒させていただいていた。いつもやさしくしてもらっていた(^^。

e0146373_1634154.jpg
さて、萩市は自分もゆかりある地でしてー。まず当時の広島の多くの小学校の修学旅行が山口です。もれなく萩にも行きました。萩焼っていう有名な焼き物の地であることと、どうしても外せないのは吉田松陰ゆかりの地。誰もが知っていますが、吉田松陰はこの萩の地で塾を構え、農民にも武家にも差別なく教室を開き、岩崎弥太郎、伊藤博文を大久保利通をはじめ明治の幕開けに欠かせない政治家のほとんどがここから排出されている。
e0146373_1634061.jpg

最後はまー、ひとりで黒船に乗り込もうとしてつかまってしまい、反逆罪ということで処刑されてしまうんだけど、本人的には日本のために、というその熱意一筋だけで海外の文化を勉強したい一心で外国船の停泊している沖まで行き、乗組員に直談判しただけなのに、拘束され幕府に処刑されるというなんとも悲しい話なんだけどね。それによって、弟子たちの怒りを買いまくり、結果的に国家転覆という形になったという説があります。一方で、それ以前に関ケ原の戦いで敗れた毛利一族が山口県の僻地に逃げ込み、その末裔によって明治維新がなされたという説もあります。詳細はまたの機会。どちらにしても山口県はいつも歴史の中で重要なカギを握っており、こと政治においてはたくさんの重鎮が輩出されています。
e0146373_163457.jpg



「親思う こころにまさる親心 きょうの訪れ なんときくらん」(小学校の記憶なんで、漢字はスマン。。。)
吉田松陰が処刑される直前に詠ったうた。
このうたの意味は、修学旅行で教わったのは「あの吉田松陰でさえも、なくなる直前には親に申し訳ないという気持ちで、後悔したのでこの歌をうたった」という風に教わったけど、今考えるとちょっと違うんじゃないかなと思ったりもする。吉田松陰の教え方の特徴として、畑仕事や水汲みなど日々の生活の中で、塾生に学問を投げかけていた、と言われている。そうすると、きっとこれも塾生たちへの最後の問いかけだったんだろうなと。
確か27,8歳で亡くなったと記憶しているけど、死ぬ直前まで自分の生き様を通して、弟子たち、そして後世に与えた影響の大きさは計り知れない。

ながくなりましたが、小学校の記憶なもんで、自分ももう一度グーグル先生に訊いて確認してみる。

というわけで、僕の知っている山口についてきただにさんの変わりにご報告でした(^^
呉市、広島市、松山市についてもいつか触れてみたい。

あ、ステージについて、あんまり書いてなかった。
e0146373_16334740.jpg

七福来遊!
# by tentenpine | 2016-07-28 16:33 | Trackback
フォルタレザ SANA2016  
ブラジル2週目はフォルタレザというところ。サンパウロではアニメフレンズというおおきなお祭があり、こちらフォルタレザではSANAというお祭が毎年繰り広げられている。サンパウロから飛行機で3時間半なので、北海道から沖縄くらいの距離と思われる。世界地図で見るとブラジルの国土はオーストラリアくらいのように見えているけれど、地図は、地球がまるいから平面にすると縮尺の関係で、南北に行くほど、引き延ばされているから、赤道付近にある国は実際は、地図の見た目よりもぜんぜん広い。
そして今は冬のはずなんだけれど、ここは赤道に近いところにあるから、思いっきり夏。NoBさんからフォルタレザの話をよく聞くので、「行ってみたいなー」ってずっと思っていたんだけれど、今回行けてホントうれしい。そんな、ブラジル国民の休息の地、フォルタレザではこの季節もみんなビーチで遊んでいます。写真はすまん、ツイッターとか参照してください。
e0146373_8401718.jpg
会場は、幕張メッセよりもぜんぜん大きな会場でコンベンション。2階の会議室では、特撮、カードゲーム、ポケモン、そのほか諸々いろいろなカテゴリーにわけられていて、各部屋でワークショップやサイン会などが繰り広げられていた。こちらにも毎年5,6万人の集客があるとのこと。人口500万人の州なので、日本で言えば、位置的にもキャパ的にも福岡県でこのようなおおきなアニメコンベンションが行われるようなものです。かなり想像しにくい。しかしそれくらい毎年盛り上がっている、ということはお分かりいただけるかと思う。その一角にもうけられたコンサートステージでぼくらのパフォーマンス。
e0146373_8402059.jpg

この会場も、幕張メッセーでライブをやるならこんな感じ!そのもので、スタンディング満員で8000人っていっていたから、1ホール分なら、それよりもゼンゼン広い。でもって両日満員だった。

ここに来ていたゲストの1人にパワーレンジャーのレッドでもある、ジェイソンがアメリカから来ていたので、一緒に写真v
e0146373_8402176.jpg
同い年だった(^^

スタッフ、キャストのみなさんとの食事会。
e0146373_8402443.jpg
みなさん、とてもやさしく各担当でめっちゃめちゃつかれているはずなのに、いつもどこでもこうやって僕たちを出迎えて食事をふるまってくれます。会話にはいつもユーモアがあり、楽しく笑顔の絶えないブラジル。だれもが情熱を前面にだしていて、とても気持ちのよい人たちばかりです。ありがとう!!
# by tentenpine | 2016-07-17 08:38 | Trackback
アニメフレンズ2016 2日目  
ブログを書いて消し、書いて消しを3時間くらいやっていることもよくある。あるある。

2日目のステージはデジモンスペシャル

One vision、We areクロスハートx7、君こえ、ゲキ
そして和田さんの追悼コンサートでもあるということでFire!、Bigguest dreamerも歌わせていただいた。

なもので、渡航の1週間前くらいに、Fire、Bigguest dreamerを歌うということが発覚し、しかし曲をさらう時間がゼンゼンなくて困っていたんだけど、渡航前日の日本での打合せの合間、「もうここを逃したら1時間もない!」っていう時間がたまたまできたので、急遽スタジオに入って練習したんだよね。そしたらそこで偶然、太田美知彦さんと再会し、ビックリ!!実は、デビューしたての頃、太田さんと自分をプライベートで引き合わせてくれたのは和田光司さん。
e0146373_22135839.jpg
当時、このアニソンの現場に初めて足を踏み入れた自分は、いつも1人でどこにも知り合いがいないから、そんな中で唯一の先輩であり、兄貴のような存在でもあった和田さんの後ろをひたすらついて回っていたんだよね。仕事でもプライベートでもいつもいろんな話をし、いつもバイクで一緒にいろんなところへ遊びにいったし、ある日、同じ野球チームに入らないかと声をかけてくれて、そこで太田さんとも出会い、毎週のように試合や練習をし、一緒に汗を流し、一緒に呑みやバーベキューなどいつもいつも太田さん、和田さんそして先輩方と一緒に楽しい時間をすごさせてもらっていた。

だから、このタイミングで太田さんに会った瞬間、偶然じゃないって確信したし、誰がここに連れてこさせたかも分かった(^^。なもんでプラスオメガでいろんな思い出といろんな気持ちを持ってブラジルに行くことになった。
e0146373_22135213.jpg
ブラジルのファンもデジモンの事を本当によく知っている。いや、どんなアニメでも知っているんだけどね。
呼んでいただいた分、全力で歌ったよv 宮崎さん、ヒカルドと一緒にね!
e0146373_22134772.jpg

もっといろいろ書きたいことはあるのだけれど、今日はここまでにしておく!
ありがとう!
# by tentenpine | 2016-07-10 23:18 | Trackback
アニメフレンズ2016初日  
今年も出演させていただきました。
アニメフレンズ。ブラジルサンパウロで毎年10万人近くものファンが訪れる大コンベンション。初日は、ドラゴンボール放送開始30周年ということで、現地でも盛り上がっており、高橋洋樹さん、浅岡雄也さんと一緒です!
e0146373_19164233.jpg

ステージは、いつものように豪華なステージ(^^。ドッカンドッカンと空前絶後、ヤブレカブレ歌ってきた。今回も出演させていただき本当に感謝です。
e0146373_19184935.jpg
こんな野外フェスが冬に繰り広げられているブラジル、素敵です!!冬といっても、秋の暖かい日、というか平気で30度近い日も多かった。
e0146373_19153358.jpg
現地のバンドメンバーたち。みんな曲をよく知っている。しかも20代ばかりなので、これからの活躍が楽しみ。

今回特に素敵だったのは、ブラジルでも大人気でイベントで引っぱりだこのヒカルドと、現地のドラゴンボールGTの主題歌を吹き替えでうたっているファビオとの共演。ファビオが出れば、ポルトガル語で大熱唱。浅岡さんが出れば日本語で大熱唱。見ていて圧巻だった。
e0146373_19161779.jpg
サイン会v
ホントはね、俺も2年ぶりのブラジルだからいっぱい写真を上げようと思って、32GのマイクロSDをスマホにセットして、現地でSIMも買って、完璧な状態で意気揚々とブラジルにINしたのですが、あのね、帰りの飛行機でスマホが壊れました。飛行機のUSBで充電していたんだけど、どうも充電がうまくいかなかったみたいで、日本についたらウンともすんとも言わなくなった。。でSDに入っているから大丈夫!と思って、SD開いてみたら、フォルタレザの後半からの写真しか入ってなかった。。。果たして修理に出してなおるものなのかどうか、不安ですが。。買ったばっかしだし、かなりショックなんだけど。フェースブックやツイッターでアップしたやつを摘み上げて貼りなおした写真で、スマン。。。こういうときSIMフリーはキャリアからのサポートが受けられないからちょっと不便ではある。ただ、買って3か月で壊れるスマホもどうかと思う。

話もとに戻りますが、
e0146373_19153120.jpg
こんなすばらしいイベント、日本でもやればいいのにー!!!
# by tentenpine | 2016-07-09 19:07 | Trackback
サンクトぺテルブルグ Anicon2016  
ちょっと遅くなっちゃったけど、サンクトでの公演を報告します。
e0146373_17475894.jpg

サンクトぺテルブルグは去年に引き続き2回目で、食べ物はおいしいし、街もキレイだし、今回も訪問できることをとても楽しみにしていました!
去年は、藤原いくろうさんのコンポージングのもと、現地オーケストラとの共演、しかもコンセールバトワールという国家の由緒正しき大学のホールで歌うという、本当に素晴らしいステージで歌わせていただき、今でもその感激は忘れられません。実はこのとき、たまたま現地のアニコンという大きなコンベンションのオーガナイザーが見に来てくれており、それがきっかけで今回の渡航が実現しました。

アニソンを通して、人とひととのつながりができ、こうして国内だけでなく国境をこえて次へまた次へとつながっていくのは、本当にうれしいし、いつも胸がワクワクします。

アニコンでは日本からのゲストは、僕が2回目ということで情報が少なかった分、実際ステージに上がって見なければ雰囲気がわからなかったのですが、コンサート会場は満員で大盛況だった。

日本の文化が大好きなロシアの方々は、古い文化から、現代のアニメや、秋葉原の雰囲気など、実はとっても多いということが分かった。特に「カラオケ」という言葉がそのまま通じる。ホテルから会場までの移動中には、「KARAOKE」と書かれた大きな看板をいくつか見つけることもでき、現地の人に聴いてみると、家族や友人たちとカラオケを楽しむことも多いとのこと。
e0146373_1748189.jpg

写真は、サンクトの街なんだけどね、今回は、空いている時間ですこし散策に出かけてみた。ホテルの従業員以外は英語はほとんど通じない。京都や広島で日本人に英語を話して道を聞く、ということを考えれば、英語で通じる確率はある程度想像はつく感じかな。そして観光都市なので、市場や街中ではみんな見慣れない日本人にも、積極的に笑顔で接してくれるので、とても気持ちがいいです。

今回感激したことがもうひとつ、日本領事館での歓待。元々、領事館の方からAniconの方々をご紹介いただいたのですが、その縁もあって領事館のパーティに招いていただきました。
e0146373_1748473.jpg
これは、パンと塩という儀式で、ロシア人が大切なお客様を招いたとき、最初に接待していただくものです。
ひとしきり感謝とねぎらいの言葉をいただき、オーガナイザーから直接ゲストにおおきなパンをふるまってくれます。パンの真ん中には塩があるので、ゲストはその塩を少しつけて食べます。
e0146373_1748831.jpg

ツイッターでも紹介しましたが、副領事官の渡邊さんは、高校生の時、僕が出演するイベント2010年の方ケットで最前列で楽しんでいたんだって!!僕がデジモンやガッシュベルを歌っていたころ、年に何度か、当時イベントに遊びにきていた子供たちが社会人になって、ふたたび出会うことがるけれど、それが日本からほど遠い、サンクトペテルブルグでそんな話をきくなんて、考えたこともないので、びっくりしまっくた(^^;
時間ができたらPCの奥にしまってある当時の写真をさがしてみよう!!!
e0146373_18233967.jpg

そしてもうひとつ。アニコンはヨーロッパ各地から遊びにくる人も多く、今回の歌の大会に、ベラルーシから参加してきている、Multik。この日も日本語でばっちり弾き語りをしていました。今度は、薄桜鬼の十六夜涙を挑戦してくれるんだって!うれしいね!
e0146373_17481215.jpg

ぼくらが小学校、中学校のころには、行くことなんてないんだろうなー。なんて思っていた近くて遠い国ロシアだけど、2度も行けてしまい、行ってみたら、コンベンションでは日本で見るキャラクターばかり。歌にダンスにみんなそれぞれ自分を自由に表現し、笑顔があふれる会場で本当に感激だった。

こういった活動が世界のいたるところで民間レベルで、ファンたちの手によって地道に続けられているということ。何より、現地の日本ファンの方々が、僕ら日本人よりも詳しく楽しく日本を紹介してくれているということ。実際歌いに行っている自分でも驚くことがたくさんあるんだけど、今回もいろいろな出来事から、アニメやアニソンを通して国境を越えてみんなが手をつないでいく未来が垣間見えたりして、以外とそれは絵空事ではないように思えたりもする。そんな場所に居させてもらえたことに感謝。
# by tentenpine | 2016-07-03 19:04 | Trackback
越谷レイクタウン  
ドラゴンボールヒーローズもついにこのたびスーパードラゴンボールヒーローズとして稼働されることに!今回もその主題歌を担当することになったよ!この日は越谷レイクタウンでの大会を応援するべく、パフォーマンスしてきた。
e0146373_174738.jpg

会場はいつものとおり満員で素敵♪今回の筐体は、いろんなことがいろんな風にいろんなアップデートがなされているから、遊ぶの楽しみなんだよね!

さて、今回のスーパードラゴンボールヒーローズからスーパーな仲間が増えた!
e0146373_1735315.jpg

YOFFYさん(^^v また近々、歌う機会もあると思う。

越谷レイクタウン、去年も歌いにきたからよく覚えている。ちょうどアルバムを発売したので、ショップにもあいさつに伺わせていただいたんだよね。そんなことを思い出していたら、来年は谷本は15周年だということを思い出した。
# by tentenpine | 2016-06-26 17:03 | Trackback
PROFILE

谷本 貴義
   ■ 歌手・作詞・作曲・編曲
   ■ 4月14日生まれ
   ■ 広島県出身
MUSIC
炎神戦隊ゴーオンジャー主題歌
2008/03/19 Release
COCC-16071 ¥1,260(税込)
 
獣拳戦隊ゲキレンジャー主題歌
2007/03/07 Release
COCC-15958 ¥1,260(税込)
LINK
ブログの記事もツイッターへ

     
 
ブログジャンル
以前の記事
ファン
 

copyright © 2008-2015 谷本貴義 all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム