エキサイトアニメ
CALENDER
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

     
神戸アニメストリート アニカラバトル  
神戸アニメストリートで行われている、セガカラアニカラバトル、今回も審査員として参加してきました。2回目なんだけどね、みんなレベルがすっごい上がっていて、この大会に向けてよく仕込んできている感じがした。と同時に、一曲一曲丁寧に歌っているみんなの姿、そして応援しているオーディエンスの掛け声を聴いていると、アニソン愛がすっごい感じられて、実は審査員席で毎回感動しまくっていた。神戸アニメストリート、ほんとうに最高の場所だ。んでも審査員だからね、毎回「いいねー!すごいねー!」ばかりは言ってられないのがちょっとね、申し訳なかった。そんなわけで本当にうれしい一日だった。
e0146373_121918.jpg
全体の力が上がってくると、さらなるステップアップを目指してほしいと思う気持ちもある。何年後かに「あのとき審査してもらってましたー。」なんてことがあったらホントうれしい。
今日の主催の方々、審査員の方々と記念写真♪
e0146373_1219045.jpg
この大会の面白いところは、「1曲勝負ではない」ところ。トーナメント形式で大会を勝ち抜いていかなければならず、そのたびに次に歌う曲を考えていかなくてはならないところ。技術力だけでなくに、運の引きの強さや、1対1だから相手を知るなどの作戦も必要なのかもね。

楽しむことと挑戦すること、そしてワクワク、大事だね!
そんな俺は今、モバストに夢中。

みんなもがんばって♪
歌の方だからなー。
# by tentenpine | 2016-11-27 12:17 | Trackback
ナント市  
ナントの街を散策したのでちょっとご紹介。
e0146373_12563359.jpg
こんなかんじで、峰不二子が出てきそうな仕様になっている。
e0146373_1256366.jpg
アニメ専門店も、ナントの街では、ナチュラルローソン以上の仕上がりに。
e0146373_12564617.jpg

1800年後半に作られた商店街。ほぼ昔のまま残っているそうです。
e0146373_12562321.jpg
2階へ続いている。
e0146373_12562563.jpg
赤い家は、いわゆる屋台かスタンドのようなもので、この時期からクリスマスバーゲンが始まっていて、街の広場に立ち並び、キレイなコントラストを写し出している。
e0146373_12562746.jpg
ブルターニュ大公城内にも入ってみた。後ろが城内で見晴らし台に立っている。城内後ろの広い敷地には教会をはじめいろーんな施設があったみたい。このお城はフランス革命の時は、革命派についたんだけど、最終的に、別の革命派によって取り潰され、たくさんの人が処刑されている。
e0146373_134475.jpg
こちらサンピエールサンポール大聖堂。
e0146373_1312415.jpg
大きさはこれで確認できるかな。
e0146373_1312736.jpg

e0146373_13121141.jpg
戦争で壊されたり、火災で大部分を失ったりしたけれど、無事に復元されているとのことで。
e0146373_13121280.jpg

以上ですー!
フランス革命についていろいろ話したいけど、またの機会に!
# by tentenpine | 2016-11-20 12:56 | Trackback
フランス Art to play  
初のフランス ナント市 Art to play というコンベンションでのステージ♪
e0146373_11443262.jpg
フランス南西部、ブルターニュ地方にあるナントという都市。
フランスのアニメコンベンションといえば、パリのジャパンエキスポだけど、こちらも大変盛り上がっている。タイトルの通り、アニメ以外にも様々なジャンルのブースが立ち並び、僕らが子供の頃に遊んでいたアーケードゲームが展示してあったり、日本のお菓子のブース、書家のブース、古物のようなものもあった。
毎年来場者数が倍増し、今回は4~5万人の来場者でこんな感じになっています。
e0146373_11443886.jpg
ステージもたくさんのオーディエンスが集まり、一緒に歌ったよ♪すごいよね。こうやって日本から歌手が来て歌うっていう企画は、今回が初めてとのことで、僕とNoBさんが記念すべきその第一回目のゲスト♪ そういった場所に呼んでいただき、本当に感謝です。
e0146373_11443018.jpg
全力で歌ってきた。初回の第一発目ってことで、だいぶ緊張したけど、みんな一緒に手を振ってくれて、答えてくれてすぐに打ち解けられた♪歌い終わったらもう、こんな感じ(^^。
e0146373_11443643.jpg
誰もが知るところではあるけれど、日本で生まれたアニメは、もはや日本だけのコンテンツではなく、世界中で愛され、世界中のファンによって支えられ、受け継がれていっているということがとってもよく分かる。しかもその愛され方は、ティテールにまでおよび、自分なんてむしろにわかな類。ヨーロッパのファンの方々は、作画監督や脚本家などクリエーターへの評価がとても高く、人気のあるアニメはどれも、ひとつの芸術作品という立ち位置でとらえている。

いつか、自分が真心こめて丁寧に編み込んだ音楽でも、こうやってみんなに喜んでもらえる日が訪れたら、ホントうれしいなー。
# by tentenpine | 2016-11-19 11:16 | Trackback
アニソン登山部  
ひさびさの参加でワクワクである。
今回は、アニキ、高取さん、ザリガニワークスの武笠さんと坂本さん。高尾山へGO!
e0146373_10155942.jpg
紅葉が最高潮に美しい。
e0146373_1016771.jpg
自分のスマホではどんなにがんばってもキレイに撮れないので、iPhoneの方々からおすそ分けしてもらう。こうやって季節の香を楽しむ時間を持てるのは、やはりアニソン登山部。
e0146373_1016224.jpg
高尾山山頂で、山菜そばをいただく。
e0146373_1016565.jpg
観光案内風に撮影してみる。
e0146373_10155548.jpg
アニソン登山部は、アニキをはじめ、先輩方とこうやって、青春の1ページを、一緒に過ごせる、本当に貴重でぜいたくな時間です。
e0146373_10155335.jpg
また行きたい♪
# by tentenpine | 2016-11-14 10:13 | Trackback
スーパー戦隊スピリッツ  
楽しかった♪ すごかった♪
e0146373_1093098.jpg
また会えるといいね、ここで♪
e0146373_1093359.jpg
ありがとう♪
# by tentenpine | 2016-11-05 10:12 | Trackback
ペルー Otak fest  
ペルーのコンベンション「Otak fest」
5年前に来て以来、2回目のペルー。今回もNoBさんと一緒です♪
飛行機到着後は、エコノミー症候群にならないように、軽くジャンプ。
e0146373_9305333.jpg
ペルーのジャパニメーションの人気もすごいです。
確か、前回は大きな体育館で800人くらいだったような記憶があるけど、今回は武道館と同じような雰囲気の会場で、ここでコンベンション、そして僕らのステージが繰り広げられた。たっくさんの人たちでごったがえし、こちらが感激だったわ。
e0146373_931833.jpg
ペルーでは最近は特撮も人気だから、ゲキレンジャーもバッチリ盛り上がった♪DB、デジモンも鉄板だったよぅ。We are xross heartを歌ったら、会場のみんなでクロスをつくってくれた!!
e0146373_9311058.jpg
うれしいなー。なんだろう、やっぱり、こう、デジモン好きだからこそ、うちらにしか分からない、この感じ、すっごいうれしいです。もちろん日本でも僕のライブに来てくれるみんなともだし、大きなステージで一つになれる瞬間。音と心がつながる瞬間。アニソンの場合は、音と画と心がひとつになるからね!

ペルーは空気がキレイだし、自然も豊かで本当に素敵なところ。物価がとっても安い。。安すぎてちょっと心配になるんだけどね。
e0146373_9311347.jpg
とまれ、こちらから見る太平洋のずーっと向こう側が日本。この写真のときは、「みんな寝てるんだろーなー」って思ったw
e0146373_9311113.jpg
ちなみにこの芝生の先はすぐ断崖絶壁で、崖下には超有名なビーチがどこまでも伸びています。
e0146373_9311640.jpg
ピスコ。ブラジルのカイピリーニャみたいなお酒。
あと楽器屋に立ち寄り、ケーナを一本買って帰った。リコーダーのようで、どことなく懐かしい音がする楽器。またいつかのレコーディングで音を届けられるといいな。

さて、そんなペルーですが、日本との交流はもはや140年以上。明治の移民政策以来、ずーっと続いている。今回は行かなかったけれど、日系人の資料館もあり、その足跡をたどることができる。我々の先祖がペルーで頑張っておられる(^^。
で祖先と言えば、話それますが、古代日本人は海洋民族で、7000年前の九州の大噴火を期に、新しい地を求めるべく、ペルーまで船で海を渡り、その古代日本人がインカ帝国を築いた、なんていう説もあり実際縄文式土器と全く同じ様式の土器が、ペルーでたくさん出土されている。

不思議や謎がいっぱいのペルー。またいろいろ調べてみたい。ペルー。ありがとう!!
# by tentenpine | 2016-10-30 09:20 | Trackback
アニソン列伝  
Graniという双子ユニットを中心にアニソンファンたちの手によってつくりあげられているイベント。今回ゲストで出演させていただきました!
e0146373_9103055.jpg
過去最高の動員ということですばらしいっ!
e0146373_9103288.jpg
今回のような雰囲気は、なんだかんだ久々な気がして、とっても楽しかった♪
e0146373_910349.jpg
みんな、ありがとう!また遊ぼう!
# by tentenpine | 2016-10-22 09:07 | Trackback
ブラジルイベント saga2.0  
今年2度目のブラジル。前回はサンパウロとフォルタレザという都市だったけど、今回はナタウという場所。ナタウはブラジル全国からバケーションにたくさんの人が訪れる地とのこと。フォルタレザもそうでしたが、また一味違う空気とビーチを味わうことができた。ポルトガル語なのでNATALと書いて、ナタウと読む。
e0146373_640479.jpg

イベントはsagaというアニメコンベンションで、今回は初のアリーナでの開催。都市の大きさとしては、広島くらいの規模ではないかな。そのような地方都市でも、ブラジルの場合はとても熱いコンベンションが開催されている。
なもんで、ゲームショウで見ることができかったVRをこっちで体験させてもらったわ(^^;
e0146373_641493.jpg
e0146373_641270.jpg
イベントもとっても盛り上がりまして。今回もヒカルドと一緒v
e0146373_851429.jpg

撮影会では、子供時代の孫悟飯が来てくれて、一緒にポーズきめてくれた♪
e0146373_641848.jpg
ちなみにこの場所は、野球でいういわゆるブルペン的な場所で、いるだけでワクワクします。
イベントの合間は、せっかくなのでビーチを楽しませていただいた。
e0146373_64054100.jpg
砂浜が空の鏡になっている。
e0146373_6405296.jpg

e0146373_641637.jpg

絵に描いたような写真。時間があったらプライベートでゆっくり来てみたい♪
# by tentenpine | 2016-10-15 06:35 | Trackback
青フェス  
遂に広島ブルーライブで実現したアニソンフェス「青フェス」。
昨年のフラワーフェスティバルの打上げで、「広島でイベントやろー!」なんて、ブルーライブさんと、広島で活動しているBAMPSさん、藤江潤士さんなどと話をしていたら、この方々、本当に実現してくれた。
e0146373_66939.jpg

たくさんの地元アニソンファンが集まってくれて、本当に盛り上がった!!

一緒に出演してくれた、NoBさん、池田彩、そして実現してくれた現地のみなさん、本当にありがとうございますっ!!そして今回バルーンアートでご協力いただいたゆめふるバルーンのみなさん、神龍、すごすぎっ!!
e0146373_661010.jpg

子供のころは何の気にもとめてなかった瀬戸内海
e0146373_661493.jpg
この日の海は天候に恵まれ太陽と織り成す光の輝きが絶妙で最高でした。住んでいた頃は、キレイなんて思ったことないんです、ホントに(^^;

広島に来る際には、市街地ももちろんですが、宇品港にも寄られるとよいでしょー(^^
ちなみに明治以降の戦争の歴史を探るなら、やはり広島は外せない。

①広島 原爆ドーム、資料館
②呉 大和ミュージアム
③江田島 旧海軍兵学校
④似島 似島検疫所
⑤大久野島 毒ガス工場

機会があればぜひ探訪されるとよいでしょう!
んー、なんかいつか、そんなツアーをやってみたい。

もっといろいろできるはずだから、がんばろっ自分!
# by tentenpine | 2016-10-02 06:05 | Trackback
歌祭  
鈴木美潮さんプレゼンツ、歌祭、ふたたび呼んでいただきました。こんかいは、谷本つながりということで速水けんたろうさんからのバトンだった。
以前楽屋で速水さんと、「一緒に谷本を盛り上げていきましょう!」なんて、冗談っぽくお話をさせていただいていたのだけれど、ちゃんと覚えていてくださっていてうれしい!!
そんなこんなで2回目の出演となった。
e0146373_5195443.jpg
イベントはもちろんたくさん歌ってたくさん話をして楽しかったんだけど、それに付け加え、僕からのバトンは、樫原伸彦さんにわたりました!!ちょう久々にお会いできて本当にうれしかったんだけど、さらに樫原さんの次がRickyさんです!こうやってつながっていくイベントってワクワクするねっ。
# by tentenpine | 2016-09-30 05:19 | Trackback
PROFILE

谷本 貴義
   ■ 歌手・作詞・作曲・編曲
   ■ 4月14日生まれ
   ■ 広島県出身
MUSIC
炎神戦隊ゴーオンジャー主題歌
2008/03/19 Release
COCC-16071 ¥1,260(税込)
 
獣拳戦隊ゲキレンジャー主題歌
2007/03/07 Release
COCC-15958 ¥1,260(税込)
LINK
ブログの記事もツイッターへ

     
 
ブログジャンル
以前の記事
ファン
 

copyright © 2008-2015 谷本貴義 all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム