最終日

d0339894_07563178.jpg
二学期最後のお弁当。

毎朝5時に起きて作ること。

毎日、お弁当のこと(ばかり)を考えていること。

それを念頭に、食事のメニューを考え、お買い物をすること。

仕事をしながらは、正直、とてもキツイと思うこともあります。

でも、お弁当でなかったら、

忙しさを理由に、もっといい加減な食生活になっていたのではないかと思うと、

私にとっては、これも、「ちゃんと母親をやりなさい」という神様の思し召しだったのではないかと思っています。

泊りの仕事を入れないのも、それだけが理由ではないけれど、

「お弁当」という要素は大きい。

でも、

一年生の最後に、学校から持ち帰った「かんんしゃじょう」は

今も、キッチンに飾り、毎日の励みになっています。

二学期の最後は、子供の大好きな「チーズバーガー」にしました。

ついでに?、主人の朝ごはんも似たものを作りました。
d0339894_07563220.jpg

まだまだこの先、何年も続くお弁当作りの日々ですが、

三学期が始まるまで、しばし解放されるありがたみを

かみしめたいと思います。

<< 軽減税率の協議担当者に セミナーで講演 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa