<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋の気配

やっぱり四季があるって素晴らしい。
d0339890_12325579.jpg

今日は刈米先生のお花のお稽古。赤い実が入ることで秋なかんじに。


d0339890_12325581.jpg

お花からのパワーをいただきました!

ラグジュアリーなエルメスRoom

やっと日本に帰ってきての第一弾はエルメスのラグジュアリー&モダンな展示会♪
d0339890_12325672.jpg

今年の5月にミラノサローネでお披露目したエンツォ・マーリ、アントニオ・チッテリオ、ドゥニ・モンテル&エリック・パンケによる家具のデザイン。レザーの椅子はいろいろカバーリングをかえられるらしい。

d0339890_12325687.jpg

こんな書斎だったら仕事もはかどるかしら。とため息ばかりに素敵な空間でした。

ロシア番外編

サンクトペテルブルグ空港です。
d0339890_12325712.jpg

朝、4時半起きでサンクトペテルブルグに。ようやくダウンジャケットの出番です。

d0339890_12325757.jpg

初めてのサンクトペテルブルグの街はすべてが規模がおおきく建物は壮大なかんじです。エカテリーナ2世がピュートル大佐に捧げた、大きな青銅の騎士像です。制作したのはフランス人だそう。

d0339890_12325813.jpg

エルミタージュ美術館に到着。あまりの大きさの建物と美しさに驚愕!本当にロシアには驚かされることばかりです。

d0339890_12325812.jpg

エルミタージュの館内を少しご紹介。とにかく天井が高く見たこともない大きなシャンデリアは凄まじいもの。どの部屋を見ても第一声がスゴイ!としか出てきません。

d0339890_12325920.jpg

パヴォリオンの間に自然光が差し込みゴールドと大理石の色が何ともまばゆく美しい。ここはエカテリーナ2世が住んでいた比較的小さい部屋だそう。この他にもダヴィンチ、ラファエロ、ピカソ、ゴヤ、マティスなどの名画もたくさん。

画像

運河の横にたたずむスパース・ナ・クラヴィー大聖堂。この日は休館日で中に入れなく残念でしたが建物だけでもこの素晴らしさ。この続きはDAZZLE2月号で旅の取材で紹介します。乞うご期待☆

初ロシア4

最後の夜はコート展レセプション後プーシキンカフェでのカクテルパーティー。
d0339890_12325968.jpg

レストランの扉を開けると19世紀のロシアに戻ったようなインテリア。映画の中の1シーンのようです。

d0339890_12330081.jpg

ハープの演奏を聴きながら、いただくカニのサラダ。カニ好きにはたまりません♡
この後もペルニエ、メインが続きます。

d0339890_12330085.jpg

デザートは洗練されたミルフィーユが。

d0339890_12330193.jpg

今回のマックスマーラのモスクワイベントはミラノオフィスの方も大集合。
WWDの山室編集長はミラノPRチームにモテモテでした♡ SPURの編集長内田さんとマックスマーラグループのPR&Eventsインターナショナルデイレクターのラリーザさん。とっても素敵な時間をありがとうございました。この続きはDAZZLE12月号で!

初ロシア3

いよいよガラパーティーが。
d0339890_12330244.jpg

各国のジャーナリストが集まった今回のモスクワコート展のガラパーティーはジプシーのダンス(トラディショナルな踊りだそう)で始まり、キャビアが登場!ロシアと言えばキャビアですよね。私たちのテーブルはなんとラッキーなことにキャビア嫌いが集結、もちろん2人分いただきました♪

d0339890_12330286.jpg

ビーフストロガノフもパンのポット入り。日本のタイプと違ってクリームが多く色はうすい茶色。とってもクリーミーで美味しかったです。もちろん完食。

d0339890_12330263.jpg

アイスクリームとリンゴのタルトもペロリ。こちらは本当にベリー類を食べることに驚きます。最後のウォッカもいただきました。日本でいただくよりとろみがあってのどにも優しいかんじ。

d0339890_12330240.jpg

今回ご一緒した方達と一同に。右から白いタキシードでダンディなWWD編集長の山室さん、ミラノからいらしたフリーランスの田中さん、SPUR編集長の内田さん、DAZZLEの私とマックスマーラージャパン、デイレクターの水口さん。みんなドレスアップで素敵でした。

初ロシア2

ロシアはこんなかんじ。
d0339890_12330391.jpg

ボリショイ劇場は今月がこけら落とし。何ヶ月も先までチケットが完売だそう。

d0339890_12330498.jpg

レッドスクエアー(赤の広場)に面した百貨店グミ。1800年代にたてられた宮殿のような建物。とっても広いです。

d0339890_12330459.jpg

聖ワシーリー寺院はお菓子のお家のようにカワイイ。

d0339890_12330467.jpg

赤の広場にある歴史博物館。ここで記者発表が。

d0339890_12330590.jpg

マックスマーラ会長のルイジ・マラモッティ氏、歴史博物館館長、今回のコート展のキュレーター アーデルハイト・ラッシェ氏。

d0339890_12330608.jpg

マックスマーラ60周年のコート展がモスクワで開催。今年モスクワはイタリア年。

d0339890_12330637.jpg

コートで定評のあるマックスマーラのアーカイブも一同に展示。

d0339890_12330653.jpg

このコート展で一番好きな展示。イーコ・ミリオーネさんデザインのコートの展示はモダンで素敵♪

d0339890_12330727.jpg

夜はVOGUE CAFEでカクテルディナー。スノッブなお店でした。

初ロシア!

パリコレから東京に帰り中2日で今日はモスクワに!
d0339890_12330797.jpg

初日の夜はロシア郷土料理のお店で、サーモンなどの前菜からスタート。

d0339890_12330895.jpg

パンケーキにいくらとサワークリーム。キャビアパターンもあるらしい。

d0339890_12330852.jpg

ピロシキもオーブンで焼いただけのもの。中身もキャベツ、キノコ、ミートの3種類。どれも美味しくいただきました。黒ぱんも美味。

d0339890_12330956.jpg

左はクワス。黒パンなどを使った酸味のある飲料。右はモルス。クランベリーやベリー類をつかった飲料。どちらもロシアの代表的な飲み物だそう。健康的な飲み物です。

d0339890_12330910.jpg

ボルシチも夜はなかなか食べないらしい。基本はランチにいただくそう。ビーツを使うのが本式。

d0339890_12330975.jpg

デザートの盛り合わせ。モスクワの人たちはアイスクリームを食べることが多いらし
い。

d0339890_12331018.jpg

なぜモスクワに。。もちろんマックスマーラの取材です!

パリコレクション パート5

終盤にむかってもまだまだ残暑が続いていましたが、今日はすこし涼しいかんじに。
d0339890_12331031.jpg

雑誌GRAZIAはいつも風船のねこ(なぜねこなのかは不明ですが)をプロモーションに配ったり、今回も歩道にねこマークが。
d0339890_12331101.jpg

ねこの足あとが、お泊まり保育中のうちのミキオを思い出します。

d0339890_12331103.jpg

グランパレで行われるシャネルのショーは真っ白な海中のイメージ。このスケールの大きさに朝から目が覚めます。

d0339890_12331264.jpg

ショーが始まる前はどこのエデイターたちも記念撮影。

d0339890_12331266.jpg

モデルのキャットウォークも長い!モデルの数も凄い!

d0339890_12331208.jpg

ロンシャンから今シーズンまたアーティストのコラボ商品発表。これはその方のカラフルな作品。

d0339890_12331336.jpg

そしてたためるトラベルバッグのナイロン&レザーのロンシャンのバッグがレザーになって登場。これはロンシャンファンでなくても気になる商品。色もたくさんあって
選べます。

d0339890_12331357.jpg

桜吹雪(?)のコレクションはモンクレーガムルージュのコレクション。なんだか日本の春を思い起こします。

パリコレクション パート4

トッズのシグネチャーバッグのイベントが開催。
d0339890_12331477.jpg

パリ限定のシグネチャーバッグはベージュ色がシックです。

d0339890_12331433.jpg

各国のアイコンの場所をアーテイストがペイント。作品のどこかにシグネチャーバックのパターンが描かれていてこれは万里の長城。

d0339890_12331511.jpg

パリのイタリア大使館でのレセプション。バラの咲いたお庭を見ながらちょっと一息。右からGINZA編集長の中島さん、ファッションジャーナリストの西山栄子さん、とわたくし。

d0339890_12331593.jpg

ステラマッカートニーのショー会場で。

d0339890_12331507.jpg

毎日汗だくになりながらのショーもクロエのショーはテントの屋根をあけて爽やかに。見ている私たちもちょっとホッとした気分。デザイナーが変わった初めてのショー。テントの上には黄色の紅葉がキレイ。

d0339890_12331624.jpg

ショー会場の横でエッフェル塔をバックにパチリ。秋晴れです。

d0339890_12331639.jpg

ルイ・ヴィトンのエキヴィジション。剥製たちも今シーズンのファッションでお出迎え。

d0339890_12331775.jpg

剥製の動物の中にアーテストが作ったルイ・ヴィトンアニマルが店内に展示。動物にまぎれていくつあるでしょう!?

d0339890_12331727.jpg



d0339890_12331861.jpg

夜のデイナーはKENZOさんのシェフを努めていた方が独立した“TOYO”というお店で、LVPRチームの方々とお食事。

d0339890_12331834.jpg

盛りつけもモダンですがお魚の扱いがとても上手!どれも美味しくいただきました。

パリコレクション パート3

コレクションにはこんな著名人もフロントローにいます。
d0339890_12331910.jpg

アクリスのショー会場。今回の春夏のテーマは“モナコ”。ということで右から2番目がモナコ妃、アクリス社長、USヴォーグの編集長アナ・ウィンター。アナ・ウィンターは来月日本にも来日するようです。

d0339890_12331900.jpg

ビクター&ロルフのショーはいつも仕掛けがいっぱい。今回は女性シンガーのドレスの中からモデルが登場。

d0339890_12332061.jpg

ハイダー アッカーマンのショーも鏡が設置され倍のモデルが歩いているように見えたり。

d0339890_12332000.jpg

ツモリ チサトのショーも今回は場所をかえて、リゾートなイメージを演出した傘がカワイイ。

d0339890_12332102.jpg

イリエのプレゼンテーションはいつも素敵なアトリエで。

d0339890_12332160.jpg

入江さん自らご説明してくださる贅沢なプレゼンテーションです。今回はDAZZLEも
お渡しできました!

d0339890_12332195.jpg

パリの夜はドラマティック♡照明の色も3色です。

高際香里 ブログ


by takagiwa-kaori